TIDEP0028

イーサネット Powerlink 開発プラットフォーム

TIDEP0028

設計ファイル

概要

TIDEP0028 Ethernet Powerlink リファレンス・デザインは、AM335x Sitara プロセッサ・ファミリと Powerlink オープン・メディア・アクセス制御 (MAC) 層を組み合わせた単一のシステム・オン・チップ (SoC) デザインです。TIDEP0028 のターゲットは Ethernet Powerlink のセカンダリ通信です。このデザインを活用すると、多様な産業用オートメーション機器向けのリアルタイム通信規格である Powerlink を実装できます。ベースとなっているのは TMDSICE3359 産業用通信エンジン (ICE) です。このリファレンス・デザインは TMDSICE3359 を搭載していますが、TMDXICE110 をサポートすることもできます。

特長
  • Ethernet Powerlink 準拠テスト済み
  • openMAC 準拠レジスタ・インターフェイスを搭載した PRU-ICSS 向け Ethernet Powerlink ファームウェア
  • TI とサード・パーティのボード・サポート・パッケージや産業用ソフトウェア開発キットが利用可能
  • 回路図、BOM (部品表)、ユーザー・ガイド、アプリケーション・ノート、ホワイト・ペーパー、ソフトウェア、デモなどで構成された開発プラットフォーム
  • 他の産業用通信 (EtherCAT、Profinet、Ethernet/IP など) を同じハードウェアでサポート

設計ファイルと製品

設計ファイル

すぐに使用できるシステム・ファイルをダウンロードすると、設計プロセスを迅速化できます。

JAJU188.PDF (4272 K)

リファレンス・デザインの概要と検証済みの性能テスト・データ

TIDR336.ZIP (768 K)

設計レイアウトとコンポーネントを示した詳細な回路図

TIDRAV4.PDF (297 K)

設計に使用したコンポーネント、参照指定子、メーカー名や型番などを記入した詳細なリスト

TIDC179A.ZIP (3016 K)

PCB 設計レイアウトを生成するための PCB 基板層のプロット・ファイル

製品

設計や代替製品候補に TI 製品を含めます。

AND ゲート

SN74AUP2G082 チャネル、2 入力、0.8V ~ 3.6V 低消費電力 AND ゲート

データシート document-pdfAcrobat PDF
AND ゲート

SN74LVC1G08シングル、2 入力、1.65V ~ 5.5V AND ゲート

データシート document-pdfAcrobat PDF
Arm ベースのプロセッサ

AM3357Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、EtherCAT、PRU-ICSS、CAN

データシート document-pdfAcrobat PDF open-in-new HTML
Arm ベースのプロセッサ

AM3359Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、EtherCAT、3D、PRU-ICSS、CAN

データシート document-pdfAcrobat PDF open-in-new HTML
イーサネット PHY

TLK110産業用 10/100 イーサネット PHY

データシート document-pdfAcrobat PDF
マルチスイッチ検出インターフェイス (MSDI) IC

SN65HVS882産業用オートメーションとプロセス制御向け、34V、8 チャネル・デジタル入力シリアライザ

データシート document-pdfAcrobat PDF
マルチチャネル IC (PMIC)

TPS659104 個の DC/DC と 8 個の LDO と RTC 搭載、6 x 6mm QFN 封止、統合型パワー・マネージメント IC (PMIC) ファミリ

データシート document-pdfAcrobat PDF open-in-new HTML
リニア・レギュレータと低ドロップアウト (LDO) レギュレータ

TPS766パワー・グッドとイネーブル搭載、250mA、10V、低静止電流 (IQ)、低ドロップアウト電圧レギュレータ

データシート document-pdfAcrobat PDF
車載 LED ドライバ

TPIC2810I2C インターフェイス搭載、8 ビット、LED ドライバ

データシート document-pdfAcrobat PDF

開発を始める

ハードウェア

評価ボード

TMDSICE3359 — AM3359 産業用通信エンジン(ICE)

AM3359 産業用通信エンジン(ICE)は、Sitara AM335x Arm® Cortex®-A8 プロセッサの産業用通信機能にフォーカスしたシステム向けに製作された開発プラットフォームです。

AM335x Arm Cortex-A8 プロセッサは、幅広い産業用オートメーション機器で使用されるリアルタイム通信技術実装のためのプログラマブル・リアルタイム・ユニット(PRU)を内蔵しています。外付け部品点数と基板面積の低減、クラス最高の低消費電力性能を実現します。

TMDSICE3359 は TMDXICE3359 の改訂バージョンであり、量産品の AM3359 シリコンを使用しているほか、以下のような顕著な改善を実現しています。

    • PRU から、または 2 ポート GbE スイッチからのイーサネット・ポートを制御するオプション
    • オンボード OLED ディスプレイ
    • DDR3 メモリ
    • 最大 32Mb の大容量 NOR フラッシュをサポート
      • 産業用通信モジュール
      • センサと入出力(I/O)システムに対応する産業用通信インターフェイス
      • 産業用通信ゲートウェイ
      • 通信機能を統合した産業用ドライブ
      • モーター・フィードバック・システム

ターゲット・アプリケーション

    ICE ハードウェアと付属のソフトウェアは、幅広い産業用システムの産業用通信インターフェイスを統合できるように設計されています。そのいくつかを以下に示します。
在庫あり
制限: 5
評価ボード

TMDXICE110 — AMIC110 産業用通信エンジン(ICE)

AMIC110 産業用通信エンジン(ICE)は、産業用通信と産業用イーサネット向け開発プラットフォームです。AMIC110 ICE の中核である Sitara AMIC110 SoC は ARM® Cortex™-A8 (...)

在庫あり
制限: 1

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 3
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* ホワイト・ペーパー POWERLINK on TI Sitara Processors (Rev. A) 2018年 1月 10日
技術記事 How to select the right industrial Ethernet standard: Ethernet POWERLINK 2016年 5月 9日
設計ガイド イーサネットPOWERLINK開発プラットフォーム リファレンス・デザイン 英語版をダウンロード 2015年 10月 22日

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ