製品詳細

この情報を表示することができません。次の製品をご覧ください。   データシート .
DSBGA (YZR) 16 6 mm² 2 x 2
  • MIPI RFFE Interface Version 1.10 Compliant
  • Supports Output Expansion
  • Host Interface Address Select Pin:
    • ADR=GND, USID[3:0]=0001
    • ADR=VDD, USID[3:0]=1001
  • Pin-Configurable Initial State: VIO
    • CFG=GND, GPO High-z, with Weak Internal Pull-Down Resistor Enabled; GPO_OUT_DATA is Unmasked
    • CFG=VDD, GPO High-z, with Weak Internal Pull-Down Resistor Enabled; GPO_OUT_DATA is Masked
  • Three Sources for Chip Reset:
    • VIO Input Pin
    • POR
    • Software-Commanded Reset

Key Specifications

  • 1.8 ± 0.15V MIPI RFFE Operation (VIO)
  • 1.8 ± 0.15V Core Supply (VDD)
  • 1.65 to 3.6V GPO Supply (VDDIO)
  • Low Standby and Active Current
  • On-Chip Power-On Reset (POR)
  • −30 to +85°C Ambient Temperature Range
  • 16-Bump DSBGA Package
    • 1.965 mm x 1.965 mm x 0.6 mm, 0.5 mm Pitch (Nominal)

All trademarks are the property of their respective owners.

  • MIPI RFFE Interface Version 1.10 Compliant
  • Supports Output Expansion
  • Host Interface Address Select Pin:
    • ADR=GND, USID[3:0]=0001
    • ADR=VDD, USID[3:0]=1001
  • Pin-Configurable Initial State: VIO
    • CFG=GND, GPO High-z, with Weak Internal Pull-Down Resistor Enabled; GPO_OUT_DATA is Unmasked
    • CFG=VDD, GPO High-z, with Weak Internal Pull-Down Resistor Enabled; GPO_OUT_DATA is Masked
  • Three Sources for Chip Reset:
    • VIO Input Pin
    • POR
    • Software-Commanded Reset

Key Specifications

  • 1.8 ± 0.15V MIPI RFFE Operation (VIO)
  • 1.8 ± 0.15V Core Supply (VDD)
  • 1.65 to 3.6V GPO Supply (VDDIO)
  • Low Standby and Active Current
  • On-Chip Power-On Reset (POR)
  • −30 to +85°C Ambient Temperature Range
  • 16-Bump DSBGA Package
    • 1.965 mm x 1.965 mm x 0.6 mm, 0.5 mm Pitch (Nominal)

All trademarks are the property of their respective owners.

The LM8335 General Purpose Output Expander is a dedicated device to provide flexible and general purpose, host programmable output expansion functions. This device communicates with a host processor through a MIPI® RFFE Interface (Mobile Industry Processor Interface RF Front-End).

Eight general purpose outputs (GPO) can be configured by the host controller as drive high/low/high-z. Weak pull-ups (PU) or weak pull-downs (PD) can be enabled.

Upon power-on, the LM8335 default configuration is for all GPO to be set based on the state of the CFG pin.

After startup, any changes to the default configuration must be sent from the host via the MIPI RFFE host interface..

The LM8335 is available in a 16-bump lead-free DSBGA package of size 1.965 mm x 1.965 mm x 0.6 mm (0.5 mm pitch).

The LM8335 General Purpose Output Expander is a dedicated device to provide flexible and general purpose, host programmable output expansion functions. This device communicates with a host processor through a MIPI® RFFE Interface (Mobile Industry Processor Interface RF Front-End).

Eight general purpose outputs (GPO) can be configured by the host controller as drive high/low/high-z. Weak pull-ups (PU) or weak pull-downs (PD) can be enabled.

Upon power-on, the LM8335 default configuration is for all GPO to be set based on the state of the CFG pin.

After startup, any changes to the default configuration must be sent from the host via the MIPI RFFE host interface..

The LM8335 is available in a 16-bump lead-free DSBGA package of size 1.965 mm x 1.965 mm x 0.6 mm (0.5 mm pitch).

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
6 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LM8335 General-Purpose Output Expander with MIPI RFFE Host Interface データシート (Rev. B) 2013年 5月 2日
アプリケーション・ノート AR without a name PDF | HTML 2016年 9月 7日
アプリケーション・ノート Understanding the I2C Bus PDF | HTML 2015年 6月 30日
アプリケーション・ノート Maximum Allowed Frequency on I2C Bus Using Repeaters 2015年 5月 15日
アプリケーション・ノート I2C Bus Pull-Up Resistor Calculation PDF | HTML 2015年 2月 13日
ユーザー・ガイド LM8335 Evaluation Module (Rev. A) 2013年 5月 3日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

LM8335EVM — LM8335 汎用出力エクスパンダ、MIPI RFFE ホスト・インターフェイス評価モジュール・ボード付

General-Purpose Output Expander with MIPI RFFE Host Interface Evaluation Module - I2C IO Expander

The EVM operates from USB supplied power. This board supports USB to MIPI RFFE communication to support evaluation of the LM8335 MIPI RFFE to General Purpose Output (GPO) expansion.
ユーザー・ガイド: PDF
TI.com で取り扱いなし
評価基板 (EVM) 向けの GUI

LM8335EVM GUI Software

SNVC061.ZIP (2533 KB)
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

ユーザー・ガイド: PDF
英語版をダウンロード (Rev.A): PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
DSBGA (YZR) 16 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ