TIDA-00365

ブラシ付き DC ドライブ向け 75V/10A 保護フルブリッジ出力段のリファレンス・デザイン

TIDA-00365

設計ファイル

概要

Low voltage brushed DC drives are used in many applications. TI offers a rich family of brushed DC motor driver solutions with flexible control interface options for one or more brushed DC motors up to 60V.  For applications which require higher torque and power, often voltages above 60VDC are used. The TIDA-00365 protected full-bridge operates at nominal 75VDC input and 10A output current and features bipolar high-side current sensing leveraging a 100V full-bridge gate driver SM72295 with integrated amplifiers and four 100V NexFET power MOSFETs with ultra-low gate charge and small SON5x6 package with low thermal resistance. The power stage is protected against over-temperature, over-current and short-circuit between the motor terminals and motor terminals to ground. Onboard power supplies provide a 12V and a 3.3V rail for the gate driver and signal chain. The host processor interface is 3.3V I/O to connect a host MCU like C2000 Piccolo MCU for brushed DC motor current control.

特長
  • Protected full-bridge power stage with input voltage up to 100VDC (75VDC nominal) and 10A output current
  • BOM reduction through SM72295 100-V full-bridge gate driver with integrated amplifiers used for high-side bipolar phase current sensing
  • Calibrated current sense accuracy ±1% (over full range ±10A and ±0.2% (within ±1A range)
  • Full-bridge optimized for low EMI with 25ns rise/fall time on switch-node voltages with no over- and under-shoot
  • Full-bridge protected against over-temperature, under-voltage, over- and short-circuit current between motor terminals and motor terminals to GND
  • 95% efficiency at 16 kHz PWM. No heatsink required at 25C ambient and nominal load thanks to TI NexFET power MOSFET
  • Host processor interface with dual complementary PWM inputs (3.3V CMOS) and analog outputs (0-3.3V) for bipolar high-side current sense and motor terminal voltage

組み立てられたボードは、テストと性能検証のみの目的で開発されたものであり、販売していません。

設計ファイルと製品

設計ファイル

すぐに使用できるシステム・ファイルをダウンロードすると、設計プロセスを迅速化できます。

TIDUBV7A.PDF (1513 K)

リファレンス・デザインの概要と検証済みの性能テスト・データ

TIDRN75.PDF (754 K)

設計レイアウトとコンポーネントを示した詳細な回路図

TIDRN76.PDF (79 K)

設計に使用したコンポーネント、参照指定子、メーカー名や型番などを記入した詳細なリスト

TIDRN77.PDF (480 K)

コンポーネントの配置を明示する詳細な設計レイアウト

TIDRN79.ZIP (1202 K)

IC コンポーネントの 3D モデルまたは 2D 図面に使用するファイル

TIDCCJ2.ZIP (1257 K)

PCB 設計の基板層に関する情報を記載した設計ファイル

TIDRN78.PDF (2626 K)

PCB 設計レイアウトを生成するための PCB 基板層のプロット・ファイル

製品

設計や代替製品候補に TI 製品を含めます。

ハーフ・ブリッジ・ドライバ

SM72295電流センス・アンプ内蔵、3A、100V フルブリッジ・ゲート・ドライバ

データシート document-pdfAcrobat PDF
D タイプ・フリップ・フロップ

SN74LVC1G175非同期クリア付き、シングル D タイプ・フリップ・フロップ

データシート document-pdfAcrobat PDF open-in-new HTML
N チャネル MOSFET

CSD19534Q5A5mm x 6mm のシングル SON 封止、15.1mΩ、100V、N チャネル NexFET™ パワー MOSFET

データシート document-pdfAcrobat PDF open-in-new HTML
アナログ温度センサ

LMT89-11.77mV/℃ のゲイン、±2.5℃、アナログ出力温度センサ

データシート document-pdfAcrobat PDF open-in-new HTML
コンパレータ

LM2901V拡張電圧範囲、クワッド差動コンパレータ

データシート document-pdfAcrobat PDF open-in-new HTML
シャント電圧リファレンス

ATL4312.5V、低静止電流 (IQ)、調整可能な高精度シャント・レギュレータ

データシート document-pdfAcrobat PDF open-in-new HTML
リニア・レギュレータと低ドロップアウト (LDO) レギュレータ

LM317L100mA、35V、調整可能なリニア電圧レギュレータ

データシート document-pdfAcrobat PDF open-in-new HTML
絶縁型 DC/DC コンバータとモジュール

LM50187.5 ~ 100V の広い入力電圧範囲、300mA、コンスタント・オンタイム同期整流降圧レギュレータ

データシート document-pdfAcrobat PDF

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 3
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* 設計ガイド 75V/10A Protected Full-Bridge Power Stage Design Guide (Rev. A) 2017年 3月 16日
アプリケーション・ノート Designing with the ATL431LI 2018年 11月 27日
アプリケーション・ノート Reducing Ringing through PCB Layout Techniques 2009年 6月 16日

関連する設計リソース

ハードウェア開発

評価ボード
LAUNCHXL-F28069M C2000 Piccolo マイコン F28069M 向けの LaunchPad™ 開発キット

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン
TIDA-00210 バイポーラ・ステッパ・ドライブ向け 75V/10A 保護フルブリッジ出力段のリファレンス・デザイン TIDA-00620 12~24V、27A ブラシ付き DC モーター、リファレンス・デザイン

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ