TPS65094

アクティブ

Apollo Lake プロセッサ向け、プログラマブル中入力電圧範囲電源 IC(PMIC)

製品詳細

Regulated outputs (#) 12 Vin (Min) (V) 5.6 Vin (Max) (V) 21 Iout (Max) (A) 21 Rating Catalog LDO 4 Iq (Typ) (mA) 0.3 Features Comm Control, Dynamic Voltage Scaling, Enable, Enable Pin, I2C Control, Over Current Protection, Power Good, Power Sequencing, Synchronous Rectification, Thermal Shutdown, UVLO Fixed Processor name Apollo Lake Processor supplier Intel/Altera Shutdown current (ISD) (Typ) (uA) 65 Switching frequency (Typ) (kHz) 2500 Configurability Factory programmable, Software configurable
Regulated outputs (#) 12 Vin (Min) (V) 5.6 Vin (Max) (V) 21 Iout (Max) (A) 21 Rating Catalog LDO 4 Iq (Typ) (mA) 0.3 Features Comm Control, Dynamic Voltage Scaling, Enable, Enable Pin, I2C Control, Over Current Protection, Power Good, Power Sequencing, Synchronous Rectification, Thermal Shutdown, UVLO Fixed Processor name Apollo Lake Processor supplier Intel/Altera Shutdown current (ISD) (Typ) (uA) 65 Switching frequency (Typ) (kHz) 2500 Configurability Factory programmable, Software configurable
VQFN (RSK) 64 64 mm² 8 x 8
  • 5.6V~21V の広い VIN 範囲

  • 出力電圧可変の 3 つの同期整流降圧型コントローラ ( D-CAP2™トポロジ使用)
    • 一般的なアプリケーションの場合、外部 FET を使用して BUCK1 (VNN) で 5A、BUCK6 (VDDQ) で 7A、BUCK2 (VCCGI) で 21A
    • I2C 動的電圧スケーリング (DVS) 制御
      (BUCK1、BUCK2 の場合、10mV 刻みで 0.5V~1.45V)
    • BUCK6 (VDDQ) のデフォルト出力電圧を OTP でプログラム可能

  • 出力電圧可変の 3 つの同期整流降圧型コンバータ、DCS-Control トポロジおよび I2C DVS 機能を搭載
    • VIN 範囲:4.5V~5.5V
    • BUCK3 (VCCRAM) で 3A の出力電流
    • 一般的なアプリケーションの場合、BUCK4 (V1P8A) と BUCK5 (V1P24A) で 2A の出力電流
  • 出力電圧可変の 3 つの LDO レギュレータ
    • LDOA1:出力電圧を I2C により 1.35V~3.3V の範囲で選択可能、最大出力電流 200mA
    • LDOA2 および LDOA3:出力電圧を I2C により 0.7V~1.5V の範囲で選択可能、最大出力電流 600mA
  • DDR メモリ終端用の VTT LDO
  • スルー・レート制御付きの 3 つの負荷スイッチ
    • 公称入力電圧の 1.5% 未満の電圧降下で、最大 400mA の出力電流
    • 入力電圧 1.8V において RDSON < 96mΩ
  • I2C インターフェイス (デバイス・アドレス 0x5E) により次のモードをサポート
    • Standard mode (100 kHz)
    • Fast mode (400kHz)
    • Fast mode plus (1 MHz)
  • 5.6V~21V の広い VIN 範囲

  • 出力電圧可変の 3 つの同期整流降圧型コントローラ ( D-CAP2™トポロジ使用)
    • 一般的なアプリケーションの場合、外部 FET を使用して BUCK1 (VNN) で 5A、BUCK6 (VDDQ) で 7A、BUCK2 (VCCGI) で 21A
    • I2C 動的電圧スケーリング (DVS) 制御
      (BUCK1、BUCK2 の場合、10mV 刻みで 0.5V~1.45V)
    • BUCK6 (VDDQ) のデフォルト出力電圧を OTP でプログラム可能

  • 出力電圧可変の 3 つの同期整流降圧型コンバータ、DCS-Control トポロジおよび I2C DVS 機能を搭載
    • VIN 範囲:4.5V~5.5V
    • BUCK3 (VCCRAM) で 3A の出力電流
    • 一般的なアプリケーションの場合、BUCK4 (V1P8A) と BUCK5 (V1P24A) で 2A の出力電流
  • 出力電圧可変の 3 つの LDO レギュレータ
    • LDOA1:出力電圧を I2C により 1.35V~3.3V の範囲で選択可能、最大出力電流 200mA
    • LDOA2 および LDOA3:出力電圧を I2C により 0.7V~1.5V の範囲で選択可能、最大出力電流 600mA
  • DDR メモリ終端用の VTT LDO
  • スルー・レート制御付きの 3 つの負荷スイッチ
    • 公称入力電圧の 1.5% 未満の電圧降下で、最大 400mA の出力電流
    • 入力電圧 1.8V において RDSON < 96mΩ
  • I2C インターフェイス (デバイス・アドレス 0x5E) により次のモードをサポート
    • Standard mode (100 kHz)
    • Fast mode (400kHz)
    • Fast mode plus (1 MHz)

TPS65094 デバイスは、特に最新の Intel™プロセッサ向けに設計されたシングル・チップ・ソリューションのパワー・マネージメント IC (PMIC) であり、2S、3S、4S のリチウムイオン・バッテリ・パック (NVCD または非 NVDC 電源アーキテクチャ) を使用するタブレット、Ultrabook、ノート PC、産業用 PC、モノのインターネット (IOT) アプリケーションや、壁面電源を使用するアプリケーションを対象としています。

TPS65094 デバイスは、最小フットプリント、最低コストのシステム電源ソリューション向けに低電圧レールを統合した基本的なシステムに使用されます。TPS65094 デバイスは、Intel のリファレンス・デザインを基礎として、完全な電源ソリューションを提供します。6 つの高効率降圧型レギュレータ (VR)、1 つのシンクまたはソース LDO (VTT)、1 つの負荷スイッチを電源オン・シーケンス・ロジックで制御し、DDR3 および DDR4 メモリの電源も含めて、適切な電源レール、シーケンシング、保護を実現します。最大限の効率を得るため、2 つのレギュレータ (BUCK1 および BUCK2) は動的電圧スケーリング (DVS) をサポートしています (接続スタンバイもサポートしています)。高周波数 VR は、小さなインダクタとコンデンサを使用できるため、ソリューションを小型化できます。I2C インターフェイスにより、組み込みコントローラ (EC) またはシステム・オン・チップ (SoC) を使用して簡単に制御できます。

この PMIC は、放熱特性改善と基板配線の簡略化のためにサーマル・パッドを備えた 8mm × 8mm の単一列 VQFN パッケージで供給されます。

TPS65094 デバイスは、特に最新の Intel™プロセッサ向けに設計されたシングル・チップ・ソリューションのパワー・マネージメント IC (PMIC) であり、2S、3S、4S のリチウムイオン・バッテリ・パック (NVCD または非 NVDC 電源アーキテクチャ) を使用するタブレット、Ultrabook、ノート PC、産業用 PC、モノのインターネット (IOT) アプリケーションや、壁面電源を使用するアプリケーションを対象としています。

TPS65094 デバイスは、最小フットプリント、最低コストのシステム電源ソリューション向けに低電圧レールを統合した基本的なシステムに使用されます。TPS65094 デバイスは、Intel のリファレンス・デザインを基礎として、完全な電源ソリューションを提供します。6 つの高効率降圧型レギュレータ (VR)、1 つのシンクまたはソース LDO (VTT)、1 つの負荷スイッチを電源オン・シーケンス・ロジックで制御し、DDR3 および DDR4 メモリの電源も含めて、適切な電源レール、シーケンシング、保護を実現します。最大限の効率を得るため、2 つのレギュレータ (BUCK1 および BUCK2) は動的電圧スケーリング (DVS) をサポートしています (接続スタンバイもサポートしています)。高周波数 VR は、小さなインダクタとコンデンサを使用できるため、ソリューションを小型化できます。I2C インターフェイスにより、組み込みコントローラ (EC) またはシステム・オン・チップ (SoC) を使用して簡単に制御できます。

この PMIC は、放熱特性改善と基板配線の簡略化のためにサーマル・パッドを備えた 8mm × 8mm の単一列 VQFN パッケージで供給されます。

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
5 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TPS65094 Intel™ Apollo Lake プラットフォーム用 PMIC データシート (Rev. C 翻訳版) PDF | HTML 最新の英語版をダウンロード (Rev.D) PDF | HTML 2020年 2月 13日
EVM ユーザー ガイド (英語) TPS65094x Evaluation Module User's Guide (Rev. A) 2017年 7月 26日
アプリケーション・ノート TPS65094x Schematic Checklist, Layout Checklist, and ILIM Calculator tool (Rev. A) 2017年 1月 20日
ユーザー・ガイド Etna TPS65094x Design Guide 2015年 8月 29日
ホワイト・ペーパー Power management integrated buck controllers for distant point-of-load apps 2015年 8月 14日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

TPS650941EVM-116 — TPS65094x 評価モジュール

TPS650941EVM-116 は、TI (テキサス・インスツルメンツ) の IC である TPS65094 を提示します。

TPS65094 デバイスは、シングルチップ・ソリューションのパワー・マネージメント IC (PMIC) であり、最新の Intel™ プロセッサ向けに特化した設計を採用しています。これらのプロセッサのターゲットは、2S、3S、または 4S リチウムイオン・バッテリ・パックを使用する、NVDC (Narrow VDC)、または NVDC 以外の電源アーキテクチャを採用したタブレット、ウルトラブック、ノート PC です。TPS65094 (...)

評価基板 (EVM) 向けの GUI

IPG-UI — IPG-UI EVM GUI

The IPG-UI GUI can be used to configure multiple PMIC devices to evaluate the features and performance of those devices.  This GUI is build using web based technologies and supports interacting with the EVM hardware using a USB2ANY adapter board. The USB2ANY Explorer is provided to allow (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RSK) 64 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ