製品詳細

Jitter (ps) 50 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85
Jitter (ps) 50 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85
LQFP (PT) 48 81 mm² 9 x 9
  • DIX、ADC、信号ルーティングを統合:
    • 非同期動作 (DIR、DIT、ADC)
    • PCM データの多重化とルーティング:
      • I2S、左揃え、右揃え
    • 汎用入出力ピン
  • デジタル・オーディオ I/F レシーバ (DIR):
    • 24 ビット、216kHz に対応
    • 50ps の超低ジッタ
    • 非 PCM の検出 (IEC61937、DTS-CD/LD)
    • 12 個の S/PDIF 入力ポート:
      • 2 個の同軸 S/PDIF 入力
      • 10 個の光 S/PDIF 入力
  • デジタル・オーディオ I/F トランスミッタ (DIT):
    • 24 ビット、216kHz に対応
    • 24 ビットのデータ長
    • 48 ビットのチャネル・ステータス・バッファ
    • 同期 / 非同期動作
  • A/D コンバータ (ADC):
    • 24 ビット、96kHz に対応
    • ダイナミック・レンジ:101dB (fS = 96kHz)
    • 同期 / 非同期動作
  • ルーティング機能:
    • 入力:3x PCM、1x DIR、1x ADC
    • 出力:メイン OUT、補助 OUT、DIT
    • マルチチャネル (8 チャネル) PCM ルーティング
  • その他の機能的な特長:
    • パワー・ダウン (ピンまたはレジスタ制御)
    • PCM ポートのサンプリング周波数カウンタ
    • GPIO と GPO
    • 外付け水晶振動子用の OSC (24.576MHz)
    • SPI、I2C、またはハードウェア制御モード
  • 電源:
    • 3.3V (2.9V~3.6V):DIX、全デジタル用
    • 5V (4.5V~5.5V):ADC アナログ用
  • 動作温度:–40℃~+85℃
  • パッケージ:48 ピン LQFP
  • DIX、ADC、信号ルーティングを統合:
    • 非同期動作 (DIR、DIT、ADC)
    • PCM データの多重化とルーティング:
      • I2S、左揃え、右揃え
    • 汎用入出力ピン
  • デジタル・オーディオ I/F レシーバ (DIR):
    • 24 ビット、216kHz に対応
    • 50ps の超低ジッタ
    • 非 PCM の検出 (IEC61937、DTS-CD/LD)
    • 12 個の S/PDIF 入力ポート:
      • 2 個の同軸 S/PDIF 入力
      • 10 個の光 S/PDIF 入力
  • デジタル・オーディオ I/F トランスミッタ (DIT):
    • 24 ビット、216kHz に対応
    • 24 ビットのデータ長
    • 48 ビットのチャネル・ステータス・バッファ
    • 同期 / 非同期動作
  • A/D コンバータ (ADC):
    • 24 ビット、96kHz に対応
    • ダイナミック・レンジ:101dB (fS = 96kHz)
    • 同期 / 非同期動作
  • ルーティング機能:
    • 入力:3x PCM、1x DIR、1x ADC
    • 出力:メイン OUT、補助 OUT、DIT
    • マルチチャネル (8 チャネル) PCM ルーティング
  • その他の機能的な特長:
    • パワー・ダウン (ピンまたはレジスタ制御)
    • PCM ポートのサンプリング周波数カウンタ
    • GPIO と GPO
    • 外付け水晶振動子用の OSC (24.576MHz)
    • SPI、I2C、またはハードウェア制御モード
  • 電源:
    • 3.3V (2.9V~3.6V):DIX、全デジタル用
    • 5V (4.5V~5.5V):ADC アナログ用
  • 動作温度:–40℃~+85℃
  • パッケージ:48 ピン LQFP

PCM9211 は、今日のマルチメディア・プレーヤー、サウンド・バー、レコーダー向けの完備したアナログおよびデジタル・フロントエンドです。

PCM9211 にはステレオ ADC、最大 12 の多重化された入力を持つ S/PDIF トランシーバ、3 つの PCM 入力が内蔵されており、デジタル信号プロセッサ (DSP) へのアナログおよび S/PDIF 信号とともに他のオーディオ・レシーバを多重化できます。

PCM9211 は、今日のマルチメディア・プレーヤー、サウンド・バー、レコーダー向けの完備したアナログおよびデジタル・フロントエンドです。

PCM9211 にはステレオ ADC、最大 12 の多重化された入力を持つ S/PDIF トランシーバ、3 つの PCM 入力が内蔵されており、デジタル信号プロセッサ (DSP) へのアナログおよび S/PDIF 信号とともに他のオーディオ・レシーバを多重化できます。

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
3 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート PCM9211 ステレオ ADC およびルーティング機能搭載、216kHz デジタル・オーディオ・インターフェイス・トランシーバ (DIX) データシート (Rev. D 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.D) 2021年 9月 15日
アプリケーション・ノート PCM9211EVM Record and Playback via USB Interface 2010年 11月 24日
ユーザー・ガイド PCM9211EVM User's Guide 2010年 6月 17日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

PCM9211EVM-U — PCM9211EVM-U 評価モジュール

The PCM9211EVM-U is a complete evaluation module for the PCM9211 digital audio transceiver and ADC.

The EVM is supported by TI’s CodecControl software, a block-diagram based graphical user interface for TI audio codec’s.

The PCM9211EVM-U connects to a USB port of a PC. The USB interface provides (...)

在庫あり
制限: 3
シミュレーション・モデル

PCM9211 IBIS Model

SBAM176.ZIP (32 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI design and simulation tool

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-00609 — 自己ブート型オーディオ・システム

このリファレンス・デザインの目的は、オーディオ・システムのリファレンスとして使用できるハードウェアとソフトウェアの各ツールを提供することです。PurePath™ Console Motherboard (Rev F) の新しいリビジョンは、スタンドアロンの自己起動機能を追加し、このプラットフォームと互換性のあるどの評価基板 (EVM) と組み合わせた場合でも、魅力的なデモを実行できます。
パッケージ ピン数 ダウンロード
LQFP (PT) 48 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ