TLK105 は新規設計での使用を推奨しません。
この製品は、これまでにご購入されたお客様をサポートする目的のために提供しています。以下の代替品をご検討ください。
比較対象デバイスと類似の機能。
DP83822IF アクティブ ファイバ・サポート、16kV ESD に対処、低消費電力、高い信頼性、10/100Mbps イーサネット PHY トランシーバ SN75LVDS83B supports a wider PLL frequency range of 10-85MHz and the SN75LVDS83C supports a PLL frequency range of 10-135MHz.

製品詳細

この情報を表示することができません。次の製品をご覧ください。   データシート .
  • Low Power Consumption:
    • Single Supply: <205mW PHY, 275mW with
      Center Tap (Typical)
    • Dual Supplies: <126mW PHY, 200mW with
      Center Tap (Typical)
  • Programmable Power Back Off to reduce PHY
    power up to 20% in systems with shorter cables
  • Low deterministic latency supports IEEE1588
    implementation
  • Cable Diagnostics (TLK106)
  • Programmable Fast Link Down Modes, <10µs
    reaction time
  • Variable I/O voltage range: 3.3V, 2.5V, 1.8V
  • MAC Interface I/O voltage range:
    • MII I/O voltage range: 3.3V, 2.5V, 1.8V
    • RMII I/O voltage range: 3.3V, 2.5V
  • Fixed TX Clock to XI, with programmable phase
    shift
  • Auto-MDIX for 10/100Mbs
  • Energy Detection Mode
  • MII and RMII Capabilities
  • Serial Management Interface
  • IEEE 802.3u MII
  • IEEE 802.3u Auto-Negotiation and Parallel
    Detection
  • Error-Free 100Base-T Operation up to 150 Meters
    Under Typical Conditions
  • Error-Free 10Base-T Operation up to 300 Meters
    Under Typical Conditions
  • IEEE 802.3u ENDEC, 10Base-T
    Transceivers and Filters
  • IEEE 802.3u PCS, 100Base-TX Transceivers
  • Integrated ANSI X3.263 Compliant TP-PMD
    Physical Sublayer with Adaptive Equalization and
    Baseline Wander Compensation
  • Programmable LED Support Link, Activity
  • 10/100Mbs Packet BIST (Built in Self Test)
  • HBM ESD protection on RD± and TD± of 16kV
  • 32-pin QFN (5mm) × (5mm)
  • Low Power Consumption:
    • Single Supply: <205mW PHY, 275mW with
      Center Tap (Typical)
    • Dual Supplies: <126mW PHY, 200mW with
      Center Tap (Typical)
  • Programmable Power Back Off to reduce PHY
    power up to 20% in systems with shorter cables
  • Low deterministic latency supports IEEE1588
    implementation
  • Cable Diagnostics (TLK106)
  • Programmable Fast Link Down Modes, <10µs
    reaction time
  • Variable I/O voltage range: 3.3V, 2.5V, 1.8V
  • MAC Interface I/O voltage range:
    • MII I/O voltage range: 3.3V, 2.5V, 1.8V
    • RMII I/O voltage range: 3.3V, 2.5V
  • Fixed TX Clock to XI, with programmable phase
    shift
  • Auto-MDIX for 10/100Mbs
  • Energy Detection Mode
  • MII and RMII Capabilities
  • Serial Management Interface
  • IEEE 802.3u MII
  • IEEE 802.3u Auto-Negotiation and Parallel
    Detection
  • Error-Free 100Base-T Operation up to 150 Meters
    Under Typical Conditions
  • Error-Free 10Base-T Operation up to 300 Meters
    Under Typical Conditions
  • IEEE 802.3u ENDEC, 10Base-T
    Transceivers and Filters
  • IEEE 802.3u PCS, 100Base-TX Transceivers
  • Integrated ANSI X3.263 Compliant TP-PMD
    Physical Sublayer with Adaptive Equalization and
    Baseline Wander Compensation
  • Programmable LED Support Link, Activity
  • 10/100Mbs Packet BIST (Built in Self Test)
  • HBM ESD protection on RD± and TD± of 16kV
  • 32-pin QFN (5mm) × (5mm)

The TLK10x is a single-port Ethernet PHY for 10Base-T and 100Base TX signaling. This device integrates all the physical-layer functions needed to transmit and receive data on standard twisted-pair cables. The TLK10x supports the standard Media Independent Interface (MII) and Reduced Media Independent Interface (RMII) for direct connection to a Media Access Controller (MAC).

The TLK10x is designed for power-supply flexibility, and can operate with a single 3.3V power supply or with combinations of 3.3V and 1.55V power supplies for reduced power operation.

The TLK10x uses mixed-signal processing to perform equalization, data recovery, and error correction to achieve robust operation over CAT 5 twisted-pair wiring. This device not only meets the requirements of IEEE 802.3, but maintains high margins in terms of cross-talk and alien noise.

The TLK10x Ethernet PHY has a special Power Back Off mode to conserve power in systems with relatively short cables. This mode provides the flexibility to reduce system power when the system is not required to drive the standard IEEE 802.3 100m cable length, or the extended 150m, error-free cable reach of the TLK10x. For more detail, see application note SLLA328.

The TLK10x is a single-port Ethernet PHY for 10Base-T and 100Base TX signaling. This device integrates all the physical-layer functions needed to transmit and receive data on standard twisted-pair cables. The TLK10x supports the standard Media Independent Interface (MII) and Reduced Media Independent Interface (RMII) for direct connection to a Media Access Controller (MAC).

The TLK10x is designed for power-supply flexibility, and can operate with a single 3.3V power supply or with combinations of 3.3V and 1.55V power supplies for reduced power operation.

The TLK10x uses mixed-signal processing to perform equalization, data recovery, and error correction to achieve robust operation over CAT 5 twisted-pair wiring. This device not only meets the requirements of IEEE 802.3, but maintains high margins in terms of cross-talk and alien noise.

The TLK10x Ethernet PHY has a special Power Back Off mode to conserve power in systems with relatively short cables. This mode provides the flexibility to reduce system power when the system is not required to drive the standard IEEE 802.3 100m cable length, or the extended 150m, error-free cable reach of the TLK10x. For more detail, see application note SLLA328.

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
7 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TLK105 TLK106 Industrial Temp, Single Port 10/100Mbs Ethernet Physical Layer Transceiver データシート (Rev. C) PDF | HTML 2016年 4月 22日
技術記事 EtherCAT and C2000™ MCUs - real-time communications meets real-time control 2016年 9月 9日
EVM ユーザー ガイド (英語) TLK10xLCusSeldEVM User Guide 2014年 7月 2日
ユーザー・ガイド TLK110_Software_GUI_user_manual_rev_1.1.docx 2013年 8月 15日
アプリケーション・ノート Partial Radiated Emissions and Radiated Immunity Test Reports 2013年 1月 9日
アプリケーション・ノート TLK1XX Design & Layout Guide (Rev. A) 2012年 8月 15日
EVM ユーザー ガイド (英語) TLK105_6CUSEVM User Guide 2012年 8月 2日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

サンプル・コードまたはデモ

TLK110 Sample Code

SLLC430.ZIP (7276 KB)
ドライバまたはライブラリ

ETHERNET-SW — イーサネット PHY の Linux ドライバとツール

The Linux drivers for Texas Instruments' Ethernet physical layer (PHY) transceivers support communication through the serial management interface (MDC/MDIO) to configure and read PHY registers.

The USB-2-MDIO software lets you directly access the registers during debug and (...)

シミュレーション・モデル

TLK105 IBIS Model TLK105 IBIS Model

シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

リファレンス・デザイン

TIDEP0022 — ARM MPU、内蔵型 BiSS C マスター・インターフェイス付き

PRU-ICSS(産業用通信サブシステム用の BiSS C Master プロトコル)を実装。このリファレンス・デザインは、包括的な資料と、プログラマブル・リアルタイム・ユニット(PRU)用のソース・コードを提供します。
パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RHB) 32 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ