TUSB2046B

アクティブ

4 ポート、USB 2.0、12Mbps、USB フルスピード・ハブ

製品詳細

Function USB2 USB speed (Mbps) 12 Supply voltage (V) 3.3 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85, 0 to 70
Function USB2 USB speed (Mbps) 12 Supply voltage (V) 3.3 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85, 0 to 70
LQFP (VF) 32 49 mm² 7 x 7 VQFN (RHB) 32 25 mm² 5.0 x 5.0
  • Fully Compliant With the USB Specification as a Full-Speed Hub: TID #30220231
  • 32-Pin LQFP (1) Package With a 0.8-mm Terminal Pitch or QFN Package With a 0.5-mm Pin Pitch
  • 3.3-V Low-Power ASIC Logic
  • Integrated USB Transceivers
  • State Machine Implementation Requires No Firmware Programming
  • One Upstream Port and Four Downstream Ports
  • All Downstream Ports Support Full-Speed and Low-Speed Operations
  • Two Power Source Modes
    • Self-Powered Mode
    • Bus-Powered Mode
  • Power Switching and Overcurrent Reporting Is Provided Ganged or Per Port
  • Supports Suspend and Resume Operations
  • Supports Programmable Vendor ID and Product ID With External Serial EEPROM
  • 3-State EEPROM Interface Allows EEPROM Sharing
  • Push-Pull Outputs for PWRON Eliminate the Need for External Pullup Resistors
  • Noise Filtering on OVRCUR Provides Immunity to Voltage Spikes
  • Package Pinout Allows 2-Layer PCB
  • Low EMI Emission Achieved by a 6-MHz Crystal Input
  • Migrated From Proven TUSB2040 Hub
  • Lower Cost Than the TUSB2040 Hub
  • Enhanced System ESD Performance
  • No Special Driver Requirements; Works Seamlessly With Any Operating System With USB Stack Support
  • Supports 6-MHz Operation Through a Crystal Input or a 48-MHz Input Clock

(1)JEDEC descriptor S-PQFP-G for low-profile quad flatpack (LQFP).

  • Fully Compliant With the USB Specification as a Full-Speed Hub: TID #30220231
  • 32-Pin LQFP (1) Package With a 0.8-mm Terminal Pitch or QFN Package With a 0.5-mm Pin Pitch
  • 3.3-V Low-Power ASIC Logic
  • Integrated USB Transceivers
  • State Machine Implementation Requires No Firmware Programming
  • One Upstream Port and Four Downstream Ports
  • All Downstream Ports Support Full-Speed and Low-Speed Operations
  • Two Power Source Modes
    • Self-Powered Mode
    • Bus-Powered Mode
  • Power Switching and Overcurrent Reporting Is Provided Ganged or Per Port
  • Supports Suspend and Resume Operations
  • Supports Programmable Vendor ID and Product ID With External Serial EEPROM
  • 3-State EEPROM Interface Allows EEPROM Sharing
  • Push-Pull Outputs for PWRON Eliminate the Need for External Pullup Resistors
  • Noise Filtering on OVRCUR Provides Immunity to Voltage Spikes
  • Package Pinout Allows 2-Layer PCB
  • Low EMI Emission Achieved by a 6-MHz Crystal Input
  • Migrated From Proven TUSB2040 Hub
  • Lower Cost Than the TUSB2040 Hub
  • Enhanced System ESD Performance
  • No Special Driver Requirements; Works Seamlessly With Any Operating System With USB Stack Support
  • Supports 6-MHz Operation Through a Crystal Input or a 48-MHz Input Clock

(1)JEDEC descriptor S-PQFP-G for low-profile quad flatpack (LQFP).

The TUSB2046x is a 3.3-V CMOS hub device that provides one upstream port and four downstream ports in compliance with the Universal Serial Bus (USB) specification as a full-speed hub. Because this device is implemented with a digital state machine instead of a microcontroller, no firmware
programming is required. Fully compliant USB transceivers are integrated into the ASIC for all upstream and downstream ports. The downstream ports support full-speed and low-speed devices by automatically setting the slew rate according to the speed of the device attached to the ports. The configuration of the BUSPWR pin selects either the bus-powered or the self-powered mode.

Configuring the GANGED input determines the power switching and overcurrent detection modes for the downstream ports. If GANGED is high, all PWRON outputs switch together and if any OVRCUR is activated, all ports transition to the power-off state. If GANGED is low, the PWRON outputs and OVRCUR inputs operate on a per-port basis.

The TUSB2046x provides the flexibility of using a 6-MHz or a 48-MHz clock. The logic level of the TSTMODE terminal controls the selection of the clock source. When TSTMODE is low, the output of the internal APLL circuitry is selected to drive the internal core of the device. When TSTMODE is high, the TSTPLL/48MCLK input is selected as the input clock source and the APLL circuitry is powered down and bypassed. The internal oscillator cell is also powered down while TSTMODE is high. Low EMI emission is achieved because the TUSB2046x can usee a 6-MHz crystal input. Connect the crystal as shown in Figure 6. An internal PLL then generates the 48-MHz clock used to sample data from the upstream port and to synchronize the 12 MHz used for the USB clock. If low-power suspend and resume are desired, a passive crystal or resonator must be used. However, a 6-MHz oscillator may be used by connecting the output to the XTAL1 pin and leaving the XTAL2 pin open. The oscillator TTL output must not exceed 3.6 V.

For 48-MHz operation, the clock cannot be generated with a crystal using the XTAL2 output because the internal oscillator cell supports only the fundamental frequency. Other useful features of the TUSB2046x include a package with a 0.8-mm pin pitch for easy PCB routing and assembly, push-pull outputs for the PWRON pins eliminate the need for pullup resistors required by traditional open-collector I/Os, and OVRCUR pins have noise filtering for increased immunity to voltage spikes.

The TUSB2046x is a 3.3-V CMOS hub device that provides one upstream port and four downstream ports in compliance with the Universal Serial Bus (USB) specification as a full-speed hub. Because this device is implemented with a digital state machine instead of a microcontroller, no firmware
programming is required. Fully compliant USB transceivers are integrated into the ASIC for all upstream and downstream ports. The downstream ports support full-speed and low-speed devices by automatically setting the slew rate according to the speed of the device attached to the ports. The configuration of the BUSPWR pin selects either the bus-powered or the self-powered mode.

Configuring the GANGED input determines the power switching and overcurrent detection modes for the downstream ports. If GANGED is high, all PWRON outputs switch together and if any OVRCUR is activated, all ports transition to the power-off state. If GANGED is low, the PWRON outputs and OVRCUR inputs operate on a per-port basis.

The TUSB2046x provides the flexibility of using a 6-MHz or a 48-MHz clock. The logic level of the TSTMODE terminal controls the selection of the clock source. When TSTMODE is low, the output of the internal APLL circuitry is selected to drive the internal core of the device. When TSTMODE is high, the TSTPLL/48MCLK input is selected as the input clock source and the APLL circuitry is powered down and bypassed. The internal oscillator cell is also powered down while TSTMODE is high. Low EMI emission is achieved because the TUSB2046x can usee a 6-MHz crystal input. Connect the crystal as shown in Figure 6. An internal PLL then generates the 48-MHz clock used to sample data from the upstream port and to synchronize the 12 MHz used for the USB clock. If low-power suspend and resume are desired, a passive crystal or resonator must be used. However, a 6-MHz oscillator may be used by connecting the output to the XTAL1 pin and leaving the XTAL2 pin open. The oscillator TTL output must not exceed 3.6 V.

For 48-MHz operation, the clock cannot be generated with a crystal using the XTAL2 output because the internal oscillator cell supports only the fundamental frequency. Other useful features of the TUSB2046x include a package with a 0.8-mm pin pitch for easy PCB routing and assembly, push-pull outputs for the PWRON pins eliminate the need for pullup resistors required by traditional open-collector I/Os, and OVRCUR pins have noise filtering for increased immunity to voltage spikes.

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
4 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TUSB2046x 4-Port Hub for the Universal Serial Bus With Optional Serial EEPROM Interface データシート (Rev. L) 2017年 6月 28日
* エラッタ TUSB2046B Errata 2006年 10月 3日
アプリケーション・ノート TUSB2046B Schematic Checklist 2018年 8月 13日
アプリケーション・ノート USB 1.1 / USB 2.0 Hub FAQ 2011年 3月 4日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

DP83TC811EVM — DP83TC811 100BASE-T1 から 100BASE-TX への車載イーサネット PHY メディア・コンバータの評価モジュール

The DP83TC811EVM is IEEE 802.3bw compliant, supporting 100BASE-T1. The DP83TC811R and DP83822H are configured in RGMII back-to-back, allowing a seamless media conversion from 100BASE-T1 to 100BASE-TX. This design has been tested and validated at UNH for 100BASE-T1 compliance.

The DP83TC811EVM (...)

評価ボード

EVM430-FR6043 — MSP430FR6043 超音波センシングの評価モジュール

EVM430-FR6043 評価キットはスマート・ガス・メーターなどの超音波センシング・アプリケーション向けに MSP430FR6043 の性能を評価するための開発プラットフォームです。MSP430FR6043 マイコンは、高精度で正確な超音波測定向けの超音波センシング(USS)アナログ・フロント・エンドを統合した超低消費電力マイコンです。また、最適なシグナル・プロセッシングのための低消費電力アクセラレータ(LEA)も搭載しており、消費電力の最適化によりバッテリ駆動時間の延長を可能にします。このキットは周波数の異なるさまざまなトランスデューサと MSP430FR6043 (...)
評価ボード

EVM430-FR6047 — MSP430FR6047 超音波センシングの評価基板

ステップ 1:EVM を購入
ステップ 2:クイック・スタート・ガイドをダウンロード
ステップ 3:水道メーター向けソフトウェアをダウンロード
ステップ 4:TI Design リファレンス・デザイン TIDM-1019 を参照

EVM430-FR6047 評価キットはスマート水道メーターなどの超音波センシング・アプリケーション向けに MSP430FR6047 マイコンの性能を評価するための開発プラットフォームです。MSP430FR6047 (...)

評価ボード

EVM430-FR6989 — 拡張スキャン・インターフェイス (ESI) 対応、水道メーター向けの超低消費電力 MSP430FR6989 評価基板

EVM430-FR6989 リファレンス・ボードを使用すると、超低消費電力の MSP430FRx FRAM マイコン・ファミリを活用して、水道、ガス、熱量の各メーター向け流量メーターの設計と開発を進めることができます。EVM430-FR6989 (水道メーターのリファレンス・デザイン) キットは、MSP430FR698x マイコン・ファミリ向けの使いやすい評価基板です。プログラミングとデバッグを行うためのオンボード・エミュレーションなど、MSP430 マイコン (MCU) をベースとする MSP430FR698x (...)

評価ボード

TPS2071EVM-159 — TPS207x 評価モジュール

  • Bus-powered input voltage range (BP), 0 to 100 mA/port, 4.75 V min to 5.25 V max
  • Self-power input voltage range (SP), 0 to 500 mA/port, 4.85 V min to 5.15 V max
  • Downstream output voltage range in bus-powered mode, 0 to 100 mA/port, 4.4 V min to 5.25 V max
  • Downstream output voltage range in (...)
開発キット

MSP-EXP430F5529LP — MSP430F5529 USB LaunchPad 開発キット

USB 搭載MSP430ローンチパッドMSP-EXP430F5529LP ローンチパッド(または「F5529ローンチパッド」)は、MSP430F5529 USB マイコンをベースにした安価でシンプルな評価モジュールです。このローンチパッドには、プログラミングおよびデバッグ用のオンボード・エミュレーションが搭載され、ボタンや LED を備えたシンプルなユーザー・インターフェイスを利用できるため、MSP430 での開発を簡単に始めることができます。

40 (...)

ハードウェア・プログラミング・ツール

CAPTIVATE-PGMR — MSP430 CapTIvate マイコン (MCU) プログラマ

MSP430 CapTIvate マイコン・プログラマは静電容量性タッチ技術を採用した MSP430FR2633 マイコンの評価のために、スタンドアロンとして、あるいは包括的で使いやすいプラットフォームである MSP CapTIvate™ マイコン開発キットの一部として使用できます。  このプログラマ / デバッガ・ボードは BOOSTXL-CAPKEYPAD BoosterPack™ モジュールや、CAPTIVATE-METAL 静電容量性タッチ・スルー・メタル・アドオン・ボードと組み合わせて使用することもできます。  プログラマは (...)
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

リファレンス・デザイン

TIDM-3LC-METER-CONV — 拡張スキャン・インターフェイス(ESI)を使用する、3 個の LC センサ用水量計リファレンス・デザイン

One of the challenges in battery operated water meters is to continuously measure the water flow information while consuming as little energy as possible. The EVM430-FR6989 used in this design features a MSP430 FRAM-based microcontroller with 100uA/MHz active-mode current, 450nA standby-mode (...)
リファレンス・デザイン

TIDM-LC-WATERMTR — 拡張スキャン・インターフェイス(ESI)を使用する、2 個の LC センサ用水量計リファレンス・デザイン

One of the challenges in battery operated water meters is to continuously measure the water flow information while consuming as little energy as possible. The EVM430-FR6989 used in this design features a MSP430 FRAM-based microcontroller with 100uA/MHz active-mode current, 450nA standby-mode (...)
リファレンス・デザイン

TIDM-FLOWESI-ETRACE — コード生成および最適化、FlowESI GUI および EnergyTrace 付き

このリファレンス・デザインは、FlowESI GUI と EnergyTrace 技術の使用方法を強調し、EVM430-FR6989 での超低消費電力アプリケーションの設計および最適化をサポートします。

バッテリ動作アプリケーションを設計する場合、システムの動作時間延長の重要な要因になるのは超低消費電力です。長期間動作する設計は、供給されるエネルギーを浪費してはなりません。適切な低消費電力のハードウェア部品を選択した場合でも、ファームウェアも消費電力の削減に
大きな役割を果たします。

リファレンス・デザイン

TIDM-OPTICALWATERMTR — 拡張スキャン・インターフェイス(ESI)を使用する、光学センサ用水量計リファレンス・デザイン

One of the challenges in battery operated water meters is to continuously measure the water flow information while consuming as little energy as possible. The EVM430-FR6989 used in this design features a MSP430 FRAM-based microcontroller with 100uA/MHz active-mode current, 450nA standby-mode (...)
リファレンス・デザイン

TIDM-GMR-WATERMTR — 拡張スキャン・インターフェイス(ESI)を使用する、GMR センサ用水量計リファレンス・デザイン

One of the challenges in battery operated water meters is to continuously measure the water flow information while consuming as little energy as possible. The EVM430-FR6989 used in this design features a MSP430 FRAM-based microcontroller with 100uA/MHz active-mode current, 450nA standby-mode (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
LQFP (VF) 32 オプションの表示
VQFN (RHB) 32 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ