TMDSLCDK138

OMAP-L138 開発キット(LCDK)

TMDSLCDK138

購入

概要

OMAP-L138 DSP+ARM9™ 開発キットを使用すると、Linux ソフトウェアとハードウェアの迅速で容易な開発が可能になります。スケーラビリティの高いこのプラットフォームを活用すると、産業用途の制御、医療診断装置、通信など、リアルタイムの信号処理と制御機能を必要とする日常的なアプリケーション向けのソフトウェアとハードウェアの開発を簡略化し、開発期間を短縮することができます。この低コストのキットは、自由にダウンロードできる複製可能なボード回路図と設計ファイルを使用して補完できるので、設計の労力を大幅に削減できます。接続とストレージ向けのさまざまな標準インターフェイスを使用して、オーディオ、ビデオ、その他の信号をボードに簡単に取り込むことができます。LCD 画面向け拡張ヘッダーや Leopard Imaging のカメラ・センサのような各種拡張ヘッダーを活用すると、このボードの機能を拡張できます。

この LCDK (LCD 開発キット) は、オンボード・エミュレータを搭載していません。開発を開始するには、TI の外部エミュレータ (XDS100XDS200XDS560 など) またはサード・パーティーの外部エミュレータが必要です。

TMDSLCDK138 は、性能、価格、機能が同等である TMDXLCDK138 を置き換えます。  この製品は、在庫の変化にもよりますが、数量限定ベースで入手できます。

特長
  • 内蔵の固定小数点 / 浮動小数点 DSP は最大 456MHz で動作し、ARM9 も最大 456MHz で動作
  • ソフトウェア、拡張ヘッダー、回路図、アプリケーションのデモが付属または入手可能
  • 各種 SDK、DSP/BIOS RTOS、各種ドライバ、各種スタックとプロトコル、アルゴリズム・ライブラリ、フラッシュとブート関連のユーティリティ、StarterWare が付属または入手可能
Arm ベースのプロセッサ
OMAP-L132 低消費電力 C674x 浮動小数点 DSP + Arm9 プロセッサ - 200MHz OMAP-L138 低消費電力 C674x 浮動小数点 DSP + Arm9 プロセッサ - 最大 456MHz

 

デジタル信号プロセッサ (DSP)
SM320C6748-HIREL 高信頼性製品、C6748 浮動小数点 DSP TMS320C6742 低消費電力 C674x 浮動小数点 DSP - 200MHz TMS320C6746 低消費電力 C674x 浮動小数点 DSP - 456MHz TMS320C6748 低消費電力 C674x 浮動小数点 DSP - 456MHz、SATA 搭載

開始する

  1. Order the OMAP-L138 development kit
  2. Download the Processor SDK
  3. Download and read the Quick Start Guide
  4. Read the OMAP-L138/C6748 Low-Cost Development Kit (LCDK) User Guide

購入と開発の開始

ハードウェア、ソフトウェア、資料のパッケージ詳細

ハードウェアとソフトウェアのパッケージ

Develop your audio product with the OMAP-L138

パッケージの表示

このハードウェアのみ購入

開発キット

TMDSLCDK138 — OMAP-L138 開発キット(LCDK)

TI.com で取り扱いなし
TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます。

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 4
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* その他の技術資料 OMAP-L138 DSP+ARM9™ Development Kit (LCDK) Quick Start Guide (Rev. A) 2018年 12月 13日
ユーザー・ガイド L138/C6748 development kit (LCDK) (Rev. A) PDF | HTML 2019年 9月 18日
証明書 TMDSLCDK138 EU Declaration of Conformity (DoC) 2019年 1月 2日
データシート OMAP-L138 C6000 DSP+ARMプロセッサ データシート (Rev. J 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.J) PDF | HTML 2018年 5月 22日

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ