ホーム パワー・マネージメント DC/DC スイッチング・レギュレータ 昇圧 (ブースト) レギュレータ 昇圧コントローラ (スイッチ外付け)

TPS40210-Q1

アクティブ

700mV 電圧リファレンス搭載、4.5V ~ 52V の広い入力電圧範囲、電流モード、昇圧コントローラ

製品詳細

Vin (Min) (V) 4.5 Vin (Max) (V) 52 Vout (Min) (V) 7 Vout (Max) (V) 9 Regulated outputs (#) 1 Switching frequency (Min) (kHz) 35 Switching frequency (Max) (kHz) 1000 Iq (Typ) (mA) 0.53 Features Enable, Frequency Synchronization Duty cycle (Max) (%) 95 TI functional safety category Functional Safety-Capable Rating Automotive
Vin (Min) (V) 4.5 Vin (Max) (V) 52 Vout (Min) (V) 7 Vout (Max) (V) 9 Regulated outputs (#) 1 Switching frequency (Min) (kHz) 35 Switching frequency (Max) (kHz) 1000 Iq (Typ) (mA) 0.53 Features Enable, Frequency Synchronization Duty cycle (Max) (%) 95 TI functional safety category Functional Safety-Capable Rating Automotive
HVSSOP (DGQ) 10 HVSSOP (DGQ) 10 9 mm² 3 x 3
  • Qualified for automotive applications
  • AEC-Q100 qualified with the following results:
    • Device temperature grade 1: –40°C to 125°C ambient operating temperature range
    • Device HBM ESD classification level 2
    • Device CDM ESD classification level C4B
  • Functional Safety-Capable
    • Documentation available to aid functional safety system design
  • For boost, flyback, SEPIC, LED driver applications
  • Wide input operating voltage: 4.5 V to 52 V
  • Adjustable oscillator frequency
  • Fixed-frequency current-mode control
  • Internal slope compensation
  • Integrated low-side driver
  • Programmable closed-loop soft start
  • Overcurrent protection
  • External synchronization capable
  • Reference voltage: 700 mV (TPS40210-Q1),
    260 mV (TPS40211-Q1)
  • Low-current disable function
  • Qualified for automotive applications
  • AEC-Q100 qualified with the following results:
    • Device temperature grade 1: –40°C to 125°C ambient operating temperature range
    • Device HBM ESD classification level 2
    • Device CDM ESD classification level C4B
  • Functional Safety-Capable
    • Documentation available to aid functional safety system design
  • For boost, flyback, SEPIC, LED driver applications
  • Wide input operating voltage: 4.5 V to 52 V
  • Adjustable oscillator frequency
  • Fixed-frequency current-mode control
  • Internal slope compensation
  • Integrated low-side driver
  • Programmable closed-loop soft start
  • Overcurrent protection
  • External synchronization capable
  • Reference voltage: 700 mV (TPS40210-Q1),
    260 mV (TPS40211-Q1)
  • Low-current disable function

The TPS40210-Q1 and TPS40211-Q1 devices are wide-input-voltage (4.5 V to 52 V) non-synchronous boost controllers. They are suitable for topologies that require a grounded source N-channel FET, including boost, flyback, SEPIC, and various LED driver applications. Device features include programmable soft start, overcurrent protection with automatic retry, and programmable oscillator frequency. Current-mode control provides improved transient response and simplified loop compensation. The main difference between the two parts is the reference voltage to which the error amplifier regulates the FB pin.

The TPS40210-Q1 and TPS40211-Q1 devices are wide-input-voltage (4.5 V to 52 V) non-synchronous boost controllers. They are suitable for topologies that require a grounded source N-channel FET, including boost, flyback, SEPIC, and various LED driver applications. Device features include programmable soft start, overcurrent protection with automatic retry, and programmable oscillator frequency. Current-mode control provides improved transient response and simplified loop compensation. The main difference between the two parts is the reference voltage to which the error amplifier regulates the FB pin.

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと類似の機能。
LM5155-Q1 アクティブ AEC-Q100 認証済み、2.2MHz、広い入力電圧範囲 (VIN)、1.5A MOSFET ドライバ搭載、非同期整流昇圧コントローラ Next-generation update for TPS40210-Q1.

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
5 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TPS4021x-Q1 4.5-V to 52-V Input, Current-Mode Boost Controllers データシート (Rev. F) PDF | HTML 2020年 6月 10日
アプリケーション・ノート Voltage Fed Full Bridge DC-DC & DC-AC Converter High-Freq Inverter Using C2000 (Rev. D) 2021年 4月 7日
機能安全情報 TPS40210-Q1 Functional Safety, FIT Rate, and Failure Mode Distribution 2020年 5月 22日
技術記事 How to add overvoltage protection to a synchronous boost controller 2018年 9月 17日
EVM ユーザー ガイド (英語) Using the TPS20410EVM 2008年 3月 14日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

TPS40210EVM — 開発ボード/EVM

The TPS40210EVM evaluation module (EVM) is a fixed frequency (600kHz) non-synchronous boost converter providing fixed 24.0-V output at up to 2A from a 12V input bus. The EVM is designed to start up from a single supply, so no additional bias voltage is required for start-up. The module uses the (...)
TI.com で取り扱いなし
シミュレーション・モデル

TPS40210-Q1 Unencrypted PSpice Transient Model Package (Rev. A) TPS40210-Q1 Unencrypted PSpice Transient Model Package (Rev. A)

シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
計算ツール

FLYBUCK-FLYBACK-DESIGN-CALC Fly-Buck / フライバック・トポロジー・セレクタ

This tool helps a power supply engineer to select the right isolated DC-DC topology based on the specifications. Depending on the topology chosen, the calculator also recommends the right IC for the design.
TI リファレンス・デザインの内容: TPS40210-Q1

TI のリファレンス・デザイン・セレクション・ツールを使用すると、開発中のアプリケーションやパラメータとの適合度が最も高いデザインの確認と特定を進めることができます。

パッケージ ピン数 ダウンロード
HVSSOP (DGQ) 10 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ