TLV1872

アクティブ

40V 分割電源グランド センシング コンパレータ

製品詳細

Number of channels 2 Output type Push-Pull Propagation delay time (µs) 0.065 Vs (max) (V) 40 Vs (min) (V) 2.7 Vos (offset voltage at 25°C) (max) (mV) 4 Iq per channel (typ) (mA) 0.07 Input bias current (±) (max) (nA) 5 Rail-to-rail In Rating Catalog Operating temperature range (°C) -40 to 125 Features POR VICR (max) (V) 40.2 VICR (min) (V) 2.5
Number of channels 2 Output type Push-Pull Propagation delay time (µs) 0.065 Vs (max) (V) 40 Vs (min) (V) 2.7 Vos (offset voltage at 25°C) (max) (mV) 4 Iq per channel (typ) (mA) 0.07 Input bias current (±) (max) (nA) 5 Rail-to-rail In Rating Catalog Operating temperature range (°C) -40 to 125 Features POR VICR (max) (V) 40.2 VICR (min) (V) 2.5
VSSOP (DGS) 10 14.7 mm² 3 x 4.9
  • 幅広い電源電圧範囲:2.7V~40V (±1.35V~±20V)
  • 単一電源または分割電源動作
  • 個別電源で「フローティング」プッシュプル出力
  • 出力電源により、最大出力スイングが設定されます。
  • レール ツー レール入力
  • パワーオン リセット (POR)
  • 伝搬遅延時間:65ns
  • 低い入力オフセット電圧:500µV
  • 低い消費電流:70µA (チャネルあたり)
  • 温度範囲:-40℃~+125℃
  • 幅広い電源電圧範囲:2.7V~40V (±1.35V~±20V)
  • 単一電源または分割電源動作
  • 個別電源で「フローティング」プッシュプル出力
  • 出力電源により、最大出力スイングが設定されます。
  • レール ツー レール入力
  • パワーオン リセット (POR)
  • 伝搬遅延時間:65ns
  • 低い入力オフセット電圧:500µV
  • 低い消費電流:70µA (チャネルあたり)
  • 温度範囲:-40℃~+125℃

TLV187x は、レール ツー レール入力、プッシュプル出力段を備えた 40V 高速コンパレータです。TLV187x には、独立した入力電源と出力電源によるレベル シフト機能もあります。これらの特長と 65ns の伝搬遅延の組み合わせにより、このファミリはバイポーラのゼロクロス検出、クラス D オーディオ アンプ システム、またはレベル変換と伝搬遅延の対称性を必要とするその他のアプリケーションに最適です。

このデバイスは、パワーオン リセット (POR) 機能を搭載しており、電源電圧が最小値に達するまでの間、出力が入力に応答する前に、出力が既知の状態であることが保証されるため、システムの電源オンおよび電源オフ時に誤った出力が発生されるのを防止できます。

TLV187x にはプッシュプル出力段があるため、立ち上がりと立ち下がりの出力応答に対称性が求められるアプリケーションに最適です。このデバイスは、入力電源と出力電源が独立しているため、より低い電圧の下流デバイスに対するレベル変換が可能です。

TLV187x は、レール ツー レール入力、プッシュプル出力段を備えた 40V 高速コンパレータです。TLV187x には、独立した入力電源と出力電源によるレベル シフト機能もあります。これらの特長と 65ns の伝搬遅延の組み合わせにより、このファミリはバイポーラのゼロクロス検出、クラス D オーディオ アンプ システム、またはレベル変換と伝搬遅延の対称性を必要とするその他のアプリケーションに最適です。

このデバイスは、パワーオン リセット (POR) 機能を搭載しており、電源電圧が最小値に達するまでの間、出力が入力に応答する前に、出力が既知の状態であることが保証されるため、システムの電源オンおよび電源オフ時に誤った出力が発生されるのを防止できます。

TLV187x にはプッシュプル出力段があるため、立ち上がりと立ち下がりの出力応答に対称性が求められるアプリケーションに最適です。このデバイスは、入力電源と出力電源が独立しているため、より低い電圧の下流デバイスに対するレベル変換が可能です。

ダウンロード 字幕付きのビデオを表示 ビデオ

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアしてから、再度検索を試してください。
2 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TLV1871/2 入力電源と出力電源が独立した 40V 高速コンパレータ データシート PDF | HTML 英語版 PDF | HTML 2023年 10月 3日
製品概要 Optimizing High-Speed, High-Voltage Control Loops with Comparators PDF | HTML 2024年 5月 7日

設計および開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページをご覧ください。

評価ボード

TLV1872EVM — TLV1872 の評価基板

この基板は、40V デュアル チャネル TLV1872 コンパレータの評価に適した設計の評価基板です。この評価基板は、10 ピン DGS パッケージを 10 ピン DIP フットプリントに変換し、必要に応じた回路のテストとブレッドボードの製作を容易にすることで、プロトタイプ製作を簡素化します。

ユーザー ガイド: PDF | HTML
シミュレーション・モデル

TLV187x PSpice Model

SNOM792.ZIP (708 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル

TLV187x TINA-TI Model

SNOM791.ZIP (9 KB) - TINA-TI Spice Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

ユーザー ガイド: PDF
英語版 (Rev.A): PDF
パッケージ ピン数 CAD シンボル、フットプリント、および 3D モデル
VSSOP (DGS) 10 Ultra Librarian

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL 定格 / ピーク リフロー
  • MTBF/FIT 推定値
  • 使用原材料
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果
記載されている情報:
  • ファブの拠点
  • 組み立てを実施した拠点

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ フォーラムでは、TI のエンジニアからの技術サポートを提供

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ