製品詳細

この情報を表示することができません。次の製品をご覧ください。   データシート .
SOIC (D) 8 19 mm² 4.9 x 3.9
  • Meets the Requirements of ISO11898-2
  • Turbo CAN:
    • Short and Symmetrical Propagation Delay
      Times and Fast Loop Times for Enhanced
      Timing Margin
    • Higher Data Rates in CAN Networks
  • I/O Voltage Range Supports 3.3-V and 5-V MCUs
  • Ideal Passive Behavior When Unpowered
    • Bus and Logic Pins are High Impedance (No
      Load)
    • Power Up and Power Down With Glitch-Free
      Operation on Bus
  • Protection Features
    • HBM ESD Protection Exceeds ±12 kV
    • Bus Fault Protection –27 V to 40 V
    • Undervoltage Protection on Supply Pins
    • Driver Dominant Time Out (TXD DTO)
    • SN65HVD257: Receiver-Dominant Time Out
      (RXD DTO)
    • SN65HVD257: FAULT Output Pin
    • Thermal Shutdown Protection
  • Characterized for –40°C to 125°C Operation
  • Meets the Requirements of ISO11898-2
  • Turbo CAN:
    • Short and Symmetrical Propagation Delay
      Times and Fast Loop Times for Enhanced
      Timing Margin
    • Higher Data Rates in CAN Networks
  • I/O Voltage Range Supports 3.3-V and 5-V MCUs
  • Ideal Passive Behavior When Unpowered
    • Bus and Logic Pins are High Impedance (No
      Load)
    • Power Up and Power Down With Glitch-Free
      Operation on Bus
  • Protection Features
    • HBM ESD Protection Exceeds ±12 kV
    • Bus Fault Protection –27 V to 40 V
    • Undervoltage Protection on Supply Pins
    • Driver Dominant Time Out (TXD DTO)
    • SN65HVD257: Receiver-Dominant Time Out
      (RXD DTO)
    • SN65HVD257: FAULT Output Pin
    • Thermal Shutdown Protection
  • Characterized for –40°C to 125°C Operation

This CAN transceiver meets the ISO1189-2 High Speed CAN (Controller Area Network) Physical Layer standard. It is designed for data rates in excess of 1 Mbps for CAN in short networks, and enhanced timing margin and higher data rates in long and highly-loaded networks. The device provides many protection features to enhance device and CAN-network robustness. The SN65HVD257 device adds additional features, allowing for easy design of redundant and multitopology networks with fault indication for higher levels of functional safety in the CAN system.

This CAN transceiver meets the ISO1189-2 High Speed CAN (Controller Area Network) Physical Layer standard. It is designed for data rates in excess of 1 Mbps for CAN in short networks, and enhanced timing margin and higher data rates in long and highly-loaded networks. The device provides many protection features to enhance device and CAN-network robustness. The SN65HVD257 device adds additional features, allowing for easy design of redundant and multitopology networks with fault indication for higher levels of functional safety in the CAN system.

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

比較対象デバイスと類似の機能。
ISO1050 アクティブ 絶縁型 5V CAN トランシーバ Isolated CAN

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
4 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート SN65HVD25x Turbo CAN Transceivers for Higher Data Rates and Large Networks Including Features for Functional Safety データシート (Rev. D) PDF | HTML 2015年 5月 9日
アプリケーション・ノート CAN and LIN transceiver low-power modes 2019年 2月 25日
技術記事 The need for even more speed: CAN FD 2014年 4月 11日
技術記事 The need for speed: Turbo-charged CAN 2013年 7月 30日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

シミュレーション・モデル

HVD255 IBIS Model (Rev. A)

SLLM163A.ZIP (38 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

ユーザー・ガイド: PDF
英語版をダウンロード (Rev.A): PDF
リファレンス・デザイン

PMP8740 — 2-kW industrial AC/DC battery charger reference design with 92% full-load efficiency

このリファレンス・デザインは、標準的な電源またはバッテリ・チャージャとして設定することができるモジュールを示します。62.5A の最大電流を供給する場合、出力電圧範囲は 0V ~ 32V です。このデザインは、4 枚の基板、つまり昇圧 PFC、位相シフト・フル・ブリッジ、(マイコンをホストする) 小型ドーター・ボード、3 個の LED と 4 個のプッシュ・ボタンを搭載したディスプレイ・ボードで構成されています。入力電圧範囲はユニバーサルであり、90VAC ~ 264VAC に対応しています。入力チャネルは 10Arms に制限されており、その結果、入力電力は 200VAC (...)
試験報告書: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-00380 — CAN から Wi-Fi へのゲートウェイ、リファレンス・デザイン

TIDA-00380 は CAN と Wi-Fi 間のゲートウェイ・リファレンス・デザインであり、Wi-Fi 接続を CAN ネットワークに追加する方法を提示します。このデザインを使用すると、Web ページ経由で CAN バス・トラフィックに簡単にアクセスできます。この接続を使用して、診断を行ったり、CAN バスを制御する機能を追加したりできます。このリファレンス・デザインには、設計ファイルとテスト結果が付属します。
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-00203 — 32 ビット ARM Cortex-M4F MCU を使用する小型 CAN - イーサネット・コンバータ、リファレンス・デザイン

This reference design demonstrates a small form-factor Controller Access Network (CAN)-to-Ethernet converter using the TM4C129XNCZAD 32-bit ARM® Cortex™-M4F MCU. Supporting 10/100 Base-T compliant with IEEE 802.3 standard, this reference design is useful for industrial drives (...)
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-00226 — 32 ビット ARM® Cortex™-M4F MCU をベースにした、小型フォーム・ファクタ・シリアル-イーサネット・コンバータ

Serial communications have been widely used in grid infrastructure equipments. But the limitation of transmission distance and bandwidth of serial communication leads to demand for a more flexible and high-speed method to meet modern smart grid network migration. Ethernet has been accepted as an (...)
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 8 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ