製品詳細

Applications Metal proximity detection, Encoders/event counters Number of input channels 1 Vs (Max) (V) 3.46 Vs (Min) (V) 1.71 Operating temperature range (C) -40 to 125 Rating Catalog
Applications Metal proximity detection, Encoders/event counters Number of input channels 1 Vs (Max) (V) 3.46 Vs (Min) (V) 1.71 Operating temperature range (C) -40 to 125 Rating Catalog
WSON (DSG) 8 4 mm² 2 x 2
  • Threshold tolerance: <1 % of coil diameter
  • Temperature stable switching operation
  • Average Supply Current: < 20 µA @ 10 sps
  • Shutdown Supply Current: 140 nA
  • Push-pull output
  • Resistor Programmable Threshold
  • Insensitive to DC Magnetic Fields
  • Contactless Switching Operation
  • Sample Rate up to 4 ksps
  • Supply Voltage: 1.8 V – 3.3 V
  • Operating Temperature Range: –40 to 125 °C
  • Threshold tolerance: <1 % of coil diameter
  • Temperature stable switching operation
  • Average Supply Current: < 20 µA @ 10 sps
  • Shutdown Supply Current: 140 nA
  • Push-pull output
  • Resistor Programmable Threshold
  • Insensitive to DC Magnetic Fields
  • Contactless Switching Operation
  • Sample Rate up to 4 ksps
  • Supply Voltage: 1.8 V – 3.3 V
  • Operating Temperature Range: –40 to 125 °C

The LDC0851 is a close range inductive switch ideal for contactless and robust applications such as presence detection, event counting, and simple buttons.

The switch is triggered when a conductive object comes within close proximity of the sensing coil. Hysteresis is included to ensure a reliable switching threshold immune to mechanical vibration. The differential implementation prevents false triggering over environmental factors such as temperature variation or humidity effects.

Inductive sensing technology provides reliable and accurate sensing even in the presence of dirt, oil, or moisture making it ideal for use in harsh or dirty environments. The solid state switching eliminates the failures due to reed, mechanical, or contact switching. Unlike competitive products, the LDC0851 does not require magnets, nor is it affected by DC magnetic fields.

The LDC0851 is a close range inductive switch ideal for contactless and robust applications such as presence detection, event counting, and simple buttons.

The switch is triggered when a conductive object comes within close proximity of the sensing coil. Hysteresis is included to ensure a reliable switching threshold immune to mechanical vibration. The differential implementation prevents false triggering over environmental factors such as temperature variation or humidity effects.

Inductive sensing technology provides reliable and accurate sensing even in the presence of dirt, oil, or moisture making it ideal for use in harsh or dirty environments. The solid state switching eliminates the failures due to reed, mechanical, or contact switching. Unlike competitive products, the LDC0851 does not require magnets, nor is it affected by DC magnetic fields.

ダウンロード

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
15 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LDC0851 Differential Inductive Switch データシート (Rev. A) PDF | HTML 2016年 1月 16日
アプリケーション・ノート Common Inductive and Capacitive Sensing Applications (Rev. B) PDF | HTML 2021年 6月 22日
アプリケーション・ノート Simulate Inductive Sensors Using FEMM (Finite Element Method Magnetics) (Rev. A) PDF | HTML 2021年 6月 16日
アプリケーション・ノート LDC Device Selection Guide (Rev. D) PDF | HTML 2021年 6月 15日
アプリケーション・ノート LDC Sensor Design (Rev. C) PDF | HTML 2021年 5月 21日
アプリケーション・ノート LDC1xxx LDC Target Design (Rev. B) PDF | HTML 2021年 5月 13日
アプリケーション・ノート LDC0851 Quick-Start Guide (Rev. A) 2020年 2月 7日
技術記事 Understanding tamper detection sensors 2019年 11月 18日
技術記事 An open-and-shut case, part 2: advantages of inductive-based case tamper detection in smart meters 2018年 11月 29日
技術記事 An open-and-shut case, part 1: limitations of mechanical case tamper detection in smart meters 2018年 11月 15日
アプリケーション・ノート LDC0851 Stacked Coil Design Considerations 2018年 2月 12日
EVM ユーザー ガイド (英語) LDC0851EVM User's Guide (Rev. A) 2017年 7月 30日
アプリケーション・ノート EMI Considerations for Inductive Sensing 2017年 2月 22日
技術記事 Inductive sensing: reliably detect faults in circuit breakers using contactless inductive switches 2017年 1月 17日
アプリケーション・ノート LDC0851 - Troubleshooting 2017年 1月 3日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

LDC0851EVM — LDC0851EVM 高精度インダクタンス・スイッチ、スタック・コイル付評価基板

LDC0851 評価基板は、固定スレッショルドを通過する導電性ターゲットの存在を高精度で検出する誘導性センシング技術を実証します。この評価基板はミシン目がある 4 層 PCB を採用しており、センシング・コイルとリファレンス・コイルの両方を積み重ね、システム・サイズの縮小を実現しています。固定スレッショルドを通過する導電性物質が存在する場合、緑の LED でそのことを示します。したがって、マイコンや GUI は不要です。抵抗式ポテンショメータを調整する方法でスレッショルドを簡単に切り替えることができ、フレキシビリティの確保と、システムの迅速なプロトタイプ製作を実現できます。

評価のステップ

(...)

ユーザー・ガイド: PDF
TI.com で取り扱いなし
シミュレーション・モデル

LDC0851 IBIS Model

SLYM096.ZIP (29 KB) - IBIS Model
リファレンス・デザイン

TIDA-00828 — LDC0851 を使用する誘導性センシング 32 ポジション・エンコーダ・ノブのリファレンス・デザイン

制御入力に対する堅牢で低コストのインターフェイスを実現する、誘導性センシング・ベースのインクリメンタル・エンコーダ・ノブのリファレンス・デザインです。  他のセンシング技術とは異なり、ちり、湿気、油が存在する環境でも、高い信頼性を維持することが可能です。また、磁石が不要です。
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-01377 — 誘導性センシングを使用する容器改ざん検出のリファレンス・デザイン

The physical case surrounding a smart meter is the first line of defense against tampering. Smart meter designs must incorporate some way to detect when the meter case is opened in order to alert service providers to a possible tamper attack.  This reference design implements a new method for (...)
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-00851-LDC0851 — LDC0851 イベント計測のリファレンス・デザイン

この TI Design は、誘導センシング(LDC)をベースとするイベント計測デザインであり、スピード測定とイベント計測の各アプリケーション向けに、堅牢で低コストのインターフェイスを実現できます。  このソリューションは磁石を必要とせず、別のセンシング・テクノロジーを使用する場合に通常は課題となる、ちり、湿気、油が存在する環境でも、高い信頼性で動作します。
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
WSON (DSG) 8 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ