DP83865 は新規設計での使用を推奨しません。
この製品は、これまでにご購入されたお客様をサポートする目的のために提供しています。以下の代替品をご検討ください。
比較対象デバイスと類似の機能。
DP83867E アクティブ 拡張温度範囲、SGMII 対応、高い信頼性、低レイテンシ、ギガビット・イーサネット PHY トランシーバ The DP83867E requires less than half the power of the DP83865 and has higher temperature range.

製品詳細

この情報を表示することができません。次の製品をご覧ください。   データシート .
  • Ultra low power consumption typically 1.1 watt
  • Fully compliant with IEEE 802.3 10BASE-T, 100BASE-TX and 1000BASE-T specifications
  • Integrated PMD sublayer featuring adaptive equalization and baseline wander compensation according to ANSI X3.T12
  • 3.3V or 2.5V MAC interfaces:
  • IEEE 802.3u MII
  • IEEE 802.3z GMII
  • RGMII version 1.3
  • User programmable GMII pin ordering
  • IEEE 802.3u Auto-Negotiation and Parallel Detection
  • Fully Auto-Negotiates between 1000 Mb/s, 100 Mb/s, and 10 Mb/s full duplex and half duplex devices
  • Speed Fallback mode to achieve quality link
  • Cable length estimator
  • LED support for activity, full / half duplex, link1000, link100 and link10, user programmable (manual on/off), or reduced LED mode
  • Supports 25 MHz operation with crystal or oscillator.
  • Requires only two power supplies, 1.8V (core and analog) and 2.5V (analog and I/O). 3.3V is supported as an alternative supply for I/O voltage
  • User programable interrupt
  • Supports Auto-MDIX at 10, 100 and 1000 Mb/s
  • Supports JTAG (IEEE1149.1)
  • 128-pin PQFP package (14mm x 20mm)

  • Ultra low power consumption typically 1.1 watt
  • Fully compliant with IEEE 802.3 10BASE-T, 100BASE-TX and 1000BASE-T specifications
  • Integrated PMD sublayer featuring adaptive equalization and baseline wander compensation according to ANSI X3.T12
  • 3.3V or 2.5V MAC interfaces:
  • IEEE 802.3u MII
  • IEEE 802.3z GMII
  • RGMII version 1.3
  • User programmable GMII pin ordering
  • IEEE 802.3u Auto-Negotiation and Parallel Detection
  • Fully Auto-Negotiates between 1000 Mb/s, 100 Mb/s, and 10 Mb/s full duplex and half duplex devices
  • Speed Fallback mode to achieve quality link
  • Cable length estimator
  • LED support for activity, full / half duplex, link1000, link100 and link10, user programmable (manual on/off), or reduced LED mode
  • Supports 25 MHz operation with crystal or oscillator.
  • Requires only two power supplies, 1.8V (core and analog) and 2.5V (analog and I/O). 3.3V is supported as an alternative supply for I/O voltage
  • User programable interrupt
  • Supports Auto-MDIX at 10, 100 and 1000 Mb/s
  • Supports JTAG (IEEE1149.1)
  • 128-pin PQFP package (14mm x 20mm)

The DP83865 is a fully featured Physical Layer transceiver with integrated PMD sublayers to support 10BASE-T, 100BASE-TX and 1000BASE-T Ethernet protocols.

The DP83865 is an ultra low power version of the DP83861 and DP83891. It uses advanced 0.18 um, 1.8 V CMOS technology, fabricated at National Semiconductors South Portland, Maine facility.

The DP83865 is designed for easy implementation of 10/100/1000 Mb/s Ethernet LANs. It interfaces directly to Twisted Pair media via an external transformer. This device interfaces directly to the MAC layer through the IEEE 802.3u Standard Media Independent Interface (MII), the IEEE 802.3z Gigabit Media Independent Interface (GMII), or Reduced GMII (RGMII).

The DP83865 is a fourth generation Gigabit PHY with field proven architecture and performance. Its robust performance ensures drop-in replacement of existing 10/100 Mbps equipment with ten to one hundred times the performance using the existing networking infrastructure.


The DP83865 is a fully featured Physical Layer transceiver with integrated PMD sublayers to support 10BASE-T, 100BASE-TX and 1000BASE-T Ethernet protocols.

The DP83865 is an ultra low power version of the DP83861 and DP83891. It uses advanced 0.18 um, 1.8 V CMOS technology, fabricated at National Semiconductors South Portland, Maine facility.

The DP83865 is designed for easy implementation of 10/100/1000 Mb/s Ethernet LANs. It interfaces directly to Twisted Pair media via an external transformer. This device interfaces directly to the MAC layer through the IEEE 802.3u Standard Media Independent Interface (MII), the IEEE 802.3z Gigabit Media Independent Interface (GMII), or Reduced GMII (RGMII).

The DP83865 is a fourth generation Gigabit PHY with field proven architecture and performance. Its robust performance ensures drop-in replacement of existing 10/100 Mbps equipment with ten to one hundred times the performance using the existing networking infrastructure.


ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
7 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート DP83865 Gig PHYTER V 10/100/1000 Ethernet Physical Layer データシート (Rev. B) 2007年 12月 11日
アプリケーション・ノート AN-1511 Cable Discharge Event (Rev. A) 2013年 4月 26日
アプリケーション・ノート DP83865 Gig PHYTER V 10/100/1000 Ethernet Physical Layer Design Guide (Rev. D) 2013年 4月 26日
アプリケーション・ノート DP83865/864 Gigabit Physical Layer Device Trouble Shooting Guide (Rev. A) 2013年 4月 26日
アプリケーション・ノート Dual Foot Print Layout Notes for DP83865 Gig PHYTER V & DP83847 DS PHYTER II (Rev. A) 2013年 4月 26日
アプリケーション・ノート PhyworkX Ethernet PHY Development Kit 2012年 2月 27日
アプリケーション・ノート Application Note 1511 Cable Discharge Event (jp) 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) 2006年 7月 6日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ドライバまたはライブラリ

ETHERNET-SW — イーサネット PHY の Linux ドライバとツール

The Linux drivers for Texas Instruments' Ethernet physical layer (PHY) transceivers support communication through the serial management interface (MDC/MDIO) to configure and read PHY registers.

The USB-2-MDIO software lets you directly access the registers during debug and (...)

サポート・ソフトウェア

Logic Vision Software Boundary Scan Cell

SNLC035.ZIP (0 KB)
シミュレーション・モデル

DP83865 BSDL Model DP83865 BSDL Model

シミュレーション・モデル

DP83865 IBIS Model DP83865 IBIS Model

シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

回路図

DP83865 Design Package DP83865 Design Package

CAD/CAE シンボル

DP83865 Orcad Symbols DP83865 Orcad Symbols

パッケージ ピン数 ダウンロード
QFP (NND) 128 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ