TPS22976

アクティブ

調整可能な立ち上がり時間と、オプションの出力放電機能搭載、2 チャネル、5.7V、6A、14mΩ のロード・スイッチ

製品詳細

Number of channels (#) 2 Vin (Min) (V) 0.6 Vin (Max) (V) 5.7 Imax (A) 6 Ron (Typ) (mOhm) 14 Shutdown current (ISD) (Typ) (uA) 0.005, 1.37 Quiescent current (Iq) (Typ) (uA) 37 Soft start Adjustable Rise Time Rise time (Typ) (us) 149 Current limit type None Features Quick output discharge, Thermal shutdown Operating temperature range (C) -40 to 105
Number of channels (#) 2 Vin (Min) (V) 0.6 Vin (Max) (V) 5.7 Imax (A) 6 Ron (Typ) (mOhm) 14 Shutdown current (ISD) (Typ) (uA) 0.005, 1.37 Quiescent current (Iq) (Typ) (uA) 37 Soft start Adjustable Rise Time Rise time (Typ) (us) 149 Current limit type None Features Quick output discharge, Thermal shutdown Operating temperature range (C) -40 to 105
WSON (DPU) 14 6 mm² 3 x 2
  • 統合型デュアル・チャネル負荷スイッチ
  • 入力電圧範囲:0.6V~VBIAS
  • VBIAS 電圧範囲:2.5V~5.7V
  • オン抵抗
    • RON = 14mΩ (標準値) (VIN = 0.6V~5V、VBIAS = 5V)
    • RON = 18mΩ (標準値) (VIN = 0.6V~2.5V、VBIAS = 2.5V)
  • チャネルごとに 6A の最大連続スイッチング電流
  • TPS22976、TPS22976N の静止電流
    • 37µA (標準値、両チャネル) (VIN = VBIAS = 5V)
    • 35µA (標準値、単一チャネル) (VIN = VBIAS = 5V)
  • TPS22976A の静止電流
    • 85µA (標準値、両チャネル) (VIN = VBIAS = 5V)
    • 83µA (標準値、単一チャネル) (VIN = VBIAS = 5V)
  • 制御入力しきい値により、 1.2、1.8、2.5、3.3V ロジックを使用可能
  • 立ち上がり時間を設定可能
  • 高速ターンオン時間 (TPS22976A)
    • tON = 17µs (VIN = 1.05V 時)
  • サーマル・シャットダウン
  • クイック出力放電 (QOD) (オプション)
  • サーマル・パッド付き SON 14 ピン・パッケージ
  • ESD 性能をテスト済み (JESD 22)
    • HBM 2kV、CDM 1kV
  • 統合型デュアル・チャネル負荷スイッチ
  • 入力電圧範囲:0.6V~VBIAS
  • VBIAS 電圧範囲:2.5V~5.7V
  • オン抵抗
    • RON = 14mΩ (標準値) (VIN = 0.6V~5V、VBIAS = 5V)
    • RON = 18mΩ (標準値) (VIN = 0.6V~2.5V、VBIAS = 2.5V)
  • チャネルごとに 6A の最大連続スイッチング電流
  • TPS22976、TPS22976N の静止電流
    • 37µA (標準値、両チャネル) (VIN = VBIAS = 5V)
    • 35µA (標準値、単一チャネル) (VIN = VBIAS = 5V)
  • TPS22976A の静止電流
    • 85µA (標準値、両チャネル) (VIN = VBIAS = 5V)
    • 83µA (標準値、単一チャネル) (VIN = VBIAS = 5V)
  • 制御入力しきい値により、 1.2、1.8、2.5、3.3V ロジックを使用可能
  • 立ち上がり時間を設定可能
  • 高速ターンオン時間 (TPS22976A)
    • tON = 17µs (VIN = 1.05V 時)
  • サーマル・シャットダウン
  • クイック出力放電 (QOD) (オプション)
  • サーマル・パッド付き SON 14 ピン・パッケージ
  • ESD 性能をテスト済み (JESD 22)
    • HBM 2kV、CDM 1kV

TPS22976 製品ファミリは 3 つのデバイス (TPS22976、TPS22976A、TPS22976N) から成ります。各デバイスは、ターンオン制御付きのデュアル・チャネル負荷スイッチです。入力電圧範囲 0.6V~5.7V で動作する 2 つの N チャネル MOSFET を備えており、各チャネル最大 6A の連続電流をサポートできます。各スイッチは、低電圧制御信号と直接インターフェイス可能なオン入力とオフ入力 (ON1 および ON2) により独立して制御されます。TPS22976 は接合部温度がしきい値を超えたときにサーマル・シャットダウンでスイッチを切断できます。接合部温度が安全範囲で安定化すると、スイッチが再びオンになります。TPS22976 はオプションで、スイッチがオフのときにクイック出力放電を行えるよう、230Ω のオンチップ負荷抵抗を内蔵できます。

TPS22976 は、高電力に対応可能なサーマル・パッド付きの小型で省スペースな 3mm × 2mm 14-SON パッケージ (DPU) で供給され、周囲温度 –40℃~105℃での動作が規定されています。

TPS22976 製品ファミリは 3 つのデバイス (TPS22976、TPS22976A、TPS22976N) から成ります。各デバイスは、ターンオン制御付きのデュアル・チャネル負荷スイッチです。入力電圧範囲 0.6V~5.7V で動作する 2 つの N チャネル MOSFET を備えており、各チャネル最大 6A の連続電流をサポートできます。各スイッチは、低電圧制御信号と直接インターフェイス可能なオン入力とオフ入力 (ON1 および ON2) により独立して制御されます。TPS22976 は接合部温度がしきい値を超えたときにサーマル・シャットダウンでスイッチを切断できます。接合部温度が安全範囲で安定化すると、スイッチが再びオンになります。TPS22976 はオプションで、スイッチがオフのときにクイック出力放電を行えるよう、230Ω のオンチップ負荷抵抗を内蔵できます。

TPS22976 は、高電力に対応可能なサーマル・パッド付きの小型で省スペースな 3mm × 2mm 14-SON パッケージ (DPU) で供給され、周囲温度 –40℃~105℃での動作が規定されています。

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
18 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TPS22976 5.7V、6A、14mΩ オン抵抗、デュアル・チャネル負荷スイッチ データシート (Rev. C 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.C) PDF | HTML 2021年 10月 19日
技術記事 How innovative packaging can drive higher power density in load switches 2022年 2月 23日
e-Book(PDF) 11 Ways to Protect Your Power Path(英語) 英語版をダウンロード 2020年 10月 30日
証明書 TPS22976AEVM EU Declaration of Conformity (DoC) 2020年 9月 10日
アプリケーション・ノート Making the Switch to an Integrated Load Switch 2019年 6月 11日
アプリケーション・ノート Integrated Load Switches Versus Discrete MOSFETs (Rev. A) 2019年 5月 6日
アプリケーション・ノート Load Switch Thermal Considerations (Rev. A) 2018年 10月 11日
アプリケーション・ノート All Load Switch products (Rev. A) 2018年 9月 5日
技術記事 How can a load switch extend your device’s battery life? 2018年 3月 20日
技術記事 How and why you should use load switches for power sequencing 2018年 2月 6日
技術記事 How to use load switches and eFuses in your set-top box design 2017年 11月 23日
アプリケーション・ノート TPS22966 Dual Channel Load Switch in Parallel Configuration (Rev. B) 2017年 5月 26日
アプリケーション・ノート Selecting a Load Switch to Replace a Discrete Solution 2017年 4月 30日
アプリケーション・ノート Load Switches 2017年 4月 27日
アプリケーション・ノート Basics of RON in Load Switches 2016年 6月 9日
EVM ユーザー ガイド (英語) TPS22976 Evaluation Module 2016年 4月 13日
アプリケーション・ノート Quiescent Current vs Shutdown Current for Load Switches 2016年 3月 30日
アプリケーション・ノート Managing Inrush Current (Rev. A) 2015年 5月 28日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

TPS22976AEVM — TPS22976A dual-channel load switch evaluation module

TPS22976AEVM 評価基板 (EVM) は、TPS22976A ロード・スイッチの評価を目的とする、包括的な組み立てとテストを実施済みの回路です。この EVM を使用すると、さまざまな負荷条件 (0A ~ 6A) の下で、TPS22976A にさまざまな入力電圧 (0.6V ~ 5.7V) を印加できます。この EVM で、出力、入力、スイッチングの各波形を監視できます。
TI.com で取り扱いなし
評価ボード

TPS22976EVM — TPS22976 5.7V、6A、14mΩ オン抵抗デュアル・チャネル・ロード・スイッチの評価モジュール

TPS22976 評価基板 (EVM) は、TPS22976 ロード・スイッチの評価を目的とする、包括的な組み立てとテスト実施済みの回路です。この評価基板を使用すると、さまざまな負荷条件 (0A ~ 6A) の下で、TPS22976 にさまざまな入力電圧 (0.6V ~ 5.7V) を印加できます。オン抵抗、立ち上がり時間、出力プルダウン抵抗のような各種パラメータを、容易かつ高精度に評価できます。

TI.com で取り扱いなし
シミュレーション・モデル

TPS22976N Unencrypted PSpice Transient Model Package (Rev. A) TPS22976N Unencrypted PSpice Transient Model Package (Rev. A)

シミュレーション・モデル

TPS22976 Unencrypted PSpice Transient Model Package (Rev. A) TPS22976 Unencrypted PSpice Transient Model Package (Rev. A)

シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-050028 — TIDA-050028

TIDA-050028 リファレンス・デザインは、SSD モジュールのフロント・エンド保護機能を実現し、3.3V、1.8V、および 1.5V という標準的な各レールに対応するフル機能の電源ツリーを提示します。このデザインはサイズが最適化されており、適切な IC 保護デバイス、負荷スイッチ、DC/DC コンバータを選択するために役立ちます。
リファレンス・デザイン

TIDA-01579 — 画像処理アプリケーション向け、高効率、低出力リップル電源のリファレンス・デザイン

The point-of-load power-tree on video surveillance systems is optimized with this reference design. This reference design has a high performance on key parameters such as output voltage accuracy, voltage ripple, and thermal dissipation. This high performance is possible with a small board area and (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-01451 — セット・トップ・ボックス向けパワー・スイッチングのリファレンス・デザイン

TIDA-01451 リファレンス・デザインの機能は、セット・トップ・ボックスのパワー・ディストリビューション (配電) をエミュレートすることです。複数の内蔵ロード・スイッチを使用して複数の電源レールを制御し、ユーザーのニーズと希望に応じて各レールをオンまたはオフに切り替えることができます。使用していないレールをオフに切り替えることで、電力損失を低減し、Energy Star などエネルギー規制の準拠対象となる各種規格に適合しやすくなります。入力側に配置してある 1 個の eFuse は、ホット・プラグ時の過渡を制御し、過度に高い、または過度に低い入力電圧からダウンストリーム (下流) の (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
WSON (DPU) 14 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ