ホーム インターフェイス RS-485 と RS-422 の各トランシーバ

DS26LV32AQML

アクティブ

3V、エンハンスド CMOS クワッド差動ライン・レシーバ

製品詳細

Number of receivers 4 Number of transmitters 0 Duplex Half Supply voltage (nom) (V) 3.3 Signaling rate (max) (MBits) 30 Fault protection (V) -0.5 to 7 Common-mode range (V) -7 to 7 Number of nodes 32 Isolated No Supply current (max) (µA) 100 Rating Military Operating temperature range (°C) -55 to 125
Number of receivers 4 Number of transmitters 0 Duplex Half Supply voltage (nom) (V) 3.3 Signaling rate (max) (MBits) 30 Fault protection (V) -0.5 to 7 Common-mode range (V) -7 to 7 Number of nodes 32 Isolated No Supply current (max) (µA) 100 Rating Military Operating temperature range (°C) -55 to 125
CFP (NAD) 16 62.9285 mm² 9.91 x 6.35
  • Comparable to Both TIA/EIA-422 and ITU-T V.11 Standards
  • Low Power CMOS Design (30 mW typical)
  • Interoperable with Existing 5V RS-422 Networks
  • Receiver OPEN Input Failsafe Feature
  • Pin Compatible with DS26C32AT

All trademarks are the property of their respective owners.

  • Comparable to Both TIA/EIA-422 and ITU-T V.11 Standards
  • Low Power CMOS Design (30 mW typical)
  • Interoperable with Existing 5V RS-422 Networks
  • Receiver OPEN Input Failsafe Feature
  • Pin Compatible with DS26C32AT

All trademarks are the property of their respective owners.

The DS26LV32A is a high speed quad differential CMOS receiver that is comparable to TIA/EIA-422-B and ITU-T V.11 standards, but with a specified common mode voltage range of -0.5V to +5.5V due to the lower operating supply voltage of 3.0V to 3.6V. The TRI-STATE enables, EN and EN, allow the device to be active High or active Low. The enables are common to all four receivers. The receiver output (RO) is specified to be High when the inputs are left open. The receiver can detect signals as low as ±200mV over the common mode range of -0.5V to +5.5V. The receiver outputs (RO) are compatible with TTL and LVCMOS levels.

The DS26LV32A is a high speed quad differential CMOS receiver that is comparable to TIA/EIA-422-B and ITU-T V.11 standards, but with a specified common mode voltage range of -0.5V to +5.5V due to the lower operating supply voltage of 3.0V to 3.6V. The TRI-STATE enables, EN and EN, allow the device to be active High or active Low. The enables are common to all four receivers. The receiver output (RO) is specified to be High when the inputs are left open. The receiver can detect signals as low as ±200mV over the common mode range of -0.5V to +5.5V. The receiver outputs (RO) are compatible with TTL and LVCMOS levels.

ダウンロード 字幕付きのビデオを表示 ビデオ

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアしてから、再度検索を試してください。
4 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート DS26LV32AQML 3V Enhanced CMOS Quad Differential Line Receiver データシート (Rev. A) 2013年 4月 15日
* SMD DS26LV32AQML SMD 5962-98585 2016年 6月 21日
アプリケーション・ノート AN-903 A Comparison of Differential Termination Techniques (Rev. B) 2013年 4月 26日
その他の技術資料 Die D/S DS26LV32 MD8 3V Enhanced CMOS Quad Differential Line Receiver 2012年 9月 7日

設計および開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページをご覧ください。

シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

ユーザー ガイド: PDF
英語版 (Rev.A): PDF
パッケージ ピン数 CAD シンボル、フットプリント、および 3D モデル
CFP (NAD) 16 Ultra Librarian

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL 定格 / ピーク リフロー
  • MTBF/FIT 推定値
  • 使用原材料
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果
記載されている情報:
  • ファブの拠点
  • 組み立てを実施した拠点

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ フォーラムでは、TI のエンジニアからの技術サポートを提供

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ