製品詳細

Number of receivers 1 Number of transmitters 1 Duplex Half Supply voltage (Nom) (V) 3.3, 5 Signaling rate (Max) (Mbps) 50 IEC 61000-4-2 contact (+/- kV) 18 Fault protection (V) -18 to 18 Common mode range -15 to 15 Number of nodes 256 Features Extended common mode, IEC ESD protection, PROFIBUS Isolated No ICC (Max) (mA) 3 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 125
Number of receivers 1 Number of transmitters 1 Duplex Half Supply voltage (Nom) (V) 3.3, 5 Signaling rate (Max) (Mbps) 50 IEC 61000-4-2 contact (+/- kV) 18 Fault protection (V) -18 to 18 Common mode range -15 to 15 Number of nodes 256 Features Extended common mode, IEC ESD protection, PROFIBUS Isolated No ICC (Max) (mA) 3 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 125
SOIC (D) 8 19 mm² 4.9 x 3.9 VSON (DRB) 8 9 mm² 3 x 3 VSSOP (DGK) 8 15 mm² 3 x 4.9
  • TIA/EIA-485A 標準の要件に合致、または上回る仕様
  • 電源電圧: 3V~5.5V
  • 5V電源で差動出力が2.1Vを超えるためPROFIBUSと互換
  • バスI/O ESD保護
    • ±30kV HBM
    • ±18kV IEC 61000-4-2接触放電
    • ±25kV IEC 61000-4-2エアギャップ放電
    • ±4kV IEC 61000-4-4高速過渡バースト
  • 拡張動作同相範囲 ±15V
  • 低EMIで500kbpsおよび50Mbpsのデータレート
  • レシーバの大きなヒステリシスによるノイズ除去
  • 低消費電力
    • スタンバイ時消費電流: 1µA未満
    • 動作時電流: 3mA未満
  • 拡張周囲温度範囲: -40℃~+125℃
  • グリッチなしの電源オン/オフによるホット・プラグイン能力
  • 開放、短絡、アイドル・バスのフェイルセーフ
  • 1/8の単位負荷(最大256のバス・ノード)
  • 小型のVSONおよびVSSOPパッケージによる基板面積の削減、またはSOICによりドロップイン互換を実現
  • TIA/EIA-485A 標準の要件に合致、または上回る仕様
  • 電源電圧: 3V~5.5V
  • 5V電源で差動出力が2.1Vを超えるためPROFIBUSと互換
  • バスI/O ESD保護
    • ±30kV HBM
    • ±18kV IEC 61000-4-2接触放電
    • ±25kV IEC 61000-4-2エアギャップ放電
    • ±4kV IEC 61000-4-4高速過渡バースト
  • 拡張動作同相範囲 ±15V
  • 低EMIで500kbpsおよび50Mbpsのデータレート
  • レシーバの大きなヒステリシスによるノイズ除去
  • 低消費電力
    • スタンバイ時消費電流: 1µA未満
    • 動作時電流: 3mA未満
  • 拡張周囲温度範囲: -40℃~+125℃
  • グリッチなしの電源オン/オフによるホット・プラグイン能力
  • 開放、短絡、アイドル・バスのフェイルセーフ
  • 1/8の単位負荷(最大256のバス・ノード)
  • 小型のVSONおよびVSSOPパッケージによる基板面積の削減、またはSOICによりドロップイン互換を実現

THVD14xxは、過酷な産業環境で動作するように設計された、ノイズ耐性の高いRS-485/RS-422トランシーバ・ファミリです。これらのデバイスのバス・ピンは、高レベルのIEC電気的高速過渡(EFT)およびIEC静電放電(ESD)事象に対する耐性があるため、システム・レベルの保護部品を追加する必要がありません。

これらの各デバイスは3V~5.5Vの単一電源で動作します。このファミリのデバイスは拡張同相電圧範囲に対応し、長い距離のケーブルを通したマルチポイントのアプリケーションに適しています。

THVD14xxファミリのデバイスは小型のVSONおよびVSSOPパッケージで供給され、スペースに制約のあるアプリケーションで使用できます。このデバイスは、-40℃~125℃の周囲自由通気温度範囲で仕様が規定されています。

THVD14xxは、過酷な産業環境で動作するように設計された、ノイズ耐性の高いRS-485/RS-422トランシーバ・ファミリです。これらのデバイスのバス・ピンは、高レベルのIEC電気的高速過渡(EFT)およびIEC静電放電(ESD)事象に対する耐性があるため、システム・レベルの保護部品を追加する必要がありません。

これらの各デバイスは3V~5.5Vの単一電源で動作します。このファミリのデバイスは拡張同相電圧範囲に対応し、長い距離のケーブルを通したマルチポイントのアプリケーションに適しています。

THVD14xxファミリのデバイスは小型のVSONおよびVSSOPパッケージで供給され、スペースに制約のあるアプリケーションで使用できます。このデバイスは、-40℃~125℃の周囲自由通気温度範囲で仕様が規定されています。

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと類似の機能。
NEW THVD1424 アクティブ スルーレート制御機能、切り替え可能な終端機能、全二重切り替え機能を内蔵した RS-485 トランシーバ  

Half-duplex, full-duplex switchable, integrated termination, and 1.65-V to 5.5-V flexible IO support

THVD1426 アクティブ 方向自動制御機能と ±8kV IEC ESD 保護機能搭載、3.3V ~ 5V、12Mbps、半二重 RS-485 トランシーバ Supports auto direction function

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
8 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート THVD14xx ±18kV IEC ESD 保護機能搭載、3.3V~5V、RS-485 トランシーバ データシート (Rev. E 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.E) PDF | HTML 2019年 7月 30日
e-Book(PDF) E-book:産業用ロボット設計に関するエンジニア・ガイド 英語版をダウンロード 2020年 3月 25日
e-Book(PDF) E-book: An engineer’s guide to industrial robot designs.. 2020年 3月 25日
技術記事 Frequently asked questions and answers for RS-485 transceivers 2019年 4月 9日
技術記事 Can your RS-485 communication survive the great outdoors? 2019年 3月 29日
アプリケーション・ノート Signal Integrity versus Data Rate and Cable Length for RS-485 Transceivers 2018年 12月 5日
技術記事 What is an EFT? Part 2 2018年 7月 17日
技術記事 What is an EFT? 2017年 10月 30日

設計および開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

評価ボード

RS485-HF-DPLX-EVM — RS-485 半二重評価モジュール

RS485 半二重評価モジュール(EVM)により、デバイス性能の評価と、SN65HVD1x、SN65HVD2x、SN65HVD7x、SN65HVD8x、SN65HVD96 半二重トランシーバを使用したデータ送信システムの迅速な開発と分析が可能になります。この EVM は RS-485 デバイスが基板にハンダ付けされていません。TI の RS-485 半二重デバイスの無償サンプル請求または製品購入後、評価にご利用ください。互換デバイスの全リストについては EVM のユーザーズ・ガイドをご覧ください。
ユーザー・ガイド: PDF | HTML
シミュレーション・モデル

THVD1450 IBIS Model

SLLM409.ZIP (45 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

ユーザー・ガイド: PDF
英語版をダウンロード (Rev.A): PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-010026 — EnDat 2.2 アブソリュート・エンコーダ向け、堅牢なインターフェイスのリファレンス・デザイン

This reference design demonstrates a robust interface to EnDat 2.2 Encoders. That shows EMC immunity, particularly immunity against fast transients such as inverter switching noise. The Encoder supply voltage is configurable and integrates protection against short circuit to prevent damage due to (...)
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-00179 — 絶対位置エンコーダとのユニバーサル・デジタル・インターフェイス、リファレンス・デザイン

TIDA-00179 は、EnDat 2.2、BiSS®、SSI、または HIPERFACE DSL® のようなアブソリュート位置エンコーダへの接続に適した、EMC 準拠のユニバーサル・デジタル・インターフェイスです。このリファレンス・デザインは、15 ~ 60V (公称 24V) の広い入力電圧範囲をサポートしています。3.3V ロジック I/O 信号に対応するコネクタを採用し、Sitara AM437x または Delfino F28379 のようなホスト・プロセッサとの直接インターフェイスにより、該当のマスター・プロトコルを実行することができます。

マスター実装はSitara (...)

設計ガイド: PDF
回路図: PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 8 オプションの表示
SON (DRB) 8 オプションの表示
VSSOP (DGK) 8 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 材料 (内容)
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ