PCM2704

アクティブ

ラインアウトと S/PDIF 出力採用、98dB SNR、ステレオ、USB 2.0 FS (フルスピード) DAC、バス・パワー / セルフ・パワー形式 (外部 ROM インターフェイス)付き

この製品には新バージョンがあります。

open-in-new 代替品と比較
比較対象デバイスにアップグレード機能を搭載した、ドロップ・イン代替製品
PCM2704C アクティブ 98dB SNR、ステレオ、フルスピード DAC、ラインアウトおよび S/PDIF 出力付き、バス/セルフパワード(外部 ROM インターフェイス)付き Complaint with USB2.0

製品詳細

Number of DAC channels 0 Analog inputs 0 Analog outputs 2 DAC SNR (typ) (dB) 0 Sampling rate (max) (kHz) 48 Control interface HID Resolution (Bits) 16 Architecture USB 2.0 Operating temperature range (°C) -25 to 85 Rating Catalog
Number of DAC channels 0 Analog inputs 0 Analog outputs 2 DAC SNR (typ) (dB) 0 Sampling rate (max) (kHz) 48 Control interface HID Resolution (Bits) 16 Architecture USB 2.0 Operating temperature range (°C) -25 to 85 Rating Catalog
SSOP (DB) 28 79.56 mm² 10.2 x 7.8
  • On-Chip USB Interface:
    • No Need of Dedicated Device Driver
    • With Full-Speed Transceivers
    • Fully Compliant With USB 1.1 Specification
    • Certified by USB-IF
    • Partially Programmable Descriptors
    • Adaptive Isochronous Transfer for Playback
    • Bus-Powered or Self-Powered Operation
  • Sampling Rate: 32, 44.1, 48 kHz
  • On-Chip Clock Generator With Single 12-MHz Clock Source
  • Single Power Supply:
    • Bus-Powered: 5 V, Typical (VBUS)
    • Self-Powered: 3.3 V, Typical
  • 16-Bit Delta-Sigma Stereo DAC
    • Analog Performance at 5 V (Bus-Powered),
      3.3 V (Self-Powered): THD+N: 0.006% RL > 10 kΩ, Self-Powered THD+N: 0.025% RL = 32 Ω SNR = 98 dB Dynamic Range: 98 dB PO = 12 mW, RL = 32 Ω
    • Oversampling Digital Filter Pass-Band Ripple = ±0.04 dBStop-Band Attenuation = -50 dB
    • Single-Ended Voltage Output
    • Analog LPF Included
  • Multiple Functions:
    • Up to Eight Human Interface Device (HID) Interfaces (Depending on Model and Settings)
    • Suspend Flag
    • S/PDIF Out With SCMS
    • External ROM Interface (PCM2704/6)
    • Serial Programming Interface (PCM2705/7)
    • I2S Interface (Selectable on PCM2706/7)
  • Package:
  • On-Chip USB Interface:
    • No Need of Dedicated Device Driver
    • With Full-Speed Transceivers
    • Fully Compliant With USB 1.1 Specification
    • Certified by USB-IF
    • Partially Programmable Descriptors
    • Adaptive Isochronous Transfer for Playback
    • Bus-Powered or Self-Powered Operation
  • Sampling Rate: 32, 44.1, 48 kHz
  • On-Chip Clock Generator With Single 12-MHz Clock Source
  • Single Power Supply:
    • Bus-Powered: 5 V, Typical (VBUS)
    • Self-Powered: 3.3 V, Typical
  • 16-Bit Delta-Sigma Stereo DAC
    • Analog Performance at 5 V (Bus-Powered),
      3.3 V (Self-Powered): THD+N: 0.006% RL > 10 kΩ, Self-Powered THD+N: 0.025% RL = 32 Ω SNR = 98 dB Dynamic Range: 98 dB PO = 12 mW, RL = 32 Ω
    • Oversampling Digital Filter Pass-Band Ripple = ±0.04 dBStop-Band Attenuation = -50 dB
    • Single-Ended Voltage Output
    • Analog LPF Included
  • Multiple Functions:
    • Up to Eight Human Interface Device (HID) Interfaces (Depending on Model and Settings)
    • Suspend Flag
    • S/PDIF Out With SCMS
    • External ROM Interface (PCM2704/6)
    • Serial Programming Interface (PCM2705/7)
    • I2S Interface (Selectable on PCM2706/7)
  • Package:

The PCM2704/5/6/7 is TI's single-chip USB stereo audio DAC with USB-compliant full-speed protocol controller and S/PDIF. The USB-protocol controller works with no software code, but USB descriptors can be modified in some parts (for example, vendor ID/product ID) through the use of an external ROM (PCM2704/6), SPI (PCM2705/7), or on request. The modification of the USB descriptor through external ROM or SPI must comply with USB-IF guidelines, and the vendor ID must be your own ID as assigned by the USB-IF. The descriptor also can be modified by changing a mask; contact your representative for details. The PCM2704/5/6/7 employs SpAct architecture, TI's unique system that recovers the audio clock from USB packet data. On-chip analog PLLs with SpAct enable playback with low clock jitter.

The PCM2704/5/6/7 is TI's single-chip USB stereo audio DAC with USB-compliant full-speed protocol controller and S/PDIF. The USB-protocol controller works with no software code, but USB descriptors can be modified in some parts (for example, vendor ID/product ID) through the use of an external ROM (PCM2704/6), SPI (PCM2705/7), or on request. The modification of the USB descriptor through external ROM or SPI must comply with USB-IF guidelines, and the vendor ID must be your own ID as assigned by the USB-IF. The descriptor also can be modified by changing a mask; contact your representative for details. The PCM2704/5/6/7 employs SpAct architecture, TI's unique system that recovers the audio clock from USB packet data. On-chip analog PLLs with SpAct enable playback with low clock jitter.

ダウンロード 字幕付きのビデオを表示 ビデオ

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
5 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート USB インターフェイス、シングルエンド ヘッドホン出力および S/PDIF 出力搭載、ステレオ オーディオ DAC データシート (Rev. F) 2009年 1月 15日
* エラッタ Updated Operating Environments for PCM270x, PCM290x Applications 2007年 10月 19日
アプリケーション・ノート Differences between PCM270x and PCM270xC 2011年 8月 16日
ユーザー・ガイド PCM270xEVM-U User's Guide 2011年 5月 12日
アプリケーション・ノート Solving Enumeration Errors in USB Audio DAC and CODEC Designs 2009年 10月 30日

設計および開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

シミュレーション・モデル

PCM2704DB IBIS Model

SLAC200.ZIP (55 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
SSOP (DB) 28 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 材料 (内容)
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ フォーラムでは、TI のエンジニアからの技術サポートが活用可能

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ