製品詳細

Number of channels (#) 4 Output type Open-collector Propagation delay time (µs) 1.3 Vs (Max) (V) 32 Vs (Min) (V) 2 Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) 2 Iq per channel (Typ) (mA) 0.2 Input bias current (+/-) (Max) (nA) 250 Rail-to-rail Out Rating Automotive Operating temperature range (C) -40 to 125 Features Standard comparator VICR (Max) (V) 30.5 VICR (Min) (V) 0
Number of channels (#) 4 Output type Open-collector Propagation delay time (µs) 1.3 Vs (Max) (V) 32 Vs (Min) (V) 2 Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) 2 Iq per channel (Typ) (mA) 0.2 Input bias current (+/-) (Max) (nA) 250 Rail-to-rail Out Rating Automotive Operating temperature range (C) -40 to 125 Features Standard comparator VICR (Max) (V) 30.5 VICR (Min) (V) 0
SOIC (D) 14 52 mm² 8.65 x 6 TSSOP (PW) 14 32 mm² 5 x 6.4
  • 広い電源電圧範囲
    • 単一電源:2V~36V
      (末尾に V が付かないデバイスで 30V、
      末尾に V が付くデバイスで 32V までテスト済み)
    • デュアル電源:±1V~±18V
      (末尾に V が付かないデバイスで ±15V、
      末尾に V が付くデバイスで ±16V までテスト済み)
  • 電源電圧に影響されない低い電源消費電流: 0.8mA (標準値)
  • 低い入力バイアス電流: 25nA (標準値)
  • 低い入力オフセット電流: 3nA (標準値)(LM139)
  • 低い入力オフセット電圧: 2mV (標準値)
  • 同相入力電圧範囲にグランドが含まれる
  • 差動入力電圧範囲が最大定格電源電圧と同じ: ±36V
  • 低い出力飽和電圧
  • TTL、MOS、CMOS互換出力

  • MIL-PRF-38535準拠の製品については、特に記述のない限り、すべてのパラメータはテスト済みです。他のすべての製品については、量産プロセスにすべてのパラメータのテストが含まれているとは限りません。
  • 広い電源電圧範囲
    • 単一電源:2V~36V
      (末尾に V が付かないデバイスで 30V、
      末尾に V が付くデバイスで 32V までテスト済み)
    • デュアル電源:±1V~±18V
      (末尾に V が付かないデバイスで ±15V、
      末尾に V が付くデバイスで ±16V までテスト済み)
  • 電源電圧に影響されない低い電源消費電流: 0.8mA (標準値)
  • 低い入力バイアス電流: 25nA (標準値)
  • 低い入力オフセット電流: 3nA (標準値)(LM139)
  • 低い入力オフセット電圧: 2mV (標準値)
  • 同相入力電圧範囲にグランドが含まれる
  • 差動入力電圧範囲が最大定格電源電圧と同じ: ±36V
  • 低い出力飽和電圧
  • TTL、MOS、CMOS互換出力

  • MIL-PRF-38535準拠の製品については、特に記述のない限り、すべてのパラメータはテスト済みです。他のすべての製品については、量産プロセスにすべてのパラメータのテストが含まれているとは限りません。

LMx39x および LM2901x は、広い電圧範囲にわたって単一電源で動作するように設計された 4 つの独立した電圧コンパレータで構成されています。デュアル電源での動作も可能です。この場合、2つの電源の差が2V~36Vで、VCCが入力同相電圧よりも1.5V以上高いことが条件です。消費電流は、電源電圧に依存しません。出力を他のオープン・コレクタ出力に接続し、ワイヤードAND関係を構築できます。

LM139 および LM139A は –55°C~+125°C の軍事用温度範囲全体で仕様が規定されています。LM239 および LM239A は –25°C~+85°C で仕様が規定されていますLM339 および LM339A は 0°C~70°C で仕様が規定されています。LM2901、LM2901AV、LM2901V は –40°C~+125°C で仕様が規定されています。

LMx39x および LM2901x は、広い電圧範囲にわたって単一電源で動作するように設計された 4 つの独立した電圧コンパレータで構成されています。デュアル電源での動作も可能です。この場合、2つの電源の差が2V~36Vで、VCCが入力同相電圧よりも1.5V以上高いことが条件です。消費電流は、電源電圧に依存しません。出力を他のオープン・コレクタ出力に接続し、ワイヤードAND関係を構築できます。

LM139 および LM139A は –55°C~+125°C の軍事用温度範囲全体で仕様が規定されています。LM239 および LM239A は –25°C~+85°C で仕様が規定されていますLM339 および LM339A は 0°C~70°C で仕様が規定されています。LM2901、LM2901AV、LM2901V は –40°C~+125°C で仕様が規定されています。

ダウンロード
Information

類似製品を TI.com でご確認ください

TI.com での在庫状況ごとに分類した、仕様が類似している各種製品。 詳細はこちら

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
2 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LM339、LM239、LM139、LM2901 クワッド差動コンパレータ データシート (Rev. U 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.U) PDF | HTML 2018年 6月 5日
e-Book(PDF) The Signal - オペアンプ設計ブログ集 英語版をダウンロード 2018年 3月 23日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

LP87642Q1EVM — 車載 4 フェーズ 1 出力機能安全準拠降圧コンバータ評価基板

LP87642Q1EVM ボードを使用して、車載と産業用の各アプリケーションで、1 つまたは複数の LP8764-Q1 パワー・マネージメント IC のテスト、デモ、デバッグ、構成を行うことができます。オンボードのデバイスは LP876411E2RQRQ1 であり、1 つの大電流マルチフェーズ・レール向けに 4 相の 2.2MHz 構成を採用しています。この EVM ボード (評価基板) は、マルチ PMIC 動作テスト向けのスタックに対応しています。

ユーザー・ガイド: PDF | HTML
TI.com で取り扱いなし
評価ボード

LP87644Q1EVM — 車載 1+1+1+1 フェーズ 4 出力機能安全準拠降圧コンバータ評価基板

LP87644Q1EVM ボードを使用して、車載と産業用の各アプリケーションで、1 つまたは複数の LP8764-Q1 パワー・マネージメント IC のテスト、デモ、デバッグ、構成を行うことができます。オンボード搭載のデバイスは LP876441E4RQKRQ1 で、4 つの異なる出力電圧レールに対応する 1+1+1+1 位相構成を採用しています。このボードは、マルチ PMIC 動作テスト用のスタッキングに対応しています。
ユーザー・ガイド: PDF | HTML
TI.com で取り扱いなし
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

ユーザー・ガイド: PDF
英語版をダウンロード (Rev.A): PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 14 オプションの表示
TSSOP (PW) 14 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ