遅延時間固定、3 レール、シンプルな電源シーケンサ

製品詳細

Supply voltage (Min) (V) 2.7 Supply voltage (Max) (V) 5.5 Iq (Typ) (uA) 25 Time delay (ms) 2, 10, 16, 30, 60, 120 Number of sequenced outputs 3 Rating Catalog
Supply voltage (Min) (V) 2.7 Supply voltage (Max) (V) 5.5 Iq (Typ) (uA) 25 Time delay (ms) 2, 10, 16, 30, 60, 120 Number of sequenced outputs 3 Rating Catalog
SOT-23 (DBV) 6 5 mm² 2.9 x 1.6
  • 車載アプリケーションに対応
  • 1つの入力信号で3つの電圧レールのシーケンシングを行うシンプルなソリューション
  • 最大3つのデバイスを簡単にカスケード接続し、最大9つの電圧レールをシーケンシング可能
  • 電源オンおよび電源オフの制御
  • 小型の2.9mm×1.9mmのフットプリント
  • 低い静止電流:25µA
  • 2.7V~5.5Vの入力電圧範囲
  • 標準のタイミング・オプションで供給
  • 車載アプリケーションに対応
  • 1つの入力信号で3つの電圧レールのシーケンシングを行うシンプルなソリューション
  • 最大3つのデバイスを簡単にカスケード接続し、最大9つの電圧レールをシーケンシング可能
  • 電源オンおよび電源オフの制御
  • 小型の2.9mm×1.9mmのフットプリント
  • 低い静止電流:25µA
  • 2.7V~5.5Vの入力電圧範囲
  • 標準のタイミング・オプションで供給

LM3880は、複数の独立した電圧レールの電源オンおよびオフ手順を非常に簡単に制御できるシンプルな電源シーケンサです。起動シーケンスをずらすことで、システムの信頼性に影響を及ぼす可能性があるラッチ状態や大きな突入電流を防止できます。

6ピンSOT-23-6パッケージで供給されるこのシンプルなシーケンサは、高精度のイネーブル・ピンと3つのオープン・ドレイン出力フラグを備えています。オープン・ドレイン出力フラグは、VDD + 0.3Vという推奨最大電圧を上回らない限り、シーケンサのVDDとは別の電源電圧までプルアップされるため、異なるイネーブル信号レンジを必要とするICと接続できます。LM3880のイネーブル・ピンをアサートすると、それぞれ個別の遅延時間の後で3つの出力フラグが順に解除され、接続されている電源が起動されます。出力フラグは、電源オフ時にはこの逆の順序に従うことで、ラッチ状態を回避します。

EPROM機能を備え、すべての遅延とシーケンスを調整できます。標準と異なる構成が必要な場合は、テキサス・インスツルメンツにお問い合わせください。

LM3880は、複数の独立した電圧レールの電源オンおよびオフ手順を非常に簡単に制御できるシンプルな電源シーケンサです。起動シーケンスをずらすことで、システムの信頼性に影響を及ぼす可能性があるラッチ状態や大きな突入電流を防止できます。

6ピンSOT-23-6パッケージで供給されるこのシンプルなシーケンサは、高精度のイネーブル・ピンと3つのオープン・ドレイン出力フラグを備えています。オープン・ドレイン出力フラグは、VDD + 0.3Vという推奨最大電圧を上回らない限り、シーケンサのVDDとは別の電源電圧までプルアップされるため、異なるイネーブル信号レンジを必要とするICと接続できます。LM3880のイネーブル・ピンをアサートすると、それぞれ個別の遅延時間の後で3つの出力フラグが順に解除され、接続されている電源が起動されます。出力フラグは、電源オフ時にはこの逆の順序に従うことで、ラッチ状態を回避します。

EPROM機能を備え、すべての遅延とシーケンスを調整できます。標準と異なる構成が必要な場合は、テキサス・インスツルメンツにお問い合わせください。

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
14 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LM3880 3レールのシンプルな電源シーケンサ データシート (Rev. L 翻訳版) PDF | HTML 最新の英語版をダウンロード (Rev.M) PDF | HTML 2019年 10月 28日
アプリケーション・ノート High-Performance CMOS Image Sensor Power Supply in Industrial Camera and Vision (Rev. A) 2021年 7月 30日
アプリケーション・ノート Creating a Sequencing Voltage Supervisor (Reset IC) using TPS386000 and LM3880 2019年 5月 14日
セレクション・ガイド 電源 IC セレクション・ガイド 2018 (Rev. R 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.R) 2018年 9月 13日
技術記事 How to manage processor power during uncontrolled power off 2018年 6月 21日
技術記事 FPGA power made simple: sequencing 2017年 11月 13日
技術記事 Sequencing solutions: simple, reliable and cost-effective 2017年 9月 27日
技術記事 Sequencing and managing multiple power rails in a system: common questions answered 2017年 2月 1日
Analog Design Journal Analog Applications Journal 4Q 2014 2014年 10月 24日
Analog Design Journal Power-supply sequencing for FPGAs 2014年 10月 24日
EVM ユーザー ガイド (英語) AN-1491 LM3880 Power Sequencer Demo Board (Rev. A) 2013年 5月 7日
アプリケーション・ノート LM1771 and LM3880 Based FPGA Power Supply Reference Design (Rev. A) 2013年 5月 5日
アプリケーション・ノート AN-1603 LM274X Reference Designs (Rev. C) 2013年 5月 1日
アプリケーション・ノート Power Supply Design Considerations for Modern FPGAs 2010年 2月 2日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

LM3880EVAL — パワー・シーケンサ

LM3880 Power Sequencer

TI.com で取り扱いなし
シミュレーション・モデル

LM3880 PSpice Transient Model LM3880 PSpice Transient Model

シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
TI リファレンス・デザインの内容: LM3880

TI のリファレンス・デザイン・セレクション・ツールを使用すると、開発中のアプリケーションやパラメータとの適合度が最も高いデザインの確認と特定を進めることができます。

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOT-23 (DBV) 6 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ