ホーム パワー・マネージメント DC/DC スイッチング・レギュレータ 昇降圧 / 反転レギュレータ 昇降圧および反転コントローラ (スイッチ外付け)

3 ~ 75V 広い入力電圧範囲、電流モード非同期昇降圧コントローラ

製品詳細

Topology Buck-Boost Vin (Min) (V) 3 Vin (Max) (V) 75 Vout (Max) (V) 70 Vout (Min) (V) 1.23 Duty cycle (Max) (%) 98 Switching frequency (Min) (kHz) 50 Switching frequency (Max) (kHz) 500 Iq (Typ) (mA) 4.5 Features Enable, Frequency Synchronization Iout (Max) (A) 10 Rating Catalog
Topology Buck-Boost Vin (Min) (V) 3 Vin (Max) (V) 75 Vout (Max) (V) 70 Vout (Min) (V) 1.23 Duty cycle (Max) (%) 98 Switching frequency (Min) (kHz) 50 Switching frequency (Max) (kHz) 500 Iq (Typ) (mA) 4.5 Features Enable, Frequency Synchronization Iout (Max) (A) 10 Rating Catalog
HTSSOP (PWP) 20 42 mm² 6.5 x 6.4
  • 非常に広い入力電圧範囲: 3V~75V
  • エミュレーションによるピーク電流モード制御
  • 降圧と昇圧のモード間をスムーズに遷移
  • スイッチング周波数を最高500kHzにプログラム可能
  • 発振器の同期機能
  • 高電圧バイアス・レギュレータを内蔵
  • ハイサイドおよびローサイドのゲート・ドライバを内蔵
  • ソフトスタート時間をプログラム可能
  • 非常に低いシャットダウン電流
  • イネーブル入力
  • 広帯域幅のエラー・アンプ
  • 1.5%のフィードバック・リファレンス精度
  • サーマル・シャットダウン
  • パッケージ: 20ピンのHTSSOP (露出パッド)
  • WEBENCH® Power Designerにより、LM5118を使用するカスタム設計を作成
  • 非常に広い入力電圧範囲: 3V~75V
  • エミュレーションによるピーク電流モード制御
  • 降圧と昇圧のモード間をスムーズに遷移
  • スイッチング周波数を最高500kHzにプログラム可能
  • 発振器の同期機能
  • 高電圧バイアス・レギュレータを内蔵
  • ハイサイドおよびローサイドのゲート・ドライバを内蔵
  • ソフトスタート時間をプログラム可能
  • 非常に低いシャットダウン電流
  • イネーブル入力
  • 広帯域幅のエラー・アンプ
  • 1.5%のフィードバック・リファレンス精度
  • サーマル・シャットダウン
  • パッケージ: 20ピンのHTSSOP (露出パッド)
  • WEBENCH® Power Designerにより、LM5118を使用するカスタム設計を作成

LM5118は広い電圧範囲で動作する昇降圧スイッチング・レギュレータ・コントローラで、最小限の外付け部品で高性能かつコスト効率が高い昇降圧レギュレータを実装するために必要な、すべての機能が搭載されています。昇降圧トポロジにより、入力電圧が出力電圧より低くても高くても、出力電圧のレギュレーションが維持されるため、車載用アプリケーションには特に適しています。LM5118は、レギュレートされる出力電圧よりも入力電圧が十分に高いときは降圧レギュレータとして動作し、入力電圧が出力に近付くと、次第に昇降圧モードへ移行します。このデュアル・モード方式により、広い範囲の入力電圧においてレギュレーションが維持され、降圧モードで最適な変換効率を実現し、モード遷移の間も出力にグリッチが発生しません。この使いやすいコントローラには、ハイサイド降圧MOSFETと、ローサイド昇圧MOSFET用のドライバが含まれています。レギュレータの制御方法は、エミュレート電流ランプを使用した電流モード制御です。エミュレートされた電流モード制御を使用することで、パルス幅変調回路のノイズ感受性が低下し、入力電圧の高いアプリケーションに必要な、非常に小さいデューティ・サイクルを、高い信頼性で制御できます。さらに、電流制限、サーマル・シャットダウン、イネーブル入力の保護機能が搭載されています。このデバイスは、放熱を助ける露出ダイ接続パッドを備えて消費可能電力を増大させた、20ピンHTSSOPパッケージで供給されます。

LM5118は広い電圧範囲で動作する昇降圧スイッチング・レギュレータ・コントローラで、最小限の外付け部品で高性能かつコスト効率が高い昇降圧レギュレータを実装するために必要な、すべての機能が搭載されています。昇降圧トポロジにより、入力電圧が出力電圧より低くても高くても、出力電圧のレギュレーションが維持されるため、車載用アプリケーションには特に適しています。LM5118は、レギュレートされる出力電圧よりも入力電圧が十分に高いときは降圧レギュレータとして動作し、入力電圧が出力に近付くと、次第に昇降圧モードへ移行します。このデュアル・モード方式により、広い範囲の入力電圧においてレギュレーションが維持され、降圧モードで最適な変換効率を実現し、モード遷移の間も出力にグリッチが発生しません。この使いやすいコントローラには、ハイサイド降圧MOSFETと、ローサイド昇圧MOSFET用のドライバが含まれています。レギュレータの制御方法は、エミュレート電流ランプを使用した電流モード制御です。エミュレートされた電流モード制御を使用することで、パルス幅変調回路のノイズ感受性が低下し、入力電圧の高いアプリケーションに必要な、非常に小さいデューティ・サイクルを、高い信頼性で制御できます。さらに、電流制限、サーマル・シャットダウン、イネーブル入力の保護機能が搭載されています。このデバイスは、放熱を助ける露出ダイ接続パッドを備えて消費可能電力を増大させた、20ピンHTSSOPパッケージで供給されます。

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン配置が異なる製品。
NEW LM5177 プレビュー 双方向動作対応、78V の広い入力電圧範囲 (VIN)、4 個のスイッチ使用の同期整流昇降圧コントローラ

Newer device with higher Vin/Vout capability, higher Iout capabiltity and additional features

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
12 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LM5118 電圧範囲の広い昇降圧コントローラ データシート (Rev. J 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.J) PDF | HTML 2017年 9月 14日
ホワイト・ペーパー Valuing wide VIN, low EMI synchronous buck circuits for cost-driven, demanding a (Rev. A) 2019年 4月 10日
技術記事 How to approach a power-supply design – part 3 2017年 7月 20日
技術記事 Learn how to keep your car battery steady and running longer 2017年 3月 28日
ホワイト・ペーパー コストが重視される、要求の厳しいアプリケーション向けのワイドVin、低EMIの同期整流方式降圧型回路の評価 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) 2017年 1月 31日
Analog Design Journal Reduce buck-converter EMI and voltage stress by minimizing inductive parasitics 2016年 7月 21日
アプリケーション・ノート Maintaining Output Voltage Regulation During Automotive Cold-Crank with LM5118 2015年 7月 27日
技術記事 Four-switch buck-boost controller delivers high power and efficiency 2015年 3月 21日
EVM ユーザー ガイド (英語) AN-1819 LM5118 Evaluation Board (Rev. B) 2014年 1月 17日
技術記事 Why wide VIN ICs for a 12V or 24V rail? 2013年 10月 29日
ホワイト・ペーパー Wide VIN power management ICs simplify White Paper (Rev. A) 2013年 9月 19日
ユーザー・ガイド AN-2178 LM5118 Four Switch Conversion (Rev. E) 2013年 5月 6日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

LM5118EVAL — LM5118 評価ボード

The LM5118 evaluation board is designed to provide the design engineer with a fully functional, Emulated Current Mode Control, buck-boost power converter to evaluate the LM5118 controller IC. The evaluation board provides a 12V output with 3A of output current capability. The evaluation board's (...)

ユーザー・ガイド: PDF
TI.com で取り扱いなし
評価ボード

PMLKBUCKBOOSTEVM — LM5118 を使用する TI-PMLK 昇降圧検証用ボード

BuckBoost 検証用ボードは、TI パワー・マネージメント・ラボ・キット(TI-PMLK)シリーズに属す 1 枚のボードです。  BuckBoost 検証用ボードは、LM5118 IC を採用しています。  BuckBoost 検証用ボードには、電源設計に関する理解を深める複数の実験を掲載した関連書籍付属しています。  TI-PMLK は、ユーザとデベロッパが実験を通じて電子理論と TI の電源設計を習得できるようにすることを意図しています。

ユーザー・ガイド: PDF
TI.com で取り扱いなし
評価ボード

PMLKBUCKBOOSTEVMB — LM5118 を使用し、TI-PMLK Buck-Boost Experiment Book の付属する TI-PMLK 昇降圧検証用ボード

BuckBoost 検証用ボードは、TI パワー・マネージメント・ラボ・キット(TI-PMLK)シリーズに属す 1 枚のボードです。  BuckBoost 検証用ボードは、LM5118 IC を採用しています。  出荷される箱には、TI-の PMLKBUCKBOOSTEVM ハードウェアに加えて、電源設計に関する理解を深める複数の実験を掲載した BuckBoost Experiments Book(英語)も付属しています。  TI-PMLK は、ユーザとデベロッパが実験を通じて電子理論と TI の電源設計を習得できるようにすることを意図しています。

ユーザー・ガイド: PDF
TI.com で取り扱いなし
シミュレーション・モデル

LM5118 PSpice Transient Model (Rev. B)

SNVM214B.ZIP (79 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル

LM5118 TINA-TI Transient Reference Design

SNVM604.ZIP (558 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・モデル

LM5118 Unencrypted PSpice Transient Model

SNVMAJ8.ZIP (4 KB) - PSpice Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
リファレンス・デザイン

PMP30833 — 24V または 48V 出力に対応、30W、2 スイッチ昇降圧のリファレンス・デザイン

この 2 スイッチ昇降圧リファレンス・デザインは LM5118 による制御を採用し、30V ~ 60V の入力電圧範囲から、24V または 48V の出力電圧への昇降圧を行います。D/A コンバータ (DAC) のジャンパ 3 を使用して 24V と 48V のどちらを出力するかを決定します。ジャンパとして 48VOUT を使用し、24 VOUT は使用しません。最終的なアプリケーションで 48V の出力電圧を必要とするのは 1 秒未満の短期使用です。テスト目的で電力段はこの電力レベルに連続的に耐える設計を採用しているので、最終アプリケーションでは電力段を小型化できます。
リファレンス・デザイン

TIDA-010086 — コスト最適化済みバッテリ・テスト・システム向け、デジタル制御のリファレンス・デザイン

This reference design provides a cost-effective solution for battery formation and test applications. This design uses the C2000™ real-time control MCU for high-resolution pulse-width modulation (PWM) generation, and constant-current (CC) and constant-voltage (CV)
control loops. It efficiently (...)
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-01040 — 大電流アプリケーション向けバッテリ・テスタのリファレンス・デザイン

リチウムイオン・バッテリの構成と電気的テストには高精度の電圧 / 電流制御が必要で、通常は規定された温度範囲にわたって ±0.05% 以内の精度が求められます。  このリファレンス・デザインは 8V ~ 16V の入力(バス)電圧と 0V ~ 5V の出力負荷(バッテリ)電圧に対応した大電流(最大 50A)バッテリ・テスタ・アプリケーションを実現します。内蔵のマルチフェーズ双方向コントローラ LM5170 と高精度データ・コンバータ、計測アンプを組み合わせ、0.01% (...)
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-01041 — マルチフェーズ、高精度、0.5 ~ 100A のバッテリ構成に対応するバッテリ・テスタのリファレンス・デザイン

This reference design provides a multi-phase solution for a wide range of current battery test applications. Leveraging the dual phase buck/boost controller LM5170's daisy chain configuration gives the design the ability to achieve 100A charging/discharging rates. Utilizing high accuracy constant (...)
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-01042 — 50A、100A、200A アプリケーション向け、モジュール型バッテリ・テスタのリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインはモジュール形式のバッテリ・テスト・ソリューションであり、1 つのデザインを使用するだけで、さまざまな電流レベルでバッテリをテストできるフレキシビリティを実現します。このデザインは TIDA-01041 リファレンス・デザインを活用しており、2 個の 100A バッテリ・テスタを独立形式で動作させること、または並列接続して最大電流出力を 100A から 200A に増やすことができます。このデザインは、設計理論、パーツの選定、このソリューションの最適化方法を提示します。
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

PMP15035 — 1000W、双方向、12V ~ 12V コンバータのリファレンス・デザイン

This reference design is a dual-channel, bidirectional converter suitable for 12-V to 12-V, dual-battery system, automotive applications. This reference design has a wide input range (3 V to 40 V) and could give full load (1kW) in the input voltage from 9V to 18V by using two LM5170-Q1 (...)
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

PMP10681 — オートモーティブ・コールド・クランク用に最適化された 3~42V 入力、3A 時 5V 昇降圧、リファレンス・デザイン

This is a modified LM5118 2 switch buck-boost single inductor evaluation module (EVM) optimized to operate through automitive transients such as cold-crank. It is designed to provide 15W (5V, 3A) of output power with an input voltage range of 3V to 42V.
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

PMP7988 — 8 Vin ~ 16 Vin、12 Vout@6A、非同期整流昇降圧コンバータ

PMP7988 is a non-sync buck boost converter. The design accepts an input voltage of 8Vin to 16Vin, with 12V nominal input and outputs 12V, capable of providing 6A of current to the load.
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

PMP9104 — 4 スイッチ昇降圧コンバータ、ワイヤレス・ベース・ステーション・アプリケーション用高過渡電力を供給

4 個のスイッチを採用したこの昇降圧コンバータは、降圧と昇圧のどちらでも動作でき、モード間の遷移もスムーズです。22V ~ 32V の入力を受け入れ、28V(代表値)の出力電圧で 2 ~ 3A の連続電流(4.5A ピーク)を供給します。
パッケージ ピン数 ダウンロード
HTSSOP (PWP) 20 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ