ホーム パワー・マネージメント LED ドライバ RGB LED ドライバ
NEW

I2C と自動アニメーション (パターン表示) 制御機能搭載、4 x 3 マトリクス、RGB LED ドライバ

製品詳細

Number of channels 12 LED current per channel (mA) 50 LED configuration Matrix Program memory Yes Topology Linear Programmable ramp control Yes Vin (min) (V) 5.5 Vin (max) (V) 2.7 Iout (max) (A) 0.2 Features Analog/PWM mixed dimming, Constant current, I2C control, LED Open Detection, LED Short Detection, Programmable lighting engines, Thermal shutdown Iq (typ) (mA) 0.4 Shutdown current (ISD) (typ) (µA) 0.1 Operating temperature range (°C) -40 to 85 Rating Catalog
Number of channels 12 LED current per channel (mA) 50 LED configuration Matrix Program memory Yes Topology Linear Programmable ramp control Yes Vin (min) (V) 5.5 Vin (max) (V) 2.7 Iout (max) (A) 0.2 Features Analog/PWM mixed dimming, Constant current, I2C control, LED Open Detection, LED Short Detection, Programmable lighting engines, Thermal shutdown Iq (typ) (mA) 0.4 Shutdown current (ISD) (typ) (µA) 0.1 Operating temperature range (°C) -40 to 85 Rating Catalog
DSBGA (YBH) 9 2.56 mm² 1.6 x 1.6 WSON (DSD) 8 9 mm² 3 x 3
  • 動作電圧範囲:
    • VCC 範囲:2.7V~5.5V
    • 1.8V、3.3V、5V と互換性のあるロジック・ピン
  • タイム・クロス・マルチプレクシング (TCM) トポロジ

    • 最大 12 個の LED または 4 個の RGB LED を駆動
    • ¼、⅓、½、1 の多重化比
    • ダイレクト、TCM、ミックス・ドライブ・モードをサポート

  • 4 個の高精度定電流シンク:
    • 電流シンクごとに 0.1mA~51mA
    • デバイス間誤差:最大 ±5%
    • チャネル間誤差:最大 ±5%
    • 極めて低いヘッドルーム電圧:110mV (標準値) 25.5mA 時、210mV (標準値) 51mA 時
    • PWM 位相シフトを LED ごとに構成可能
  • 極めて低い消費電力:
    • スタンバイ:ISTB = 26µA (標準値) (CHIP_EN = 0 (データ保持) 時)
    • アクティブ:INOR = 0.4 mA (標準値) (LED 電流 = 25.5mA)
  • アナログ調光 (電流ゲイン制御)
    • グローバル 1 ビット最大電流 (MC):25.5mA または 51mA
    • 個別 8 ビット・ドット電流 (DC) 設定
  • 可聴ノイズのない最大 24kHz の PWM 調光
    • 個別の 8 ビット PWM 調光分解能
    • 線形または指数調光曲線
  • 自律型アニメーション・エンジン制御
  • 個別の LED ドット開放 / 短絡検出
  • ゴースト除去機能を内蔵
  • 1MHz (最大値) I2C インターフェイス
  • –40℃~85℃の動作温度範囲
  • 動作電圧範囲:
    • VCC 範囲:2.7V~5.5V
    • 1.8V、3.3V、5V と互換性のあるロジック・ピン
  • タイム・クロス・マルチプレクシング (TCM) トポロジ

    • 最大 12 個の LED または 4 個の RGB LED を駆動
    • ¼、⅓、½、1 の多重化比
    • ダイレクト、TCM、ミックス・ドライブ・モードをサポート

  • 4 個の高精度定電流シンク:
    • 電流シンクごとに 0.1mA~51mA
    • デバイス間誤差:最大 ±5%
    • チャネル間誤差:最大 ±5%
    • 極めて低いヘッドルーム電圧:110mV (標準値) 25.5mA 時、210mV (標準値) 51mA 時
    • PWM 位相シフトを LED ごとに構成可能
  • 極めて低い消費電力:
    • スタンバイ:ISTB = 26µA (標準値) (CHIP_EN = 0 (データ保持) 時)
    • アクティブ:INOR = 0.4 mA (標準値) (LED 電流 = 25.5mA)
  • アナログ調光 (電流ゲイン制御)
    • グローバル 1 ビット最大電流 (MC):25.5mA または 51mA
    • 個別 8 ビット・ドット電流 (DC) 設定
  • 可聴ノイズのない最大 24kHz の PWM 調光
    • 個別の 8 ビット PWM 調光分解能
    • 線形または指数調光曲線
  • 自律型アニメーション・エンジン制御
  • 個別の LED ドット開放 / 短絡検出
  • ゴースト除去機能を内蔵
  • 1MHz (最大値) I2C インターフェイス
  • –40℃~85℃の動作温度範囲

LP5812 は 4 × 3 マトリクス RGB LED ドライバで、自律的なアニメーション エンジン制御が搭載されています。このデバイスは、LED 点灯時の通常動作電流が 0.4mA (標準値) と非常に低くなっています。

時間クロス・マルチプレクシング (TCM) 構造を採用しており、4 つの出力ピンを使用して 12 の LED ドットを個別に制御します。ハイサイド・スキャン・スイッチとローサイド電流シンクの両方が 1 つの出力に搭載されています。スペースに制約のあるシステムの場合、トータル・ソリューション・サイズを最小化できます。

自律型のアニメーション・エンジンを使用すると、コントローラのリアルタイム負荷を大幅に低減できます。各 LED は、関連するレジスタを使用して構成することができ、鮮明で豪華な照明効果を実現できます。このデバイスは 6MHz のクロック信号を生成でき、それを使用して複数のデバイス間で照明効果を同期できます。

LP5812 は 4 × 3 マトリクス RGB LED ドライバで、自律的なアニメーション エンジン制御が搭載されています。このデバイスは、LED 点灯時の通常動作電流が 0.4mA (標準値) と非常に低くなっています。

時間クロス・マルチプレクシング (TCM) 構造を採用しており、4 つの出力ピンを使用して 12 の LED ドットを個別に制御します。ハイサイド・スキャン・スイッチとローサイド電流シンクの両方が 1 つの出力に搭載されています。スペースに制約のあるシステムの場合、トータル・ソリューション・サイズを最小化できます。

自律型のアニメーション・エンジンを使用すると、コントローラのリアルタイム負荷を大幅に低減できます。各 LED は、関連するレジスタを使用して構成することができ、鮮明で豪華な照明効果を実現できます。このデバイスは 6MHz のクロック信号を生成でき、それを使用して複数のデバイス間で照明効果を同期できます。

ダウンロード 字幕付きのビデオを表示 ビデオ

お客様が関心を持ちそうな類似品

open-in-new 代替品と比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン互換製品
NEW LP5810 アクティブ I2C と自動アニメーション (パターン表示) 制御機能搭載、4 チャネル RGBW LED ドライバ 4 channel and linear
比較対象デバイスと類似の機能
NEW LP5811 アクティブ I2C と自動アニメーション (パターン表示) 制御機能搭載、同期整流昇圧、4 チャネル RGBW LED ドライバ 4 channel and sync boost
NEW LP5813 アクティブ I2C と自動アニメーション (パターン表示) 制御機能搭載、同期整流昇圧、4 x 3 マトリクス、RGB LED ドライバ 4x3 TCM matrix and sync boost

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアしてから、再度検索を試してください。
2 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LP5812 4 × 3 マトリクス RGB LED ドライバ、自律制御付き データシート PDF | HTML 英語版をダウンロード PDF | HTML 2022年 5月 27日
証明書 LP5813-12WSONEVM EU Declaration of Conformity (DoC) 2024年 2月 26日

設計と開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページをご覧ください。

評価ボード

LP5813-12WCSPEVM — LP5813/LP5812 自動アニメーション (パターン表示) 制御機能搭載、4 x 3 LED マトリクス ドライバの評価基板

LP5813/12 評価基板を使用すると、4 × 3 マトリクス RGB LED ドライバである LP5813 と LP5812 のすべての機能を提示できます。これら 2 種類のデバイスの違いは、同期整流昇圧機能の有無です (LP5813 は同期整流昇圧機能搭載)。USB2ANY と評価基板 (EVM) の間のインターフェイスを確立するには、LP581x GUI (グラフィカル ユーザー インターフェイス) を使用します。この評価基板 (EVM) は、USB2ANY インターフェイス アダプタ経由で、I2C 入力を受け入れます。

ユーザー ガイド: PDF | HTML
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
DSBGA (YBH) 9 オプションの表示
WSON (DSD) 8 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL 定格 / ピーク リフロー
  • MTBF/FIT 推定値
  • 材質成分
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果
記載されている情報:
  • ファブの拠点
  • 組み立てを実施した拠点

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ フォーラムでは、TI のエンジニアからの技術サポートを提供

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ