製品詳細

Function Serializer Color depth (bpp) 24 Input compatibility LVCMOS Pixel clock frequency (Max) (MHz) 68 Output compatibility FPD-Link LVDS Features Low-EMI Point-to-Point Communication Operating temperature range (C) -10 to 70
Function Serializer Color depth (bpp) 24 Input compatibility LVCMOS Pixel clock frequency (Max) (MHz) 68 Output compatibility FPD-Link LVDS Features Low-EMI Point-to-Point Communication Operating temperature range (C) -10 to 70
TSSOP (DGG) 56 113 mm² 14 x 8.1
  • No special start-up sequence required between clock/data and /PD pins. Input signal (clock and data) can be applied either before or after the device is powered
  • Support Spread Spectrum Clocking up to 100kHz frequency modulation and deviations of ±2.5% center spread or -5% down spread
  • "Input Clock Detection" feature will pull all LVDS pairs to logic low when input clock is missing and when /PD pin is logic high
  • 18 to 68 MHz shift clock support
  • Best-in-Class Setup and Hold Times on TxINPUTs
  • Tx power consumption < 130 mW (typ) at 65MHz Grayscale
  • 40% Less Power Dissipation than BiCMOS Alternatives
  • Tx Power-down mode < 60μW (typ)
  • Supports VGA, SVGA, XGA and Dual Pixel SXGA.
  • Narrow bus reduces cable size and cost
  • Up to 1.8 Gbps throughput
  • Up to 227 Megabytes/sec bandwidth
  • 345 mV (typ) swing LVDS devices for low EMI
  • PLL requires no external components
  • Compatible with TIA/EIA-644 LVDS standard
  • Low profile 56-lead TSSOP package
  • Improved replacement for:
    • SN75LVDS83, DS90C383A

All trademarks are the property of their respective owners. TRI-STATE is a trademark of Texas Instruments. TRI-STATE is a trademark of Texas Instruments.

  • No special start-up sequence required between clock/data and /PD pins. Input signal (clock and data) can be applied either before or after the device is powered
  • Support Spread Spectrum Clocking up to 100kHz frequency modulation and deviations of ±2.5% center spread or -5% down spread
  • "Input Clock Detection" feature will pull all LVDS pairs to logic low when input clock is missing and when /PD pin is logic high
  • 18 to 68 MHz shift clock support
  • Best-in-Class Setup and Hold Times on TxINPUTs
  • Tx power consumption < 130 mW (typ) at 65MHz Grayscale
  • 40% Less Power Dissipation than BiCMOS Alternatives
  • Tx Power-down mode < 60μW (typ)
  • Supports VGA, SVGA, XGA and Dual Pixel SXGA.
  • Narrow bus reduces cable size and cost
  • Up to 1.8 Gbps throughput
  • Up to 227 Megabytes/sec bandwidth
  • 345 mV (typ) swing LVDS devices for low EMI
  • PLL requires no external components
  • Compatible with TIA/EIA-644 LVDS standard
  • Low profile 56-lead TSSOP package
  • Improved replacement for:
    • SN75LVDS83, DS90C383A

All trademarks are the property of their respective owners. TRI-STATE is a trademark of Texas Instruments. TRI-STATE is a trademark of Texas Instruments.

The DS90C383B transmitter converts 28 bits of CMOS/TTL data into four LVDS (Low Voltage Differential Signaling) data streams. A phase-locked transmit clock is transmitted in parallel with the data streams over a fifth LVDS link. Every cycle of the transmit clock 28 bits of input data are sampled and transmitted. At a transmit clock frequency of 65 MHz, 24 bits of RGB data and 3 bits of LCD timing and control data (FPLINE, FPFRAME, DRDY) are transmitted at a rate of 455 Mbps per LVDS data channel. Using a 65 MHz clock, the data throughput is 227 Mbytes/sec. The DS90C383B transmitter can be programmed for Rising edge strobe or Falling edge strobe through a dedicated pin. A Rising edge or Falling edge strobe transmitter will interoperate with a Falling edge strobe Receiver (DS90CF386) without any translation logic.

This chipset is an ideal means to solve EMI and cable size problems associated with wide, high speed TTL interfaces.

The DS90C383B transmitter converts 28 bits of CMOS/TTL data into four LVDS (Low Voltage Differential Signaling) data streams. A phase-locked transmit clock is transmitted in parallel with the data streams over a fifth LVDS link. Every cycle of the transmit clock 28 bits of input data are sampled and transmitted. At a transmit clock frequency of 65 MHz, 24 bits of RGB data and 3 bits of LCD timing and control data (FPLINE, FPFRAME, DRDY) are transmitted at a rate of 455 Mbps per LVDS data channel. Using a 65 MHz clock, the data throughput is 227 Mbytes/sec. The DS90C383B transmitter can be programmed for Rising edge strobe or Falling edge strobe through a dedicated pin. A Rising edge or Falling edge strobe transmitter will interoperate with a Falling edge strobe Receiver (DS90CF386) without any translation logic.

This chipset is an ideal means to solve EMI and cable size problems associated with wide, high speed TTL interfaces.

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
10 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート DS90C383B 3.3V Prog LVDS Trans 24-Bit FPD Link-65 MHz データシート (Rev. G) 2013年 4月 17日
技術記事 How to choose a power supply for an automotive camera module 2020年 9月 17日
アプリケーション・ノート How to Reduce EMI in LVDS SerDes Designs 2018年 11月 9日
アプリケーション・ノート LVDS Display Interface (LDI) TFT Data Mapping for Interoperability w/FPD-Link (Rev. A) 2018年 6月 29日
アプリケーション・ノート AN-1032 An Introduction to FPD-Link (Rev. C) 2017年 8月 8日
アプリケーション・ノート How to Calculate and Improve Receiver Skew Margin for Channel Link I Devices 2016年 1月 13日
アプリケーション・ノート Application Note 1032 An Introduction to FPD-Link (jp) 2009年 4月 3日
アプリケーション・ノート TFT Data Mapping for Dual Pixel LDI Application - Alternate A - Color Map 2004年 5月 15日
アプリケーション・ノート Application Note 1056 STN Application Using FPD-Link (jp) 英語版をダウンロード 2004年 5月 14日
アプリケーション・ノート 1085 FPD-Link PCB and Interconnect Design-In Guidelines (jp) 英語版をダウンロード 2004年 5月 14日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

リファレンス・デザイン

TIDA-01051 — 自動試験装置向け、FPGA 使用とデータ・スループットを最適化するリファレンス・デザイン

TIDA-01051 リファレンス・デザインは、自動試験機器(ATE)などの非常にチャネル数の多いデータ・アクイジション(DAQ)システムのチャネル密度、統合、消費電力、クロック・ディストリビューション、シグナル・チェーン性能を最適化します。TI の DS90C383B などのシリアライザを使用して、多くの同時サンプリング ADC の出力を複数の LVDS ラインに組み合わせることにより、ホスト FPGA が処理する必要のあるピン数を大幅に低減できます。  その結果、単一 FPGA による非常に多くの DAQ チャネル処理が可能になり、ボード配線の複雑さを大幅に軽減できます。
パッケージ ピン数 ダウンロード
TSSOP (DGG) 56 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ