TPS25947

アクティブ

逆極性保護機能内蔵、2.7V ~ 23V、28mΩ、5.5A eFuse

製品詳細

FET Internal Ron (Typ) (mOhm) 28 Vin (Min) (V) 2.7 Vin (Max) (V) 23 Vabsmax_cont (V) 28 Current limit (Min) (A) 0.5 Current limit (Max) (A) 6 Overcurrent response current limiting, circuit breaker Fault response Auto Retry, Latch Off UL recognition UL2367, IEC62368
FET Internal Ron (Typ) (mOhm) 28 Vin (Min) (V) 2.7 Vin (Max) (V) 23 Vabsmax_cont (V) 28 Current limit (Min) (A) 0.5 Current limit (Max) (A) 6 Overcurrent response current limiting, circuit breaker Fault response Auto Retry, Latch Off UL recognition UL2367, IEC62368
VQFN-HR (RPW) 10 4 mm² 2 x 2
  • 広い動作時入力電圧範囲:2.7V~23V
    • 絶対最大定格:28V
    • -15V までの負電圧に対応可能
  • 低いオン抵抗を持つバック・ツー・バック FET を内蔵:RON = 28.3mΩ (標準値)
  • 真の逆電流ブロックによる理想ダイオード動作
  • 高速過電圧保護
    • 過電圧クランプ (OVC) (ピンで選択可能なスレッショルド (3.8V、5.7V、13.8V)、5µs (標準値) の応答時間) または
    • 調整可能な過電圧誤動作防止 (OVLO) (1.2µs (標準値) の応答時間)
  • 負荷電流監視出力 (ILM) を備えた過電流保護
    • アクティブ電流制限またはサーキット・ブレーカを選択可能
    • 調整可能なスレッショルド (ILIM) 0.5A~6A
      • 精度:±10% (ILIM > 1A)
    • 可変の過渡ブランキング・タイマ (ITIMER)、最大 2 × ILIM のピーク電流を許容
    • 出力負荷電流監視精度:±6% (IOUT ≥ 1A)
  • 高速トリップ応答による短絡保護
    • 応答時間 500ns (標準値)
    • 可変 (2 × ILIM) および固定のスレッショルド
  • アクティブ HIGH のイネーブル入力、低電圧誤動作防止 (UVLO) スレッショルドを設定可能
  • 可変の出力スルーレート (dVdt) 制御
  • 過熱保護
  • デジタル出力
    • 優先パワー・マルチプレクサ制御 (AUXOFF) とフォルト通知 (FLT) または
    • 可変スレッショルド (PGTH) 付きのパワー・グッド表示 (PG)
  • UL 2367 認定
    • ファイル番号 E339631
    • RILIM ≥ 750Ω
  • IEC 62368-1 CB 認証
  • 小型サイズ:QFN 2mm × 2mm (0.45mm ピッチ)
  • 広い動作時入力電圧範囲:2.7V~23V
    • 絶対最大定格:28V
    • -15V までの負電圧に対応可能
  • 低いオン抵抗を持つバック・ツー・バック FET を内蔵:RON = 28.3mΩ (標準値)
  • 真の逆電流ブロックによる理想ダイオード動作
  • 高速過電圧保護
    • 過電圧クランプ (OVC) (ピンで選択可能なスレッショルド (3.8V、5.7V、13.8V)、5µs (標準値) の応答時間) または
    • 調整可能な過電圧誤動作防止 (OVLO) (1.2µs (標準値) の応答時間)
  • 負荷電流監視出力 (ILM) を備えた過電流保護
    • アクティブ電流制限またはサーキット・ブレーカを選択可能
    • 調整可能なスレッショルド (ILIM) 0.5A~6A
      • 精度:±10% (ILIM > 1A)
    • 可変の過渡ブランキング・タイマ (ITIMER)、最大 2 × ILIM のピーク電流を許容
    • 出力負荷電流監視精度:±6% (IOUT ≥ 1A)
  • 高速トリップ応答による短絡保護
    • 応答時間 500ns (標準値)
    • 可変 (2 × ILIM) および固定のスレッショルド
  • アクティブ HIGH のイネーブル入力、低電圧誤動作防止 (UVLO) スレッショルドを設定可能
  • 可変の出力スルーレート (dVdt) 制御
  • 過熱保護
  • デジタル出力
    • 優先パワー・マルチプレクサ制御 (AUXOFF) とフォルト通知 (FLT) または
    • 可変スレッショルド (PGTH) 付きのパワー・グッド表示 (PG)
  • UL 2367 認定
    • ファイル番号 E339631
    • RILIM ≥ 750Ω
  • IEC 62368-1 CB 認証
  • 小型サイズ:QFN 2mm × 2mm (0.45mm ピッチ)

TPS25947xx ファミリの eFuse は、小さいパッケージに搭載され、高度に統合された回路保護および電源管理ソリューションです。このデバイスは、非常に少ない数の外付け部品でさまざまな保護モードを提供し、過負荷、短絡、電圧サージ、逆極性、および過剰な突入電流に対して堅牢な保護を行います。バック・ツー・バック FET が内蔵されており、出力から入力への逆電流が常にブロックされるため、このデバイスはパワー・マルチプレクサや OR 接続アプリケーションに最適で、また、入力電源に障害が発生した場合に負荷側のエネルギーを保持するストレージを必要とするシステムにも適しています。これらのデバイスは、リニア OR 接続ベースの方式を採用して DC 逆電流がほぼゼロになっているので、順方向電圧降下と消費電力を最小限にした理想ダイオード動作をエミュレートできます。

出力のスルーレートと突入電流は、単一の外付けコンデンサを使用して調整できます。固定の安全な最大電圧 (ピンで選択可能) に出力をクランプする方法と、可変の過電圧スレッショルドを入力が超えた際に出力を遮断する方法のどちらかで、入力過電圧状態から負荷を保護します。このデバイスは、電流をアクティブに制限するか、または回路を遮断することにより、出力過負荷に対応します。出力電流制限スレッショルドおよび過渡過電流ブランキング・タイマは、ユーザーが調整可能です。電流制限制御ピンは、アナログ負荷電流モニタとしても機能します。

これらのデバイスは、2mm × 2mm、10 ピンの HotRod QFN パッケージで供給され、放熱性能の向上とシステムのフットプリント削減に役立ちます。

これらのデバイスは、-40°C~+125°Cの接合部温度範囲で動作が規定されています。

TPS25947xx ファミリの eFuse は、小さいパッケージに搭載され、高度に統合された回路保護および電源管理ソリューションです。このデバイスは、非常に少ない数の外付け部品でさまざまな保護モードを提供し、過負荷、短絡、電圧サージ、逆極性、および過剰な突入電流に対して堅牢な保護を行います。バック・ツー・バック FET が内蔵されており、出力から入力への逆電流が常にブロックされるため、このデバイスはパワー・マルチプレクサや OR 接続アプリケーションに最適で、また、入力電源に障害が発生した場合に負荷側のエネルギーを保持するストレージを必要とするシステムにも適しています。これらのデバイスは、リニア OR 接続ベースの方式を採用して DC 逆電流がほぼゼロになっているので、順方向電圧降下と消費電力を最小限にした理想ダイオード動作をエミュレートできます。

出力のスルーレートと突入電流は、単一の外付けコンデンサを使用して調整できます。固定の安全な最大電圧 (ピンで選択可能) に出力をクランプする方法と、可変の過電圧スレッショルドを入力が超えた際に出力を遮断する方法のどちらかで、入力過電圧状態から負荷を保護します。このデバイスは、電流をアクティブに制限するか、または回路を遮断することにより、出力過負荷に対応します。出力電流制限スレッショルドおよび過渡過電流ブランキング・タイマは、ユーザーが調整可能です。電流制限制御ピンは、アナログ負荷電流モニタとしても機能します。

これらのデバイスは、2mm × 2mm、10 ピンの HotRod QFN パッケージで供給され、放熱性能の向上とシステムのフットプリント削減に役立ちます。

これらのデバイスは、-40°C~+125°Cの接合部温度範囲で動作が規定されています。

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン互換製品。
TPS25946 アクティブ 双方向電流サポート、2.7V ~ 23V、5.5A、28mΩ の eFuse 2.7-V to 23-V, 5.5A eFuse with bi-directional current support
比較対象デバイスと類似の機能。
TPS2521 アクティブ 逆極性保護機能内蔵、2.7V ~ 5.7V、31mΩ、4A eFuse Footprint compatible at reduced voltage and current range.

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
9 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TPS25947xx、2.7V~23V、5.5A、28mΩ、真の逆電流ブロッキング eFuse、入力逆極性保護付き データシート (Rev. B 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.B) PDF | HTML 2022年 6月 2日
アプリケーション・ノート Using TPS259472 to Meet IEC62368-3 for USB 2.0 and USB 3.1 Power Sourcing Ports PDF | HTML 2022年 2月 7日
証明書 TPS25947x UL2367 Certificate of Compliance E169910 2022年 1月 19日
証明書 TPS25947x UL2367 Certificate of Compliance E339631 2022年 1月 18日
証明書 TPS25947x CB Test Certificate IEC 62368-1 2021年 12月 8日
アプリケーション・ノート Basics of Power MUX (Rev. A) PDF | HTML 2020年 10月 20日
アプリケーション・ノート Fast Role Swap, Linear ORing with TPS25947 and LM73100 in USB-Type C Systems (Rev. A) PDF | HTML 2020年 10月 7日
EVM ユーザー ガイド (英語) TPS25947EVM: Evaluation Module for TPS25947 eFuse 2020年 9月 30日
アプリケーション・ノート eFuses in Smart Electricity Meters PDF | HTML 2020年 9月 1日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

TPS25947EVM — TPS25947 eFuse evaluation module

TPS25947EVM eFuse 評価基板を使用すると、TPS25947 eFuse 製品を採用したリファレンス回路を評価できます。TPS25947xx デバイスは 2.7V ~ 23V 対応の 5.5A eFuse であり、28mΩ の FET、逆電流保護機能、入力逆極性保護機能、過電流と突入電流の保護機能、調整可能な過電流過渡ブランキング・タイマ、プログラマブルな低電圧と過電圧の保護機能を内蔵しています。
TI.com で取り扱いなし
シミュレーション・モデル

TPS25947x PSpice Transient Model (Rev. A)

SLVMDJ6A.ZIP (131 KB) - PSpice Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
計算ツール

TPS25947 Design Calculator

SLVRBH5.ZIP (163 KB)
パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN-HR (RPW) 10 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ