この製品には新バージョンがあります。

open-in-new 代替品と比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン配置が異なる製品
TLV3601 アクティブ プッシュプル出力採用、レール・ツー・レール、2.5ns、高速コンパレータ Improved response time for more accurate high-speed measurement

製品詳細

Number of channels 1 Output type Push-Pull Propagation delay time (µs) 0.0045 Vs (max) (V) 5.5 Vs (min) (V) 2.7 Vos (offset voltage at 25°C) (max) (mV) 6.5 Iq per channel (typ) (mA) 3.2 Input bias current (±) (max) (nA) 0.01 Rail-to-rail In Rating Catalog Operating temperature range (°C) -40 to 125 Features Hysteresis, Shutdown VICR (max) (V) 5.7 VICR (min) (V) -0.2
Number of channels 1 Output type Push-Pull Propagation delay time (µs) 0.0045 Vs (max) (V) 5.5 Vs (min) (V) 2.7 Vos (offset voltage at 25°C) (max) (mV) 6.5 Iq per channel (typ) (mA) 3.2 Input bias current (±) (max) (nA) 0.01 Rail-to-rail In Rating Catalog Operating temperature range (°C) -40 to 125 Features Hysteresis, Shutdown VICR (max) (V) 5.7 VICR (min) (V) -0.2
SOIC (D) 8 29.4 mm² 4.9 x 6 SOT-23 (DBV) 6 8.12 mm² 2.9 x 2.8
  • High Speed: 4.5 ns
  • Rail-to-Rail I/O
  • Supply Voltage: 2.7 V to 5.5 V
  • Push-Pull CMOS Output Stage
  • Shutdown (TLV3501 Only)
  • Micro Packages: 6-Pin SOT-23 (Single), 8-Pin SOT-23 (Dual)
  • Low Supply Current: 3.2 mA
  • High Speed: 4.5 ns
  • Rail-to-Rail I/O
  • Supply Voltage: 2.7 V to 5.5 V
  • Push-Pull CMOS Output Stage
  • Shutdown (TLV3501 Only)
  • Micro Packages: 6-Pin SOT-23 (Single), 8-Pin SOT-23 (Dual)
  • Low Supply Current: 3.2 mA

The TLV350x family of push-pull output comparators feature a fast 4.5-ns propagation delay and operation from 2.7 V to 5.5 V. Beyond-the-rails input common-mode range makes it an ideal choice for low-voltage applications. The rail-to-rail output directly drives either CMOS or TTL logic.

Microsize packages provide options for portable and space-restricted applications. The single (TLV3501) is available in 6-pin SOT-23 and 8-pin SO packages. The dual (TLV3502) comes in the 8-pin SOT-23 and 8-pin SO packages.

The TLV350x family of push-pull output comparators feature a fast 4.5-ns propagation delay and operation from 2.7 V to 5.5 V. Beyond-the-rails input common-mode range makes it an ideal choice for low-voltage applications. The rail-to-rail output directly drives either CMOS or TTL logic.

Microsize packages provide options for portable and space-restricted applications. The single (TLV3501) is available in 6-pin SOT-23 and 8-pin SO packages. The dual (TLV3502) comes in the 8-pin SOT-23 and 8-pin SO packages.

ダウンロード 字幕付きのビデオを表示 ビデオ

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアしてから、再度検索を試してください。
7 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TLV350x 4.5-ns, Rail-to-Rail, High-Speed Comparator in Microsize Packages データシート (Rev. E) PDF | HTML 2015年 4月 17日
アプリケーション概要 Time of Flight and LIDAR - Optical Front End Design (Rev. A) PDF | HTML 2022年 4月 29日
回路設計 信号およびクロック回復コンパレータ回路 (Rev. A) PDF | HTML 2021年 6月 22日
アプリケーション・ノート AN-31 Amplifier Circuit Collection (Rev. D) 2020年 10月 21日
回路設計 信号とクロックの復元回路 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) PDF | HTML 2019年 1月 24日
e-Book(PDF) The Signal - オペアンプ設計ブログ集 英語版をダウンロード 2018年 3月 23日
アプリケーション・ノート High Speed Comparators for Triggering in Oscilloscopes 2018年 2月 19日

設計と開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページをご覧ください。

シミュレーション・モデル

Clock and Data Restoration Circuit

SNOM661.ZIP (240 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・モデル

TLV3501 and TLV3502 PSpice Model

SBOMBU5.ZIP (92 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル

TLV3501 and TLV3502 TINA-TI MACRO and Reference Design

SBOMBU6.ZIP (10 KB) - TINA-TI Reference Design
設計ツール

CIRCUIT060072 — 信号およびクロック回復コンパレータ回路

クロックやデータの歪んだ波形を復元する目的で、デジタル・システムは信号復元回路を使用します。配線が長い場合、伝送ライン上の寄生静電容量、寄生インダクタンス、反射が原因で、これらのクロックとデータ信号が減衰して歪むことがあります。このコンパレータは、減衰して歪んだ入力信号を検出し、フルスケールのデジタル出力信号に変換する目的で使用できます。動的なリファレンス電圧をコンパレータの反転端子に接続し、入力信号から同相電圧を抽出することになります。
設計ツール

SBOC552 Simulation for Pulse Width Modulator in AN-31

サポート対象の製品とハードウェア

サポート対象の製品とハードウェア

製品
高速オペアンプ (50MHz 以上のゲイン帯域幅:GBW)
OPA365 2.2V、50MHz、低ノイズ、単一電源、レール・ツー・レール・オペアンプ
コンパレータ
TLV3501 シャットダウン機能搭載、4.5ns、レール・ツー・レール、高速コンパレータ
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

ユーザー ガイド: PDF
英語版をダウンロード (Rev.A): PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-060025 — LIDAR とタイム・オブ・フライト(ToF)アプリケーション向け、トランスインピーダンス帯域幅を最大化するリファレンス・デザイン

このデザインは、光ファイバ伝送メディアを使用するタイム・オブ・フライト(ToF)距離測定回路を搭載した高速光学フロント・エンドを提示します。このフロント・エンドは、自由空間全体の測定など、さまざまな種類の ToF 測定に適応できます。このデザインは、業界をリードする 2.5V 出力リニア・トランスインピーダンス・フロント・エンドを採用しています。このフロント・エンドは、ゲインが 10kΩ(電流入力、電圧出力なのでゲインの単位は Ω)のときに帯域幅が 200MHz 超であり、高精度測定に対応しています。TDC7201 コンバータを使用し、デバイスの測定精度を 12ns (...)
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIPD105 — AC 結合コンパレータ、入力 2kHz ~ 32MHz

この リファレンス・デザインでは、AC カップリングを使用して正弦波や方形波を検出するのに必要なシングル電源コンパレータの原理、部品セレクション、およびシミュレーションが提供されます。これは多くの場合、2 つの異なるモジュール間のグランドに差がある場合に必要となります。シングル電源回路で AC カップリングを行う場合、常に負電圧が問題点となります。コンパレータに過剰な負電圧が存在すると、コンパレータが誤ってトリップしたり、予測不能なレベルの状態が続いたりする原因になります。信頼性の高い動作を実現するには、適切なハイパス・フィルタリングと DC (...)
ユーザー ガイド: PDF
回路図: PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 8 オプションの表示
SOT-23 (DBV) 6 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL 定格 / ピーク リフロー
  • MTBF/FIT 推定値
  • 材質成分
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果
記載されている情報:
  • ファブの拠点
  • 組み立てを実施した拠点

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ フォーラムでは、TI のエンジニアからの技術サポートを提供

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ