この製品には新バージョンがあります

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスにアップグレード機能を搭載した、ドロップ・イン代替製品。
ISO6721 アクティブ 汎用、デュアルチャネル、1/1、デジタル・アイソレータ Pin-to-pin upgrade with higher isolation, stronger CMTI, wider supply range and better immunity

製品詳細

Integrated isolated power No Number of channels (#) 2 Forward/reverse channels 1 forward / 1 reverse Isolation rating (Vrms) 2500 Data rate (Max) (Mbps) 1 Rating Catalog Surge voltage capability (Vpk) 4000 Current consumption per channel (DC) (Typ) (mA) 4.3 Current consumption per channel (1 Mbps) (Typ) (mA) 5 Operating temperature range (C) -40 to 125 Default output High Supply voltage (Max) (V) 5 Supply voltage (Min) (V) 3.3 Propagation delay (Typ) (ns) 405
Integrated isolated power No Number of channels (#) 2 Forward/reverse channels 1 forward / 1 reverse Isolation rating (Vrms) 2500 Data rate (Max) (Mbps) 1 Rating Catalog Surge voltage capability (Vpk) 4000 Current consumption per channel (DC) (Typ) (mA) 4.3 Current consumption per channel (1 Mbps) (Typ) (mA) 5 Operating temperature range (C) -40 to 125 Default output High Supply voltage (Max) (V) 5 Supply voltage (Min) (V) 3.3 Propagation delay (Typ) (ns) 405
SOIC (D) 8 19 mm² 4.9 x 3.9
  • 1、5、25、150Mbpsの信号速度オプション
    • チャネル間の出力スキューが低い:
      最大値1ns
    • 低いパルス幅歪み(PWD): 最大値1ns
    • 低いジッタ成分: 150Mbpsで標準値1ns
  • 50kV/µsの標準過渡電圧耐性
  • 2.8V (Cグレード)、3.3V、5Vの電源で動作
  • 4kVのESD保護
  • 高い電磁気耐性
  • 動作温度範囲: -40℃~+125℃
  • 定格電圧で標準寿命28年
    (『ISO72xファミリのデジタル・アイソレータの高電圧寿命』および「絶縁コンデンサの予測寿命」を参照)
  • 安全関連の認定
    • VDE基本絶縁、DIN VDE V 0884-11:2017-01およびDIN EN 61010-1 (VDE 0411-1)に従い4000VPK VIOTM、560VPK VIORM
    • UL 1577に従い2500VRMS絶縁
    • IEC 60950-1およびIEC 62368-1についてCSA承認済み
  • 1、5、25、150Mbpsの信号速度オプション
    • チャネル間の出力スキューが低い:
      最大値1ns
    • 低いパルス幅歪み(PWD): 最大値1ns
    • 低いジッタ成分: 150Mbpsで標準値1ns
  • 50kV/µsの標準過渡電圧耐性
  • 2.8V (Cグレード)、3.3V、5Vの電源で動作
  • 4kVのESD保護
  • 高い電磁気耐性
  • 動作温度範囲: -40℃~+125℃
  • 定格電圧で標準寿命28年
    (『ISO72xファミリのデジタル・アイソレータの高電圧寿命』および「絶縁コンデンサの予測寿命」を参照)
  • 安全関連の認定
    • VDE基本絶縁、DIN VDE V 0884-11:2017-01およびDIN EN 61010-1 (VDE 0411-1)に従い4000VPK VIOTM、560VPK VIORM
    • UL 1577に従い2500VRMS絶縁
    • IEC 60950-1およびIEC 62368-1についてCSA承認済み

ISO7220xおよびISO7221xファミリのデバイスは、デュアル・チャネルのデジタル・アイソレータです。PCBレイアウトを行いやすくするため、チャネルはISO7220xでは同じ方向、ISO7221xでは反対方向に配置されています。これらのデバイスにはロジック入力および出力バッファがあり、TIの二酸化シリコン(SiO2)絶縁バリアによって分離され、VDE準拠で最高4000VPKのガルバニック絶縁を実現します。これらのデバイスを絶縁型電源と組み合わせて使用すると、高電圧がブロックされ、グランドが絶縁されます。また、データ・バスや他の回路で発生したノイズ電流がローカル・グランドに入り込み、ノイズに敏感な回路に干渉または損傷を与えることを防止できます。

バイナリ入力信号がコンディショニングされ、バランスされた信号に変換されてから、容量性絶縁バリアによって差動化されます。絶縁バリアを通過して、差動コンパレータがロジック変換情報を受け取り、それに応じてフリップフロップおよび出力回路を設定またはリセットします。バリアを通して周期的に更新パルスが送信され、出力が正しいDCレベルであることを保証します。このDC更新パルスが4µsごとに受信されない場合、入力に電力が供給されていない、またはアクティブに駆動されていないと見なされ、フェイルセーフ回路により出力が論理HIGH状態に駆動されます。

容量が小さく、その結果として時定数も小さいため、高速な動作が可能で、0Mbps (DC)から150Mbpsまでの信号速度に対応できます(ラインの信号速度は、1秒あたりの電圧遷移回数で、bps単位で表されます)。Aオプション、Bオプション、Cオプションのデバイスは、入力にTTL入力しきい値とノイズ・フィルタが存在し、遷移パルスがデバイスの出力に渡されることを防止します。MオプションのデバイスにはCMOS VCC/2入力しきい値が存在し、入力ノイズ・フィルタが存在しないため、追加の伝搬遅延が発生しません。

ISO7220xおよびISO7221xファミリのデバイスは2.8V (Cグレード)、3.3V、5V、またはいずれかの組み合わせの2つの電源電圧を必要とします。2.8Vまたは3.3V電源で動作するとき、すべての入力は5V許容で、すべての出力は4mA CMOSです。

ISO7220xおよびISO7221xファミリのデバイスは、-40℃~+125℃の周囲温度範囲で動作が規定されています。

ISO7220xおよびISO7221xファミリのデバイスは、デュアル・チャネルのデジタル・アイソレータです。PCBレイアウトを行いやすくするため、チャネルはISO7220xでは同じ方向、ISO7221xでは反対方向に配置されています。これらのデバイスにはロジック入力および出力バッファがあり、TIの二酸化シリコン(SiO2)絶縁バリアによって分離され、VDE準拠で最高4000VPKのガルバニック絶縁を実現します。これらのデバイスを絶縁型電源と組み合わせて使用すると、高電圧がブロックされ、グランドが絶縁されます。また、データ・バスや他の回路で発生したノイズ電流がローカル・グランドに入り込み、ノイズに敏感な回路に干渉または損傷を与えることを防止できます。

バイナリ入力信号がコンディショニングされ、バランスされた信号に変換されてから、容量性絶縁バリアによって差動化されます。絶縁バリアを通過して、差動コンパレータがロジック変換情報を受け取り、それに応じてフリップフロップおよび出力回路を設定またはリセットします。バリアを通して周期的に更新パルスが送信され、出力が正しいDCレベルであることを保証します。このDC更新パルスが4µsごとに受信されない場合、入力に電力が供給されていない、またはアクティブに駆動されていないと見なされ、フェイルセーフ回路により出力が論理HIGH状態に駆動されます。

容量が小さく、その結果として時定数も小さいため、高速な動作が可能で、0Mbps (DC)から150Mbpsまでの信号速度に対応できます(ラインの信号速度は、1秒あたりの電圧遷移回数で、bps単位で表されます)。Aオプション、Bオプション、Cオプションのデバイスは、入力にTTL入力しきい値とノイズ・フィルタが存在し、遷移パルスがデバイスの出力に渡されることを防止します。MオプションのデバイスにはCMOS VCC/2入力しきい値が存在し、入力ノイズ・フィルタが存在しないため、追加の伝搬遅延が発生しません。

ISO7220xおよびISO7221xファミリのデバイスは2.8V (Cグレード)、3.3V、5V、またはいずれかの組み合わせの2つの電源電圧を必要とします。2.8Vまたは3.3V電源で動作するとき、すべての入力は5V許容で、すべての出力は4mA CMOSです。

ISO7220xおよびISO7221xファミリのデバイスは、-40℃~+125℃の周囲温度範囲で動作が規定されています。

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
17 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート ISO722x デュアル・チャネルのデジタル・アイソレータ データシート (Rev. P 翻訳版) PDF | HTML 最新の英語版をダウンロード (Rev.Q) PDF | HTML 2018年 9月 12日
証明書 UL Certificate of Compliance File E181974 Vol 4 Sec 1 (Rev. A) 2022年 8月 5日
アプリケーション・ノート Digital Isolator Design Guide (Rev. F) PDF | HTML 2022年 7月 26日
ホワイト・ペーパー Improve Your System Performance by Replacing Optocouplers with Digital Isolators (Rev. B) PDF | HTML 2022年 7月 26日
証明書 VDE Certificate for Basic Isolation for DIN EN IEC 60747-17 (Rev. T) 2022年 7月 12日
ホワイト・ペーパー MSP430 Motion Detector using integrated Smart Analog Combo 2021年 11月 16日
証明書 CSA Certification (Rev. Q) 2021年 6月 14日
ホワイト・ペーパー Distance Through Insulation: Digital Isolators Satisfy Certification Requirement PDF | HTML 2021年 6月 11日
EVM ユーザー ガイド (英語) Universal Digital Isolator Evaluation Module PDF | HTML 2021年 3月 4日
技術記事 How to select the right digital isolator for your design 2020年 10月 21日
技術記事 Why signal isolation matters in 48-V HEV/EV systems 2019年 11月 20日
技術記事 Staying on budget: How digital isolators are transforming field transmitters 2019年 5月 24日
技術記事 What are isolated digital inputs? 2019年 3月 8日
アプリケーション・ノート Considerations for Selecting Digital Isolators 2018年 7月 24日
EVM ユーザー ガイド (英語) Dual-Channel Digital Isolator EVM (Rev. D) 2013年 7月 8日
EVM ユーザー ガイド (英語) Dual-Channel Digital Isolator EVM (Rev. A) 2009年 7月 14日
EVM ユーザー ガイド (英語) ISO7220M Dual Digital Isolator EVM User's Guide 2007年 6月 30日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

DIGI-ISO-EVM — Universal digital isolator evaluation module

DIGI-ISO-EVM は、以下の 5 種類のパッケージのいずれかに封止されている、TI のシングルチャネル、デュアルチャネル、トリプルチャネル、クワッドチャネル、または 6 チャネル・デジタル・アイソレータ・デバイスの評価に使用できる評価基板です。8 ピン NB SOIC (D)、8 ピン WB SOIC (DWV)、16 ピン WB SOIC (DW)、16 ピン ultra WB (超幅広) SOIC (DWW)、16 ピン QSOP (DBQ) の各パッケージ。この EVM (評価基板) は十分な数の Berg (...)

TI.com で取り扱いなし
評価ボード

ISO722XEVM — ISO722X EVM ベンチ

This evaluation module (EVM) is used for testing the parametrics of the factory installed ISO7220M dual channel isolator. The EVM may be reconfigured by the user for use with any of the ISO7220X, ISO7221X or ISO742X dual channel isolators.

TI.com で取り扱いなし
シミュレーション・モデル

ISO7221 IBIS Model

SLLM208.ZIP (13 KB) - IBIS Model
リファレンス・デザイン

TIDM-SERVODRIVE — 工業用サーボ・ドライブおよびAC インバータ・ドライブ、リファレンス・デザイン

DesignDRIVE 開発キットは、3 相 ACI または PMSM モーターに直接接続する包括的な産業用ドライブ向けのリファレンス・デザインです。この単一のプラットフォームに採用されている制御、駆動、通信技術の組み合わせにより、多くのドライブ・トポロジーを作成できます。複数の位置センサ・インターフェイス、多様な電流センシング技術、ホットサイド・パーティションのオプション、安全性および産業用イーサネットに対応する拡張性などを特長としています。
ユーザー・ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDM-TWOPHASEMETER-I2040 — 低コスト二相電気計器

このリファレンス・デザインは、低コストの単相または 2 相の電力測定ソリューションを実現します。小型計測マイコンをホスト・マイコンから分離し、AC 商用電源から保護するとともに、他のソフトウェアによって障害が生じた場合でも、電力測定機能を障害から分離する保護機能を提供します。IEC/ANSI Class 1 の精度を実現した小型、低コスト計測マイコンは、有効電力と無効電力、有効エネルギーと無効エネルギーを計算します。このリファレンス・デザインは、単相および 2 相の測定に最適な電流トランス・センサを使用しています。シャント抵抗センサを使用して単相測定を行う際には容易に変更できます。
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-00308 — 小型、半二重、絶縁および非絶縁 RS485 インターフェイス付、リファレンス・デザイン

RS485 (Isolated, Non-isolated) is a popular interface for the Grid Infrastructure space, and is one of the most important options on newly designed equipment. TIDA-00308 will enable customers to quickly evaluate and design with TI RS485 devices for 3 different application scenarios, with an (...)
回路図: PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 8 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ