製品詳細

Number of channels 1 Total supply voltage (+5 V = 5, ±5 V = 10) (min) (V) 2.5 Total supply voltage (+5 V = 5, ±5 V = 10) (max) (V) 5.5 BW at Acl (MHz) 36 Acl, min spec gain (V/V) 1 Slew rate (typ) (V/µs) 220 Architecture Bipolar, Fully Differential ADC Driver Vn at flatband (typ) (nV√Hz) 10 Iq per channel (typ) (mA) 0.25 Rail-to-rail Out Vos (offset voltage at 25°C) (max) (mV) 1 Operating temperature range (°C) -40 to 125 Iout (typ) (mA) 26 2nd harmonic (dBc) 128 3rd harmonic (dBc) 137 Frequency of harmonic distortion measurement (MHz) 0.001 GBW (typ) (MHz) 30 Input bias current (max) (pA) 210000 Features Shutdown CMRR (typ) (dB) 116 Rating Catalog
Number of channels 1 Total supply voltage (+5 V = 5, ±5 V = 10) (min) (V) 2.5 Total supply voltage (+5 V = 5, ±5 V = 10) (max) (V) 5.5 BW at Acl (MHz) 36 Acl, min spec gain (V/V) 1 Slew rate (typ) (V/µs) 220 Architecture Bipolar, Fully Differential ADC Driver Vn at flatband (typ) (nV√Hz) 10 Iq per channel (typ) (mA) 0.25 Rail-to-rail Out Vos (offset voltage at 25°C) (max) (mV) 1 Operating temperature range (°C) -40 to 125 Iout (typ) (mA) 26 2nd harmonic (dBc) 128 3rd harmonic (dBc) 137 Frequency of harmonic distortion measurement (MHz) 0.001 GBW (typ) (MHz) 30 Input bias current (max) (pA) 210000 Features Shutdown CMRR (typ) (dB) 116 Rating Catalog
SOIC (D) 8 29.4 mm² 4.9 x 6 VSSOP (DGK) 8 14.7 mm² 3 x 4.9 WQFN (RUN) 10 4 mm² 2 x 2
  • Ultra Low Power:
    • Voltage: 2.5 V to 5.5 V
    • Current: 250 µA
    • Power-Down Mode: 0.5 µA (typical)
  • Fully-Differential Architecture
  • Bandwidth: 36 MHz
  • Slew Rate: 200 V/µs
  • THD: –120 dBc at 1 kHz (1 VRMS, RL= 2 kΩ)
  • Input Voltage Noise: 10 nV/√Hz (f = 1 kHz)
  • High DC Accuracy:
    • VOS Drift: ±4 µV/˚C (–40°C to +125°C)
    • AOL: 114 dB
  • Rail-to-Rail Output (RRO)
  • Negative Rail Input (NRI)
  • Output Common-Mode Control
  • Ultra Low Power:
    • Voltage: 2.5 V to 5.5 V
    • Current: 250 µA
    • Power-Down Mode: 0.5 µA (typical)
  • Fully-Differential Architecture
  • Bandwidth: 36 MHz
  • Slew Rate: 200 V/µs
  • THD: –120 dBc at 1 kHz (1 VRMS, RL= 2 kΩ)
  • Input Voltage Noise: 10 nV/√Hz (f = 1 kHz)
  • High DC Accuracy:
    • VOS Drift: ±4 µV/˚C (–40°C to +125°C)
    • AOL: 114 dB
  • Rail-to-Rail Output (RRO)
  • Negative Rail Input (NRI)
  • Output Common-Mode Control

The THS4531 is a low-power, fully-differential op amp with input common-mode range below the negative rail and rail-to-rail output. The device is designed for low-power data acquisition systems and high density applications where power consumption and dissipation is critical.

The device features accurate output common-mode control that allows for dc coupling when driving analog-to-digital converters (ADCs). This control, coupled with the input common-mode range below the negative rail and rail-to-rail output, allows for easy interface from single-ended ground-referenced signal sources to successive-approximation registers (SARs), and delta-sigma (ΔΣ) ADCs using only single-supply 2.5 V to 5 V power. The THS4531 is also a valuable tool for general-purpose, low-power differential signal conditioning applications.

The THS4531 is characterized for operation over the extended industrial temperature range from –40°C to +125°C. The following package options are available:

The THS4531 is a low-power, fully-differential op amp with input common-mode range below the negative rail and rail-to-rail output. The device is designed for low-power data acquisition systems and high density applications where power consumption and dissipation is critical.

The device features accurate output common-mode control that allows for dc coupling when driving analog-to-digital converters (ADCs). This control, coupled with the input common-mode range below the negative rail and rail-to-rail output, allows for easy interface from single-ended ground-referenced signal sources to successive-approximation registers (SARs), and delta-sigma (ΔΣ) ADCs using only single-supply 2.5 V to 5 V power. The THS4531 is also a valuable tool for general-purpose, low-power differential signal conditioning applications.

The THS4531 is characterized for operation over the extended industrial temperature range from –40°C to +125°C. The following package options are available:

ダウンロード 字幕付きのビデオを表示 ビデオ

お客様が関心を持ちそうな類似品

open-in-new 代替品と比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン互換製品
THS4561 アクティブ 超低消費電力、60MHz、広い電源電圧範囲、完全差動アンプ Wider supply voltage (12.6 V)

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアしてから、再度検索を試してください。
12 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート Ultra Low Power, Rail-to-Rail Output, Fully-Differential Amplifier データシート (Rev. C) PDF | HTML 2020年 3月 4日
e-Book(PDF) The Signal - オペアンプ設計ブログ集 英語版をダウンロード 2018年 3月 23日
アプリケーション・ノート Fully-Differential Amplifiers (Rev. E) 2016年 9月 19日
技術記事 Designing an EMC-compliant interface to motor position encoders – Part 5 PDF | HTML 2015年 11月 10日
EVM ユーザー ガイド (英語) THS4531DGK EVM Design Files 2012年 1月 25日
ユーザー・ガイド THS4531DGKEVM Evaluation Module 2012年 1月 11日
Analog Design Journal Using fully differential op amps as attenuators, Part 3 2009年 10月 4日
Analog Design Journal Using fully differential op amps as attenuators, Part 2 2009年 7月 14日
Analog Design Journal Using fully differential op amps as attenuators, Part 1 2009年 5月 1日
アプリケーション・ノート 高速オペアンプのノイズ解析 (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2007年 12月 5日
Analog Design Journal Analysis of fully differential amplifiers 2005年 3月 11日
Analog Design Journal Designing for low distortion with high-speed op amps 2005年 3月 2日

設計と開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページをご覧ください。

評価ボード

THS4531DGKEVM — THS4531 評価モジュール、DGK パッケージ

The THS4531DGKEVM is designed to quickly and easily demonstrate the functionality and versatility of the amplifier. The EVM is ready to connect to power, signal source, and test instruments through the use of on-board connectors. The default amplifier configuration is single-ended input, (...)

ユーザー ガイド: PDF
シミュレーション・モデル

THS4531 PSpice Model

SLOM263.ZIP (111 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル

THS4531 TINA-TI Reference Design

SLOM262.TSC (3751 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・モデル

THS4531 TINA-TI Spice Model

SLOM261.ZIP (7 KB) - TINA-TI Spice Model
計算ツール

SBOR022 TI FDA Calculator

サポート対象の製品とハードウェア

サポート対象の製品とハードウェア

製品
完全差動アンプ
LMH6550 400MHz、差動、高速オペアンプ LMH6551 370MHz、差動、高速オペアンプ LMH6552 1.5GHz 完全差動アンプ LMH6553 出力制限クランプ採用、900MHz、完全差動アンプ LMH6554 2.8GHz、超高直線性、完全差動アンプ LMP8350 電源モードが選択可能、超低歪み、高精度、完全差動 ADC ドライバ OPA862 12.6V、低ノイズ、シングルエンドから差動への変換を行う高入力インピーダンス・アンプ THS4120 シャットダウン機能搭載、3.3V、100MHz、43V/μs、完全差動 CMOS アンプ THS4121 3.3V、100MHz、43V/μs、完全差動 CMOS アンプ THS4130 シャットダウン機能搭載、150MHz、完全差動入出力、低ノイズのアンプ THS4131 完全差動入出力、低ノイズアンプ THS4140 シャットダウン機能搭載、160MHz、完全差動入出力、高いスルーレートのアンプ THS4141 160MHz、完全差動入出力、高いスルーレートのアンプ THS4150 シャットダウン機能搭載、150MHz、完全差動入出力、高いスルーレートのアンプ THS4151 150MHz、完全差動入出力、高いスルーレートのアンプ THS4500 パワーダウン機能搭載、15V、高速、完全差動アンプ THS4501 ±5V、高速、完全差動アンプ THS4503 高速、完全差動アンプ THS4504 シャットダウン機能搭載、広帯域、低歪み、完全差動アンプ THS4505 広帯域、低歪み、完全差動アンプ THS4508 広帯域、完全差動アンプ THS4509 1.9GHz、広帯域、低ノイズ、低歪みの完全差動アンプ THS4511 1.6GHz、ユニティ ゲイン安定、広帯域、低ノイズ、低歪みの完全差動アンプ THS4513 1.6GHz、最小ゲイン 1V/V、低ノイズ、低歪みの完全差動アンプ THS4520 レール・ツー・レール出力、広帯域、完全差動アンプ THS4521 超低消費電力、レール・ツー・レール出力、完全差動アンプ THS4522 超低消費電力、2 チャネル、レール・ツー・レール出力、完全差動アンプ THS4524 超低消費電力、4 チャネル、レール・ツー・レール出力、完全差動アンプ THS4531 超低消費電力 0.25mA、RRO、完全差動アンプ THS4531A 超低消費電力、RRO、完全差動アンプ THS4532 デュアル、超低消費電力 0.25mA、RRO、完全差動アンプ THS4541 高速差動 I/O アンプ THS4551 低ノイズ、高精度、150MHz 完全差動アンプ THS4552 デュアル・チャネル、低ノイズ、高精度、150MHz、完全差動アンプ THS4561 超低消費電力、60MHz、広い電源電圧範囲、完全差動アンプ THS4567 VICM と VOCM の制御機能搭載、220MHz、CMOS 入力、完全差動アンプ THS770006 高速、完全差動 ADC ドライバ・アンプ、ゲイン +6dB 固定
オーディオ・オペアンプ
OPA1637 ハイファイ、高電圧 (36V)、低ノイズ (3.7nV/rtHz)、Burr-Brown™ オーディオ完全差動アンプ
高精度オペアンプ (Vos が 1mV 未満)
THP210 高精度 (40μV、0.1μV/℃)、高電圧 (36V)、低ノイズ (3.7nV/√Hz)、完全差動アンプ
RF FDA
LMH3401 7GHz、超広帯域、完全差動アンプ LMH5401 8GHz、超広帯域、完全差動アンプ
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

ユーザー ガイド: PDF
英語版をダウンロード (Rev.A): PDF
リファレンス・デザイン

TIPD117 — 12 ビット 1 MSPS 2 チャネルデータ収集システムリファレンス・デザイン

この TI Precision 検証済み設計では、12 ビット 1MSPS シングル電源デュアル・チャネル同時データ・アクイジション・システムの原理、部品セレクション、シミュレーション、PCB 設計、および測定の詳細が提供されます。この回路は、2KHz の入力周波数時の 4.5V の差動信号に対して、73dB の SINAD を実現できます。差動入力によって幅広い同相電圧が得られる場合もあります。回路には低インピーダンス・バッファ、ローパス RC フィルタ、内部基準電圧源付きの 12 ビット・デュアル同時サンプリング逐次比較型 ADC が含まれます。
ユーザー ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-00201 — 差動シグナル・コンディショニング回路、電流および電圧測定用、Fluxgate センサ使用

This design provides a 4-channel signal conditioning solution for differential ADCs integrated into a microcontroller measuring motor current using fluxgate sensors. Also provided is an alternative measurement circuit with external differential SAR ADCs as well as circuits for high-speed (...)
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-01012 — ワイヤレス IoT、Bluetooth® Low Energy、4½ 桁表示、100kHz 真の RMS デジタル・マルチメータ

今日、デジタル・マルチメーター (DMM) などのテスト機器を含め、多くの製品が IoT に接続されています。  TIDA-01012 は、TI の SimpleLink™ 超低消費電力ワイヤレス・マイコン (MCU) プラットフォーム、接続型、 4½ 桁表示、100kHz の真の RMS のほか、 Bluetooth® Low Energy コネクティビティ、NFC Bluetooth ペアリング機能、TI の CapTIvate™ 技術採用自動ウェークアップ機能を搭載した DMM で構成されるリファレンス・デザインです。

設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-01014 — 低消費電力インダストリアル IoT フィールド計測向け高精度バッテリ残量計のリファレンス・デザイン

The Internet of Things (IoT) revolution is efficiently connecting applications and instruments, enabling battery powered, wide scale very low power sensor deployment.  New technologies, such as TI’s advanced sensor and low power connectivity devices, are enabling these instruments to be (...)
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-00499 — トランジェントおよびデジタル故障レコーダ AFE、差動アンプおよび HS ADC 使用、リファレンス・デザイン

デジタル障害レコーダ (DFR) が 60/50Hz の周波数使用時に 17/20μs の過渡を検出できるのに対し、過渡レコーダはピークと減衰が 1μs より十分短い期間内に発生する可能性のある外乱をキャプチャできます。このリファレンス・デザインは、デジタル障害レコーダへの過渡入力を最大 1MHz で、または過渡レコーダへの過渡入力を最大 25MHz でキャプチャする方法を示します。正と負両方の過渡 (2kV peak 未満) をキャプチャできるほか、アプリケーションのニーズに基づく可変分解能 (12 ビット~ 14 ビット) が使用でき、高速コンバータを駆動する差動アンプの使用を通じて誤差 (...)
設計ガイド: PDF
回路図: PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
SOIC (D) 8 オプションの表示
VSSOP (DGK) 8 オプションの表示
WQFN (RUN) 10 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL 定格 / ピーク リフロー
  • MTBF/FIT 推定値
  • 材質成分
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果
記載されている情報:
  • ファブの拠点
  • 組み立てを実施した拠点

サポートとトレーニング

TI E2E™ フォーラムでは、TI のエンジニアからの技術サポートを提供

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ