CD74ACT138

アクティブ

3 ライン入力 8 ライン出力、反転型、デコーダ / デマルチプレクサ

製品詳細

Technology family ACT Number of channels 1 Operating temperature range (°C) -55 to 125 Rating Catalog Supply current (max) (µA) 160
Technology family ACT Number of channels 1 Operating temperature range (°C) -55 to 125 Rating Catalog Supply current (max) (µA) 160
PDIP (N) 16 181.42 mm² 19.3 x 9.4 SOIC (D) 16 59.4 mm² 9.9 x 6
  • 入力は TTL 電圧互換
  • バイポーラ F、AS、S の速度と消費電力の大幅な低減
  • 高速メモリ デコーダおよびデータ伝送システム専用に設計
  • 3 つのイネーブル入力を備え、カスケード接続やデータ受信を簡素化
  • 伝搬遅延時間の平衡化
  • ±24mA 出力駆動電流
    • 15 F デバイスへのファンアウト
  • SCR ラッチアップ耐性の高い CMOS プロセスと回路設計
  • MIL-STD-883、Method 3015 に準拠した 2kV を超える ESD 保護
  • 入力は TTL 電圧互換
  • バイポーラ F、AS、S の速度と消費電力の大幅な低減
  • 高速メモリ デコーダおよびデータ伝送システム専用に設計
  • 3 つのイネーブル入力を備え、カスケード接続やデータ受信を簡素化
  • 伝搬遅延時間の平衡化
  • ±24mA 出力駆動電流
    • 15 F デバイスへのファンアウト
  • SCR ラッチアップ耐性の高い CMOS プロセスと回路設計
  • MIL-STD-883、Method 3015 に準拠した 2kV を超える ESD 保護

’ACT138 デコーダ / デマルチプレクサは、非常に小さい伝搬遅延時間が求められる高性能メモリ デコードおよびデータ ルーティング用に設計されています。高性能メモリ システムでは、このデコーダを使用することにより、システム デコードの影響を最小限にとどめられます。

’ACT138 デコーダ / デマルチプレクサは、非常に小さい伝搬遅延時間が求められる高性能メモリ デコードおよびデータ ルーティング用に設計されています。高性能メモリ システムでは、このデコーダを使用することにより、システム デコードの影響を最小限にとどめられます。

ダウンロード 字幕付きのビデオを表示 ビデオ

お客様が関心を持ちそうな類似品

open-in-new 代替品と比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン互換製品
CD74HCT137 アクティブ ハイスピード CMOS ロジック、アドレス・ラッチ搭載、3 ライン入力 8 ライン出力、デコーダ / デマルチプレクサ Longer average propagation delay (22ns), lower average drive strength (4mA)

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアしてから、再度検索を試してください。
12 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート CDx4ACT138 3 ライン入力 8 ライン出力、デコーダ / デマルチプレクサ データシート (Rev. B 翻訳版) PDF | HTML 英語版 (Rev.B) PDF | HTML 2024年 4月 16日
アプリケーション・ノート Implications of Slow or Floating CMOS Inputs (Rev. E) 2021年 7月 26日
セレクション・ガイド Logic Guide (Rev. AB) 2017年 6月 12日
アプリケーション・ノート Understanding and Interpreting Standard-Logic Data Sheets (Rev. C) 2015年 12月 2日
セレクション・ガイド ロジック・ガイド (Rev. AA 翻訳版) 最新英語版 (Rev.AB) 2014年 11月 6日
ユーザー・ガイド LOGIC Pocket Data Book (Rev. B) 2007年 1月 16日
アプリケーション・ノート Semiconductor Packing Material Electrostatic Discharge (ESD) Protection 2004年 7月 8日
アプリケーション・ノート Selecting the Right Level Translation Solution (Rev. A) 2004年 6月 22日
アプリケーション・ノート TI IBIS File Creation, Validation, and Distribution Processes 2002年 8月 29日
アプリケーション・ノート CMOS Power Consumption and CPD Calculation (Rev. B) 1997年 6月 1日
アプリケーション・ノート Designing With Logic (Rev. C) 1997年 6月 1日
アプリケーション・ノート Using High Speed CMOS and Advanced CMOS in Systems With Multiple Vcc 1996年 4月 1日

設計および開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページをご覧ください。

評価ボード

14-24-LOGIC-EVM — 14 ピンから 24 ピンの D、DB、DGV、DW、DYY、NS、PW の各パッケージに封止した各種ロジック製品向けの汎用評価基板

14-24-logic-EVM 評価基板は、14 ピンから 24 ピンの D、DW、DB、NS、PW、DYY、DGV の各パッケージに封止した各種ロジック デバイスをサポートする設計を採用しています。

ユーザー ガイド: PDF | HTML
評価ボード

14-24-NL-LOGIC-EVM — 14 ピンから 24 ピンのリードなしパッケージ向け、ロジック製品の汎用評価基板

14-24-NL-LOGIC-EVM は、14 ピンから24 ピンの BQA、BQB、RGY、RSV、RJW、RHL の各パッケージに封止した各種ロジック デバイスや変換デバイスをサポートする設計を採用したフレキシブルな評価基板 (EVM) です。

ユーザー ガイド: PDF | HTML
パッケージ ピン数 CAD シンボル、フットプリント、および 3D モデル
PDIP (N) 16 Ultra Librarian
SOIC (D) 16 Ultra Librarian

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL 定格 / ピーク リフロー
  • MTBF/FIT 推定値
  • 使用原材料
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果
記載されている情報:
  • ファブの拠点
  • 組み立てを実施した拠点

サポートとトレーニング

TI E2E™ フォーラムでは、TI のエンジニアからの技術サポートを提供

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ