LP2950-N

アクティブ

低静止電流 (IQ)、100mA、30V、低ドロップアウト電圧レギュレータ

製品詳細

Output options Fixed Output Iout (Max) (A) 0.1 Vin (Max) (V) 30 Vin (Min) (V) 2.3 Vout (Max) (V) 5 Vout (Min) (V) 3 Fixed output options (V) 3, 3.3, 5 Noise (uVrms) 100 Iq (Typ) (mA) 0.075 Thermal resistance θJA (°C/W) 51 Rating Catalog Load capacitance (Min) (µF) 1 Regulated outputs (#) 1 Features Accuracy (%) 3 PSRR @ 100 KHz (dB) 51 Dropout voltage (Vdo) (Typ) (mV) 380 Operating temperature range (C) -40 to 125
Output options Fixed Output Iout (Max) (A) 0.1 Vin (Max) (V) 30 Vin (Min) (V) 2.3 Vout (Max) (V) 5 Vout (Min) (V) 3 Fixed output options (V) 3, 3.3, 5 Noise (uVrms) 100 Iq (Typ) (mA) 0.075 Thermal resistance θJA (°C/W) 51 Rating Catalog Load capacitance (Min) (µF) 1 Regulated outputs (#) 1 Features Accuracy (%) 3 PSRR @ 100 KHz (dB) 51 Dropout voltage (Vdo) (Typ) (mV) 380 Operating temperature range (C) -40 to 125
TO-252 (NDP) 3 40 mm² 7.3 x 6.58 TO-92 (LP) 3 19 mm² 5.2 x 3.68
  • 入力電圧範囲: 2.3V~30V
  • 5V、3V、3.3V出力電圧バージョンを利用可能
  • 高精度の出力電圧
  • 100mAの出力電流を保証
  • 非常に低い静止電流
  • 低ドロップアウト電圧
  • 非常に優れたロードおよびライン・レギュレーション
  • 非常に低い温度係数
  • レギュレータまたは基準電圧として使用可能
  • 最小容量のコンデンサで安定動作
  • 電流制限および熱制限回路内蔵
  • 低ESRの出力コンデンサで安定動作(10mΩ~6Ω)
  • LP2951-Nバージョンのみ:
    • ERRORフラグによる出力ドロップアウトの警告
    • ロジック制御による電子的なシャットダウン
    • 出力を1.24V~29Vの間でプログラム可能
  • 入力電圧範囲: 2.3V~30V
  • 5V、3V、3.3V出力電圧バージョンを利用可能
  • 高精度の出力電圧
  • 100mAの出力電流を保証
  • 非常に低い静止電流
  • 低ドロップアウト電圧
  • 非常に優れたロードおよびライン・レギュレーション
  • 非常に低い温度係数
  • レギュレータまたは基準電圧として使用可能
  • 最小容量のコンデンサで安定動作
  • 電流制限および熱制限回路内蔵
  • 低ESRの出力コンデンサで安定動作(10mΩ~6Ω)
  • LP2951-Nバージョンのみ:
    • ERRORフラグによる出力ドロップアウトの警告
    • ロジック制御による電子的なシャットダウン
    • 出力を1.24V~29Vの間でプログラム可能

LP2950-NおよびLP2951-Nはmicropower電圧レギュレータで、非常に静止電流が低く(標準値75µA)、ドロップアウト電圧も非常に低い(軽負荷で40mV、100mAで380mVの標準値)のが特長です。バッテリ駆動のシステムでの使用に最適です。さらに、デバイスの静止電流はドロップアウト時にもわずかしか増大しないため、バッテリ駆動時間を延長できます。

LP2950-N/LP2951-Nは、誤差に関わるすべての要因を最小限にするよう細心の注意を払って設計されています。厳密な初期公差(標準値0.5%)、非常に優れたロードおよびライン・レギュレーション(標準値0.05%)、非常に小さな出力電圧温度係数という特長から、低電力の基準電圧として有用です。

付加機能の1つがERRORフラグ出力機能であり、出力電圧低下(多くの場合、入力バッテリ電圧の低下)時に警告を発します。この機能は、パワーオン・リセットに使用できます。また、ロジック互換のシャットダウン入力機能も内蔵しており、レギュレータのオン/オフを切り替えるために使用できます。LP2950-N/LP2951-Nは、ピン・ストラップによって5V、3V、3.3V出力(バージョンによって異なる)に設定することや、2個の外部抵抗を使用して1.24V~29Vにプログラムすることが可能です。

LP2950-Nは表面実装TO-252パッケージに加えて、従来の5Vレギュレータとピン互換の、一般的な3ピンTO-92パッケージでも供給されます。8ピンのLP2951-Nはプラスチック・デュアル・インライン・パッケージ、セラミック・デュアル・インライン・パッケージ、WSONパッケージ、メタル・キャン・パッケージで供給され、システム機能が追加されています。

LP2950-NおよびLP2951-Nはmicropower電圧レギュレータで、非常に静止電流が低く(標準値75µA)、ドロップアウト電圧も非常に低い(軽負荷で40mV、100mAで380mVの標準値)のが特長です。バッテリ駆動のシステムでの使用に最適です。さらに、デバイスの静止電流はドロップアウト時にもわずかしか増大しないため、バッテリ駆動時間を延長できます。

LP2950-N/LP2951-Nは、誤差に関わるすべての要因を最小限にするよう細心の注意を払って設計されています。厳密な初期公差(標準値0.5%)、非常に優れたロードおよびライン・レギュレーション(標準値0.05%)、非常に小さな出力電圧温度係数という特長から、低電力の基準電圧として有用です。

付加機能の1つがERRORフラグ出力機能であり、出力電圧低下(多くの場合、入力バッテリ電圧の低下)時に警告を発します。この機能は、パワーオン・リセットに使用できます。また、ロジック互換のシャットダウン入力機能も内蔵しており、レギュレータのオン/オフを切り替えるために使用できます。LP2950-N/LP2951-Nは、ピン・ストラップによって5V、3V、3.3V出力(バージョンによって異なる)に設定することや、2個の外部抵抗を使用して1.24V~29Vにプログラムすることが可能です。

LP2950-Nは表面実装TO-252パッケージに加えて、従来の5Vレギュレータとピン互換の、一般的な3ピンTO-92パッケージでも供給されます。8ピンのLP2951-Nはプラスチック・デュアル・インライン・パッケージ、セラミック・デュアル・インライン・パッケージ、WSONパッケージ、メタル・キャン・パッケージで供給され、システム機能が追加されています。

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスにアップグレード機能を搭載した、ドロップ・イン代替製品。
LP2950 アクティブ 低静止電流 (IQ)、100mA、30V、低ドロップアウト電圧レギュレータ Pin-to-pin equivalent for cost-sensitive applications

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
5 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LP295x-Nシリーズ可変型マイクロパワー電圧レギュレータ データシート (Rev. Q 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.Q) PDF | HTML 2018年 4月 5日
アプリケーション・ノート A Topical Index of TI LDO Application Notes (Rev. F) 2019年 6月 27日
アプリケーション・ノート AN-1061 Power Conversion in Line-Powered Equipment (Rev. B) 2013年 4月 23日
アプリケーション・ノート TO-92 Packing Options / Ordering Instructions (Rev. A) 2010年 6月 23日
アプリケーション・ノート Application Note 1061 Power Conversion in Line-Powered Equipment (jp) 2004年 5月 1日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

MLTLDO2EVM-037 — DCY、DDA、KVUパッケージ向け汎用LDOリニア電圧レギュレータの評価モジュール

MLTLDO2EVM-037 マルチパッケージ低ドロップアウト (LDO) 評価基板 (EVM) を使用すると、独自回路アプリケーションで採用する可能性のある使用方法に関して、リニア・レギュレータが一般的に採用している各種パッケージの動作と性能を評価することができます。この EVM 構成は、DDA、3 ピンと 5 ピンの各 KVU、DCY という各パッケージのフットプリントを確保しており、実際に使用するパーツの半田付けと評価を実施できます。

TI.com で取り扱いなし
パッケージ ピン数 ダウンロード
TO-252 (NDP) 3 オプションの表示
TO-92 (LP) 3 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ