製品詳細

Audio input type Digital Input Architecture Class-D Boosted, Smart Amp Speaker channels (Max) Mono Power stage supply (Max) (V) 8.5 Power stage supply (Min) (V) 2.7 Load (Min) (ohms) 4 Output power (W) 5.7 SNR (dB) 111 THD + N @ 1 kHz (%) 0.0035 Iq (Typ) (mA) 3.9 Control interface I2C, SPI Closed/open loop Closed Analog supply (Min) (V) 2.9 Analog supply (Max) (V) 5.5 Sampling rate (Max) (kHz) 96 PSRR (dB) 110 Operating temperature range (C) -40 to 85
Audio input type Digital Input Architecture Class-D Boosted, Smart Amp Speaker channels (Max) Mono Power stage supply (Max) (V) 8.5 Power stage supply (Min) (V) 2.7 Load (Min) (ohms) 4 Output power (W) 5.7 SNR (dB) 111 THD + N @ 1 kHz (%) 0.0035 Iq (Typ) (mA) 3.9 Control interface I2C, SPI Closed/open loop Closed Analog supply (Min) (V) 2.9 Analog supply (Max) (V) 5.5 Sampling rate (Max) (kHz) 96 PSRR (dB) 110 Operating temperature range (C) -40 to 85
  • 超低ノイズのモノラル昇圧 Class-D アンプ
    • 4.2V 電源から 4Ω 負荷に対して、1% THD+N で 5.7W、10% THD+N で 6.9W
    • 4.2V 電源から 8Ω 負荷に対して、1% THD+N で 3.8W、10% THD+N で 4.5W
  • DAC+Class-D (ICN) の出力ノイズ:15.9µV
  • 1% THD+N / 8Ω で DAC+Class-D SNR 111dB
  • フラットな周波数応答で、1W / 8Ω において THD+N -90dB
  • ポスト・フィルタ帰還 (PFFB)
  • PSRR:110dB (217Hz、200mVpp リップル)
  • 入力サンプル・レート:8kHz~96kHz
  • スピーカ検知機能を搭載
    • スピーカの電流と電圧を測定
    • VBAT 電圧、チップ温度を測定
  • 専用のリアルタイム・デュアルコア DSP によるスピーカ保護
    • 熱およびエクスカーション保護
    • スピーカのリークと損傷を検出
  • 高効率の Class-H 昇圧型コンバータとマルチレベルのトラッキング
    • 3.6V VBAT、8Ω、500mWで86%
    • 4.2V VBAT、8Ω、700mWで87%
  • 構成可能な自動ゲイン制御 (AGC)
    • バッテリ消費電流の制限
  • 可変の Class-D スイッチング・エッジ・レート制御
  • 熱、短絡、低電圧からの保護
  • I2S、左揃え、右揃え、DSP、TDM 入力および出力インターフェイス
  • レジスタ制御用の I2C または SPI インターフェイス
  • 2 つの TAS2557 デバイスを使用するステレオ構成
  • 電源
    • 昇圧入力:2.9V~5.5V
    • アナログ/デジタル:1.65V~1.95V
    • デジタル I/O:1.62V~3.6V
  • 42ボール、0.5mmピッチのDSBGAパッケージ
  • 超低ノイズのモノラル昇圧 Class-D アンプ
    • 4.2V 電源から 4Ω 負荷に対して、1% THD+N で 5.7W、10% THD+N で 6.9W
    • 4.2V 電源から 8Ω 負荷に対して、1% THD+N で 3.8W、10% THD+N で 4.5W
  • DAC+Class-D (ICN) の出力ノイズ:15.9µV
  • 1% THD+N / 8Ω で DAC+Class-D SNR 111dB
  • フラットな周波数応答で、1W / 8Ω において THD+N -90dB
  • ポスト・フィルタ帰還 (PFFB)
  • PSRR:110dB (217Hz、200mVpp リップル)
  • 入力サンプル・レート:8kHz~96kHz
  • スピーカ検知機能を搭載
    • スピーカの電流と電圧を測定
    • VBAT 電圧、チップ温度を測定
  • 専用のリアルタイム・デュアルコア DSP によるスピーカ保護
    • 熱およびエクスカーション保護
    • スピーカのリークと損傷を検出
  • 高効率の Class-H 昇圧型コンバータとマルチレベルのトラッキング
    • 3.6V VBAT、8Ω、500mWで86%
    • 4.2V VBAT、8Ω、700mWで87%
  • 構成可能な自動ゲイン制御 (AGC)
    • バッテリ消費電流の制限
  • 可変の Class-D スイッチング・エッジ・レート制御
  • 熱、短絡、低電圧からの保護
  • I2S、左揃え、右揃え、DSP、TDM 入力および出力インターフェイス
  • レジスタ制御用の I2C または SPI インターフェイス
  • 2 つの TAS2557 デバイスを使用するステレオ構成
  • 電源
    • 昇圧入力:2.9V~5.5V
    • アナログ/デジタル:1.65V~1.95V
    • デジタル I/O:1.62V~3.6V
  • 42ボール、0.5mmピッチのDSBGAパッケージ

TAS2557は、最先端のClass-Dオーディオ・アンプで、完全なシステム・オン・チップ(SoC)です。このデバイスには超低ノイズのオーディオDACとClass-Dのパワー・アンプが搭載され、スピーカの電圧および電流センシング・フィードバックが内蔵されています。オンチップの低レイテンシDSPは、テキサス・インスツルメンツのSmartAmpスピーカ保護アルゴリズムに対応し、ラウドネスの最大化とともにスピーカを安全な状態に維持します。

このデバイスは、I2S出力を持つどのプロセッサとも簡単に組み合わせて使用でき、2つのTAS2557デバイスを使用してステレオ実装にもできます。異なるスピーカに対して個別のチューニングを行うこともできるため、顧客はフォーム・ファクタ設計を維持しながら付加価値を提供できます。さらに、TAS2557は非常に低い15.9µVのICNにより、動作モードにかかわらず音声とオーディオを別々に、動的にチューニングできるため、レシーバ/スピーカの実装も可能です。

Class-H昇圧コンバータにより、Class-Dアンプの電源レールが生成されます。オーディオ信号に低いClass-D出力電力しか必要ないときは、VBATを非アクティブ化し、Class-Dアンプの電源へ直接接続することにより、システムの効率が向上します。より高いオーディオ出力が必要なときは、マルチレベルの昇圧により信号のトラッキングを迅速にアクティブ化し、負荷へ追加電圧を供給できます。

TAS2557は、最先端のClass-Dオーディオ・アンプで、完全なシステム・オン・チップ(SoC)です。このデバイスには超低ノイズのオーディオDACとClass-Dのパワー・アンプが搭載され、スピーカの電圧および電流センシング・フィードバックが内蔵されています。オンチップの低レイテンシDSPは、テキサス・インスツルメンツのSmartAmpスピーカ保護アルゴリズムに対応し、ラウドネスの最大化とともにスピーカを安全な状態に維持します。

このデバイスは、I2S出力を持つどのプロセッサとも簡単に組み合わせて使用でき、2つのTAS2557デバイスを使用してステレオ実装にもできます。異なるスピーカに対して個別のチューニングを行うこともできるため、顧客はフォーム・ファクタ設計を維持しながら付加価値を提供できます。さらに、TAS2557は非常に低い15.9µVのICNにより、動作モードにかかわらず音声とオーディオを別々に、動的にチューニングできるため、レシーバ/スピーカの実装も可能です。

Class-H昇圧コンバータにより、Class-Dアンプの電源レールが生成されます。オーディオ信号に低いClass-D出力電力しか必要ないときは、VBATを非アクティブ化し、Class-Dアンプの電源へ直接接続することにより、システムの効率が向上します。より高いオーディオ出力が必要なときは、マルチレベルの昇圧により信号のトラッキングを迅速にアクティブ化し、負荷へ追加電圧を供給できます。

ダウンロード

To request access to PurePath™ Console 3 and other design resources: Request TAS2557

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン配置が異なる製品。
TAS2563 アクティブ スピーカ保護機能内蔵、高度な EQ と 8.5V の Class-H 昇圧機能搭載、5.7W デジタル入力スマート・アンプ Same functionality with updated software, higher output power (6 W) and more package options

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
25 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TAS2557 5.7W Class-D モノラル・オーディオ・アンプ、Class-H 昇圧およびスピーカ検知付き データシート (Rev. B 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.B) 2020年 2月 17日
技術記事 How smart amps are bringing high-fidelity audio into the smart home 2021年 5月 3日
アプリケーション・ノート Current and Voltage Sensing Accuracy and Linearity 2020年 7月 21日
アプリケーション・ノート Limitations of Capacitor only EMI Filters on Class-D Amplifiers 2020年 7月 21日
アプリケーション・ノート ADC Parameters Unit Conversion 2020年 6月 18日
ユーザー・ガイド Learning Board 2 User's Guide (Rev. A) 2019年 9月 13日
アプリケーション・ノート Guidelines for Measuring Audio Power Amplifier Performance (Rev. A) 2019年 8月 26日
アプリケーション・ノート Passive Component Selection Guide for Class-D Audio Amplifier 2019年 6月 27日
アプリケーション・ノート Battery Voltage Tracking Limiter and Brown-Out Protection 2019年 6月 26日
アプリケーション・ノート PCB Layout Guidelines for TAS2xxx Series Class-D Boosted Audio Amplifier 2019年 6月 6日
アプリケーション・ノート Benefits of Class-G and Class-H boost in audio amplifiers 2019年 4月 30日
アプリケーション・ノート PLL & Clocking Configuration for Audio Devices 2019年 3月 26日
アプリケーション・ノート How SmartAmp algorithm for TAS2560 and TAS2557 deals with Effects of Series Resi 2018年 8月 8日
アプリケーション・ノート SmartPA Speaker Protection Algorithm 2018年 8月 6日
技術記事 Smart speakers don’t have to sound as small as they are 2018年 6月 4日
技術記事 Integrating next-generation linear resonance actuator systems 2017年 12月 28日
技術記事 Don’t limit your audio: how to achieve loud sound from a small speaker 2017年 12月 18日
アプリケーション・ノート Post Filter Feedback Class-D Amplifier Benefits and Design Considerations 2017年 11月 14日
その他の技術資料 Calibration and Verification Wave Files 2017年 9月 21日
アプリケーション・ノート TAS2557 and TAS2559 End System Integration Guide 2017年 9月 8日
アプリケーション・ノート Tuning Smart Amp for Audio Quality 2017年 9月 5日
アプリケーション・ノート TAS2555, TAS2557, and TAS2559 Factory Test and Calibration Guide 2017年 9月 2日
アプリケーション・ノート Smart Amp Checklist 2017年 8月 3日
EVM ユーザー ガイド (英語) Describes use of TAS2557 Evaluation Module 2016年 10月 26日
アプリケーション・ノート AN-1737 Managing EMI in Class D Audio Applications (Rev. A) 2013年 5月 1日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

PP-SALB2-EVM — PP-SALB2-EVM スマート・アンプ・スピーカ評価ボードの評価基板 (評価ボード 2)

This board supports: TAS2555YZEVMTAS2557EVM and TAS2559EVM.

The Smart Amplifier Speaker Characterization Board, when used in conjunction with a supported TI Smart Amplifier and PurePath Console software, provides users the ability to measure speaker excursion, temperature and other parameters for (...)

評価ボード

TAS2557EVM — TAS2557 Class-H 昇圧機能とスピーカ・センス機能搭載、5.7W Class-D オーディオ・アンプの評価基板

TAS2557EVM 評価基板は、TAS2557 オーディオ・アンプを PurePath™ Console 3 ソフトウェア・スイート (PPC3) と組み合わせて総合的に評価するための強力なツールキットとして活用できます。この評価基板は、出荷時に基準スピーカが 1 個付属しています。このボードには PC 向けの USB 接続機能があり、PPC3 ソフトウェア・スイートを使用して制御できます。PPC3 は個別にダウンロードする必要があります。PPC3 を使用すると、好みに合わせてソリューションをさらに微調整することができます。この評価基板を 2 (...)

アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

PUREPATHCONSOLE — オーディオ・システム設計 / 開発向け PurePath™ Console グラフィカル開発スイート

PurePath™ Console は、統合性が高く使いやすいオーディオ開発スイートであり、オーディオ製品の開発に関連する評価、構成、デバッグの各プロセスを簡略化する目的で専用設計を採用しています。 PurePath™ Console 3 ソフトウェアをどれほど簡単に使用できるかをご覧ください。
PurePath Console の直観的なグラフィカル・ユーザー・インターフェイス (GUI) (...)
ドライバまたはライブラリ

TAS2XXX-DRIVERS — Android and other drivers for the TAS25XX and TAS27XX series of Class-D amplifiers

これらの Android ドライバは、TI のローパワー・デジタル入力 Class-D オーディオ・アンプをサポートしています。「Get software」 (ソフトウェアを入手) ボタンは、これらのオープン・ソース・ドライバに対応する git.ti.com リポジトリにリンクしています。
シミュレーション・モデル

TAS2557 IBIS Model

SLAM294.ZIP (50 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-01589 — ノイズ・リダクション / エコー・キャンセレーション機能搭載、Hi-Fi、近距離、双方向オーディオのリファレンス・デザイン

人間と機械のインタラクションには、全二重ハンズフリー通信を行うための音響インターフェイスが必要です。ハンズフリー・モードでは、スピーカーからの遠端または近端のオーディオ信号の一部がマイクロフォンにカップリングされます。さらに、ノイズの多い環境では、有用な近端オーディオ信号とともに周囲のノイズをマイクロフォンが拾う可能性があります。キャプチャされたマルチ・マイクロフォンのオーディオ信号がバックグラウンドの音響ノイズやエコー信号の影響を受けることによって、目的の信号の明瞭度が低下し、それに続くオーディオ処理システムの性能に制約が生じます。このリファレンス・デザインはステレオ (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
(YZ) 42 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ