SC70 または TO-92 封止、1.8V 対応、10μA、アナログ出力温度センサ

製品詳細

Local sensor accuracy (max) 2.7 Operating temperature range (°C) -50 to 150 Supply voltage (min) (V) 1.8 Supply voltage (max) (V) 5.5 Supply current (max) (µA) 8.1 Interface type Analog output Sensor gain (mV/°C) -8.2 Rating Catalog Features Industry standard pinout
Local sensor accuracy (max) 2.7 Operating temperature range (°C) -50 to 150 Supply voltage (min) (V) 1.8 Supply voltage (max) (V) 5.5 Supply current (max) (µA) 8.1 Interface type Analog output Sensor gain (mV/°C) -8.2 Rating Catalog Features Industry standard pinout
SOT-SC70 (DCK) 5 4.2 mm² 2 x 2.1 TO-92 (LP) 3 19.136 mm² 5.2 x 3.68 TO-92 (LPG) 3 6.08 mm² 4 x 1.52
  • LMT85LPG (TO-92Sパッケージ)は高速な熱時定数、標準値10s (エアフロー1.2m/s)
  • 非常に正確: ±0.4℃ (標準値)
  • 低電圧1.8Vでの動作
  • 平均センサ・ゲイン: -8.2mV/℃
  • 低い静止電流: 5.4µA
  • 広い温度範囲: -50℃~150℃
  • 出力の短絡保護
  • 駆動能力±50µAのプッシュプル出力
  • 業界標準のLM20/19およびLM35温度センサとフットプリント互換
  • コスト効率に優れたサーミスタの代替
  • LMT85LPG (TO-92Sパッケージ)は高速な熱時定数、標準値10s (エアフロー1.2m/s)
  • 非常に正確: ±0.4℃ (標準値)
  • 低電圧1.8Vでの動作
  • 平均センサ・ゲイン: -8.2mV/℃
  • 低い静止電流: 5.4µA
  • 広い温度範囲: -50℃~150℃
  • 出力の短絡保護
  • 駆動能力±50µAのプッシュプル出力
  • 業界標準のLM20/19およびLM35温度センサとフットプリント互換
  • コスト効率に優れたサーミスタの代替

LMT85は高精度のCMOS温度センサで、標準精度は±0.4℃ (最大値±2.7℃)で、リニアなアナログ出力電圧を持ち、この電圧は温度に反比例します。1.8Vの電源電圧で動作し、静止電流が5.4µA、パワーオン時間が0.7msで、効果的なパワーサイクリング・アーキテクチャを実現し、ドローンやセンサ・ノードなどバッテリ駆動のアプリケーションで消費電力を最小化できます。LMT85LPGスルーホールTO-92Sパッケージは熱時定数が高速で、煙および熱感知器など、オフボードで時間-温度の感度が高いアプリケーションに対応できます。 広い動作範囲にわたる精度や、その他の特長から、LMT85はサーミスタの優れた代替となります。

異なる平均センサ・ゲインおよび類似の精度を持つデバイスについては、「類似の代替デバイス」で、LMT8xファミリの他のデバイスを参照してください。

LMT85は高精度のCMOS温度センサで、標準精度は±0.4℃ (最大値±2.7℃)で、リニアなアナログ出力電圧を持ち、この電圧は温度に反比例します。1.8Vの電源電圧で動作し、静止電流が5.4µA、パワーオン時間が0.7msで、効果的なパワーサイクリング・アーキテクチャを実現し、ドローンやセンサ・ノードなどバッテリ駆動のアプリケーションで消費電力を最小化できます。LMT85LPGスルーホールTO-92Sパッケージは熱時定数が高速で、煙および熱感知器など、オフボードで時間-温度の感度が高いアプリケーションに対応できます。 広い動作範囲にわたる精度や、その他の特長から、LMT85はサーミスタの優れた代替となります。

異なる平均センサ・ゲインおよび類似の精度を持つデバイスについては、「類似の代替デバイス」で、LMT8xファミリの他のデバイスを参照してください。

ダウンロード 字幕付きのビデオを表示 ビデオ

お客様が関心を持ちそうな類似品

open-in-new 代替品と比較
比較対象デバイスにアップグレード機能を搭載した、ドロップ・イン代替製品
LMT85-Q1 アクティブ 車載グレード、1.8V 対応、10μA、アナログ出力温度センサ Automotive qualified version
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン互換製品
LMT84 アクティブ SC70 または TO-92 封止、1.5V 対応、10μA、アナログ出力温度センサ Higher sensor gain (-5.5 mV/°C) in pin-compatible package
LMT86 アクティブ SC70 または TO-92 封止、2.2V 対応、10μA、アナログ出力温度センサ Lower sensor gain (-8.2 mV/°C) in pin-compatible package
TMP235 アクティブ 10mV/℃、精度 1℃ のアナログ温度センサ Higher accuracy (±1°C) and higher sensor gain (10mV/°C) in a pin-compatible package for cost-optimized designs.
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン配置が異なる製品
LM94022 アクティブ 複数のゲインと Class-AB アナログ出力、±1.5℃、温度センサ Pin-selectable gain device (-13.6, -10.9, -8.2, and -5.5 mV/°C) in package with similar pinout

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアしてから、再度検索を試してください。
4 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LMT85 1.8V、SC70/TO-92/TO-92S、アナログ温度センサ データシート (Rev. E 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.E) PDF | HTML 2017年 12月 28日
アプリケーション・ノート SC Temp Sensors Challenge Precision RTDs and Thermistors in Build Automation (Rev. A) 2019年 5月 8日
その他の技術資料 Analog Temperature Sensors 2013年 4月 18日
EVM ユーザー ガイド (英語) Using the LMT84-7 Evaluation Board 2013年 2月 6日

設計と開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページをご覧ください。

評価ボード

LMT84-7EVM — LMT84-7EVM Temperature Sensor EVM

The Texas Instruments LMT84-7EVM evaluation module (EVM) helps designers evaluate the operation and performance of the LMT84, LMT85, LMT86, and LMT87 analog temperature sensors.

ユーザー ガイド: PDF
計算ツール

SNIC007 LMT85 Look-Up Table

サポート対象の製品とハードウェア

サポート対象の製品とハードウェア

製品
アナログ温度センサ
LMT85 SC70 または TO-92 封止、1.8V 対応、10μA、アナログ出力温度センサ LMT85-Q1 車載グレード、1.8V 対応、10μA、アナログ出力温度センサ
パッケージ ピン数 ダウンロード
SOT-SC70 (DCK) 5 オプションの表示
TO-92 (LP) 3 オプションの表示
TO-92 (LPG) 3 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL 定格 / ピーク リフロー
  • MTBF/FIT 推定値
  • 材質成分
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果
記載されている情報:
  • ファブの拠点
  • 組み立てを実施した拠点

サポートとトレーニング

TI E2E™ フォーラムでは、TI のエンジニアからの技術サポートを提供

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ