TPS22922

アクティブ

出力放電機能搭載、3.6V、2A、14mΩ、リーケージ 35nA のロード・スイッチ

製品詳細

Number of channels (#) 1 Vin (Min) (V) 0.9 Vin (Max) (V) 3.6 Imax (A) 2 Ron (Typ) (mOhm) 16 Shutdown current (ISD) (Typ) (uA) 0.13 Quiescent current (Iq) (Typ) (uA) 0.2 Soft start Fixed Rise Time Rise time (Typ) (us) 20, 137 Current limit type None Features Quick output discharge Operating temperature range (C) -40 to 85
Number of channels (#) 1 Vin (Min) (V) 0.9 Vin (Max) (V) 3.6 Imax (A) 2 Ron (Typ) (mOhm) 16 Shutdown current (ISD) (Typ) (uA) 0.13 Quiescent current (Iq) (Typ) (uA) 0.2 Soft start Fixed Rise Time Rise time (Typ) (us) 20, 137 Current limit type None Features Quick output discharge Operating temperature range (C) -40 to 85
DSBGA (YFP) 6 1 mm² .8 x 1.2 DSBGA (YZP) 6 2 mm² .928 x 1.428
  • Integrated P-Channel Load Switch
  • Input Voltage: 0.9 V to 3.6 V
  • ON-Resistance (Typical Values)
    • rON = 14 mΩ at VIN = 3.6 V
    • rON = 20 mΩ at VIN = 2.5 V
    • rON = 33 mΩ at VIN = 1.8 V
    • rON = 67 mΩ at VIN = 1.2 V
    • rON = 116 mΩ at VIN = 1.0 V
  • 2-A Maximum Continuous Switch Current
  • Quiescent Current:
    • Typical 78 nA at 1.8 V
  • Shutdown Current:
    • Typical 35 nA at 1.8 V
  • Low Threshold Control Input Enable the use of
    1.2 V, 1.8 V, 2.5 V, or 3.3 V Logic
  • Controlled Slew Rate to Avoid Inrush Currents
    • tR = 30 µs at VIN = 1.8 V
      (TPS22921/2)
    • tR = 200 µs at VIN = 1.8 V
      (TPS22922B)
  • Quick Output Discharge (TPS22922/2B)
  • ESD Performance Tested Per JESD 22
    • 3000-V Human Body Model
      (A114-B, Class II)
    • 1000-V Charged-Device Model (C101)
  • Six Terminal Wafer-Chip-Scale DSBGA Package
    (nominal dimensions shown - see Mechanical,
    Packaging, and Orderable Information
    for details)
    • 0.9-mm × 1.4-mm, 0.5-mm Pitch,
      0.5 mm Height (YZP)
    • 0.9-mm × 1.4-mm, 0.5-mm Pitch,
      0.625 mm Height (YZT)
    • 0.8-mm × 1.2-mm, 0.4-mm Pitch,
      0.5-mm Height (YFP)
  • Integrated P-Channel Load Switch
  • Input Voltage: 0.9 V to 3.6 V
  • ON-Resistance (Typical Values)
    • rON = 14 mΩ at VIN = 3.6 V
    • rON = 20 mΩ at VIN = 2.5 V
    • rON = 33 mΩ at VIN = 1.8 V
    • rON = 67 mΩ at VIN = 1.2 V
    • rON = 116 mΩ at VIN = 1.0 V
  • 2-A Maximum Continuous Switch Current
  • Quiescent Current:
    • Typical 78 nA at 1.8 V
  • Shutdown Current:
    • Typical 35 nA at 1.8 V
  • Low Threshold Control Input Enable the use of
    1.2 V, 1.8 V, 2.5 V, or 3.3 V Logic
  • Controlled Slew Rate to Avoid Inrush Currents
    • tR = 30 µs at VIN = 1.8 V
      (TPS22921/2)
    • tR = 200 µs at VIN = 1.8 V
      (TPS22922B)
  • Quick Output Discharge (TPS22922/2B)
  • ESD Performance Tested Per JESD 22
    • 3000-V Human Body Model
      (A114-B, Class II)
    • 1000-V Charged-Device Model (C101)
  • Six Terminal Wafer-Chip-Scale DSBGA Package
    (nominal dimensions shown - see Mechanical,
    Packaging, and Orderable Information
    for details)
    • 0.9-mm × 1.4-mm, 0.5-mm Pitch,
      0.5 mm Height (YZP)
    • 0.9-mm × 1.4-mm, 0.5-mm Pitch,
      0.625 mm Height (YZT)
    • 0.8-mm × 1.2-mm, 0.4-mm Pitch,
      0.5-mm Height (YFP)

TPS22921, TPS22922, and TPS22922B are small, low rON load switches with controlled turnon. The TPS22921/2/2B contains a P-channel MOSFET that can operate over an input voltage range of 0.9 V to 3.6 V. The switch is controlled by an on/off input (ON), which can interface directly with low-voltage control signals. In TPS22922 and in TPS22922B, a 65-Ω on-chip load resistor is added for output quick discharge when the switch is turned off. The rise time (slew rate) of the device is internally controlled in order to avoid inrush current: TPS22921 and TPS22922 feature a 30-µs rise time, whereas TPS22922B is 200 µs.

TPS22921, TPS22922, and TPS22922B feature low quiescent and shutdown currents and are available in space-saving 6-pin wafer-chip-scale packages DSBGA (WCSP: YZP and YZT with 0.5-mm pitch and YFP with 0.4-mm pitch) which make them ideal for portable electronics. The devices are characterized for operation over the free-air temperature range of –40°C to 85°C.

TPS22921, TPS22922, and TPS22922B are small, low rON load switches with controlled turnon. The TPS22921/2/2B contains a P-channel MOSFET that can operate over an input voltage range of 0.9 V to 3.6 V. The switch is controlled by an on/off input (ON), which can interface directly with low-voltage control signals. In TPS22922 and in TPS22922B, a 65-Ω on-chip load resistor is added for output quick discharge when the switch is turned off. The rise time (slew rate) of the device is internally controlled in order to avoid inrush current: TPS22921 and TPS22922 feature a 30-µs rise time, whereas TPS22922B is 200 µs.

TPS22921, TPS22922, and TPS22922B feature low quiescent and shutdown currents and are available in space-saving 6-pin wafer-chip-scale packages DSBGA (WCSP: YZP and YZT with 0.5-mm pitch and YFP with 0.4-mm pitch) which make them ideal for portable electronics. The devices are characterized for operation over the free-air temperature range of –40°C to 85°C.

ダウンロード

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
13 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TPS2292x 3.6-V, 2-A, 14-mΩ ON-Resistance Load Switch With Controlled Turnon データシート (Rev. C) PDF | HTML 2014年 10月 29日
技術記事 How innovative packaging can drive higher power density in load switches 2022年 2月 23日
証明書 TPS22992SEVM EU RoHS Declaration of Conformity (DoC) 2021年 5月 17日
アプリケーション・ノート Load Switch Thermal Considerations (Rev. A) 2018年 10月 11日
セレクション・ガイド 電源 IC セレクション・ガイド 2018 (Rev. R 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.R) 2018年 9月 13日
アプリケーション・ノート All Load Switch products (Rev. A) 2018年 9月 5日
技術記事 How can a load switch extend your device’s battery life? 2018年 3月 20日
技術記事 How and why you should use load switches for power sequencing 2018年 2月 6日
技術記事 How to use load switches and eFuses in your set-top box design 2017年 11月 23日
アプリケーション・ノート Selecting a Load Switch to Replace a Discrete Solution 2017年 4月 30日
アプリケーション・ノート Load Switches 2017年 4月 27日
アプリケーション・ノート Managing Inrush Current (Rev. A) 2015年 5月 28日
ユーザー・ガイド TPS22921/22/22B Evaluation Module 2009年 1月 19日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

TPS22922BEVM — TPS22922B ロード・スイッチ評価モジュール

TPS22921/22/22B 評価基板 (EVM) は、TPS22922B ロード・スイッチの評価を目的とする、包括的な組み立てとテスト実施済みの回路です。TPS22921/22/22B EVM を使用すると、110mA までのさまざまな負荷条件の下で、さまざまな入力電圧 (0.9V ~ 3.6V) を印加できます。追加の抵抗とコンデンサを実装できる空白のフットプリントを活用すると、お客様が入力と出力負荷の値を選択して使用することができます。TPS22921/22/22B EVM に取り付けることができるのは、YFP-6 パッケージのロード・スイッチであり、以下の 3 (...)

ユーザー・ガイド: PDF
TI.com で取り扱いなし
シミュレーション・モデル

TPS22922B Unencrypted PSpice Transient Model Package (Rev. A)

SLVMA61A.ZIP (44 KB) - PSpice Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
リファレンス・デザイン

TIDEP0025 — シングル・チップ・ドライブ、産業用通信およびモーター制御用

このリファレンス・デザインは、位置エンコーダとロータリー・エンコーダ向けの HEIDENHAIN EnDat 2.2 規格に基づいて、ハードウェア・インターフェイスを実装しています。このプラットフォームを活用して、幅広い産業用オートメーション機器でリアルタイム EtherCAT 通信規格を実装することもできます。産業用オートメーション、ファクトリ・オートメーション、産業用通信などのアプリケーションで、小型フットプリントと低消費電力のシングルチップ・ソリューションを設計できます。
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDEP0022 — ARM MPU、内蔵型 BiSS C マスター・インターフェイス付き

PRU-ICSS(産業用通信サブシステム用の BiSS C Master プロトコル)を実装。このリファレンス・デザインは、包括的な資料と、プログラマブル・リアルタイム・ユニット(PRU)用のソース・コードを提供します。
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDEP0035 — HIPERFACE DSL Master インターフェイスを統合した ARM MPU、リファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、産業用通信サブシステム (PRU-ICSS) 上に HIPERFACE DSL マスター・プロトコルを実装しています。この 2 線式インターフェイスを使用すると、位置フィードバックの配線をモーターのケーブルに統合できます。このデザインは、AM437x PRU-ICSS ファームウェアと、TIDA-00177 トランシーバ・リファレンス・デザインを搭載しています。
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDEP0050 — EnDat 2.2 システム、リファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、位置エンコーダとロータリー・エンコーダ向けの HEIDENHAIN EnDat 2.2 規格に基づいて、EnDat 2.2 マスター・プロトコル・スタックとハードウェア・インターフェイスを実装しています。このデザインが採用しているのは、EnDat 2.2 マスター・プロトコル・スタックと、RS-485 トランシーバを使用する半二重通信機能、および Sitara AM437x 産業用開発キット (IDK) 上に実装済みのライン終端機能です。このデザインは、HEIDENHAIN EnDat 2.2 規格を満たすように包括的にテスト済みです。AM437x IDK は (...)
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-00399 — SSD 電源供給リファレンス・デザイン

TIDA-00399 デザインは、M.2 フォーム・ファクタを採用した SSD で、包括的なパワー・デリバリ (電力供給) ソリューションを実装します。TPS22954 ロード・スイッチは、突入電流を制限する目的で使用しており、システム入力側で個別のスーパーバイザ回路が不要になります。このデザインはテスト済みで、GUI、デモ、ユーザーズ・ガイド (英語) が付属しています。
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
DSBGA (YFP) 6 オプションの表示
DSBGA (YZP) 6 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ