製品詳細

Number of channels (#) 4 Output type Open-collector Propagation delay time (µs) 1.3 Vs (Max) (V) 30 Vs (Min) (V) 2 Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) 5 Iq per channel (Typ) (mA) 0.2 Input bias current (+/-) (Max) (nA) 50 Rail-to-rail Out Rating Catalog Operating temperature range (C) 0 to 70 Features Standard comparator VICR (Max) (V) 28.5 VICR (Min) (V) 0
Number of channels (#) 4 Output type Open-collector Propagation delay time (µs) 1.3 Vs (Max) (V) 30 Vs (Min) (V) 2 Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) 5 Iq per channel (Typ) (mA) 0.2 Input bias current (+/-) (Max) (nA) 50 Rail-to-rail Out Rating Catalog Operating temperature range (C) 0 to 70 Features Standard comparator VICR (Max) (V) 28.5 VICR (Min) (V) 0
PDIP (N) 14 181 mm² 19.3 x 9.4 SOIC (D) 14 52 mm² 8.65 x 6 SOP (NS) 14 80 mm² 10.2 x 7.8 SSOP (DB) 14 48 mm² 6.2 x 7.8 TSSOP (PW) 14 32 mm² 5 x 6.4
  • 広い電源電圧範囲
    • 単一電源:2V~36V
      (末尾に V が付かないデバイスで 30V、
      末尾に V が付くデバイスで 32V までテスト済み)
    • デュアル電源:±1V~±18V
      (末尾に V が付かないデバイスで ±15V、
      末尾に V が付くデバイスで ±16V までテスト済み)
  • 電源電圧に影響されない低い電源消費電流: 0.8mA (標準値)
  • 低い入力バイアス電流: 25nA (標準値)
  • 低い入力オフセット電流: 3nA (標準値)(LM139)
  • 低い入力オフセット電圧: 2mV (標準値)
  • 同相入力電圧範囲にグランドが含まれる
  • 差動入力電圧範囲が最大定格電源電圧と同じ: ±36V
  • 低い出力飽和電圧
  • TTL、MOS、CMOS互換出力

  • MIL-PRF-38535準拠の製品については、特に記述のない限り、すべてのパラメータはテスト済みです。他のすべての製品については、量産プロセスにすべてのパラメータのテストが含まれているとは限りません。
  • 広い電源電圧範囲
    • 単一電源:2V~36V
      (末尾に V が付かないデバイスで 30V、
      末尾に V が付くデバイスで 32V までテスト済み)
    • デュアル電源:±1V~±18V
      (末尾に V が付かないデバイスで ±15V、
      末尾に V が付くデバイスで ±16V までテスト済み)
  • 電源電圧に影響されない低い電源消費電流: 0.8mA (標準値)
  • 低い入力バイアス電流: 25nA (標準値)
  • 低い入力オフセット電流: 3nA (標準値)(LM139)
  • 低い入力オフセット電圧: 2mV (標準値)
  • 同相入力電圧範囲にグランドが含まれる
  • 差動入力電圧範囲が最大定格電源電圧と同じ: ±36V
  • 低い出力飽和電圧
  • TTL、MOS、CMOS互換出力

  • MIL-PRF-38535準拠の製品については、特に記述のない限り、すべてのパラメータはテスト済みです。他のすべての製品については、量産プロセスにすべてのパラメータのテストが含まれているとは限りません。

LMx39x および LM2901x は、広い電圧範囲にわたって単一電源で動作するように設計された 4 つの独立した電圧コンパレータで構成されています。デュアル電源での動作も可能です。この場合、2つの電源の差が2V~36Vで、VCCが入力同相電圧よりも1.5V以上高いことが条件です。消費電流は、電源電圧に依存しません。出力を他のオープン・コレクタ出力に接続し、ワイヤードAND関係を構築できます。

LM139 および LM139A は –55°C~+125°C の軍事用温度範囲全体で仕様が規定されています。LM239 および LM239A は –25°C~+85°C で仕様が規定されていますLM339 および LM339A は 0°C~70°C で仕様が規定されています。LM2901、LM2901AV、LM2901V は –40°C~+125°C で仕様が規定されています。

LMx39x および LM2901x は、広い電圧範囲にわたって単一電源で動作するように設計された 4 つの独立した電圧コンパレータで構成されています。デュアル電源での動作も可能です。この場合、2つの電源の差が2V~36Vで、VCCが入力同相電圧よりも1.5V以上高いことが条件です。消費電流は、電源電圧に依存しません。出力を他のオープン・コレクタ出力に接続し、ワイヤードAND関係を構築できます。

LM139 および LM139A は –55°C~+125°C の軍事用温度範囲全体で仕様が規定されています。LM239 および LM239A は –25°C~+85°C で仕様が規定されていますLM339 および LM339A は 0°C~70°C で仕様が規定されています。LM2901、LM2901AV、LM2901V は –40°C~+125°C で仕様が規定されています。

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン互換製品。
LM339LV アクティブ 低電圧、汎用コンパレータ Optimized for low-voltage (5.5 V) operation
LP339 アクティブ クワッド、低消費電力、商用グレードの標準コンパレータ This device is a quad, low-power, general purpose differential comparator

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
7 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LM339、LM239、LM139、LM2901 クワッド差動コンパレータ データシート (Rev. U 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.U) PDF | HTML 2018年 6月 5日
技術記事 Solving top comparator challenges: Negative inputs and phase reversal 2022年 1月 18日
技術記事 Solving top comparator challenges: Violating input common-mode range 2021年 11月 23日
アプリケーション・ノート Application Design Guidelines for LM339, LM393, TL331 Family Comparators (Rev. B) 2021年 8月 17日
e-Book(PDF) The Signal - オペアンプ設計ブログ集 英語版をダウンロード 2018年 3月 23日
アプリケーション・ノート Designing Overcurrent protection for TPL7407L Peripheral Driver 2014年 11月 5日
アプリケーション・ノート A Quad of Independently Func Comparators (Rev. A) 2013年 4月 23日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

シミュレーション・モデル

LM2901 PSpice Model (Rev. B) LM2901 PSpice Model (Rev. B)

シミュレーション・モデル

LM2901 TINA-TI SPICE Model (Rev. A) LM2901 TINA-TI SPICE Model (Rev. A)

シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

リファレンス・デザイン

TIDA-00670 — 低コスト、フレキシブル電圧スーパーバイザおよびバッテリ・テスタ、リファレンス・デザイン

この製品は、低コストでフレキシビリティの高い電圧スーパーバイザであり、バッテリの電圧をテストするためにリファレンス電圧を使用しています。このソリューションは、複数のレールを使用する高精度の電力供給が必須である多くのアプリケーションで、電圧レール・モニタとして使用することもできます。TI の超低消費電力電圧リファレンスを使用すると、システム全体の消費電力を軽減すると同時に、BOM (部品表) コストを安価に保つことができます。バッテリ電圧のテストと表示を実施すると、類似の各種アプリケーションでこの製品を使用する設計と実装をどれほど簡単に実施できるか、という例が得られます。
パッケージ ピン数 ダウンロード
PDIP (N) 14 オプションの表示
SO (NS) 14 オプションの表示
SOIC (D) 14 オプションの表示
SSOP (DB) 14 オプションの表示
TSSOP (PW) 14 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ