製品詳細

この情報を表示することができません。次の製品をご覧ください。   データシート .
  • Simple integration of ZigBee into any design
  • Running the mature and stable ZigBee 2006 compliant TI Z-Stack
  • SPI or UART interface to any microcontroller running the application
  • Simple API and full ZigBee API supported
  • Can implement any type of ZigBee device: Coordinator, Router or End Device
  • Automatically enters low power mode (<0.5 µA) in idle periods when configured as End Device
  • Radio
    • Fully integrated and robust IEEE 802.15.4-compliant 2.4 GHz DSSS RF transceiver
    • Excellent receiver sensitivity and best in class robustness to interferers
  • Power Supply
    • Wide supply voltage range (2.0V - 3.6V)
    • Low current consumption (RX: 27 mA, TX: 27 mA) and fast transition times.
  • External System
    • Very few external components
    • RoHS compliant 7×7mm QLP48 package
  • Peripherals and Supporting Functions
    • Port expander with 4 general I/O pins, two with increased sink/source capability
    • Battery monitor and temperature sensor
    • 7-12 bits ADC with two channels
    • Robust power-on-reset and brownout-reset circuitry
  • Tools and Development
    • Packet sniffer PC software
    • Reference designs
  • Applications
    • ZigBee™ systems
    • Home/Building automation
    • Industrial control and monitoring
    • Low power wireless sensor networks
    • Set-top boxes and remote controls
    • Automated Meter Reading

  • Simple integration of ZigBee into any design
  • Running the mature and stable ZigBee 2006 compliant TI Z-Stack
  • SPI or UART interface to any microcontroller running the application
  • Simple API and full ZigBee API supported
  • Can implement any type of ZigBee device: Coordinator, Router or End Device
  • Automatically enters low power mode (<0.5 µA) in idle periods when configured as End Device
  • Radio
    • Fully integrated and robust IEEE 802.15.4-compliant 2.4 GHz DSSS RF transceiver
    • Excellent receiver sensitivity and best in class robustness to interferers
  • Power Supply
    • Wide supply voltage range (2.0V - 3.6V)
    • Low current consumption (RX: 27 mA, TX: 27 mA) and fast transition times.
  • External System
    • Very few external components
    • RoHS compliant 7×7mm QLP48 package
  • Peripherals and Supporting Functions
    • Port expander with 4 general I/O pins, two with increased sink/source capability
    • Battery monitor and temperature sensor
    • 7-12 bits ADC with two channels
    • Robust power-on-reset and brownout-reset circuitry
  • Tools and Development
    • Packet sniffer PC software
    • Reference designs
  • Applications
    • ZigBee™ systems
    • Home/Building automation
    • Industrial control and monitoring
    • Low power wireless sensor networks
    • Set-top boxes and remote controls
    • Automated Meter Reading

The CC2480 (formerly known as CCZACC06) is a cost-effective, low power, Z-Accel ZigBee Processor that provides full ZigBee functionality with a minimal development effort.

Z-Accel is a solution where TI's ZigBee stack, Z-Stack, runs on a ZigBee Processor and the application runs on an external microcontroller. The CC2480 handles all the timing critical and processing intensive ZigBee protocol tasks, and leaves the resources of the application microcontroller free to handle the application.

Z-Accel makes it easy to add ZigBee to new or existing products at the same time as it provides great flexibility in choice of microcontroller.

CC2480 interfaces any microcontroller through an SPI or UART interface. There is no need to learn a new microcontroller or new tools. CC2480 can for example be combined with an MSP430.

CC2480 supports TI's SimpleAPI. SimpleAPI has only 10 API calls to learn, which drastically simplifies the development of ZigBee applications.

The CC2480 (formerly known as CCZACC06) is a cost-effective, low power, Z-Accel ZigBee Processor that provides full ZigBee functionality with a minimal development effort.

Z-Accel is a solution where TI's ZigBee stack, Z-Stack, runs on a ZigBee Processor and the application runs on an external microcontroller. The CC2480 handles all the timing critical and processing intensive ZigBee protocol tasks, and leaves the resources of the application microcontroller free to handle the application.

Z-Accel makes it easy to add ZigBee to new or existing products at the same time as it provides great flexibility in choice of microcontroller.

CC2480 interfaces any microcontroller through an SPI or UART interface. There is no need to learn a new microcontroller or new tools. CC2480 can for example be combined with an MSP430.

CC2480 supports TI's SimpleAPI. SimpleAPI has only 10 API calls to learn, which drastically simplifies the development of ZigBee applications.

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
13 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート CC2480 Data Sheet データシート (Rev. A) 2008年 4月 4日
* エラッタ CCZACC06 Errata Note (Rev. B) 2008年 4月 7日
* 放射線と信頼性レポート cc2480 Reliability Report (Rev. A) 2008年 4月 4日
アプリケーション・ノート 2.4-GHz Inverted F Antenna (Rev. D) 2019年 1月 7日
技術記事 An out-of-the-box Internet of Things: building a seamless and secure smart home network 2018年 6月 12日
技術記事 Thread vs. Zigbee – what’s the difference? 2018年 5月 16日
技術記事 Your microcontroller deserves a nap – designing “sleepy” wireless applications 2018年 3月 28日
技術記事 SimpleLink™ MCU SDKs: Breaking down TI Drivers 2017年 4月 12日
アプリケーション・ノート AN058 -- Antenna Selection Guide (Rev. B) 2010年 10月 6日
アプリケーション・ノート AN040 - Folded dipole antenna for CC2400, CC2420, CC2430/31 and CC2480 (Rev. D) 2008年 4月 4日
アプリケーション・ノート AN043 -- Small Size 2.4 GHz PCB Antenna (Rev. D) 2008年 4月 4日
証明書 CC2480 RoHS Confirmation (Rev. A) 2008年 4月 4日
アプリケーション・ノート LC フィルタの高周波減衰量を向上させる 2007年 11月 27日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

IDE (統合開発環境)、コンパイラ、またはデバッガ

CCSTUDIO Code Composer Studio 統合開発環境(IDE)

Code Composer Studio؜™ software is an integrated development environment (IDE) that supports TI's microcontroller (MCU) and embedded processor portfolios. Code Composer Studio software comprises a suite of tools used to develop and debug embedded applications. The software includes an (...)
サポートされている製品とハードウェア

サポートされている製品とハードウェア

こちらの設計リソースは、このカテゴリに属する製品の大半をサポートしています。

サポート状況を確認するには、製品の詳細ページをご覧ください

parametric-filter MSP430 マイコン
parametric-filter Arm ベースのマイコン
parametric-filter Zigbee 製品
parametric-filter Wi-Fi 製品
parametric-filter Thread 製品
parametric-filter Sub-1GHz 製品
parametric-filter マルチプロトコル製品
parametric-filter Bluetooth 製品
製品
車載ミリ波レーダー・センサ
AWR1243 76GHz ~ 81GHz 高性能車載向けミリ波 IC AWR1443 マイコンとハードウェア・アクセラレータを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz 車載レーダー・センサ AWR1642 DSP とマイコンを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz 車載レーダー・センサ AWR1843 DSP、マイコン、レーダー・アクセラレータを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz 車載レーダー・センサ AWR1843AOP Single-chip 76-GHz to 81-GHz automotive radar sensor integrating antenna on package, DSP and MCU AWR2243 車載、第 2 世代、76GHz ~ 81GHz、高性能用 MMIC (モノリシック・マイクロ波 IC) AWR2944 車載対応、コーナー・レーダーと長距離レーダー向け、第 2 世代の 76GHz ~ 81GHz 高性能 SoC AWR6443 Single-chip 60-GHz to 64-GHz automotive radar sensor integrating MCU and radar accelerator AWR6843 DSP、マイコン、レーダー・アクセラレータを統合したシングルチップ 60GHz ~ 64GHz 車載レーダー・センサ AWR6843AOP 車載対応、DSP とマイコンをアンテナ・オン・パッケージに内蔵、シングルチップ 60GHz ~ 64GHz レーダー・センサ
産業用ミリ波レーダー・センサ
IWR1443 マイコンとハードウェア・アクセラレータを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz ミリ波センサ IWR1642 DSP とマイコンを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz ミリ波センサ IWR1843 DSP、マイコン、レーダー・アクセラレータを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz 産業用レーダー・センサ IWR6443 マイコンとハードウェア・アクセラレータを統合したシングルチップ 60GHz ~ 64GHz インテリジェント・ミリ波センサ IWR6843 処理機能内蔵シングルチップ 60GHz ~ 64GHz インテリジェント・ミリ波センサ IWR6843AOP 統合型アンテナ・オン・パッケージ (AoP)、シングルチップ、60GHz ~ 64GHz、インテリジェント・ミリ波センサ
クラウドで評価することができます ダウンロードオプション
サンプル・コードまたはデモ

CC2480 Software Examples

SWRU169.ZIP (256 KB)
部品表 (BOM)

CC2480 Material Content (Rev. A) CC2480 Material Content (Rev. A)

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RTC) 48 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ