製品詳細

Function Clock generator Number of outputs 4 Output frequency (Max) (MHz) 350 Core supply voltage (V) 1.8, 2.5, 3.3 Output supply voltage (V) 1.8, 2.5, 3.3 Input type XTAL, LVCMOS, Differential Output type LVCMOS, LVDS, LVPECL, HCSL Operating temperature range (C) -40 to 85 Features I2C, Pin programmable, Integrated EEPROM, Serial interface Rating Catalog
Function Clock generator Number of outputs 4 Output frequency (Max) (MHz) 350 Core supply voltage (V) 1.8, 2.5, 3.3 Output supply voltage (V) 1.8, 2.5, 3.3 Input type XTAL, LVCMOS, Differential Output type LVCMOS, LVDS, LVPECL, HCSL Operating temperature range (C) -40 to 85 Features I2C, Pin programmable, Integrated EEPROM, Serial interface Rating Catalog
VQFN (RGE) 24 16 mm² 4 x 4
  • 1つの構成可能な高性能、低消費電力PLLと、4つのプログラム可能出力
  • RMSジッタ性能
    • SSC なしで PCIe Gen1、Gen2、Gen3、Gen4 をサポート
  • 標準消費電力: 1.8Vで150mW(2)
  • ユニバーサル・クロック入力
    • 差動AC結合またはLVCMOS: 1MHz~250MHz
    • 水晶振動子: 8MHz~50MHz
  • 柔軟な出力周波数
    • 44.1kHz~350MHz
    • グリッチなしの出力分周器スイッチング
  • 4つの出力を独立に構成可能
    • LVCMOS、LVDS、HCSL
    • スイングをプログラム可能な差動AC結合(LVDS、CML、LVPECL互換)
  • PLLを完全に統合、ループ帯域幅を構成可能: 100kHz~3MHz
  • シングルまたはミクスト電源動作によるレベル変換: 1.8V、2.5V、3.3V
  • GPIOを構成可能
    • ステータス信号
    • 最大4つの個別の出力イネーブル
    • 出力分周器の同期
  • 柔軟な構成オプション
    • I2C互換インターフェイス: 最大400kHz
    • 2つのページおよび外部選択ピンを持つ内蔵EEPROM
  • 100Ωのシステムのみをサポート
  • 工業用温度範囲:-40ºC~85ºC
  • 小さな占有面積:24 ピン VQFN (4mm × 4mm)
  • 1つの構成可能な高性能、低消費電力PLLと、4つのプログラム可能出力
  • RMSジッタ性能
    • SSC なしで PCIe Gen1、Gen2、Gen3、Gen4 をサポート
  • 標準消費電力: 1.8Vで150mW(2)
  • ユニバーサル・クロック入力
    • 差動AC結合またはLVCMOS: 1MHz~250MHz
    • 水晶振動子: 8MHz~50MHz
  • 柔軟な出力周波数
    • 44.1kHz~350MHz
    • グリッチなしの出力分周器スイッチング
  • 4つの出力を独立に構成可能
    • LVCMOS、LVDS、HCSL
    • スイングをプログラム可能な差動AC結合(LVDS、CML、LVPECL互換)
  • PLLを完全に統合、ループ帯域幅を構成可能: 100kHz~3MHz
  • シングルまたはミクスト電源動作によるレベル変換: 1.8V、2.5V、3.3V
  • GPIOを構成可能
    • ステータス信号
    • 最大4つの個別の出力イネーブル
    • 出力分周器の同期
  • 柔軟な構成オプション
    • I2C互換インターフェイス: 最大400kHz
    • 2つのページおよび外部選択ピンを持つ内蔵EEPROM
  • 100Ωのシステムのみをサポート
  • 工業用温度範囲:-40ºC~85ºC
  • 小さな占有面積:24 ピン VQFN (4mm × 4mm)

CDCI6214 デバイスは、超低消費電力のクロック・ジェネレータです。このデバイスは位相ロック・ループに対して2つの独立した基準入力を選択でき、構成可能な差動出力チャネルに最大4つの異なる周波数を生成でき、基準クロックをLVCMOS出力チャネルにコピーすることもできます。

4 つの出力チャネルには、それぞれに構成可能な整数分周器があります。これにより、出力多重化と合わせて最大5つの異なる周波数が得られます。クロック分配分周器は決定論的な方法でリセットされるため、クリーンなクロック・ゲート処理とグリッチのない更新能力が得られます。柔軟なパワーダウン・オプションにより、デバイスの消費電力がアクティブとスタンバイの両方の動作で最小になるよう、最適化できます。4 つの 156.25MHz LVDS 出力は、1.8V で 150mW (標準値) を消費します。100MHz HCSL 出力の RMS ジッタはわずか 386fs (標準値) であるため、PCIe アプリケーションのシステム・マージンを拡張できます。

CDCI6214 は、I2C 互換シリアル・インターフェイスからアクセスできる内部レジスタと内蔵 EEPROM を使用して構成できます。

CDCI6214 を使用すると、非常に低い消費電力と小さなフットプリントで、単一の基準クロックで動作する高性能クロック・ツリーを実現できます。EEPROM は工場出荷時またはユーザー使用時にプログラムできるため、CDCI6214 は、すぐに使用できる低消費電力クロック供給ソリューションとして理想的です。

CDCI6214 デバイスは、超低消費電力のクロック・ジェネレータです。このデバイスは位相ロック・ループに対して2つの独立した基準入力を選択でき、構成可能な差動出力チャネルに最大4つの異なる周波数を生成でき、基準クロックをLVCMOS出力チャネルにコピーすることもできます。

4 つの出力チャネルには、それぞれに構成可能な整数分周器があります。これにより、出力多重化と合わせて最大5つの異なる周波数が得られます。クロック分配分周器は決定論的な方法でリセットされるため、クリーンなクロック・ゲート処理とグリッチのない更新能力が得られます。柔軟なパワーダウン・オプションにより、デバイスの消費電力がアクティブとスタンバイの両方の動作で最小になるよう、最適化できます。4 つの 156.25MHz LVDS 出力は、1.8V で 150mW (標準値) を消費します。100MHz HCSL 出力の RMS ジッタはわずか 386fs (標準値) であるため、PCIe アプリケーションのシステム・マージンを拡張できます。

CDCI6214 は、I2C 互換シリアル・インターフェイスからアクセスできる内部レジスタと内蔵 EEPROM を使用して構成できます。

CDCI6214 を使用すると、非常に低い消費電力と小さなフットプリントで、単一の基準クロックで動作する高性能クロック・ツリーを実現できます。EEPROM は工場出荷時またはユーザー使用時にプログラムできるため、CDCI6214 は、すぐに使用できる低消費電力クロック供給ソリューションとして理想的です。

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン互換製品。
CDCE6214 アクティブ Ultra-low power clock generator with one PLL, four differential output Pin-to-pin, PCIe-Gen-5-compliant upgrade, LP-HCSL output and fractional PLL support with lower 1ku price
比較対象デバイスと類似の機能。
CDCM6208 アクティブ 2:8、超低消費電力、低ジッタ・クロック・ジェネレータ Ultra-low power, 365-fs RMS (typical), clock generator device for fractional or integer divided differential outputs

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
5 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート CDCI6214 PCIe 対応、4 つのプログラム可能出力と EEPROM 搭載の超低消費電力クロック・ジェネレータ データシート (Rev. E 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.E) PDF | HTML 2020年 7月 8日
EVM ユーザー ガイド (英語) CDCI6214EVM User’s Guide (Rev. B) 2018年 10月 25日
技術記事 How to select an optimal clocking solution for your FPGA-based design 2015年 12月 9日
技術記事 Clocking sampled systems to minimize jitter 2014年 7月 31日
技術記事 Timing is Everything: How to optimize clock distribution in PCIe applications 2014年 3月 28日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

CDCI6214EVM — CDCI6214 超低消費電力クロック・ジェネレータの評価基板

CDCI6214 との通信に使用する I2C バス、複数の制御ピン、および電源にアクセスするためのインターフェイスです。エッジ接続可能な複数の SMA コネクタは 50Ω の機器を使用した測定を可能にし、オンボード終端はインピーダンスの大きいプローブの使用を可能にします。フレキシブルな複数の配線変更オプションを活用すると、プロトタイプ製作を迅速に実行できるように、この評価基板をさまざまな特定用途の要件に適応させることができます。
TI.com で取り扱いなし
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

TICSPRO-SW — TICS (テキサス・インスツルメンツのクロックとシンセサイザ) Pro ソフトウェア

TICS (テキサス・インスツルメンツのクロックとシンセサイザ) Pro ソフトウェアを使用すると、接頭辞 (製品型番の先頭部分) が以下のいずれかに該当する製品と組み合わせて、評価基板 (EVM) をプログラム (設定) することができます。CDC、LMK、LMX。これらの製品は、フェーズ・ロック・ループと電圧制御発振器 (PLL+VCO)、シンセサイザ、クロック関連デバイスを搭載しています。
シミュレーション・モデル

CDCI6214 IBIS Model (Rev. A)

SNAM219A.ZIP (349 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
設計ツール

CLOCK-TREE-ARCHITECT — Clock tree architect プログラミング・ソフトウェア

Clock tree architect はクロック・ツリーの合成ツールであり、開発中システムの要件に基づいてクロック・ツリー・ソリューションを生成する方法で、お客様の設計プロセスの効率化に貢献します。このツールは、多様なクロック供給製品を収録した包括的なデータベースからデータを抽出し、システム・レベルのマルチチップ・クロック供給ソリューションを生成します。
パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RGE) 24 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ