TPS22810

アクティブ

調整可能な立ち上がり時間と、調整可能な出力放電機能搭載、18V、3A、79mΩ のロード・スイッチ

製品詳細

Number of channels (#) 1 Vin (Min) (V) 2.7 Vin (Max) (V) 18 Imax (A) 3 Ron (Typ) (mOhm) 79 Shutdown current (ISD) (Typ) (uA) 0.5 Quiescent current (Iq) (Typ) (uA) 62 Soft start Adjustable Rise Time Rise time (Typ) (us) 115 Current limit type None Features Quick output discharge, Thermal shutdown, Under voltage lock out Operating temperature range (C) -40 to 105
Number of channels (#) 1 Vin (Min) (V) 2.7 Vin (Max) (V) 18 Imax (A) 3 Ron (Typ) (mOhm) 79 Shutdown current (ISD) (Typ) (uA) 0.5 Quiescent current (Iq) (Typ) (uA) 62 Soft start Adjustable Rise Time Rise time (Typ) (us) 115 Current limit type None Features Quick output discharge, Thermal shutdown, Under voltage lock out Operating temperature range (C) -40 to 105
SOT-23 (DBV) 6 5 mm² 2.9 x 1.6 WSON (DRV) 6 4 mm² 2 x 2
  • シングル・チャネル負荷スイッチを内蔵
  • 動作時周囲温度: -40℃~+105℃
    • SOT23-6 (DBV): 最大連続電流2A1
    • WSON (DRV): 最大連続電流3A1
  • 入力電圧範囲: 2.7V~18V
  • 絶対最大入力電圧: 20V
  • オン抵抗(RON)
    • VIN = 12VでRON = 79mΩ (標準値)
  • 静止電流
    • VIN = 12Vにおいて62µA (標準値)
  • シャットダウン電流
    • VIN = 12Vにおいて500nA (標準値)
  • サーマル・シャットダウン
  • 低電圧誤動作防止(UVLO)
  • 可変クイック出力放電(QOD)
  • CTピンで立ち上がり時間を設定可能
  • SOT23-6パッケージ
    • 2.9mm×2.8mm、0.95mmピッチ、
      高さ1.45mm (DBV)
  • WSONパッケージ
    • 2mm×2mm、0.65mmピッチ、
      高さ0.75mm (DRV)
  • ESD性能はJESD 22に準拠しテスト済み
    • HBM ±2kV、CDM ±1kV
    (1)

(1)熱性能を考慮する必要があります

  • シングル・チャネル負荷スイッチを内蔵
  • 動作時周囲温度: -40℃~+105℃
    • SOT23-6 (DBV): 最大連続電流2A1
    • WSON (DRV): 最大連続電流3A1
  • 入力電圧範囲: 2.7V~18V
  • 絶対最大入力電圧: 20V
  • オン抵抗(RON)
    • VIN = 12VでRON = 79mΩ (標準値)
  • 静止電流
    • VIN = 12Vにおいて62µA (標準値)
  • シャットダウン電流
    • VIN = 12Vにおいて500nA (標準値)
  • サーマル・シャットダウン
  • 低電圧誤動作防止(UVLO)
  • 可変クイック出力放電(QOD)
  • CTピンで立ち上がり時間を設定可能
  • SOT23-6パッケージ
    • 2.9mm×2.8mm、0.95mmピッチ、
      高さ1.45mm (DBV)
  • WSONパッケージ
    • 2mm×2mm、0.65mmピッチ、
      高さ0.75mm (DRV)
  • ESD性能はJESD 22に準拠しテスト済み
    • HBM ±2kV、CDM ±1kV
    (1)

(1)熱性能を考慮する必要があります

TPS22810はシングル・チャネルの負荷スイッチで、立ち上がり時間を設定可能、クイック出力放電(QOD)が内蔵されています。さらに、このデバイスには接合部温度の上昇からデバイスを保護するため、サーマル・シャットダウン機能が搭載されています。これらの機能により、デバイスの安全な動作が本質的に保証されています。このデバイスにはNチャネルMOSFETが搭載され、2.7V~18Vの入力電圧範囲で動作できます。SOT23-5 (DBV)パッケージは最大で2Aの電流をサポートできます。WSON (DRV)パッケージは最大で3Aの電流をサポートできます。スイッチはオン/オフ入力により制御され、低電圧の制御信号と直接接続が可能です。

デバイスの立ち上がり時間を設定可能なため、大きな負荷容量により発生する突入電流が大幅に減少し、電源ドループが低減、または生じなくなります。低電圧誤動作防止機能は、VIN電圧がスレッショルド値よりも低下した場合にデバイスの電源をオフにし、想定よりも低い電圧の供給によって下流の回路が損害を受けることを防止します。QODピンは設定可能で、デバイスの立ち下がり時間を制御し、電源オフ時の設計を柔軟に行えるようにします。

TPS22810はリード付きのSOT-23パッケージ(DBV)で供給され、ハンダ付け結合部を目視で検査できるほか、WSONパッケージ(DRV)でも供給されます。このデバイスは、-40℃~+105℃の周囲温度範囲で動作するよう規定されています。

TPS22810はシングル・チャネルの負荷スイッチで、立ち上がり時間を設定可能、クイック出力放電(QOD)が内蔵されています。さらに、このデバイスには接合部温度の上昇からデバイスを保護するため、サーマル・シャットダウン機能が搭載されています。これらの機能により、デバイスの安全な動作が本質的に保証されています。このデバイスにはNチャネルMOSFETが搭載され、2.7V~18Vの入力電圧範囲で動作できます。SOT23-5 (DBV)パッケージは最大で2Aの電流をサポートできます。WSON (DRV)パッケージは最大で3Aの電流をサポートできます。スイッチはオン/オフ入力により制御され、低電圧の制御信号と直接接続が可能です。

デバイスの立ち上がり時間を設定可能なため、大きな負荷容量により発生する突入電流が大幅に減少し、電源ドループが低減、または生じなくなります。低電圧誤動作防止機能は、VIN電圧がスレッショルド値よりも低下した場合にデバイスの電源をオフにし、想定よりも低い電圧の供給によって下流の回路が損害を受けることを防止します。QODピンは設定可能で、デバイスの立ち下がり時間を制御し、電源オフ時の設計を柔軟に行えるようにします。

TPS22810はリード付きのSOT-23パッケージ(DBV)で供給され、ハンダ付け結合部を目視で検査できるほか、WSONパッケージ(DRV)でも供給されます。このデバイスは、-40℃~+105℃の周囲温度範囲で動作するよう規定されています。

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン互換製品。
TPS22918 アクティブ 調整可能な立ち上がり時間と、調整可能な出力放電機能搭載、5.5V、2A、52mΩ のロード・スイッチ This product is A footprint compatible load switch with lower operating voltage (down to 1V).

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
14 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TPS22810 2.7~18V、79mΩオン抵抗、熱保護付き負荷スイッチ データシート (Rev. C 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.C) PDF | HTML 2018年 2月 20日
技術記事 How innovative packaging can drive higher power density in load switches 2022年 2月 23日
e-Book(PDF) 11 Ways to Protect Your Power Path(英語) 英語版をダウンロード 2020年 10月 30日
アプリケーション・ノート Basics of Power Switches (Rev. A) PDF | HTML 2019年 4月 26日
アプリケーション・ノート Load Switch Thermal Considerations (Rev. A) 2018年 10月 11日
アプリケーション・ノート All Load Switch products (Rev. A) 2018年 9月 5日
技術記事 How can a load switch extend your device’s battery life? 2018年 3月 20日
技術記事 How and why you should use load switches for power sequencing 2018年 2月 6日
EVM ユーザー ガイド (英語) TPS22810 Load Switch Evaluation Module User's Guide (Rev. B) 2018年 1月 30日
技術記事 How to use load switches and eFuses in your set-top box design 2017年 11月 23日
アプリケーション・ノート Selecting a Load Switch to Replace a Discrete Solution 2017年 4月 30日
アプリケーション・ノート Load Switches 2017年 4月 27日
アプリケーション・ノート Basics of RON in Load Switches 2016年 6月 9日
アプリケーション・ノート Managing Inrush Current (Rev. A) 2015年 5月 28日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

TPS22810EVM — TPS22810 可変立ち上がり時間、18V、2A、オン抵抗 79mΩ ロード・スイッチの評価モジュール

TPS22810 評価基板 (EVM) は、TPS22810 ロード・スイッチの評価を目的とする、包括的な組み立てとテスト実施済みの回路です。TPS22810EVM を使用すると、さまざまな負荷条件 (0A ~ 2A) の下で、TPS22810 にさまざまな入力電圧 (2.7V ~ 18V) を印加できます。この評価基板の複数のテスト・ポイント接続を活用すると、ユーザー定義のテスト条件を複数使用してデバイスを制御し、RON を高精度測定することができます。

TI.com で取り扱いなし
シミュレーション・モデル

TPS22810 and TPS22810-Q1 Unencrypted PSpice Transient Model Package (Rev. A) TPS22810 and TPS22810-Q1 Unencrypted PSpice Transient Model Package (Rev. A)

シミュレーション・モデル

TPS22810 TINA-TI Transient Spice Model TPS22810 TINA-TI Transient Spice Model

シミュレーション・モデル

TPS22810 TINA-TI Transient Reference Design TPS22810 TINA-TI Transient Reference Design

シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-050027 — 省電力の最大化向けにフレキシブルなパーティションを採用したマルチレール TV 電源のリファレンス・デザイン

TIDA-050027 リファレンス・デザインは、テレビ・プラットフォーム用のパワー・ディストリビューション・ソリューションです。この設計は、一般的な電圧レールとペリフェラルをエミュレートする構成により、LCD TV や OLED TV など、多様なテレビ電源アーキテクチャのリファレンス・デザインとして使用できます。入力では eFuse を使用して短絡保護を実現しますが、同時に高効率の降圧コンバータによりコア・レール、常時オンのレール、ペリフェラル・レールに必要な電力を供給します。さらに、特定の周辺機器には、低 IQ 低ドロップアウト・レギュレータ (LDO) (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-010008 — グリッド・アプリケーションを過渡から保護するフラットクランプ TVS(過渡電圧サプレッサ)ベースのリファレンス・デザイン

This reference design features multiple approaches for  protecting AC or DC analog input, DC analog output, AC or DC binary input, digital output with a high side or low side driver, LCD bias supply, USB interfaces (power and data) and onboard power supplies with 24, 12 or 5V input used in (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-01081 — マシン・ビジョン向け LED ライティング制御のリファレンス・デザイン

この LED ライティング制御リファレンス・デザインは、複数の大電力 LED からなる単一ストリングの駆動と制御のためのユニークな方法を紹介します。産業用マシン・ビジョン・システムをターゲットとしていますが、他の産業用または車載用ライティング・アプリケーションにも最適です。LED 電流とタイミングをプログラムし、LED (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-01630 — EMC 耐性の高い Tamagawa(多摩川精機)エンコーダ向け RS485 インターフェイスのリファレンス・デザイン

EMC immunity, especially immunity against inverter switching noise, is important for positioning encoder feedback systems of industrial drives. This design demonstrates a high EMC immunity RS485 transceiver solution which can be used on both the drive and encoder, such as Tamagawa™, EnDat (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-01584 — ロード・スイッチを使用する電源シーケンシングのリファレンス・デザイン

TIDA-01584 リファレンス・デザインは、複数のロード・スイッチを使用して、さまざまな電源シーケンシング構成を実現する方法を提示します。複数の内蔵ロード・スイッチを使用し、各電圧レールのタイミングを互いに独立して調整することができます。プロセッサの大掛かりな介入や、外部のデジタル部品の採用なしで、各電圧レールを制御できます。このデザインが役に立つのは、さまざまなサブシステムとプロセッサ向けのレールをオンに切り替えるために、特定のタイミング・シーケンスを必要とする、マルチファンクション・プリンタ (MFP、プリンタ複合機) やセット・トップ・ボックス (STB) (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-01401 — EMC 耐性の高いアブソリュート・エンコーダ向け RS-485 インターフェイスのリファレンス・デザイン

EMC 耐性が高く、 ドライブと EnDat 2.2、BiSS®、Tamagawa™ などの各種エンコーダ内で使用する RS-485 トランシーバのリファレンス・デザインです。EMC 耐性、特にインバータ・スイッチング・ノイズに対する耐性は、産業用ドライブのエンコーダ・フィードバック・システムにとって重要です。このリファレンス・デザインは、5 ~ 15V(公称 (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
SOT-23 (DBV) 6 オプションの表示
WSON (DRV) 6 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ