NEW

TLV3802-Q1

アクティブ

車載、LVDS 出力、デュアル、225ps (ピコ秒) の高速コンパレータ

製品詳細

Number of channels 2 Output type LVDS Propagation delay time (µs) 0.000225 Vs (max) (V) 5.25 Vs (min) (V) 2.7 Vos (offset voltage at 25°C) (max) (mV) 5 Iq per channel (typ) (mA) 20 Input bias current (±) (max) (nA) 10000 Rail-to-rail In to V+ Rating Automotive Operating temperature range (°C) -40 to 125 Features Hysteresis, Split-supply VICR (max) (V) 5.25 VICR (min) (V) 1.5 TI functional safety category Functional Safety-Capable
Number of channels 2 Output type LVDS Propagation delay time (µs) 0.000225 Vs (max) (V) 5.25 Vs (min) (V) 2.7 Vos (offset voltage at 25°C) (max) (mV) 5 Iq per channel (typ) (mA) 20 Input bias current (±) (max) (nA) 10000 Rail-to-rail In to V+ Rating Automotive Operating temperature range (°C) -40 to 125 Features Hysteresis, Split-supply VICR (max) (V) 5.25 VICR (min) (V) 1.5 TI functional safety category Functional Safety-Capable
WSON (DSS) 12 6 mm² 3 x 2
  • 小さい伝搬遅延時間:225ps
  • 小さいオーバードライブ分散:5ps
  • 静止電流:19 mA
  • 高いトグル周波数:3GHz/6Gbps
  • 狭パルス幅検出性能:240ps
  • LVDS 出力
  • 入力と出力のグランド基準電圧を分離
  • 単一電源電圧:2.7V~5.25V
  • 低い入力オフセット電圧:±0.5mV
  • 内部ヒステリシス:2mV
  • パッケージ:TLV3801-Q1 (8 ピン WSON)、TLV3802-Q1 (12 ピン WSON)
  • 小さい伝搬遅延時間:225ps
  • 小さいオーバードライブ分散:5ps
  • 静止電流:19 mA
  • 高いトグル周波数:3GHz/6Gbps
  • 狭パルス幅検出性能:240ps
  • LVDS 出力
  • 入力と出力のグランド基準電圧を分離
  • 単一電源電圧:2.7V~5.25V
  • 低い入力オフセット電圧:±0.5mV
  • 内部ヒステリシス:2mV
  • パッケージ:TLV3801-Q1 (8 ピン WSON)、TLV3802-Q1 (12 ピン WSON)

TLV380x-Q1 は、広い電源電圧範囲と 3GHz の非常に高いトグル周波数に対応する 225ps 高速コンパレータです。動作電源電圧範囲が 2.7V~5.25V (単一電源の場合)、2.7V~5.25V (分割電源の場合) であることに加えて、これらの機能はすべて業界標準の小型パッケージで供給されるため、これらのデバイスは LIDAR、差動ライン・レシーバ・アプリケーション、試験 / 測定システムに最適です。

TLV380x-Q1 は、5ps という非常に強力な入力オーバードライブ性能と、わずか 240ps の狭パルス幅性能を備えています。ばらつきの小さい伝搬遅延特性 (入力オーバードライブ起因) と、短いパルスを検出する能力を併せ持つこれらのデバイスは、ファクトリ・オートメーション、ドローン・ビジョンなどのタイム・オブ・フライト (ToF) アプリケーションに最適です。

TLV380x-Q1 の低電圧差動信号 (LVDS) 出力は、データ スループットの向上と消費電力の最適化にも役立ちます。同様に相補出力は、各出力の同相ノイズを抑制することで、EMI 低減に役立ちます。LVDS 出力は、アプリケーション内の下流の大半の FPGA や CPU など、標準 LVDS 入力を受け入れるその他のデバイスの直接駆動およびインターフェイスを可能にします。

TLV3801-Q1 は 8 ピン WSON パッケージ、TLV3802-Q1 はウェッタブル フランク付きの 12 ピン WSON パッケージで提供されているため、スペースの制約が厳しい車載用アプリケーションに適しています。

1. 利用可能なすべてのパッケージについては、データシートの末尾にある注文情報を参照してください。

TLV380x-Q1 は、広い電源電圧範囲と 3GHz の非常に高いトグル周波数に対応する 225ps 高速コンパレータです。動作電源電圧範囲が 2.7V~5.25V (単一電源の場合)、2.7V~5.25V (分割電源の場合) であることに加えて、これらの機能はすべて業界標準の小型パッケージで供給されるため、これらのデバイスは LIDAR、差動ライン・レシーバ・アプリケーション、試験 / 測定システムに最適です。

TLV380x-Q1 は、5ps という非常に強力な入力オーバードライブ性能と、わずか 240ps の狭パルス幅性能を備えています。ばらつきの小さい伝搬遅延特性 (入力オーバードライブ起因) と、短いパルスを検出する能力を併せ持つこれらのデバイスは、ファクトリ・オートメーション、ドローン・ビジョンなどのタイム・オブ・フライト (ToF) アプリケーションに最適です。

TLV380x-Q1 の低電圧差動信号 (LVDS) 出力は、データ スループットの向上と消費電力の最適化にも役立ちます。同様に相補出力は、各出力の同相ノイズを抑制することで、EMI 低減に役立ちます。LVDS 出力は、アプリケーション内の下流の大半の FPGA や CPU など、標準 LVDS 入力を受け入れるその他のデバイスの直接駆動およびインターフェイスを可能にします。

TLV3801-Q1 は 8 ピン WSON パッケージ、TLV3802-Q1 はウェッタブル フランク付きの 12 ピン WSON パッケージで提供されているため、スペースの制約が厳しい車載用アプリケーションに適しています。

1. 利用可能なすべてのパッケージについては、データシートの末尾にある注文情報を参照してください。

ダウンロード 字幕付きのビデオを表示 ビデオ

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアしてから、再度検索を試してください。
2 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TLV3801-Q1/TLV3802-Q1 LVDS 出力、225ps の高速コンパレータ データシート (Rev. A 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.A) PDF | HTML 2023年 12月 19日
証明書 TLV3802EVM EU Declaration of Conformity (DoC) 2023年 8月 8日

設計と開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページをご覧ください。

評価ボード

TLV3802EVM — TLV3802 の評価基板

TLV3802 評価基板 (EVM) は、TLV3802 コンパレータを開発するためのプラットフォームです。この 評価基板 (EVM) は、さまざまな測定ツールを使用する性能評価をシンプルにするためのレイアウト オプションを採用しています。

ユーザー ガイド: PDF | HTML
シミュレーション・モデル

TLV3801 and TLV3802 PSpice Model (Rev. A)

SNOM740A.ZIP (80 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル

TLV3801 and TLV3802 TINA-TI Model (Rev. A)

SNOM741A.ZIP (9 KB) - TINA-TI Spice Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

ユーザー ガイド: PDF
英語版をダウンロード (Rev.A): PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
WSON (DSS) 12 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL 定格 / ピーク リフロー
  • MTBF/FIT 推定値
  • 材質成分
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果
記載されている情報:
  • ファブの拠点
  • 組み立てを実施した拠点

サポートとトレーニング

TI E2E™ フォーラムでは、TI のエンジニアからの技術サポートを提供

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ