ホーム インターフェイス RS-485 と RS-422 の各トランシーバ

AM26C32

アクティブ

クワッド差動ライン・レシーバ

製品詳細

Number of receivers 4 Number of transmitters 0 Duplex Half Supply voltage (nom) (V) 5 Signaling rate (max) (MBits) 10 IEC 61000-4-2 contact (±V) None Fault protection (V) -11 to 14 Common-mode range (V) -7 to 7 Number of nodes 32 Isolated No Supply current (max) (µA) 15000 Rating Automotive, Catalog Operating temperature range (°C) -40 to 125
Number of receivers 4 Number of transmitters 0 Duplex Half Supply voltage (nom) (V) 5 Signaling rate (max) (MBits) 10 IEC 61000-4-2 contact (±V) None Fault protection (V) -11 to 14 Common-mode range (V) -7 to 7 Number of nodes 32 Isolated No Supply current (max) (µA) 15000 Rating Automotive, Catalog Operating temperature range (°C) -40 to 125
PDIP (N) 16 181.42 mm² 19.3 x 9.4 SOIC (D) 16 59.4 mm² 9.9 x 6 SOP (NS) 16 79.56 mm² 10.2 x 7.8 SSOP (DB) 16 48.36 mm² 6.2 x 7.8 TSSOP (PW) 16 32 mm² 5 x 6.4
  • ANSI TIA/EIA-422-B、TIA/EIA-423-B、および ITU 勧告 V.10 および V.11 の要件を満たす、または超える
  • 低消費電力、I CC = 10mA (標準値)
  • ±200mV の感度で ±7V の同相範囲
  • 入力ヒステリシス:60mV (標準値)
  • t pd = 17ns (標準値)
  • 5V 単一電源で動作
  • 3 ステート出力
  • 入力フェイルセーフ回路
  • AM26LS32 デバイスの改良代替品
  • 車載対応 Q-Temp で利用可能
  • ANSI TIA/EIA-422-B、TIA/EIA-423-B、および ITU 勧告 V.10 および V.11 の要件を満たす、または超える
  • 低消費電力、I CC = 10mA (標準値)
  • ±200mV の感度で ±7V の同相範囲
  • 入力ヒステリシス:60mV (標準値)
  • t pd = 17ns (標準値)
  • 5V 単一電源で動作
  • 3 ステート出力
  • 入力フェイルセーフ回路
  • AM26LS32 デバイスの改良代替品
  • 車載対応 Q-Temp で利用可能

AM26C32 デバイスは、平衡または不平衡デジタル・データ伝送用クワッド差動ライン・レシーバです。イネーブル機能は 4 つのレシーバすべてに共通で、アクティブ High またはアクティブ Low の入力を選択できます。3 ステート出力により、バス構成システムに直接接続できます。フェイルセーフ設計により、入力がオープンの場合、出力は常に High であることが規定されています。AM26C32 デバイスは、バイポーラ・トランジスタと CMOS トランジスタを組み合わせた BiCMOS プロセスで製造されています。このプロセスは、バイポーラの高電圧および大電流に CMOS の低消費電力を提供し、AC および DC 性能を維持しながら消費電力を通常の AM26LS32 の約 1/5 に抑えます。

AM26C32 デバイスは、平衡または不平衡デジタル・データ伝送用クワッド差動ライン・レシーバです。イネーブル機能は 4 つのレシーバすべてに共通で、アクティブ High またはアクティブ Low の入力を選択できます。3 ステート出力により、バス構成システムに直接接続できます。フェイルセーフ設計により、入力がオープンの場合、出力は常に High であることが規定されています。AM26C32 デバイスは、バイポーラ・トランジスタと CMOS トランジスタを組み合わせた BiCMOS プロセスで製造されています。このプロセスは、バイポーラの高電圧および大電流に CMOS の低消費電力を提供し、AC および DC 性能を維持しながら消費電力を通常の AM26LS32 の約 1/5 に抑えます。

ダウンロード 字幕付きのビデオを表示 ビデオ

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアしてから、再度検索を試してください。
2 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート AM26C32 クワッド差動ライン・レシーバ データシート (Rev. M 翻訳版) PDF | HTML 英語版 (Rev.M) PDF | HTML 2023年 11月 3日
アプリケーション・ノート Debugging Sitara AM2x Microcontrollers PDF | HTML 2022年 10月 24日

設計および開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページをご覧ください。

シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

ユーザー ガイド: PDF
英語版 (Rev.A): PDF
パッケージ ピン数 CAD シンボル、フットプリント、および 3D モデル
PDIP (N) 16 Ultra Librarian
SOIC (D) 16 Ultra Librarian
SOP (NS) 16 Ultra Librarian
SSOP (DB) 16 Ultra Librarian
TSSOP (PW) 16 Ultra Librarian

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL 定格 / ピーク リフロー
  • MTBF/FIT 推定値
  • 使用原材料
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果
記載されている情報:
  • ファブの拠点
  • 組み立てを実施した拠点

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ フォーラムでは、TI のエンジニアからの技術サポートを提供

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ