JAJU840 April   2022

 

  1.   概要
  2.   Resources
  3.   特長
  4.   アプリケーション
  5.   5
  6. 1System Description
  7. 2System Overview
    1. 2.1 Block Diagram
    2. 2.2 Design Considerations
      1. 2.2.1 Inductive Touch Buttons
      2. 2.2.2 Sensor Coil Placement
      3. 2.2.3 Collecting Data from Multiple LDCs
      4. 2.2.4 Magnetic Dial Implementation
      5. 2.2.5 CORDIC Algorithm
    3. 2.3 Highlighted Products
      1. 2.3.1 LDC3114-Q1
      2. 2.3.2 TMAG5273
      3. 2.3.3 DRV2605
      4. 2.3.4 TLV75518
      5. 2.3.5 TCA9534
      6. 2.3.6 PCA9543
      7. 2.3.7 Sensor Control Board
  8. 3Hardware, Software, Testing Requirements, and Test Results
    1. 3.1 Firmware and Programming
    2. 3.2 Test Setup
    3. 3.3 Test Results
      1. 3.3.1 ABS Force Response
      2. 3.3.2 ABS Gain Corrected
      3. 3.3.3 Nylon Force Response
      4. 3.3.4 Nylon Gain Corrected
  9. 4Hardware Components
  10. 5Design and Documentation Support
    1. 5.1 Design Files
      1. 5.1.1 Schematics
      2. 5.1.2 BOM
    2. 5.2 Tools and Software
    3. 5.3 Documentation Support
    4. 5.4 サポート・リソース
    5. 5.5 Trademarks

概要

このリファレンス・デザインは、誘導性およびホール効果センシング技術を使用してヒューマン・マシン・インターフェイスを提供します。誘導性センシング・デバイスは、シームレスな表面に 8 つの異なるタッチ・ボタンを作成します。ホール効果センサは、追加のボタンとして使用できる回転可能な磁気ダイヤルを作成します。誘導性センシング・タッチ・ボタンを使用すると、押下の力を使用してボタンの押下を判定する堅牢なソリューションを実現できます。これにより、手袋を着用したままタッチ・ボタンを使用でき、ボタン表面の汚れや損傷などの環境要因も無視できます。ホール・センサ・ダイヤルは非接触方式で回転するため、ポテンショメータやロータリー・エンコーダなど、従来の接触ベースの実装に比べて摩耗や損傷を改善できます。