製品詳細

Type 3-Axis linear Supply voltage (Vcc) (Min) (V) 2.3 Supply voltage (Vcc) (Max) (V) 5.5 Sensitivity error (%) 2.5 Rating Catalog Magnetic sensing range (mT) 25, 50, 75, 100, 150, 300 Operating temperature range (C) -40 to 150 Sample rate (kSPS) 20 Interface type SPI
Type 3-Axis linear Supply voltage (Vcc) (Min) (V) 2.3 Supply voltage (Vcc) (Max) (V) 5.5 Sensitivity error (%) 2.5 Rating Catalog Magnetic sensing range (mT) 25, 50, 75, 100, 150, 300 Operating temperature range (C) -40 to 150 Sample rate (kSPS) 20 Interface type SPI
VSSOP (DGK) 8 15 mm² 3 x 4.9
  • 位置センシング速度と精度を最適化する高精度リニア 3D ホール・エフェクト・センサ:
    • 線形測定の合計誤差:±2.6% (最大値、25℃)
    • 感度の温度ドリフト:±2.8% (最大値)
    • 1 軸で 20kSPS の変換レート
  • 10MHz のシリアル・ペリフェラル・インターフェイス (SPI)、巡回冗長性検査 (CRC) 機能付き
  • デジタル出力温度センサ内蔵、±2℃未満の精度
  • X、Y、Z の磁気範囲を独立に選択可能:
    • TMAG5170A1:±25、±50、±100mT
    • TMAG5170A2:±75、±150、±300 mT
  • 5nA (標準値) のディープ・スリープ・モード電流
  • スレッショルド検出のために1.5µA しか消費しない自律的なウェークアップおよびスリープモード
  • センサ変換を開始する、または変換完了を示す ALERT 機能
  • フォルト検出用の診断機能を内蔵
  • ゲインおよびオフセット調整付き角度 CORDIC 計算機能を内蔵
  • 2.3V~5.5V の動作電源電圧範囲
  • 動作温度範囲:-40℃~+150℃
  • 位置センシング速度と精度を最適化する高精度リニア 3D ホール・エフェクト・センサ:
    • 線形測定の合計誤差:±2.6% (最大値、25℃)
    • 感度の温度ドリフト:±2.8% (最大値)
    • 1 軸で 20kSPS の変換レート
  • 10MHz のシリアル・ペリフェラル・インターフェイス (SPI)、巡回冗長性検査 (CRC) 機能付き
  • デジタル出力温度センサ内蔵、±2℃未満の精度
  • X、Y、Z の磁気範囲を独立に選択可能:
    • TMAG5170A1:±25、±50、±100mT
    • TMAG5170A2:±75、±150、±300 mT
  • 5nA (標準値) のディープ・スリープ・モード電流
  • スレッショルド検出のために1.5µA しか消費しない自律的なウェークアップおよびスリープモード
  • センサ変換を開始する、または変換完了を示す ALERT 機能
  • フォルト検出用の診断機能を内蔵
  • ゲインおよびオフセット調整付き角度 CORDIC 計算機能を内蔵
  • 2.3V~5.5V の動作電源電圧範囲
  • 動作温度範囲:-40℃~+150℃

TMAG5170 は、幅広い産業用およびパーソナル・エレクトロニクス・アプリケーション向けに設計された高精度 3D ホール・エフェクト・センサです。高いレベルの統合により、各種の位置センシング・システムでフレキシビリティと精度を実現できます。このデバイスは X、Y、Z 軸に対して 3 つの独立したホール・センサを備えています。

高精度シグナル・チェーンと内蔵の 12 ビット ADC により、高精度で低ドリフトの磁界測定を実現すると同時に、最高 20ksps のサンプリングをサポートします。オンチップの温度センサのデータを利用して、システム・レベルのドリフト補償を実施できます。

統合型角度計算エンジン (CORDIC) は、軸上と軸外の両方の角度測定トポロジについて、 360℃の角度位置情報を提供します。角度の計算は、ユーザーが選択した 2 つの磁気軸を使用して行います。このデバイスは磁気ゲインおよびオフセットの補正機能を搭載しており、システムの機械的誤差による影響を緩和します。

TMAG5170 は SPI を介して構成することにより、磁気軸と温度測定を自由に組み合わせて使用できます。複数のセンサ変換方式と SPI リード・フレームにより、スループットと精度を最適化できます。低消費電力のウェークアップおよびスリープ・モード時に、専用の ALERT ピンをシステム割り込みとして使用でき、マイクロコントローラによって新しいセンサ変換をトリガすることもできます。

TMAG5170 は、システム・レベルとデバイス・レベルの両方の障害を検出および報告するためのさまざまな診断機能を備えています。SPI 通信は、ユーザーが選択できる巡回冗長性検査 (CRC) 機能を備えており、データの整合性が向上します。

このデバイスには 2 つの異なる注文可能製品があり、±25mT~±300mT の広い範囲の磁界をサポートしています。

このデバイスは、-40℃~+150℃の広い周囲温度範囲で正常に動作します。

TMAG5170 は、幅広い産業用およびパーソナル・エレクトロニクス・アプリケーション向けに設計された高精度 3D ホール・エフェクト・センサです。高いレベルの統合により、各種の位置センシング・システムでフレキシビリティと精度を実現できます。このデバイスは X、Y、Z 軸に対して 3 つの独立したホール・センサを備えています。

高精度シグナル・チェーンと内蔵の 12 ビット ADC により、高精度で低ドリフトの磁界測定を実現すると同時に、最高 20ksps のサンプリングをサポートします。オンチップの温度センサのデータを利用して、システム・レベルのドリフト補償を実施できます。

統合型角度計算エンジン (CORDIC) は、軸上と軸外の両方の角度測定トポロジについて、 360℃の角度位置情報を提供します。角度の計算は、ユーザーが選択した 2 つの磁気軸を使用して行います。このデバイスは磁気ゲインおよびオフセットの補正機能を搭載しており、システムの機械的誤差による影響を緩和します。

TMAG5170 は SPI を介して構成することにより、磁気軸と温度測定を自由に組み合わせて使用できます。複数のセンサ変換方式と SPI リード・フレームにより、スループットと精度を最適化できます。低消費電力のウェークアップおよびスリープ・モード時に、専用の ALERT ピンをシステム割り込みとして使用でき、マイクロコントローラによって新しいセンサ変換をトリガすることもできます。

TMAG5170 は、システム・レベルとデバイス・レベルの両方の障害を検出および報告するためのさまざまな診断機能を備えています。SPI 通信は、ユーザーが選択できる巡回冗長性検査 (CRC) 機能を備えており、データの整合性が向上します。

このデバイスには 2 つの異なる注文可能製品があり、±25mT~±300mT の広い範囲の磁界をサポートしています。

このデバイスは、-40℃~+150℃の広い周囲温度範囲で正常に動作します。

ダウンロード

TMAG5170 はドイツの「Elektronik’s Product of the Year Measurement & Sensing category」 (測定とセンシング分野でその年の顕著なエレクトロニクス製品) で 2 位を獲得しました。

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン配置が異なる製品。
NEW TMAG5273 アクティブ I²C インターフェイス搭載、低消費電力、リニア 3D ホール効果センサ 3D linear Hall-effect sensor with I2C output

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
23 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TMAG5170 高精度 3D リニア・ホール・エフェクト・センサ、SPI 付き データシート PDF | HTML 英語版をダウンロード PDF | HTML 2021年 8月 12日
技術記事 6 more myths about Hall-effect sensors 2022年 5月 31日
アプリケーション・ノート リニアモーター搬送システムにおけるマルチムーバー位置検出 PDF | HTML 英語版をダウンロード PDF | HTML 2022年 4月 13日
アプリケーション・ノート Achieving Highest System Angle Sensing Accuracy PDF | HTML 2022年 3月 29日
その他の技術資料 ホール効果センサーの概要 PDF | HTML 2022年 3月 29日
アプリケーション・ノート How Hall-Effect Sensors are Being Used in Electronic Smart Locks PDF | HTML 2022年 3月 23日
アプリケーション・ノート Hall-Effect Sensors in Vacuum Robots PDF | HTML 2022年 3月 22日
アプリケーション・ノート Mechanical Advantages of 3D Hall-Effect Sensors in Robotics Designs PDF | HTML 2022年 3月 21日
ユーザー・ガイド TMAG5170UEVM User's Guide (Rev. A) PDF | HTML 2022年 2月 4日
アプリケーション・ノート Replacing Reed Switches With the DRV5032 Hall Effect Sensor PDF | HTML 2021年 10月 13日
技術記事 How 3D Hall-effect sensors deliver precise, real-time position control to autonomous systems 2021年 10月 11日
アプリケーション・ノート Tracking Slide-By Displacement with Linear Hall Effect Sensors PDF | HTML 2021年 10月 1日
ユーザー・ガイド TMAG5170 Slide By Attachment Files PDF | HTML 2021年 9月 30日
ホワイト・ペーパー リニア 3D ホール効果位置センサでシステム性能を向上 PDF | HTML 英語版をダウンロード PDF | HTML 2021年 9月 24日
証明書 TMAG5170UEVM EU RoHS Declaration of Conformity (DoC) 2021年 9月 1日
アプリケーション・ノート Limit Detection for Tamper and End-of-Travel Detection Using Hall-Effect Sensors (Rev. A) PDF | HTML 2021年 8月 24日
ユーザー・ガイド Joystick Attachment Guide (Rev. A) PDF | HTML 2021年 7月 22日
ユーザー・ガイド TMAG5170 Orbital Attachment Assembly Guide (Rev. A) PDF | HTML 2021年 7月 19日
アプリケーション・ノート Absolute Position Sensing using 3D Hall Effect Sensors PDF | HTML 2021年 7月 16日
アプリケーション・ノート DRV5056 Head-On Displacement Function PDF | HTML 2021年 6月 28日
アプリケーション・ノート Angle Measurement for Hall Effect Sensors PDF | HTML 2021年 3月 30日
アプリケーション・ノート Linear Hall Effect Sensor Array Design PDF | HTML 2020年 10月 8日
アプリケーション・ノート Angle Measurement with Multi-Axis Hall Effect Sensors PDF | HTML 2020年 8月 6日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

TMAG5170UEVM — TMAG5170 SPI バス・インターフェイス搭載、高精度、3D リニア・ホール効果センサの評価基板

TMAG5170UEVM は、TMAG5170 の主な機能と性能を評価するための使いやすいプラットフォームです。この 評価基板 (EVM) に付属している GUI (グラフィカル・ユーザー・インターフェイス) は、レジスタの読み書きや、測定結果の表示と保存に使用できます。また、3D プリントの Rotate and Push Module (回転と押下モジュール) も付属しているので、角度測定やプッシュ・ボタンという一般的な機能を単一のデバイスでテストできます。

計算ツール

HALL-PROXIMITY-DESIGN — 近接磁気センシング向けのツール

HALL-PROXIMITY-DESIGN は、磁石やホール効果センサ・システムの設計を迅速かつ繰り返し実行するのに役立つソフトウェア・ツールです。
計算ツール

TMAG5170 2D Angle Error Calculator

SBAR012.ZIP (197 KB)
計算ツール

Magnetic Sensing Proximity Tool (Rev. E)

SLYR071E.ZIP (2148 KB)
リファレンス・デザイン

TIDA-060040 — Absolute angle encoder reference design with Hall-effect sensors for precise motor position control

The TIDA-060040 reference design demonstrates a method for absolute angle encoding typical in precision motor-control applications, such as robotic arm control. Angle encoding can be achieved using various magnetic sensing technologies. This is done by detecting two magnetic flux density, B-field, (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
VSSOP (DGK) 8 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ