製品詳細

Drivers per package 2 Receivers per package 2 Logic voltage (Min) (V) 2.5 Data rate (Max) (kbps) 460 Main supply voltage (Nom) (V) 2.5 Features Auto-Powerdown Plus ESD HBM (kV) 15 Rating Catalog Operating temperature range (C) 0 to 70, -40 to 85 Vout (Typ) (V) 5.4
Drivers per package 2 Receivers per package 2 Logic voltage (Min) (V) 2.5 Data rate (Max) (kbps) 460 Main supply voltage (Nom) (V) 2.5 Features Auto-Powerdown Plus ESD HBM (kV) 15 Rating Catalog Operating temperature range (C) 0 to 70, -40 to 85 Vout (Typ) (V) 5.4
SSOP (DB) 20 38 mm² 5.3 x 7.2 TSSOP (PW) 20 29 mm² 4.4 x 6.5
  • ESD Protection for RS-232 I/O Pins
    • ±15 kV (Human-Body Model)
    • ±8 kV (IEC 61000-4-2, Contact Discharge)
    • ±15 kV (IEC 61000-4-2, Air-Gap Discharge)
  • 300-µA Operating Supply Current
  • 1-µA Low-Power Standby Mode (With Receivers Active)
  • Designed to Transmit at a Data Rate of
    460 kbps
  • Auto-Powerdown Plus Option Features Flexible Power-Saving Mode
  • Operates From a Single 2.25-V to 3-V VCC Supply
  • Designed to be Interchangeable With Industry Standard '3318 Devices
  • ESD Protection for RS-232 I/O Pins
    • ±15 kV (Human-Body Model)
    • ±8 kV (IEC 61000-4-2, Contact Discharge)
    • ±15 kV (IEC 61000-4-2, Air-Gap Discharge)
  • 300-µA Operating Supply Current
  • 1-µA Low-Power Standby Mode (With Receivers Active)
  • Designed to Transmit at a Data Rate of
    460 kbps
  • Auto-Powerdown Plus Option Features Flexible Power-Saving Mode
  • Operates From a Single 2.25-V to 3-V VCC Supply
  • Designed to be Interchangeable With Industry Standard '3318 Devices

The TRS3318E is a dual-driver, dual-receiver, RS-232-compatible transceiver. The device features auto-powerdown plus and enhanced electrostatic discharge (ESD) protection integrated into the chip. Driver output and receiver input are protected to ±15 kV using the IEC 61000-4-2 Air-Gap Discharge method, ±8 kV using the IEC 61000-4-2 Contact Discharge method, and ±15 kV using the Human-Body Model (HBM).

The device operates at a data rate of 460 kbps. The transceiver has a proprietary low-dropout driver output stage, enabling RS-232-compatible operation from a 2.25-V to 3-V supply with a dual charge pump. The charge pump requires only four 0.1-µF capacitors and features a logic-level output (READY) that asserts when the charge pump is regulating and the device is ready to begin transmitting.

The TRS3318E achieves a 1-µA supply current using the auto-powerdown feature. This device automatically enters a low-power power-down mode when the RS-232 cable is disconnected or the drivers of the connected peripherals are inactive for more than 30 s. The device turns on again when it senses a valid transition at any driver or receiver input. Auto-powerdown saves power without changes to the existing BIOS or operating system.

This device is available in two space-saving packages: 20-pin SSOP and 20-pin TSSOP.

The TRS3318E is a dual-driver, dual-receiver, RS-232-compatible transceiver. The device features auto-powerdown plus and enhanced electrostatic discharge (ESD) protection integrated into the chip. Driver output and receiver input are protected to ±15 kV using the IEC 61000-4-2 Air-Gap Discharge method, ±8 kV using the IEC 61000-4-2 Contact Discharge method, and ±15 kV using the Human-Body Model (HBM).

The device operates at a data rate of 460 kbps. The transceiver has a proprietary low-dropout driver output stage, enabling RS-232-compatible operation from a 2.25-V to 3-V supply with a dual charge pump. The charge pump requires only four 0.1-µF capacitors and features a logic-level output (READY) that asserts when the charge pump is regulating and the device is ready to begin transmitting.

The TRS3318E achieves a 1-µA supply current using the auto-powerdown feature. This device automatically enters a low-power power-down mode when the RS-232 cable is disconnected or the drivers of the connected peripherals are inactive for more than 30 s. The device turns on again when it senses a valid transition at any driver or receiver input. Auto-powerdown saves power without changes to the existing BIOS or operating system.

This device is available in two space-saving packages: 20-pin SSOP and 20-pin TSSOP.

ダウンロード

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
5 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TRS3318E 2.5-V 460-kbps RS-232 Transceiver With +/-15-kV ESD Protection データシート (Rev. B) 2013年 10月 11日
技術記事 How the RS-232 transceiver’s regulated charge-pump circuitry works 2018年 6月 28日
アプリケーション・ノート Understanding Power Requirements in RS-232 Applications (Rev. B) 2013年 4月 26日
アプリケーション・ノート Removing Ground Noise in Data Transmission Systems 2007年 10月 5日
アプリケーション・ノート Interface Circuits for TIA/EIA-232-F (Rev. A) 2002年 9月 19日

設計および開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

ユーザー・ガイド: PDF
英語版をダウンロード (Rev.A): PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-060008 — RS-232 信号を RS-485 信号に変換するリファレンス・デザイン

This reference design provides a circuit of converting RS-232 signaling to RS-485 signaling. This allows for long-distance communication, since the range supported by RS-232 is normally less than 50 feet while the range for RS-485's can exceed 1000 feet. The design implements bidirectional (...)
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-00540 — RS-485 / RS-232 マルチプロトコル・トランシーバ、リファレンス・デザイン

This design (TIDA-00540) allows for communication over RS-485 or RS-232 data buses without requiring separate wiring for each.  Data lines are shared between two different transceiver types, and a single control signal is used to determine which protocol is to be used.
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
SSOP (DB) 20 オプションの表示
TSSOP (PW) 20 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 材料 (内容)
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ