TPS23880

アクティブ

プログラマブル SRAM 搭載、4 ペア、Type-4、8 チャネル、PoE PSE (給電側)

製品詳細

Vin (Min) (V) 44 Vin (Max) (V) 57 ILIM Programmable PoE standards supported 802.3at Type 1 (802.3af), 802.3at Type 2, 802.3bt Type 3, 802.3bt Type 4 FET External MPS method DC Disconnect Pair control 2-Pair Alt A, 4-Pair Operating temperature range (C) -40 to 125 Features Auto Mode, Current Limit with Foldback, Fast shutdown, Multi Level Port Priority, Over Current Reporting, Over Temp Reporting, Port remapping, Programmable PCUT, Programmable Port Power Limiting, SRAM Programmable Number of PSE ports 8
Vin (Min) (V) 44 Vin (Max) (V) 57 ILIM Programmable PoE standards supported 802.3at Type 1 (802.3af), 802.3at Type 2, 802.3bt Type 3, 802.3bt Type 4 FET External MPS method DC Disconnect Pair control 2-Pair Alt A, 4-Pair Operating temperature range (C) -40 to 125 Features Auto Mode, Current Limit with Foldback, Fast shutdown, Multi Level Port Priority, Over Current Reporting, Over Temp Reporting, Port remapping, Programmable PCUT, Programmable Port Power Limiting, SRAM Programmable Number of PSE ports 8
VQFN (RTQ) 56 64 mm² 8 x 8
  • PoE 2 タイプ 3 またはタイプ 4 Power Over Ethernet アプリケーション用の IEEE 802.3bt PSE ソリューション
  • 8 つの独立した PSE チャネル
  • プログラム可能な SRAM メモリ
  • ±3% の精度で電力制限をプログラム可能
  • 2 ペアまたは 4 ペアのポート電力割り当てを選択可能
    • 15.4W、30W、45W、60W、75W、90W
  • シングルおよびデュアル・シグネチャの PD 互換性
  • ポートごとに専用の 14 ビット積算電流 ADC
    • 固有フィルタ
    • DC 分離用のノイズ耐性 MPS
    • 2% の電流センシング精度
    • 100ms でのポート電流のローリング平均化
  • 1 ビットまたは 3 ビットの高速ポート・シャットダウン入力
  • 自動クラス検出および電力測定
  • 「誤認なし」の 4 ポイント検出
  • 突入および動作フォールドバック保護
  • 425mA と 1.25A の電流制限値を選択可能
  • ポートの再マッピング
  • 8 ビットまたは 16 ビットの I2C 通信
  • 柔軟なプロセッサ制御の動作モード
    • 自動、半自動、手動 / 診断
  • ポートごとの電圧監視およびテレメトリ
  • -40℃~+125℃の動作温度範囲
  • PoE 2 タイプ 3 またはタイプ 4 Power Over Ethernet アプリケーション用の IEEE 802.3bt PSE ソリューション
  • 8 つの独立した PSE チャネル
  • プログラム可能な SRAM メモリ
  • ±3% の精度で電力制限をプログラム可能
  • 2 ペアまたは 4 ペアのポート電力割り当てを選択可能
    • 15.4W、30W、45W、60W、75W、90W
  • シングルおよびデュアル・シグネチャの PD 互換性
  • ポートごとに専用の 14 ビット積算電流 ADC
    • 固有フィルタ
    • DC 分離用のノイズ耐性 MPS
    • 2% の電流センシング精度
    • 100ms でのポート電流のローリング平均化
  • 1 ビットまたは 3 ビットの高速ポート・シャットダウン入力
  • 自動クラス検出および電力測定
  • 「誤認なし」の 4 ポイント検出
  • 突入および動作フォールドバック保護
  • 425mA と 1.25A の電流制限値を選択可能
  • ポートの再マッピング
  • 8 ビットまたは 16 ビットの I2C 通信
  • 柔軟なプロセッサ制御の動作モード
    • 自動、半自動、手動 / 診断
  • ポートごとの電圧監視およびテレメトリ
  • -40℃~+125℃の動作温度範囲

TPS23880 は、IEEE 802.3bt 規格に従ってイーサネット・ケーブルに電力を重畳するための 8 チャネル給電機器 (PSE) コントローラです。8 つの個別の電源チャネルは、2 ペア (1 チャネル) または 4 ペア (2 チャネル) の PoE ポートの任意の組み合わせに構成できます。本 PSE コントローラは、有効なシグネチャを持つ受電デバイス (PD) の検出、相互識別の完了、電力の供給を行うことができます。

プログラム可能な SRAM により、I2C 経由で現場でのファームウェア・アップグレードが可能なため、IEEE 規格への準拠と最新の PoE 対応デバイスとの相互運用性を確保できます。ポートごとに専用 ADC を備えているため、ポート電流を連続的に監視でき、また分類測定を同時に実行することでポートのターンオン時間を短縮できます。±3% 精度のプログラム可能なポート電力制限により、最大電力を 90W 超に拡張できます (100W を超えることはありません)。また、システム・レベルの電力管理制御をより実装しやすく信頼性の高いものにできます。高速シャットダウン (OSS) 入力により、ポートごとに最大 8 レベルのシャットダウン優先度を設定でき、複数のポートをただちに無効にする必要のあるアプリケーションに対応できます。255mΩ の電流センス抵抗と外部 FET を使うアーキテクチャにより、サイズ、効率、熱、ソリューション・コストの要件のバランスが取れた設計が可能です。 

ポートの再マッピングと、TPS2388、TPS23881、TPS23882 デバイスとのピン互換性により、前世代の PSE 設計から簡単に移行でき、交換可能な 2 層の PCB 設計により各種のシステム PoE 電源構成に適合できます。

TPS23880 は、IEEE 802.3bt 規格に従ってイーサネット・ケーブルに電力を重畳するための 8 チャネル給電機器 (PSE) コントローラです。8 つの個別の電源チャネルは、2 ペア (1 チャネル) または 4 ペア (2 チャネル) の PoE ポートの任意の組み合わせに構成できます。本 PSE コントローラは、有効なシグネチャを持つ受電デバイス (PD) の検出、相互識別の完了、電力の供給を行うことができます。

プログラム可能な SRAM により、I2C 経由で現場でのファームウェア・アップグレードが可能なため、IEEE 規格への準拠と最新の PoE 対応デバイスとの相互運用性を確保できます。ポートごとに専用 ADC を備えているため、ポート電流を連続的に監視でき、また分類測定を同時に実行することでポートのターンオン時間を短縮できます。±3% 精度のプログラム可能なポート電力制限により、最大電力を 90W 超に拡張できます (100W を超えることはありません)。また、システム・レベルの電力管理制御をより実装しやすく信頼性の高いものにできます。高速シャットダウン (OSS) 入力により、ポートごとに最大 8 レベルのシャットダウン優先度を設定でき、複数のポートをただちに無効にする必要のあるアプリケーションに対応できます。255mΩ の電流センス抵抗と外部 FET を使うアーキテクチャにより、サイズ、効率、熱、ソリューション・コストの要件のバランスが取れた設計が可能です。 

ポートの再マッピングと、TPS2388、TPS23881、TPS23882 デバイスとのピン互換性により、前世代の PSE 設計から簡単に移行でき、交換可能な 2 層の PCB 設計により各種のシステム PoE 電源構成に適合できます。

ダウンロード

詳細

TPS23880 製品報告書と最新のファームウェア・アップデートを入手できます。ご請求

低減済みの Rsense (200mΩ) と自律モード動作については、TPS23881 をご覧ください

2 ペア、Type-3、30W の動作については、TPS23882 をご覧ください

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
11 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TPS23880 プログラマブル SRAM 搭載の大電力、8 チャネル PoE(Power-over-Ethernet)PSE データシート (Rev. G 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.G) PDF | HTML 2020年 8月 11日
試験報告書 TPS23880 PoE2 Test Report 2020年 5月 26日
設計ガイド マルチポート・アプリケーション用 24 ポート(4 ペア)PSE 電源スイッチのリファレンス・デザイン (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2019年 11月 15日
アプリケーション・ノート How to Load TPS2388x SRAM and Parity Code over I2C (Rev. C) 2019年 9月 17日
EVM ユーザー ガイド (英語) TPS23880EVM: PoE, PSE, TPS23880 Evaluation Module (Rev. B) 2018年 10月 17日
技術記事 Key considerations for designing with the new PoE standard 2018年 7月 16日
技術記事 The new PoE standard: It’s almost here 2018年 6月 6日
アプリケーション・ノート Beyond BT High Power PoE Solution 2018年 4月 17日
アプリケーション・ノート TPS23861 Power-On Considerations 2015年 7月 21日
技術記事 Mutual ID and its effect on backwards compatibility 2014年 11月 7日
技術記事 Simplify your PCB layout - When 2 is better than 6 2014年 9月 19日

設計および開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

ドーター・カード

TPS23880EVM-008 — IEEE802.3bt 対応 PoE PSE アプリケーション向け TPS23880 EVM ドーター・カード

TPS23880EVM-008 は、TPS23880 の評価に使用するドーター・カードです。これは 4 ペアの Type-4、8 チャネル PoE (Power-over-Ethernet) PSE (給電側機器) であり、プログラマブル SRAM を搭載しています。このドーター・カードは、キャンパス・スイッチやブランチ・スイッチ、またネットワーク・ビデオ・レコーダーなど、ハイパワーの PSE アプリケーションに適した TPS23880 向けに評価回路やリファレンス回路を提供します。

ユーザー・ガイド: PDF
開発キット

BOOST-PSEMTHR-007 — IEEE802.3bt 対応 PoE PSE アプリケーション向け TPS23880 マザーボード

BOOST-PSEMTHR-007 は、TPS23880 と TPS23881 PSE コントローラ向けのベース・ボードです。このボードには、IEEE 802.3at アプリケーション用にポートあたり最大 30W を供給できる 4 つの 2 ペア・ポートと、IEEE 802.3bt アプリケーション用にポートあたり最大 90W を供給できる 2 つの 4 ペア・ポートが含まれています。

ユーザー・ガイド: PDF
サンプル・コードまたはデモ

TPS23880 PoE MSP430 Reference Code for Basic Applications (Rev. C)

SLVC709C.ZIP (1781 KB)
サンプル・コードまたはデモ

TPS23880 PoE MSP430 Reference Code for Port Power Management Applications (Rev. A)

SLVC720A.ZIP (1385 KB)
lock = 輸出許可が必要 (1 分)
評価基板 (EVM) 向けの GUI

TPS2388x EVM GUI (Rev. C)

SLVC772C.ZIP (85101 KB)
ガーバー・ファイル

TPS23880EVM-008 Gerber

SLUC647.ZIP (1643 KB)
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
QFN (RTQ) 56 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 材料 (内容)
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ