REF2125

アクティブ

クリーン・スタート機能搭載、低ドリフト、低消費電力、小型フットプリントのシリーズ・リファレンス電圧

製品詳細

VO (V) 2.5 Initial accuracy (Max) (%) 0.05 Temp coeff (Max) (ppm/ degree C) 6 Vin (Min) (V) 2.55 Vin (Max) (V) 12 Iq (Typ) (uA) 72 Rating Catalog Features Clean-start Iout/Iz (Max) (mA) 10 Shutdown current (ISD) (Typ) (uA) 1
VO (V) 2.5 Initial accuracy (Max) (%) 0.05 Temp coeff (Max) (ppm/ degree C) 6 Vin (Min) (V) 2.55 Vin (Max) (V) 12 Iq (Typ) (uA) 72 Rating Catalog Features Clean-start Iout/Iz (Max) (mA) 10 Shutdown current (ISD) (Typ) (uA) 1
SOT-23 (DBV) 5 5 mm² 2.9 x 1.6
  • 初期精度: ±0.05% (最大値)
  • 温度ドリフト係数: 6ppm/℃(最大値)
  • 動作温度範囲 -40℃~+125℃
  • 出力電流: ±10mA
  • 低静止電流: 95µA (最大値)
  • 広い入力電圧範囲: 12V
  • 出力1/fノイズ(0.1Hz~10Hz): 5µVPP/V
  • 優れた長期安定性: 30ppm/1000時間
  • 小型の5ピンSOT-23パッケージ
  • 初期精度: ±0.05% (最大値)
  • 温度ドリフト係数: 6ppm/℃(最大値)
  • 動作温度範囲 -40℃~+125℃
  • 出力電流: ±10mA
  • 低静止電流: 95µA (最大値)
  • 広い入力電圧範囲: 12V
  • 出力1/fノイズ(0.1Hz~10Hz): 5µVPP/V
  • 優れた長期安定性: 30ppm/1000時間
  • 小型の5ピンSOT-23パッケージ


REF2125デバイスは、低温度ドリフト(6 ppm/℃)、低消費電力、高精度のCMOS電圧リファレンスで、消費電力を95µA未満に抑えて、±0.05%の初期精度と低動作電流を実現します。また、出力ノイズが5µVp-p/Vと非常に低いので、高分解能のデータ・コンバータやノイズの影響を受けやすいシステムで高いシグナル・インテグリティを維持できます。

デバイスの低い出力電圧ヒステリシスと低い長期出力電圧ドリフトにより、安定性とシステム信頼性がさらに改善されています。さらに、動作電流の低い(95µA)小型デバイスであるため、バッテリ駆動の携帯アプリケーションに最適です。

REF2125は、-40℃~+125℃の広い温度範囲で動作が規定されています。その他の電圧オプションについては、TIの営業担当者にお問い合わせください。

 

 


REF2125デバイスは、低温度ドリフト(6 ppm/℃)、低消費電力、高精度のCMOS電圧リファレンスで、消費電力を95µA未満に抑えて、±0.05%の初期精度と低動作電流を実現します。また、出力ノイズが5µVp-p/Vと非常に低いので、高分解能のデータ・コンバータやノイズの影響を受けやすいシステムで高いシグナル・インテグリティを維持できます。

デバイスの低い出力電圧ヒステリシスと低い長期出力電圧ドリフトにより、安定性とシステム信頼性がさらに改善されています。さらに、動作電流の低い(95µA)小型デバイスであるため、バッテリ駆動の携帯アプリケーションに最適です。

REF2125は、-40℃~+125℃の広い温度範囲で動作が規定されています。その他の電圧オプションについては、TIの営業担当者にお問い合わせください。

 

 

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
9 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート REF2125 低ドリフト、低消費電力、小型のシリーズ電圧リファレンスクリーン・スタート付き データシート PDF | HTML 英語版をダウンロード PDF | HTML 2017年 9月 19日
アプリケーション・ノート Voltage Reference Design Tips For ADC Pairing (Rev. A) PDF | HTML 2021年 6月 2日
e-Book(PDF) Tips and tricks for designing with voltage references (Rev. A) 2021年 5月 7日
その他の技術資料 電圧リファレンスを使用した設計のヒントとコツ (Rev. A 翻訳版) 2021年 5月 4日
e-Book(PDF) Voltage Supervisor and Reset ICs: Tips, Tricks and Basics 2019年 6月 28日
ホワイト・ペーパー Voltage Reference Selection Basics White Paper (Rev. A) 2018年 10月 23日
アプリケーション・ノート Level Shifting Signals with Differential Amplifiers (Rev. A) 2018年 4月 2日
技術記事 How to ensure precision in automated processes 2017年 11月 7日
Analog Design Journal 最適な計測アンプ設計 2005年 10月 10日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

DIP-ADAPTER-EVM — DIP アダプタの評価基板

DIP-Adapter-EVM は、オペアンプの迅速なプロトタイプ製作とテストを可能にする評価基板です。小型の表面実装 IC とのインターフェイスを迅速、容易、低コストで実現します。付属の Samtec 端子ストリップか、回路への直接配線により、サポートされているオペアンプを接続できます。

DIP-Adapter-EVM キットは、業界標準の最も一般的なパッケージをサポートしています:

  • D と U(SOIC-8)
  • PW(TSSOP-8)
  • DGK(MSOP-8、VSSOP-8)
  • DBV(SOT23-6、SOT23-5、SOT23-3)
  • DCK(SC70-6、SC70-5)
  • DRL(SOT563-6)
ユーザー・ガイド: PDF
TI.com で取り扱いなし
シミュレーション・モデル

REF2125 TINA-TI Reference Design

SBAM335.TSC (76 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-010019 — 温度センサで使用する冷接点補償(CJC)向け RTD 代替回路のリファレンス・デザイン

熱電対(TC)を使用する温度センシング・アプリケーションは、高精度を実現するために、精密なローカル温度センサを必要とします。このリファレンス・デザインは、冷接点補償(CJC)、または超低消費電力のアナログ・フロント・エンドを搭載する際の設計上の課題を解決するソリューションを提供します。高精度の 4 ~ 20mA センサに合わせて消費電力と精度の各性能を最適化すると同時に、各種 CJC や TC フロント・エンド実装の性能を提示します。
回路図: PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
SOT-23 (DBV) 5 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ