ホーム インターフェイス LVDS、M-LVDS、PECL の各 IC

DS90CP04

アクティブ

1.5Gbps、4 x 4 LVDS クロスポイント・スイッチ

製品詳細

Function Crosspoint Protocols CML, LVDS, LVPECL Number of transmitters 4 Number of receivers 4 Supply voltage (V) 2.5 Signaling rate (MBits) 1500 Input signal CML, LVDS, LVPECL Output signal LVDS Rating Catalog Operating temperature range (°C) -40 to 85
Function Crosspoint Protocols CML, LVDS, LVPECL Number of transmitters 4 Number of receivers 4 Supply voltage (V) 2.5 Signaling rate (MBits) 1500 Input signal CML, LVDS, LVPECL Output signal LVDS Rating Catalog Operating temperature range (°C) -40 to 85
WQFN (NJE) 32 36 mm² 6 x 6

  • DC - 1.5 Gbps low jitter, low skew operation
  • Pin and Serial Interface configurable, fully differential, non-blocking architecture
  • Wide Input Common Mode Voltage Range enables easy interface to LVDS/LVPECL/2.5V-CML drivers
  • TRI-STATE LVDS outputs
  • Serial Control Interface with read-back capability
  • Double register loading
  • Single +2.5V supply
  • Small 6x6 mm LLP-32 space saving package
  • Fabricated with advanced CMOS process technology

  • DC - 1.5 Gbps low jitter, low skew operation
  • Pin and Serial Interface configurable, fully differential, non-blocking architecture
  • Wide Input Common Mode Voltage Range enables easy interface to LVDS/LVPECL/2.5V-CML drivers
  • TRI-STATE LVDS outputs
  • Serial Control Interface with read-back capability
  • Double register loading
  • Single +2.5V supply
  • Small 6x6 mm LLP-32 space saving package
  • Fabricated with advanced CMOS process technology

  • DS90CP04 is a 4x4 digital cross-point switch with broadside input and output pins for efficient board layout. It utilizes Low Voltage Differential Swing (LVDS) technology for low power, high-speed operation. Data paths are fully differential from input to output for low noise. The non-blocking architecture allows connections of any input to any output or outputs. The switch matrix consists of four differential 4:1 multiplexes. Each output channel connects to one of the four inputs common to all multiplexers.

    A simple serial control interface or a configuration select port is activated by the state of the MODE pin. When utilizing the serial control interface a single load command will update the new switch configuration for all outputs simultaneously.


    DS90CP04 is a 4x4 digital cross-point switch with broadside input and output pins for efficient board layout. It utilizes Low Voltage Differential Swing (LVDS) technology for low power, high-speed operation. Data paths are fully differential from input to output for low noise. The non-blocking architecture allows connections of any input to any output or outputs. The switch matrix consists of four differential 4:1 multiplexes. Each output channel connects to one of the four inputs common to all multiplexers.

    A simple serial control interface or a configuration select port is activated by the state of the MODE pin. When utilizing the serial control interface a single load command will update the new switch configuration for all outputs simultaneously.


    ダウンロード 字幕付きのビデオを表示 ビデオ

    技術資料

    star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
    結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアしてから、再度検索を試してください。
    3 をすべて表示
    種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
    * データシート DS90CP04 1.5 Gbps 4x4 LVDS Crosspoint Switch (jp) データシート (Rev. H 翻訳版) 最新英語版 (Rev.I) PDF | HTML 2007年 12月 12日
    アプリケーション・ノート 2.5 Gbps LVDS 4 x 4 Crosspoint Switch 2003年 3月 6日
    ホワイト・ペーパー Eye Opening Enhancements extend the reach of high-speed Interfaces 2002年 10月 1日

    設計および開発

    その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページをご覧ください。

    シミュレーション・モデル

    DS90CP04 IBIS Model

    SNLM053.ZIP (20 KB) - IBIS Model
    シミュレーション・ツール

    PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

    PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

    設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
    シミュレーション・ツール

    TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

    TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

    TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

    TINA は DesignSoft (...)

    ユーザー ガイド: PDF
    英語版 (Rev.A): PDF
    パッケージ ピン数 CAD シンボル、フットプリント、および 3D モデル
    WQFN (NJE) 32 Ultra Librarian

    購入と品質

    記載されている情報:
    • RoHS
    • REACH
    • デバイスのマーキング
    • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
    • MSL 定格 / ピーク リフロー
    • MTBF/FIT 推定値
    • 使用原材料
    • 認定試験結果
    • 継続的な信頼性モニタ試験結果
    記載されている情報:
    • ファブの拠点
    • 組み立てを実施した拠点

    サポートとトレーニング

    TI E2E™ フォーラムでは、TI のエンジニアからの技術サポートを提供

    コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

    TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

    ビデオ