製品詳細

Function Clock synthesizer Number of outputs 9 Output frequency (Max) (MHz) 230 Core supply voltage (V) 1.8 Output supply voltage (V) 1.8 Input type XTAL Output type LVCMOS Operating temperature range (C) -40 to 85 Features Integrated EEPROM, Multiplier or divider, Spread-spectrum clocking (SSC) Rating Catalog
Function Clock synthesizer Number of outputs 9 Output frequency (Max) (MHz) 230 Core supply voltage (V) 1.8 Output supply voltage (V) 1.8 Input type XTAL Output type LVCMOS Operating temperature range (C) -40 to 85 Features Integrated EEPROM, Multiplier or divider, Spread-spectrum clocking (SSC) Rating Catalog
TSSOP (PW) 24 34 mm² 4.4 x 7.8
  • プログラマブル・クロック・ジェネレータ・ファミリのメンバ
    • CDCEx913: 1 PLL、3出力
    • CDCEx925: 2 PLL、5出力
    • CDCEx937: 3 PLL、7出力
  • システム内でプログラム可能、EEPROM
    • シリアル・プログラム可能な揮発性レジスタ
    • 不揮発性EEPROMにユーザ設定を保存
  • 柔軟な入力クロック設定の概念
    • 外部水晶振動子: 8~32MHz
    • オンチップVCXO: プル範囲±150ppm
    • シングルエンドのLVCMOS: 最高160MHz
  • 出力周波数を最大230MHzまで自由に選択可能
  • 低ノイズのPLLコア
    • PLLループ・フィルタ・コンポーネントを内蔵
    • ジッタの期間が短い(標準値60ps)
  • 独立した出力供給ピン
    • CDCE949: 3.3Vおよび2.5V
    • CDCEL949: 1.8V
  • 柔軟なクロック・ドライバ
    • 3つのユーザ定義可能な制御入力[S0/S1/S2]を、SSC選択、周波数切り替え、出力イネーブル、電源オフなどに使用可能
    • ビデオ、オーディオ、USB、IEEE1394、RFID、 Bluetooth、WLAN、 Ethernet、GPS用に、非常に正確なクロックを生成
    • 共通クロック周波数を生成し、 TI-DaVinci、 OMAP、DSPに使用
    • SSC変調をプログラム可能
    • 0 PPMのクロック生成が可能
  • デバイスのコア電源電圧: 1.8V
  • 広い温度範囲: -40℃~85℃
  • TSSOPパッケージ
  • 開発およびプログラミング・キットによりPLLの設計およびプログラムが簡単(TI Pro-Clock)

アプリケーション

    D-TV、STB、IP-STB、DVDプレイヤー、DVDレコーダー、プリンタ

All trademarks are the property of their respective owners.

  • プログラマブル・クロック・ジェネレータ・ファミリのメンバ
    • CDCEx913: 1 PLL、3出力
    • CDCEx925: 2 PLL、5出力
    • CDCEx937: 3 PLL、7出力
  • システム内でプログラム可能、EEPROM
    • シリアル・プログラム可能な揮発性レジスタ
    • 不揮発性EEPROMにユーザ設定を保存
  • 柔軟な入力クロック設定の概念
    • 外部水晶振動子: 8~32MHz
    • オンチップVCXO: プル範囲±150ppm
    • シングルエンドのLVCMOS: 最高160MHz
  • 出力周波数を最大230MHzまで自由に選択可能
  • 低ノイズのPLLコア
    • PLLループ・フィルタ・コンポーネントを内蔵
    • ジッタの期間が短い(標準値60ps)
  • 独立した出力供給ピン
    • CDCE949: 3.3Vおよび2.5V
    • CDCEL949: 1.8V
  • 柔軟なクロック・ドライバ
    • 3つのユーザ定義可能な制御入力[S0/S1/S2]を、SSC選択、周波数切り替え、出力イネーブル、電源オフなどに使用可能
    • ビデオ、オーディオ、USB、IEEE1394、RFID、 Bluetooth、WLAN、 Ethernet、GPS用に、非常に正確なクロックを生成
    • 共通クロック周波数を生成し、 TI-DaVinci、 OMAP、DSPに使用
    • SSC変調をプログラム可能
    • 0 PPMのクロック生成が可能
  • デバイスのコア電源電圧: 1.8V
  • 広い温度範囲: -40℃~85℃
  • TSSOPパッケージ
  • 開発およびプログラミング・キットによりPLLの設計およびプログラムが簡単(TI Pro-Clock)

アプリケーション

    D-TV、STB、IP-STB、DVDプレイヤー、DVDレコーダー、プリンタ

All trademarks are the property of their respective owners.

CDCE949およびCDCEL949は、モジュラーPLLベースの低コストで高性能なプログラマブル・クロック・シンセサイザ、マルチプライヤ、およびディバイダです。これらの製品は、単一の入力周波数から最大9個の出力クロックを生成します。それぞれの出力は、最大4つの個別に設定可能なPLLを使用し、システム内で最高230MHzまで、どのような周波数にでもプログラムできます。

CDCEx949には独立した出力供給ピンVDDOUTがあり、CDCEL949では1.8V、CDCE949では2.5V~3.3Vで動作します。

入力には外付けの水晶振動子、またはLVCMOSクロック信号を接続できます。外付けの水晶振動子を使用する場合、ほとんどのアプリケーションではオンチップの負荷コンデンサだけで十分です。負荷コンデンサの値は、0~20pFの範囲でプログラム可能です。さらに、オンチップのVCXOを選択でき、出力周波数と外部の制御信号、すなわちPWM信号とを同期できます。

All trademarks are the property of their respective owners.

大きなM/N分周比により、オーディオまたはビデオ、ネットワーク(WLAN、BlueTooth™、Ethernet、GPS)、またはインターフェイス(USB、IEEE1394、メモリスティック)用の0 PPMのクロックを、たとえば27MHzの基準入力周波数から生成できます。

すべてのPLLはSCC (拡散スペクトラム・クロッキング)をサポートします。センタースプレッドおよびダウンスプレッド・クロッキングのSSCを使用できます。これは、電磁気的干渉(EMI)を低減するための一般的な技法です。

PLL周波数と分周値の設定に基づいて内部のループ・フィルタ・コンポーネントを自動的に調整することにより、高い安定性を実現し、各PLLのジッタ伝達特性を最適化します。

このデバイスは不揮発性のEEPROMのプログラミングをサポートしているため、アプリケーションに応じて簡単にカスタマイズ可能です。工場出荷時にあらかじめデフォルト設定済みです。各種のアプリケーション構成に応じてPCB組み立て前に再プログラム可能で、システム内プログラミングにより再プログラムすることもできます。すべてのデバイス設定は、2線式シリアル・インターフェイスのSDAおよびSCLバスでプログラムできます。

3つのプログラム可能な制御入力S0、S1、S2を使用して、周波数の選択、SSCパラメータの変更によるEMIの低減、PLLバイパス、電源オフ、出力ディセーブル機能としてLOWレベルとTRI-STATEのどちらを選択するかなど、動作のさまざまな要因を制御できます。

CDCEx949は1.8V環境で動作します。動作時周囲温度範囲は-40℃~85℃です。

CDCE949およびCDCEL949は、モジュラーPLLベースの低コストで高性能なプログラマブル・クロック・シンセサイザ、マルチプライヤ、およびディバイダです。これらの製品は、単一の入力周波数から最大9個の出力クロックを生成します。それぞれの出力は、最大4つの個別に設定可能なPLLを使用し、システム内で最高230MHzまで、どのような周波数にでもプログラムできます。

CDCEx949には独立した出力供給ピンVDDOUTがあり、CDCEL949では1.8V、CDCE949では2.5V~3.3Vで動作します。

入力には外付けの水晶振動子、またはLVCMOSクロック信号を接続できます。外付けの水晶振動子を使用する場合、ほとんどのアプリケーションではオンチップの負荷コンデンサだけで十分です。負荷コンデンサの値は、0~20pFの範囲でプログラム可能です。さらに、オンチップのVCXOを選択でき、出力周波数と外部の制御信号、すなわちPWM信号とを同期できます。

All trademarks are the property of their respective owners.

大きなM/N分周比により、オーディオまたはビデオ、ネットワーク(WLAN、BlueTooth™、Ethernet、GPS)、またはインターフェイス(USB、IEEE1394、メモリスティック)用の0 PPMのクロックを、たとえば27MHzの基準入力周波数から生成できます。

すべてのPLLはSCC (拡散スペクトラム・クロッキング)をサポートします。センタースプレッドおよびダウンスプレッド・クロッキングのSSCを使用できます。これは、電磁気的干渉(EMI)を低減するための一般的な技法です。

PLL周波数と分周値の設定に基づいて内部のループ・フィルタ・コンポーネントを自動的に調整することにより、高い安定性を実現し、各PLLのジッタ伝達特性を最適化します。

このデバイスは不揮発性のEEPROMのプログラミングをサポートしているため、アプリケーションに応じて簡単にカスタマイズ可能です。工場出荷時にあらかじめデフォルト設定済みです。各種のアプリケーション構成に応じてPCB組み立て前に再プログラム可能で、システム内プログラミングにより再プログラムすることもできます。すべてのデバイス設定は、2線式シリアル・インターフェイスのSDAおよびSCLバスでプログラムできます。

3つのプログラム可能な制御入力S0、S1、S2を使用して、周波数の選択、SSCパラメータの変更によるEMIの低減、PLLバイパス、電源オフ、出力ディセーブル機能としてLOWレベルとTRI-STATEのどちらを選択するかなど、動作のさまざまな要因を制御できます。

CDCEx949は1.8V環境で動作します。動作時周囲温度範囲は-40℃~85℃です。

ダウンロード

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
14 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート CDCE(L)913: 柔軟な低消費電力LVCMOSクロック・ジェネレータSSCサポートによるEMI削減機能搭載 データシート (Rev. F 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.F) PDF | HTML 2016年 11月 23日
技術記事 How to select an optimal clocking solution for your FPGA-based design 2015年 12月 9日
技術記事 Clocking sampled systems to minimize jitter 2014年 7月 31日
技術記事 Timing is Everything: How to optimize clock distribution in PCIe applications 2014年 3月 28日
その他の技術資料 クロック&タイミング・ソリューション (Rev. A 翻訳版) 2013年 12月 11日
アプリケーション・ノート VCXO Application Guideline for CDCE(L)9xx Family (Rev. A) 2012年 4月 23日
ユーザー・ガイド CDCE(L)9XX & CDCEx06 Programming Evaluation Module Manual (Rev. A) 2010年 11月 22日
ユーザー・ガイド CDCE(L)9xx Performance Evaluation Module (Rev. A) 2010年 7月 7日
アプリケーション・ノート Troubleshooting I2C 2009年 10月 19日
アプリケーション・ノート Usage of I2C for CDCE(L)949, CDCE(L)937, CDCE(L)925, CDCE(L)913 2009年 9月 23日
ユーザー・ガイド CDCE(L)9XX & CDCEx06 Programming Evaluation Module Manual 2008年 12月 9日
アプリケーション・ノート Generating Low Phase-Noise Clocks for Audio Data Converters from Low Frequency 2008年 3月 31日
アプリケーション・ノート Practical consideration on choosing a crystal for CDCE(L)9xx family 2008年 3月 24日
アプリケーション・ノート CDCE(L)9xxファミリーのVCXOアプリケーション・ガイドライン 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) 2007年 11月 16日

設計および開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

評価ボード

CDCEL949PERF-EVM — CDCEL949 性能評価モジュール

The CDCEL949PERF-EVM will help to verify the functionality and performance of CDCEL949 with the options of crystal and 1.8 V LVCMOS inputs. The outputs can be connected to the Oscilloscope directly with SMA cables. The below information/items are included: The EVM use's guide : SCAU022; the (...)

ユーザー・ガイド: PDF
評価ボード

CDCEL9XXPROGEVM — CDCE(L)949 ファミリ EEPROM プログラミング・ボード

The clock generator CDCE(L)949 family has integrated EEPROM that allows the default frequency settings to be saved upon start up. CDCEL9XXPROGEVM is a programming board that allows a fast programming of prototyping samples or small production quantities. It applies to all 8 devices in the family: (...)

ユーザー・ガイド: PDF
ドライバまたはライブラリ

Drivers for the CDCEL9xx programmer EVM

SCAC131.ZIP (77 KB)
ソフトウェア・プログラミング・ツール

CLOCKPRO — ClockPro™ プログラミング・ソフトウェア

TI's ClockPro software allows users to program/configure the following devices in a friendly GUI interface:
  • CDCE949
  • CDCE937
  • CDCE925
  • CDCE913
  • CDCE906
  • CDCE706
  • CDCEL949
  • CDCEL937
  • CDCEL925
  • CDCEL913

It is intended to be used with the evaluation modules of the above devices.

サポート・ソフトウェア

ClockPro Software (Rev. E)

SCAC119E.ZIP (4405 KB)
設計ツール

CLOCK-TREE-ARCHITECT

Clock tree architect プログラミング・ソフトウェア

Clock tree architect はクロック・ツリーの合成ツールであり、開発中システムの要件に基づいてクロック・ツリー・ソリューションを生成する方法で、お客様の設計プロセスの効率化に貢献します。このツールは、多様なクロック供給製品を収録した包括的なデータベースからデータを抽出し、システム・レベルのマルチチップ・クロック供給ソリューションを生成します。
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
TSSOP (PW) 24 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 材料 (内容)
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ