製品詳細

Arm CPU 2 Arm Cortex-A15 Arm MHz (Max.) 1800 Co-processor(s) 2 Dual Arm Cortex-M4 CPU 32-bit Graphics acceleration 1 2D, 2 3D Display type 1 HDMI, 3 LCD Protocols Ethernet Ethernet MAC 1-Port 10/100/1000, 2-Port 1Gb switch PCIe 1 PCIe Gen 2 Hardware accelerators 1 Image Video Accelerator, 1 Image Subsystem Processor, 2 Viterbi Decoder, Audio Tracking Features Multimedia Operating system Android, Linux, RTOS Security Cryptography, Debug security, Device identity, Isolation firewalls, Secure boot, Secure storage & programming, Software IP protection Rating Automotive Operating temperature range (C) -40 to 125
Arm CPU 2 Arm Cortex-A15 Arm MHz (Max.) 1800 Co-processor(s) 2 Dual Arm Cortex-M4 CPU 32-bit Graphics acceleration 1 2D, 2 3D Display type 1 HDMI, 3 LCD Protocols Ethernet Ethernet MAC 1-Port 10/100/1000, 2-Port 1Gb switch PCIe 1 PCIe Gen 2 Hardware accelerators 1 Image Video Accelerator, 1 Image Subsystem Processor, 2 Viterbi Decoder, Audio Tracking Features Multimedia Operating system Android, Linux, RTOS Security Cryptography, Debug security, Device identity, Isolation firewalls, Secure boot, Secure storage & programming, Software IP protection Rating Automotive Operating temperature range (C) -40 to 125
  • Architecture Designed for Infotainment Applications
  • Video, Image, and Graphics Processing Support
    • Full-HD Video (1920 × 1080p, 60 fps)
    • Multiple Video Input and Video Output
    • 2D and 3D Graphics
  • Dual Arm® Cortex®-A15 Microprocessor Subsystem
  • Up to Two C66x Floating-Point VLIW DSP
    • Fully Object-Code Compatible with C67x and C64x+
    • Up to Thirty-Two 16 x 16-Bit Fixed-Point Multiplies per Cycle
  • Up to 2.5MB of On-Chip L3 RAM
  • Level 3 (L3) and Level 4 (L4) Interconnects
  • Two DDR2/DDR3/DDR3L Memory Interface (EMIF) Modules
    • Supports up to DDR2-800 and DDR3-1333
    • Up to 2GB Supported per EMIF
  • Dual ARM® Cortex®-M4 Image Processing Units (IPU)
  • Up to Two Embedded Vision Engines (EVEs)
  • Imaging Subsystem (ISS)
    • Image Signal Processor (ISP)
    • Wide Dynamic Range and Lens Distortion Correction (WDR and Mesh LDC)
    • One Camera Adaptation Layer (CAL_B)
  • IVA Subsystem
  • Display Subsystem
    • Display Controller with DMA Engine and up to Three Pipelines
    • HDMI™ Encoder: HDMI 1.4a and DVI 1.0 Compliant
  • Video Processing Engine (VPE)
  • 2D-Graphics Accelerator (BB2D) Subsystem
    • Vivante® GC320 Core
  • Dual-Core PowerVR® SGX544 3D GPU
  • Two Video Input Port (VIP) Modules
    • Support for up to Eight Multiplexed Input Ports
  • General-Purpose Memory Controller (GPMC)
  • Enhanced Direct Memory Access (EDMA) Controller
  • 2-Port Gigabit Ethernet (GMAC)
  • Sixteen 32-Bit General-Purpose Timers
  • 32-Bit MPU Watchdog Timer
  • Five Inter-Integrated Circuit (I2C) Ports
  • HDQ™/1-Wire® Interface
  • SATA Interface
  • Media Local Bus (MLB) Subsystem
  • Ten Configurable UART/IrDA/CIR Modules
  • Four Multichannel Serial Peripheral Interfaces (McSPI)
  • Quad SPI (QSPI)
  • Eight Multichannel Audio Serial Port (McASP) Modules
  • SuperSpeed USB 3.0 Dual-Role Device
  • Three High-Speed USB 2.0 Dual-Role Devices
  • Four MultiMedia Card/Secure Digital/Secure Digital Input Output Interfaces (MMC™/SD®/SDIO)
  • PCI Express® 3.0 Subsystems with Two 5-Gbps Lanes
    • One 2-Lane Gen2-Compliant Port
    • or Two 1-Lane Gen2-Compliant Ports
  • Up to Two Controller Area Network (DCAN) Modules
    • CAN 2.0B Protocol
  • Modular Controller Area Network (MCAN) Module
    • CAN 2.0B Protocol with Available FD (Flexible Data Rate) Functionality
  • MIPI CSI-2 Camera Serial Interface
  • Up to 247 General-Purpose I/O (GPIO) Pins
  • Device Security Features
    • Hardware Crypto Accelerators and DMA
    • Firewalls
    • JTAG® Lock
    • Secure Keys
    • Secure ROM and Boot
    • Customer Programmable Keys and OTP Data
  • Power, Reset, and Clock Management
  • On-Chip Debug with CTools Technology
  • 28-nm CMOS Technology
  • 23 mm × 23 mm, 0.8-mm Pitch, 784-Pin BGA (ACD)
  • Architecture Designed for Infotainment Applications
  • Video, Image, and Graphics Processing Support
    • Full-HD Video (1920 × 1080p, 60 fps)
    • Multiple Video Input and Video Output
    • 2D and 3D Graphics
  • Dual Arm® Cortex®-A15 Microprocessor Subsystem
  • Up to Two C66x Floating-Point VLIW DSP
    • Fully Object-Code Compatible with C67x and C64x+
    • Up to Thirty-Two 16 x 16-Bit Fixed-Point Multiplies per Cycle
  • Up to 2.5MB of On-Chip L3 RAM
  • Level 3 (L3) and Level 4 (L4) Interconnects
  • Two DDR2/DDR3/DDR3L Memory Interface (EMIF) Modules
    • Supports up to DDR2-800 and DDR3-1333
    • Up to 2GB Supported per EMIF
  • Dual ARM® Cortex®-M4 Image Processing Units (IPU)
  • Up to Two Embedded Vision Engines (EVEs)
  • Imaging Subsystem (ISS)
    • Image Signal Processor (ISP)
    • Wide Dynamic Range and Lens Distortion Correction (WDR and Mesh LDC)
    • One Camera Adaptation Layer (CAL_B)
  • IVA Subsystem
  • Display Subsystem
    • Display Controller with DMA Engine and up to Three Pipelines
    • HDMI™ Encoder: HDMI 1.4a and DVI 1.0 Compliant
  • Video Processing Engine (VPE)
  • 2D-Graphics Accelerator (BB2D) Subsystem
    • Vivante® GC320 Core
  • Dual-Core PowerVR® SGX544 3D GPU
  • Two Video Input Port (VIP) Modules
    • Support for up to Eight Multiplexed Input Ports
  • General-Purpose Memory Controller (GPMC)
  • Enhanced Direct Memory Access (EDMA) Controller
  • 2-Port Gigabit Ethernet (GMAC)
  • Sixteen 32-Bit General-Purpose Timers
  • 32-Bit MPU Watchdog Timer
  • Five Inter-Integrated Circuit (I2C) Ports
  • HDQ™/1-Wire® Interface
  • SATA Interface
  • Media Local Bus (MLB) Subsystem
  • Ten Configurable UART/IrDA/CIR Modules
  • Four Multichannel Serial Peripheral Interfaces (McSPI)
  • Quad SPI (QSPI)
  • Eight Multichannel Audio Serial Port (McASP) Modules
  • SuperSpeed USB 3.0 Dual-Role Device
  • Three High-Speed USB 2.0 Dual-Role Devices
  • Four MultiMedia Card/Secure Digital/Secure Digital Input Output Interfaces (MMC™/SD®/SDIO)
  • PCI Express® 3.0 Subsystems with Two 5-Gbps Lanes
    • One 2-Lane Gen2-Compliant Port
    • or Two 1-Lane Gen2-Compliant Ports
  • Up to Two Controller Area Network (DCAN) Modules
    • CAN 2.0B Protocol
  • Modular Controller Area Network (MCAN) Module
    • CAN 2.0B Protocol with Available FD (Flexible Data Rate) Functionality
  • MIPI CSI-2 Camera Serial Interface
  • Up to 247 General-Purpose I/O (GPIO) Pins
  • Device Security Features
    • Hardware Crypto Accelerators and DMA
    • Firewalls
    • JTAG® Lock
    • Secure Keys
    • Secure ROM and Boot
    • Customer Programmable Keys and OTP Data
  • Power, Reset, and Clock Management
  • On-Chip Debug with CTools Technology
  • 28-nm CMOS Technology
  • 23 mm × 23 mm, 0.8-mm Pitch, 784-Pin BGA (ACD)

DRA77xP and DRA76xP (Jacinto 6 Plus) automotive applications processors are built to meet the intense processing needs of the modern digital cockpit automobile experiences.

The device enables Original-Equipment Manufacturers (OEMs) and Original-Design Manufacturers (ODMs) to quickly implement innovative connectivity technologies, speech recognition, audio streaming, and more. Jacinto 6 Plus devices bring high processing performance through the maximum flexibility of a fully integrated mixed processor solution. The devices also combine programmable video processing with a highly integrated peripheral set.

Programmability is provided by dual-core Arm Cortex-A15 RISC CPUs with Neon™ extension, TI C66x VLIW floating-point DSP core, and Vision AccelerationPac (with one or more EVEs). The Arm allows developers to keep control functions separate from other algorithms programmed on the DSP and coprocessors, thus reducing the complexity of the system software.

Additionally, TI provides a complete set of development tools for the Arm, DSP, and EVE coprocessor, including C compilers and a debugging interface for visibility into source code.

Cryptographic acceleration is available in all devices. All other supported security features, including support for secure boot, debug security and support for trusted execution environment are available on High-Security (HS) devices. For more information about HS devices, contact your TI representative.

The DRA77xP and DRA76xP Jacinto 6 Plus processor family is qualified according to the AEC-Q100 standard.

DRA77x and DRA76x (Jacinto 6 Plus) automotive applications processors are built to meet the intense processing needs of the modern digital cockpit automobile experiences.

The device enables Original-Equipment Manufacturers (OEMs) and Original-Design Manufacturers (ODMs) to quickly implement innovative connectivity technologies, speech recognition, audio streaming, and more. Jacinto 6 Plus devices bring high processing performance through the maximum flexibility of a fully integrated mixed processor solution. The devices also combine programmable video processing with a highly integrated peripheral set.

Programmability is provided by dual-core Arm Cortex-A15 RISC CPUs with Neon extension, TI C66x VLIW floating-point DSP core, and Vision AccelerationPac (with one or more EVEs). The Arm allows developers to keep control functions separate from other algorithms programmed on the DSP and coprocessors, thus reducing the complexity of the system software.

Additionally, TI provides a complete set of development tools for the Arm, DSP, and EVE coprocessor, including C compilers and a debugging interface for visibility into source code.

Cryptographic acceleration is available in all devices. All other supported security features, including support for secure boot, debug security and support for trusted execution environment are available on High-Security (HS) devices. For more information about HS devices, contact your TI representative.

The DRA77x and DRA76x Jacinto 6 Plus processor family is qualified according to the AEC-Q100 standard.

DRA77xP and DRA76xP (Jacinto 6 Plus) automotive applications processors are built to meet the intense processing needs of the modern digital cockpit automobile experiences.

The device enables Original-Equipment Manufacturers (OEMs) and Original-Design Manufacturers (ODMs) to quickly implement innovative connectivity technologies, speech recognition, audio streaming, and more. Jacinto 6 Plus devices bring high processing performance through the maximum flexibility of a fully integrated mixed processor solution. The devices also combine programmable video processing with a highly integrated peripheral set.

Programmability is provided by dual-core Arm Cortex-A15 RISC CPUs with Neon™ extension, TI C66x VLIW floating-point DSP core, and Vision AccelerationPac (with one or more EVEs). The Arm allows developers to keep control functions separate from other algorithms programmed on the DSP and coprocessors, thus reducing the complexity of the system software.

Additionally, TI provides a complete set of development tools for the Arm, DSP, and EVE coprocessor, including C compilers and a debugging interface for visibility into source code.

Cryptographic acceleration is available in all devices. All other supported security features, including support for secure boot, debug security and support for trusted execution environment are available on High-Security (HS) devices. For more information about HS devices, contact your TI representative.

The DRA77xP and DRA76xP Jacinto 6 Plus processor family is qualified according to the AEC-Q100 standard.

DRA77x and DRA76x (Jacinto 6 Plus) automotive applications processors are built to meet the intense processing needs of the modern digital cockpit automobile experiences.

The device enables Original-Equipment Manufacturers (OEMs) and Original-Design Manufacturers (ODMs) to quickly implement innovative connectivity technologies, speech recognition, audio streaming, and more. Jacinto 6 Plus devices bring high processing performance through the maximum flexibility of a fully integrated mixed processor solution. The devices also combine programmable video processing with a highly integrated peripheral set.

Programmability is provided by dual-core Arm Cortex-A15 RISC CPUs with Neon extension, TI C66x VLIW floating-point DSP core, and Vision AccelerationPac (with one or more EVEs). The Arm allows developers to keep control functions separate from other algorithms programmed on the DSP and coprocessors, thus reducing the complexity of the system software.

Additionally, TI provides a complete set of development tools for the Arm, DSP, and EVE coprocessor, including C compilers and a debugging interface for visibility into source code.

Cryptographic acceleration is available in all devices. All other supported security features, including support for secure boot, debug security and support for trusted execution environment are available on High-Security (HS) devices. For more information about HS devices, contact your TI representative.

The DRA77x and DRA76x Jacinto 6 Plus processor family is qualified according to the AEC-Q100 standard.

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
47 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート DRA77xP, DRA76xP Infotainment Applications Processor Silicon Revision 1.0 データシート (Rev. E) PDF | HTML 2018年 12月 10日
* エラッタ DRA7xx Silicon Errata (Rev. A) PDF | HTML 2021年 2月 15日
* ユーザー・ガイド DRA77xP, DRA76xP, DRA75xP, DRA74xP Technical Reference Manual (Rev. C) 2020年 2月 25日
アプリケーション・ノート Integrating virtual DRM between VISION SDK and PSDK on Jacinto6 SOC PDF | HTML 2021年 5月 5日
その他の技術資料 Building your application with security in mind (Rev. E) 2020年 10月 28日
アプリケーション・ノート IVA-HD Sharing Between VISION-SDK and PSDKLA on Jacinto6 SoC PDF | HTML 2020年 8月 24日
アプリケーション・ノート AM57x, DRA7x, and TDA2x EMIF Tools (Rev. E) 2020年 1月 6日
アプリケーション・ノート Integrating New Cameras With Video Input Port on DRA7xx SoCs PDF | HTML 2019年 6月 11日
アプリケーション・ノート Achieving Early CAN Response on DRA7xx Devices 2018年 11月 28日
アプリケーション・ノート DRA74x_75x/DRA72x Performance (Rev. A) 2018年 10月 31日
アプリケーション・ノート Audio Post Processing Engine on DRA7x Family of Devices 2018年 9月 14日
アプリケーション・ノート The Implementation of YUV422 Output for SRV 2018年 8月 2日
アプリケーション・ノート MMC DLL Tuning (Rev. B) 2018年 7月 31日
アプリケーション・ノート Integrating AUTOSAR on TI SoC: Fundamentals 2018年 6月 18日
アプリケーション・ノート ECC/EDC on TDAxx (Rev. B) 2018年 6月 13日
アプリケーション・ノート Tools and Techniques to Root Case Failures in Video Capture Subsystem 2018年 6月 12日
アプリケーション・ノート Sharing VPE Between VISIONSDK and PSDKLA 2018年 5月 4日
ユーザー・ガイド LP87565C-Q1 and TPS65917-Q1 User’s Guide to Power DRA7xxP and TDA2Pxx (Rev. A) 2018年 4月 20日
アプリケーション・ノート Android Boot Optimization for IVI Systems (Rev. A) 2018年 2月 13日
技術記事 Jacinto™ DRA automotive processors drive digital cockpit solutions 2018年 1月 12日
アプリケーション・ノート Flashing Utility - mflash 2018年 1月 9日
アプリケーション・ノート Using Peripheral Boot and DFU for Rapid Development on Jacinto 6 Devices (Rev. A) 2017年 11月 30日
アプリケーション・ノート Jacinto6 Spread Spectrum Clocking Configuration (Rev. A) 2017年 11月 27日
アプリケーション・ノート Optimizing DRA7xx and TDA2xx Processors for use with Video Display SERDES (Rev. B) 2017年 11月 7日
アプリケーション・ノート A Guide to Debugging With CCS on the DRA75x, DRA74x, TDA2x and TDA3x Family of D (Rev. B) 2017年 11月 3日
アプリケーション・ノート Robust RVC Appnote 2017年 9月 13日
アプリケーション・ノート Optimization of GPU-Based Surround View on TI’s TDA2x SoC 2017年 9月 12日
アプリケーション・ノート Using DSS Write-Back Pipeline for RGB-to-YUV Conversion on DRA7xx Devices 2017年 8月 14日
アプリケーション・ノート Software Guidelines to EMIF/DDR3 Configuration on DRA7xx Devices 2017年 7月 12日
ホワイト・ペーパー 自動車コックピットの革新 英語版をダウンロード 2017年 7月 10日
アプリケーション・ノート Linux Boot Time Optimizations on DRA7xx Devices 2017年 3月 31日
アプリケーション・ノート Interfacing DRA75x and DRA74x Audio to Analog Codecs (Rev. A) 2017年 2月 17日
アプリケーション・ノート Early Splash Screen on DRA7x Devices 2017年 1月 31日
アプリケーション・ノート Quality of Service (QoS) Knobs for DRA74x, DRA75x & TDA2x Family of Devices (Rev. A) 2016年 12月 15日
アプリケーション・ノート Gstreamer Migration Guidelines 2016年 4月 26日
ユーザー・ガイド Jacinto6 Android Video Encoder 2016年 4月 21日
ユーザー・ガイド Jacinto6 Android Video Software Design Specification User's Guide 2016年 4月 21日
アプリケーション・ノート Flashing Binaries to DRA7xx Factory Boards Using DFU 2016年 4月 14日
アプリケーション・ノート Tools and Techniques for Audio Debugging 2016年 4月 13日
アプリケーション・ノート Debugging Tools and Techniques With IPC3.x 2016年 3月 30日
アプリケーション・ノート Modifying Memory Usage for IPUMM Apps Loaded Using IPC 3.x for DRA7xx (Rev. A) 2016年 1月 15日
技術記事 Difficult to see. Always in motion is the future 2016年 1月 4日
技術記事 Announcing the new entry-level Sitara processor 2015年 12月 9日
技術記事 Automotive Surround View Technology trends 2015年 8月 31日
ホワイト・ペーパー Informational ADAS as Software Upgrade to Today’s Infotainment Systems 2014年 10月 14日
アプリケーション・ノート Guide to fix Perf Issues Using QoS Knobs for DRA74x, DRA75x, TDA2x & TD3x Device 2014年 8月 13日
ホワイト・ペーパー Today’s high-end infotainment soon becoming mainstream 2014年 6月 2日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

J6PEVM577P — DRA7xP の評価モジュール

DRA77xP/DRA76xP-ACD は、DRA77xP と DRA76xP の各 JacintoTM インフォテインメント SoC (システム・オン・チップ) 全体にまたがるスケーラビリティと再使用を実現する設計を採用した評価プラットフォームです。このプラットフォームは異種のスケーラブル・アーキテクチャ採用の Jacinto DRA77xP SoC をベースとしており、この SoC は、2 個の Arm Cortex-A15 マイクロプロセッサ・ユニット、2 個の Arm® Cortex®-M4 プロセッシング・サブシステム (各サブシステムが 2 個の Arm Cortex (...)

From: SVTRONICS INC
ソフトウェア開発キット (SDK)

PROCESSOR-SDK-RTOS-AUTOMOTIVE-DRA7X

Processor SDK Linux Automotive

Processor SDK Linux Automotive is the foundational software development platform for TI's Jacinto™ DRAx family of Infotainment SoCs. The software framework allows users to develop feature-rich Infotainment solutions such as reconfigurable digital instrument (...)

サポートされている製品とハードウェア

サポートされている製品とハードウェア

製品
Arm ベースのプロセッサ
DRA710 グラフィック機能搭載、インフォテインメントとクラスタ向け、600MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA712 インフォテインメントとクラスタ向けグラフィック機能とデュアル Arm Cortex-M4 搭載、600MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA714 グラフィック機能と DSP 搭載、インフォテインメントとクラスタ向け、600MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA716 グラフィック機能と DSP 搭載、インフォテインメントとクラスタ向け、800MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA718 グラフィック機能と DSP 搭載、インフォテインメントとクラスタ向け、1GHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA722 グラフィック機能と DSP 搭載、車載インフォテインメントとクラスタ向け、800MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA724 グラフィック機能と DSP 搭載、車載インフォテインメントとクラスタ向け、1GHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA725 グラフィック機能と DSP 搭載、車載インフォテインメントとクラスタ向け、1.2GHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA726 1.5GHz Arm Cortex-A15、インフォテインメントとクラスタ向けのグラフィックスと DSP 搭載 DRA74P ISP を統合し DRA74x SoC プロセッサとピン互換のマルチコア SoC プロセッサ DRA75P ISP を統合し DRA75x SoC とピン互換のインフォテインメント・アプリケーション向けマルチコア SoC プロセッサ DRA76P ISP を使用したデジタル・コックピット・アプリケーション向け高性能マルチコア SoC DRA77P ペリフェラル拡張と ISP を使用したデジタル・コックピット・アプリケーション向け高性能マルチコア SoC DRA790 オーディオ・アンプ向け 500MHz C66x DSP 搭載 300MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA791 オーディオ・アンプ向け 750MHz C66x DSP 搭載 300MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA793 オーディオ・アンプ向け 750MHz C66x DSP 搭載 500MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA797 オーディオ・アンプ向け 750MHz C66x DSP 搭載 800MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ
デジタル信号プロセッサ (DSP)
DRA780 オーディオ・アンプ向け、500MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ DRA781 オーディオ・アンプ向け、750MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ DRA782 オーディオ・アンプ向け、2x 500MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ DRA783 オーディオ・アンプ向け、2x 750MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ DRA785 オーディオ・アンプ向け、2 個の 1000MHz C66x DSP と 2 個のデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ DRA786 オーディオ・アンプ向け、2x 500MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 と EVE 搭載、SoC プロセッサ DRA787 オーディオ・アンプ向け、2x 750MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 と EVE 搭載、SoC プロセッサ DRA788 オーディオ・アンプ向け、2 個の 1000MHz C66x DSP と 1 個の EVE と 2 個のデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ
ダウンロードオプション
ソフトウェア開発キット (SDK)

PROCESSOR-SDK-ANDROID-AUTOMOTIVE-DRA7X

Processor SDK Linux Automotive

Processor SDK Linux Automotive is the foundational software development platform for TI's Jacinto™ DRAx family of Infotainment SoCs. The software framework allows users to develop feature-rich Infotainment solutions such as reconfigurable digital instrument (...)

サポートされている製品とハードウェア

サポートされている製品とハードウェア

製品
Arm ベースのプロセッサ
DRA710 グラフィック機能搭載、インフォテインメントとクラスタ向け、600MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA712 インフォテインメントとクラスタ向けグラフィック機能とデュアル Arm Cortex-M4 搭載、600MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA714 グラフィック機能と DSP 搭載、インフォテインメントとクラスタ向け、600MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA716 グラフィック機能と DSP 搭載、インフォテインメントとクラスタ向け、800MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA718 グラフィック機能と DSP 搭載、インフォテインメントとクラスタ向け、1GHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA722 グラフィック機能と DSP 搭載、車載インフォテインメントとクラスタ向け、800MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA724 グラフィック機能と DSP 搭載、車載インフォテインメントとクラスタ向け、1GHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA725 グラフィック機能と DSP 搭載、車載インフォテインメントとクラスタ向け、1.2GHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA726 1.5GHz Arm Cortex-A15、インフォテインメントとクラスタ向けのグラフィックスと DSP 搭載 DRA74P ISP を統合し DRA74x SoC プロセッサとピン互換のマルチコア SoC プロセッサ DRA75P ISP を統合し DRA75x SoC とピン互換のインフォテインメント・アプリケーション向けマルチコア SoC プロセッサ DRA76P ISP を使用したデジタル・コックピット・アプリケーション向け高性能マルチコア SoC DRA77P ペリフェラル拡張と ISP を使用したデジタル・コックピット・アプリケーション向け高性能マルチコア SoC DRA790 オーディオ・アンプ向け 500MHz C66x DSP 搭載 300MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA791 オーディオ・アンプ向け 750MHz C66x DSP 搭載 300MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA793 オーディオ・アンプ向け 750MHz C66x DSP 搭載 500MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA797 オーディオ・アンプ向け 750MHz C66x DSP 搭載 800MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ
デジタル信号プロセッサ (DSP)
DRA780 オーディオ・アンプ向け、500MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ DRA781 オーディオ・アンプ向け、750MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ DRA782 オーディオ・アンプ向け、2x 500MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ DRA783 オーディオ・アンプ向け、2x 750MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ DRA785 オーディオ・アンプ向け、2 個の 1000MHz C66x DSP と 2 個のデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ DRA786 オーディオ・アンプ向け、2x 500MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 と EVE 搭載、SoC プロセッサ DRA787 オーディオ・アンプ向け、2x 750MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 と EVE 搭載、SoC プロセッサ DRA788 オーディオ・アンプ向け、2 個の 1000MHz C66x DSP と 1 個の EVE と 2 個のデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ
ダウンロードオプション
ソフトウェア開発キット (SDK)

PROCESSOR-SDK-LINUX-AUTOMOTIVE-DRA7X PROCESSOR-SDK-LINUX-AUTOMOTIVE-DRA7X

Processor SDK Linux Automotive

Processor SDK Linux Automotive is the foundational software development platform for TI's Jacinto™ DRAx family of Infotainment SoCs. The software framework allows users to develop feature-rich Infotainment solutions such as reconfigurable digital instrument (...)

サポートされている製品とハードウェア

サポートされている製品とハードウェア

製品
Arm ベースのプロセッサ
DRA710 グラフィック機能搭載、インフォテインメントとクラスタ向け、600MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA712 インフォテインメントとクラスタ向けグラフィック機能とデュアル Arm Cortex-M4 搭載、600MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA714 グラフィック機能と DSP 搭載、インフォテインメントとクラスタ向け、600MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA716 グラフィック機能と DSP 搭載、インフォテインメントとクラスタ向け、800MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA718 グラフィック機能と DSP 搭載、インフォテインメントとクラスタ向け、1GHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA722 グラフィック機能と DSP 搭載、車載インフォテインメントとクラスタ向け、800MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA724 グラフィック機能と DSP 搭載、車載インフォテインメントとクラスタ向け、1GHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA725 グラフィック機能と DSP 搭載、車載インフォテインメントとクラスタ向け、1.2GHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA726 1.5GHz Arm Cortex-A15、インフォテインメントとクラスタ向けのグラフィックスと DSP 搭載 DRA746 グラフィック機能と DSP 搭載、車載インフォテインメントとクラスタ向け、デュアル 1.5GHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA74P ISP を統合し DRA74x SoC プロセッサとピン互換のマルチコア SoC プロセッサ DRA756 インフォテインメント向け、デュアル 1.5GHz A15、デュアル EVE、デュアル DSP、拡張型ペリフェラル SoC プロセッサ DRA75P ISP を統合し DRA75x SoC とピン互換のインフォテインメント・アプリケーション向けマルチコア SoC プロセッサ DRA76P ISP を使用したデジタル・コックピット・アプリケーション向け高性能マルチコア SoC DRA77P ペリフェラル拡張と ISP を使用したデジタル・コックピット・アプリケーション向け高性能マルチコア SoC DRA790 オーディオ・アンプ向け 500MHz C66x DSP 搭載 300MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA791 オーディオ・アンプ向け 750MHz C66x DSP 搭載 300MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA793 オーディオ・アンプ向け 750MHz C66x DSP 搭載 500MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ DRA797 オーディオ・アンプ向け 750MHz C66x DSP 搭載 800MHz Arm Cortex-A15 SoC プロセッサ
デジタル信号プロセッサ (DSP)
DRA780 オーディオ・アンプ向け、500MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ DRA781 オーディオ・アンプ向け、750MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ DRA782 オーディオ・アンプ向け、2x 500MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ DRA783 オーディオ・アンプ向け、2x 750MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ DRA785 オーディオ・アンプ向け、2 個の 1000MHz C66x DSP と 2 個のデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ DRA786 オーディオ・アンプ向け、2x 500MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 と EVE 搭載、SoC プロセッサ DRA787 オーディオ・アンプ向け、2x 750MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 と EVE 搭載、SoC プロセッサ DRA788 オーディオ・アンプ向け、2 個の 1000MHz C66x DSP と 1 個の EVE と 2 個のデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ
ダウンロードオプション
IDE (統合開発環境)、コンパイラ、またはデバッガ

CCSTUDIO Code Composer Studio 統合開発環境(IDE)

Code Composer Studio؜™ software is an integrated development environment (IDE) that supports TI's microcontroller (MCU) and embedded processor portfolios. Code Composer Studio software comprises a suite of tools used to develop and debug embedded applications. The software includes an (...)
サポートされている製品とハードウェア

サポートされている製品とハードウェア

こちらの設計リソースは、このカテゴリに属する製品の大半をサポートしています。

サポート状況を確認するには、製品の詳細ページをご覧ください

parametric-filter MSP430 マイコン
parametric-filter Arm ベースのマイコン
parametric-filter Zigbee 製品
parametric-filter Wi-Fi 製品
parametric-filter Thread 製品
parametric-filter Sub-1GHz 製品
parametric-filter マルチプロトコル製品
parametric-filter Bluetooth 製品
製品
車載ミリ波レーダー・センサ
AWR1243 76GHz ~ 81GHz 高性能車載向けミリ波 IC AWR1443 マイコンとハードウェア・アクセラレータを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz 車載レーダー・センサ AWR1642 DSP とマイコンを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz 車載レーダー・センサ AWR1843 DSP、マイコン、レーダー・アクセラレータを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz 車載レーダー・センサ AWR1843AOP Single-chip 76-GHz to 81-GHz automotive radar sensor integrating antenna on package, DSP and MCU AWR2243 車載、第 2 世代、76GHz ~ 81GHz、高性能用 MMIC (モノリシック・マイクロ波 IC) AWR2944 車載対応、コーナー・レーダーと長距離レーダー向け、第 2 世代の 76GHz ~ 81GHz 高性能 SoC AWR6443 Single-chip 60-GHz to 64-GHz automotive radar sensor integrating MCU and radar accelerator AWR6843 DSP、マイコン、レーダー・アクセラレータを統合したシングルチップ 60GHz ~ 64GHz 車載レーダー・センサ AWR6843AOP 車載対応、DSP とマイコンをアンテナ・オン・パッケージに内蔵、シングルチップ 60GHz ~ 64GHz レーダー・センサ
産業用ミリ波レーダー・センサ
IWR1443 マイコンとハードウェア・アクセラレータを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz ミリ波センサ IWR1642 DSP とマイコンを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz ミリ波センサ IWR1843 DSP、マイコン、レーダー・アクセラレータを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz 産業用レーダー・センサ IWR6443 マイコンとハードウェア・アクセラレータを統合したシングルチップ 60GHz ~ 64GHz インテリジェント・ミリ波センサ IWR6843 処理機能内蔵シングルチップ 60GHz ~ 64GHz インテリジェント・ミリ波センサ IWR6843AOP 統合型アンテナ・オン・パッケージ (AoP)、シングルチップ、60GHz ~ 64GHz、インテリジェント・ミリ波センサ
クラウドで評価することができます ダウンロードオプション
ファームウェア

VCTR-3P-AUTOSAR — Vector AUTOSAR, HSM, and networking software components for the automotive industry

Vector is the leading manufacturer of software tools and embedded components for the development of electronic systems and networking from CAN to Automotive Ethernet. Vector has been a partner of automotive manufacturers, suppliers and related industries since 1988, providing software components, (...)
From: Vector Informatik GmbH
オペレーティング・システム (OS)

GHS-3P-INTEGRITY-RTOS — Green Hills 社の INTEGRITY RTOS

Green Hills Software オペレーティング・システムの主力製品、INTEGRITY RTOS はパーティショニング・アーキテクチャを基盤として構築され、トータルな信頼性、絶対的なセキュリティ、および最大リアルタイム・パフォーマンスを実現する組込みシステムを提供しています。INTEGRITY はさまざまな業界での認定実績により、そのリーダーシップを裏付けられており、オペレーティング・システムのリアルタイムな安全性、セキュリティ、信頼性で高いレベルのソリューションを提供しています。

Green Hills Software の詳細については、www.ghs.com (...)
From: Green Hills Software
シミュレーション・モデル

DRA7xxP and TDA2Px IBIS Files

SPRM748.ZIP (36622 KB) - IBIS Model
シミュレーション・モデル

DRA7xxP and TDA2Px Thermal Model

SPRM749.ZIP (2 KB) - Thermal Model
シミュレーション・モデル

DRA7xxP and TDA2Px BSDL Files

SPRM750.ZIP (34 KB) - BSDL Model
計算ツール

CLOCKTREETOOL — Clock Tree Tool for Sitara™ ARM® Processors

The Clock Tree Tool (CTT) for Sitara™ ARM®, Automotive, and Digital Signal Processors is an interactive clock tree configuration software that provides information about the clocks and modules in these TI devices. It allows the user to:
  • Visualize the device clock tree
  • Interact with clock tree (...)
ユーザー・ガイド: PDF
設計ツール

PROCESSORS-3P-SEARCH — Arm-based MPU, arm-based MCU and DSP third-party search tool

TI has partnered with companies to offer a wide range of software, tools, and SOMs using TI processors to accelerate your path to production. Download this search tool to quickly browse our third-party solutions and find the right third-party to meet your needs. The software, tools and modules (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
FCBGA (ACD) 784 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ