低ノイズ、負のバイアス・ジェネレータ

製品詳細

Vin (Min) (V) 3 Vin (Max) (V) 5.25 Vout (Min) (V) -0.232 Vout (Max) (V) -0.232 Iout (Max) (A) 0.026 Regulated outputs (#) 1 Switching frequency (Min) (kHz) 92 Switching frequency (Max) (kHz) 92 Iq (Typ) (mA) 0.078 Features Enable, Synchronous Rectification Operating temperature range (C) -40 to 125 Rating Catalog Type Charge Pump, Converter
Vin (Min) (V) 3 Vin (Max) (V) 5.25 Vout (Min) (V) -0.232 Vout (Max) (V) -0.232 Iout (Max) (A) 0.026 Regulated outputs (#) 1 Switching frequency (Min) (kHz) 92 Switching frequency (Max) (kHz) 92 Iq (Typ) (mA) 0.078 Features Enable, Synchronous Rectification Operating temperature range (C) -40 to 125 Rating Catalog Type Charge Pump, Converter
VSSOP (DGK) 8 15 mm² 3 x 4.9
  • レギュレートされた出力電圧-0.232V
  • 出力電圧許容範囲: 5%
  • 出力電圧リップル4mVPP
  • 電源電圧: 3V~5.25V
  • 最大変換効率98%
  • 静止電流: 78µA
  • シャットダウン時電流: 20nA
  • ターンオン時間: 500µs
  • 動作温度範囲: -40℃~125℃
  • 8ピンVSSOPパッケージ
  • レギュレートされた出力電圧-0.232V
  • 出力電圧許容範囲: 5%
  • 出力電圧リップル4mVPP
  • 電源電圧: 3V~5.25V
  • 最大変換効率98%
  • 静止電流: 78µA
  • シャットダウン時電流: 20nA
  • ターンオン時間: 500µs
  • 動作温度範囲: -40℃~125℃
  • 8ピンVSSOPパッケージ

LM7705デバイスは、低ノイズ、-0.23Vの固定の負電圧レギュレータを備えたスイッチド・キャパシタ電圧インバータです。このデバイスは低電圧アンプと組み合わせ、アンプの出力を0ボルトまでスイングできるよう設計されています。-0.23Vをアンプの負の電源ピンへの給電に使用し、アンプ全体では5.5V未満に維持されます。レール・ツー・レール出力アンプは、単一電源電圧で動作するとき0Vを出力できず、アンプの出力飽和電圧が以後のゲイン段で増幅され、エラーが累積されることがあります。小さな負の電源電圧を使用すると、アンプ出力が0Vで飽和することを回避でき、信号処理チェーン全体で正確な0を維持するため役立ちます。さらに、ADCの入力を駆動するためにアンプが使用される場合、アンプは0電圧信号を出力でき、ADCの入力範囲全体を使用できます。LM7705デバイスにはシャットダウン・ピンがあり、スタンバイ時の消費電力を最小限に抑えることができます。

LM7705デバイスは、低ノイズ、-0.23Vの固定の負電圧レギュレータを備えたスイッチド・キャパシタ電圧インバータです。このデバイスは低電圧アンプと組み合わせ、アンプの出力を0ボルトまでスイングできるよう設計されています。-0.23Vをアンプの負の電源ピンへの給電に使用し、アンプ全体では5.5V未満に維持されます。レール・ツー・レール出力アンプは、単一電源電圧で動作するとき0Vを出力できず、アンプの出力飽和電圧が以後のゲイン段で増幅され、エラーが累積されることがあります。小さな負の電源電圧を使用すると、アンプ出力が0Vで飽和することを回避でき、信号処理チェーン全体で正確な0を維持するため役立ちます。さらに、ADCの入力を駆動するためにアンプが使用される場合、アンプは0電圧信号を出力でき、ADCの入力範囲全体を使用できます。LM7705デバイスにはシャットダウン・ピンがあり、スタンバイ時の消費電力を最小限に抑えることができます。

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
10 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LM7705 低ノイズ、負のバイアス・ジェネレータ データシート (Rev. D 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.D) PDF | HTML 2018年 9月 13日
アプリケーション・ノート A Topical Index of TI Low Power Buck DC/DC Application Notes (Rev. B) PDF | HTML 2022年 5月 23日
技術記事 How to achieve microvoltage-level precision in thermopile applications 2021年 12月 9日
回路設計 Charge pump circuit (-0.3V) for negative amplifier supply 2019年 6月 16日
アプリケーション・ノート Attenuator amplifier design to maximize differential ADCs input voltage 2018年 6月 14日
技術記事 Unique active mux capability combines buffer and switch into one solution 2017年 10月 10日
技術記事 Where did the op amp ground pin go? 2016年 3月 18日
技術記事 Painting a picture for powering high-performance FPGAs 2013年 9月 5日
EVM ユーザー ガイド (英語) AN-1883 LM7705 Evaluation Board (Rev. B) 2013年 5月 3日
アプリケーション・ノート D/Aコンバータの主要アプリケーション:回路設計の基礎とポイント 英語版をダウンロード 2010年 9月 23日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

ADS8168EVM-PDK — ADS8168 8 チャネル、16 ビット、1MSPS、SAR ADC の評価モジュール・パフォーマンス・デモ・キット(PDK)

The ADS8168 evaluation module (EVM) performance demonstration kit (PDK) is a platform for evaluating the performance of the ADS8168 successive-approximation register (SAR) analog-to-digital converter (ADC). The ADS8168EVM-PDK includes the ADS8168EVM board, the precision host interface (PHI) (...)

評価ボード

LM7705MMEVAL — LM7705 評価ボード

This evaluation board is designed to demonstrate the functionality of National Semiconductors LM7705 Low Noise Negative Bias Generator. The board has a dual Operational Amplifier that can be connected to ground or biased with the on board LM7705. In the last case a True zero amplifier is (...)

TI.com で取り扱いなし
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-01042 — 50A、100A、200A アプリケーション向け、モジュール型バッテリ・テスタのリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインはモジュール形式のバッテリ・テスト・ソリューションであり、1 つのデザインを使用するだけで、さまざまな電流レベルでバッテリをテストできるフレキシビリティを実現します。このデザインは TIDA-01041 リファレンス・デザインを活用しており、2 個の 100A バッテリ・テスタを独立形式で動作させること、または並列接続して最大電流出力を 100A から 200A に増やすことができます。このデザインは、設計理論、パーツの選定、このソリューションの最適化方法を提示します。
リファレンス・デザイン

TIDA-01054 — 高性能 DAQ システムの EMI 効果排除向けマルチレール電源のリファレンス・デザイン

TIDA-01054 リファレンス・デザインは LM53635 降圧コンバータを使用し、16 ビット超のデータ・アクイジション(DAQ)システムに EMI がもたらす性能低下の影響を排除します。降圧コンバータにより、基板面積を節減するとともに EMI によるノイズ劣化を招かずに、電源ソリューションをシグナルパスに近接配置できます。このリファレンス・デザインにより、20 ビットの1MSPS 逐次比較型(SAR)ADC を使用する場合に、100.13dB のシステム SNR 性能を実現できます。これは、外部電源を使用する場合の 100.14dB という SNR 性能に匹敵する値です。
リファレンス・デザイン

TIDA-01055 — 高性能 DAQ システム向け ADC リファレンス電圧バッファ最適化のリファレンス・デザイン

TIDA-01055 は高性能 DAQ システムのリファレンス・デザインで、TI の高速オペアンプ OPA837 の使用により ADC リファレンス・バッファを最適化し、SNR 特性の改善と消費電力の低減を実現します。複合バッファ構成で使用され、従来のオペアンプに比べ消費電力を 22% 改善します。バッファ内蔵リファレンス電圧源は多くの場合、チャネル数の多いシステムでの最適性能の実現に必要な駆動能力が不足しています。  このリファレンス・デザインは複数の ADC を駆動可能なほか、18 ビット 2MSPS 逐次比較型(SAR)ADC を使用して、15.77 ビットのシステム (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-01057 — 10Vpp の真の差動入力に対応し、信号ダイナミック・レンジを最大化する最大 20 ビットの ADC のリファレンス・デザイン

This reference design is designed for high performance data acquisition(DAQ) systems to improve the dynamic range of 20 bit differential input ADCs. Many DAQ systems require the measurement capability at a wide FSR (Full Scale Range) in order to obtain sufficient signal dynamic range. Many earlier (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-01056 — 電源効率の最適化と EMI の最小化を実現する 20 ビット、1MSPS DAQ(データ・アクイジション)のリファレンス・デザイン

This reference design for high performance data acquisition (DAQ) systems optimizes power stage in order to reduce power consumption and minimize the effect of EMI from switching regulator by using LMS3635-Q1 buck converter.  This reference designs yields 7.2% efficiency improvement at most (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-01051 — 自動試験装置向け、FPGA 使用とデータ・スループットを最適化するリファレンス・デザイン

TIDA-01051 リファレンス・デザインは、自動試験機器(ATE)などの非常にチャネル数の多いデータ・アクイジション(DAQ)システムのチャネル密度、統合、消費電力、クロック・ディストリビューション、シグナル・チェーン性能を最適化します。TI の DS90C383B などのシリアライザを使用して、多くの同時サンプリング ADC の出力を複数の LVDS ラインに組み合わせることにより、ホスト FPGA が処理する必要のあるピン数を大幅に低減できます。  その結果、単一 FPGA による非常に多くの DAQ チャネル処理が可能になり、ボード配線の複雑さを大幅に軽減できます。
リファレンス・デザイン

TIDA-01050 — 18 ビット SAR(逐次比較型)データ・コンバータ向けに最適化されたアナログ・フロント・エンド DAQ(データ・アクイジション)システムのリファレンス・デザイン

TIDA-01050 リファレンス・デザインは自動試験機器に付随する、統合、消費電力、性能、クロッキングの課題を改善します。いかなる ATE(自動試験機器)にも使用できますが、多数の入力チャネルを必要とするシステムに特に最適です。
リファレンス・デザイン

TIDA-01052 — 負電源を使用してフルスケール THD を改善する ADC ドライバのリファレンス・デザイン

TIDA-01052 リファレンス・デザインは、アナログ・フロント・エンド・ドライバ・アンプでグランドの代わりに負の電圧レールを使用する際に見られるシステム性能の向上を実現します。このコンセプトはすべてのアナログ・フロント・エンドに該当しますが、ここでは特に自動試験機器を対象としています。
リファレンス・デザイン

TIPD129 — 0 ~ 1A、単電源、ローサイド、電流検知ソリューション

この TI 検証済み設計では、0 ~ 1A の負荷電流を正確に検出可能な、シングル電源の下限側電流センシング・ソリューションを実装できます。対応するリニア出力範囲は 0V ~ 4.9V です。この設計では、LM7705 反転チャージ・ポンプを使用して、OPA320 の負電源が -0.23V にバイアスされます。この設定によって、アンプのリニア出力範囲を 0V 未満に拡張できます。0 ~ 1A の入力レンジ全体にわたる回路のリニア動作によって、誤差が ±0.003% 以内になるよう性能のキャリブレーションを行うことができます。
リファレンス・デザイン

TIDA-00187 — 真のゼロボルトを含めるための、完全差動アンプ用拡張レール・ツー・レール出力範囲

Operational amplifiers (op amps) have been used for decades in signal conditioning circuits and measurement systems. An op amp that has an output spanning from negative to positive supply rail are generally referred to as rail-to-rail output (RRO) op amps. These devices have been used increasingly (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
VSSOP (DGK) 8 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ