製品詳細

Rating Automotive Architecture Integrated FET Control topology Sensorless, Sinusoidal Control interface 1xPWM, Analog, Serial Vs (Min) (V) 6.2 Vs ABS (Max) (V) 45
Rating Automotive Architecture Integrated FET Control topology Sensorless, Sinusoidal Control interface 1xPWM, Analog, Serial Vs (Min) (V) 6.2 Vs ABS (Max) (V) 45
HTSSOP (PWP) 24 34 mm² 7.7 x 4.4
  • 車載アプリケーションに対応
  • 下記内容でAEC-Q100認定済み:
    • デバイス温度グレード1: 動作時周囲温度範囲-40°C~125°C
    • デバイスHBM ESD分類レベル1C
    • デバイスCDM ESD分類レベルC4A
  • 動作電圧範囲:
    • モータ動作: 6.2V~28V
    • レジスタ設定保存: 4.5V~45V
  • 最高45Vの負荷ダンプ電圧をサポート
  • 合計ドライバH + L rDS(on)
    • TA = 25℃で250mΩ
    • TA = 125℃で325mΩ
  • ドライバ電流: 連続巻線電流2A (ピーク3A)
  • EMI管理のため出力PWMスルー・レートと周波数を変更可能
  • センサレスの独自の逆起電力(BEMF)制御方式(ホール・センサ不要)
  • 連続正弦180°整流
  • 初期位置検出アルゴリズムによりスタートアップ時のバック・スピンを防止
  • 外部検出抵抗不要
  • 柔軟なユーザー・インターフェイス・オプション
    • I2Cインターフェイス: コマンドおよびフィードバックのためレジスタにアクセス
    • 専用SPEEDピン: アナログまたはPWM入力に対応
    • 専用FGピン: TACHフィードバックに使用
    • スピンアップ・プロファイルをEEPROMでカスタマイズ可能
    • DIRピンによる順方向-逆方向制御
  • 内蔵の降圧コンバータにより、内部および外部の回路に5Vおよび3.3V LDOを効率的に供給
  • スタンバイ・バージョンでの電源電流8.5mA (DRV10983SQ)
  • スリープ・バージョンでの電源電流48µA (DRV10983Q)
  • 保護機能
    • 過電流保護(位相から位相、位相からGND、位相からVCCへの短絡の保護)
    • ロック検出
    • 電圧サージ防止(AVS)保護
    • UVLO保護
    • サーマル・シャットダウン保護機能
  • 熱特性強化型パッケージ
  • 車載アプリケーションに対応
  • 下記内容でAEC-Q100認定済み:
    • デバイス温度グレード1: 動作時周囲温度範囲-40°C~125°C
    • デバイスHBM ESD分類レベル1C
    • デバイスCDM ESD分類レベルC4A
  • 動作電圧範囲:
    • モータ動作: 6.2V~28V
    • レジスタ設定保存: 4.5V~45V
  • 最高45Vの負荷ダンプ電圧をサポート
  • 合計ドライバH + L rDS(on)
    • TA = 25℃で250mΩ
    • TA = 125℃で325mΩ
  • ドライバ電流: 連続巻線電流2A (ピーク3A)
  • EMI管理のため出力PWMスルー・レートと周波数を変更可能
  • センサレスの独自の逆起電力(BEMF)制御方式(ホール・センサ不要)
  • 連続正弦180°整流
  • 初期位置検出アルゴリズムによりスタートアップ時のバック・スピンを防止
  • 外部検出抵抗不要
  • 柔軟なユーザー・インターフェイス・オプション
    • I2Cインターフェイス: コマンドおよびフィードバックのためレジスタにアクセス
    • 専用SPEEDピン: アナログまたはPWM入力に対応
    • 専用FGピン: TACHフィードバックに使用
    • スピンアップ・プロファイルをEEPROMでカスタマイズ可能
    • DIRピンによる順方向-逆方向制御
  • 内蔵の降圧コンバータにより、内部および外部の回路に5Vおよび3.3V LDOを効率的に供給
  • スタンバイ・バージョンでの電源電流8.5mA (DRV10983SQ)
  • スリープ・バージョンでの電源電流48µA (DRV10983Q)
  • 保護機能
    • 過電流保護(位相から位相、位相からGND、位相からVCCへの短絡の保護)
    • ロック検出
    • 電圧サージ防止(AVS)保護
    • UVLO保護
    • サーマル・シャットダウン保護機能
  • 熱特性強化型パッケージ

DRV10983-Q1デバイスは三相のセンサレス・モータ・ドライバで、パワーMOSFETが内蔵されており、最大2Aまでの連続駆動電流を供給できます。このデバイスはコストを重視し、低ノイズで、外付け部品数の少ないファンやポンプ用途向けに特化して設計されています。

DRV10983-Q1デバイスは最低4.5Vまでレジスタ設定を保持し、最低6.2Vの電源電圧でモータへ電流を供給します。電源電圧が28Vを超える場合、デバイスはモータの駆動を停止し、DRV10983-Q1の回路を保護します。この機能は、最高45Vまでの負荷ダンプ状況に対応できます。

  • デバイスのオプション:
  • DRV10983Q: スリープ・バージョン
  • DRV10983SQ: スタンバイ・バージョン

The DRV10983-Q1 device uses a proprietary sensorless control scheme to provide continuous sinusoidal drive, which significantly reduces the pure tone acoustics that typically occur as a result of commutation. The interface to the device is designed to be simple and flexible. The motor can be controlled directly through PWM, analog, or I2C inputs. Motor speed feedback is available through both the FG pin and the I2C interface simultaneously.

The DRV10983-Q1 device features an integrated buck regulator to step down the supply voltage efficiently to 5 V for powering both internal and external circuits. The 3.3-V LDO also may be used to provide power for external circuits. The device is available in either a sleep mode or a standby mode version to conserve power when the motor is not running. The standby mode (8.5 mA) version (DRV10983SQ) leaves the regulator running and the sleep mode (48 µA) version (DRV10983Q) shuts the regulator off. Use the standby mode version in applications where the regulator is used to power an external microcontroller. Throughout this data sheet, the DRV10983-Q1 part number is used for both devices i.e. DRV10983Q (sleep version) and DRV10983SQ (standby version), except for specific discussions of sleep vs standby functionality.

An I2C interface allows the user to reprogram specific motor parameters in registers and to program the EEPROM to help optimize the performance for a given application. The DRV10983-Q1 device is available in a thermally-efficient HTSSOP, 24-pin package with an exposed thermal pad. The operating ambient temperature is specified from –40°C to 125°C.

DRV10983-Q1デバイスは三相のセンサレス・モータ・ドライバで、パワーMOSFETが内蔵されており、最大2Aまでの連続駆動電流を供給できます。このデバイスはコストを重視し、低ノイズで、外付け部品数の少ないファンやポンプ用途向けに特化して設計されています。

DRV10983-Q1デバイスは最低4.5Vまでレジスタ設定を保持し、最低6.2Vの電源電圧でモータへ電流を供給します。電源電圧が28Vを超える場合、デバイスはモータの駆動を停止し、DRV10983-Q1の回路を保護します。この機能は、最高45Vまでの負荷ダンプ状況に対応できます。

  • デバイスのオプション:
  • DRV10983Q: スリープ・バージョン
  • DRV10983SQ: スタンバイ・バージョン

The DRV10983-Q1 device uses a proprietary sensorless control scheme to provide continuous sinusoidal drive, which significantly reduces the pure tone acoustics that typically occur as a result of commutation. The interface to the device is designed to be simple and flexible. The motor can be controlled directly through PWM, analog, or I2C inputs. Motor speed feedback is available through both the FG pin and the I2C interface simultaneously.

The DRV10983-Q1 device features an integrated buck regulator to step down the supply voltage efficiently to 5 V for powering both internal and external circuits. The 3.3-V LDO also may be used to provide power for external circuits. The device is available in either a sleep mode or a standby mode version to conserve power when the motor is not running. The standby mode (8.5 mA) version (DRV10983SQ) leaves the regulator running and the sleep mode (48 µA) version (DRV10983Q) shuts the regulator off. Use the standby mode version in applications where the regulator is used to power an external microcontroller. Throughout this data sheet, the DRV10983-Q1 part number is used for both devices i.e. DRV10983Q (sleep version) and DRV10983SQ (standby version), except for specific discussions of sleep vs standby functionality.

An I2C interface allows the user to reprogram specific motor parameters in registers and to program the EEPROM to help optimize the performance for a given application. The DRV10983-Q1 device is available in a thermally-efficient HTSSOP, 24-pin package with an exposed thermal pad. The operating ambient temperature is specified from –40°C to 125°C.

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
15 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート DRV10983-Q1 車載用三相センサレスBLDCモータ・ドライバ データシート PDF | HTML 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) PDF | HTML 2017年 8月 28日
技術記事 Understanding brushless-DC motor systems, part 2 2021年 10月 20日
技術記事 Understanding brushless-DC motor systems, part 1 2021年 10月 18日
アプリケーション・ノート モーター・ドライバ向け基板レイアウト事例 (Rev. B 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.B) PDF | HTML 2021年 10月 14日
その他の技術資料 TI Motor Drives Automotive Body Motors Webinar 2021年 7月 2日
技術記事 A basic brushless gate driver design – part 3: integrated vs. discrete half bridges 2020年 12月 16日
技術記事 How analog integration simplifies automotive body motor controller designs 2020年 10月 23日
ユーザー・ガイド DRV109xxEVM Quick Start Guide (Rev. C) 2018年 3月 7日
設計ガイド DRV10983/DRV10975/DRV10983-Q1/DRV10987 EEPROM プログラミング・ツールのリファレンス・デザイン (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2017年 12月 4日
EVM ユーザー ガイド (英語) DRV10983-Q1 Evaluation Module User's Guide (Rev. A) 2017年 11月 13日
ユーザー・ガイド User's Guide For The TIDA-01373 (Rev. A) 2017年 10月 10日
ユーザー・ガイド DRV10983-Q1 Tuning Guide 2017年 6月 26日
ユーザー・ガイド DRV10983 and DRV10975 Initial Position Detection (IPD) Tuning Guide (Rev. A) 2017年 5月 30日
アプリケーション・ノート How to Design a Thermally-Efficient Integrated BLDC Motor Drive PCB (Rev. A) 2017年 2月 5日
アプリケーション・ノート BQ32002 APIs FOR STELLARIS PDF | HTML 2012年 10月 9日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

DRV10983Q1EVM — DRV10983-Q1 evaluation board, 12-V, 24-V automotive three-phase, sensorless brushless DC mot

The DRV10983Q1EVM evaluation module (EVM) serves as a user-friendly evaluation kit to demonstrate TI's brushless motor driver, DRV10983-Q1. The EVM is a high-performance, power-efficient, cost-effective platform that speeds development for quicker time to market. DRV10983Q1EVM supports (...)
ユーザー・ガイド: PDF
TI.com で取り扱いなし
評価基板 (EVM) 向けの GUI

DRV109xx Software (Rev. A)

SLOC345A.ZIP (39698 KB)
lock = エクスポートの承認が必要 (1 分)
リファレンス・デザイン

TIDA-01496 — 速度レギュレーション機能付き、単層、12V、プログラマブル 3 相 BLDC モーター・ドライバのリファレンス・デザイン

このデザインは、DRV10983-Q1 モーター・ドライバと MSP430G2553 マイコン(MCU)を使用するセンサレス BLDC モーター正弦波駆動のリファレンス・デザインです。マイコンは速度制御の目的のみに使用し、DRV デバイスが複数の FET を内蔵したメイン・モーター・ドライバとしてモーターを駆動します。小型のモーター・モジュール向けで、特にファンに適しています。独自のセンサレス制御を採用する場合や、モーター・パラメータを調整して最終用途に性能を最適化する場合に役立ちます。
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-01373 — EEPROM プログラミング・ツールのリファレンス・デザイン

The TIDA-01373 is a reference hardware and software example of a scalable programming tool for the DRV10983, DRV10975, DRV10983-Q1, and DRV10987 integrated BLDC motor drivers. These devices feature configurable EEPROM registers that need to be set to motor-specific parameters. This reference (...)
ユーザー・ガイド: PDF
回路図: PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
HTSSOP (PWP) 24 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ