製品詳細

Type Ratiometric PWM output Supply voltage (Vcc) (Min) (V) 3 Supply voltage (Vcc) (Max) (V) 5.5 Accuracy (%) 6 Rating Catalog Output 8 %D to 92 %D Operating temperature range (C) -40 to 125
Type Ratiometric PWM output Supply voltage (Vcc) (Min) (V) 3 Supply voltage (Vcc) (Max) (V) 5.5 Accuracy (%) 6 Rating Catalog Output 8 %D to 92 %D Operating temperature range (C) -40 to 125
SOT-23 (DBZ) 3 7 mm² 2.92 x 2.37 TO-92 (LPG) 3 6 mm² 4 x 1.52
  • PWM出力リニア・ホール効果磁気センサ
  • 3.3Vおよび5Vの電源で動作
  • 静止デューティ・サイクル50%で2kHzのクロック出力
  • 磁気感度オプション(VCC = 5V時)
    • A1:2%D/mT、±21mT範囲
    • A2:1%D/mT、±42mT範囲
    • A3:0.5%D/mT、±84mT範囲
    • A4:0.25%D/mT、±168mT範囲
  • シンク能力20mAのオープンドレイン出力
  • 磁石の温度ドリフトの補償
  • 標準の産業用パッケージ:
    • 表面実装のSOT-23
    • スルーホールのTO-92
  • PWM出力リニア・ホール効果磁気センサ
  • 3.3Vおよび5Vの電源で動作
  • 静止デューティ・サイクル50%で2kHzのクロック出力
  • 磁気感度オプション(VCC = 5V時)
    • A1:2%D/mT、±21mT範囲
    • A2:1%D/mT、±42mT範囲
    • A3:0.5%D/mT、±84mT範囲
    • A4:0.25%D/mT、±168mT範囲
  • シンク能力20mAのオープンドレイン出力
  • 磁石の温度ドリフトの補償
  • 標準の産業用パッケージ:
    • 表面実装のSOT-23
    • スルーホールのTO-92

DRV5057デバイスは、リニア・ホール効果センサで、磁束密度に正比例して応答します。このデバイスは、広範なアプリケーションにおいて、正確な位置センシングに使用できます。

このデバイスは、3.3Vまたは5Vの電源で動作します。磁界が存在しないとき、デューティ・サイクル50%のクロックが出力されます。出力のデューティ・サイクルは、印加される磁束密度に対して直線的に変化し、4つの感度オプションによって、必要なセンシング範囲に基づいて出力ダイナミック・レンジを最大化できます。磁界のN極とS極がそれぞれ固有の出力を生成します。標準的なパルス幅変調(PWM)搬送波周波数は2kHzです。

パッケージの上面に垂直な磁束が検出され、2つのパッケージ・オプションでセンシング方向が異なります。

PWM信号はエッジ間タイミングに基づくため、電圧ノイズやGND電位の不一致があっても信号完全性を確保できます。この信号は雑音環境での長距離伝送に適しています。また、常に存在するクロックを使って、システム・コントローラは相互接続が正常であることを確認できます。さらに、デバイスには磁石温度補償が搭載されており、磁石のドリフトを補償することで、-40℃~+125℃の広い温度範囲にわたって線形のパフォーマンスを実現します。

DRV5057デバイスは、リニア・ホール効果センサで、磁束密度に正比例して応答します。このデバイスは、広範なアプリケーションにおいて、正確な位置センシングに使用できます。

このデバイスは、3.3Vまたは5Vの電源で動作します。磁界が存在しないとき、デューティ・サイクル50%のクロックが出力されます。出力のデューティ・サイクルは、印加される磁束密度に対して直線的に変化し、4つの感度オプションによって、必要なセンシング範囲に基づいて出力ダイナミック・レンジを最大化できます。磁界のN極とS極がそれぞれ固有の出力を生成します。標準的なパルス幅変調(PWM)搬送波周波数は2kHzです。

パッケージの上面に垂直な磁束が検出され、2つのパッケージ・オプションでセンシング方向が異なります。

PWM信号はエッジ間タイミングに基づくため、電圧ノイズやGND電位の不一致があっても信号完全性を確保できます。この信号は雑音環境での長距離伝送に適しています。また、常に存在するクロックを使って、システム・コントローラは相互接続が正常であることを確認できます。さらに、デバイスには磁石温度補償が搭載されており、磁石のドリフトを補償することで、-40℃~+125℃の広い温度範囲にわたって線形のパフォーマンスを実現します。

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

比較対象デバイスと類似の機能。
TMAG5273 アクティブ I²C インターフェイス搭載、低消費電力、リニア 3D ホール効果センサ 3D linear Hall-effect sensor with I2C interface

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
10 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート DRV5057 リニア・ホール効果センサ、PWM出力対応 データシート PDF | HTML 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) PDF | HTML 2018年 11月 5日
その他の技術資料 ホール効果センサの概要 PDF | HTML 英語版をダウンロード PDF | HTML 2022年 4月 13日
アプリケーション・ノート Linear Hall Effect Sensor Angle Measurement Theory, Implementation (Rev. B) PDF | HTML 2021年 11月 5日
アプリケーション・ノート Tracking Slide-By Displacement with Linear Hall Effect Sensors PDF | HTML 2021年 10月 1日
技術記事 What is a Hall-effect sensor? 2021年 5月 17日
アプリケーション・ノート Angle Measurement for Hall Effect Sensors PDF | HTML 2021年 3月 30日
アプリケーション・ノート Linear Hall Effect Sensor Array Design PDF | HTML 2020年 10月 8日
EVM ユーザー ガイド (英語) DRV5055-5057EVM User's Guide 2019年 1月 25日
技術記事 Intro to linear Hall effect sensors: Achieve contactless accurate position sensing 2018年 9月 6日
アプリケーション・ノート Using Linear Hall Effect Sensors to Measure Angle (Rev. A) 2018年 8月 22日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

DRV5055-5057EVM — DRV5055 / DRV5056 / DRV5057 リニア・ホール効果センサの評価モジュール

TheDRV505x is a linear Hall Effect magnetic-sense solution that provides ease of use and high performance. The DRV5055-5057EVM is intended to provide basic functional evaluation of this device family. The fixture layout is not intended to be a model for the target circuit, nor is it laid out for (...)
ユーザー・ガイド: PDF
TI.com で取り扱いなし
評価ボード

HALL-ADAPTER-EVM — Hall sensor breakout adapter evaluation module

Speed up your switch, latch and linear hall sensor prototyping and testing with the HALL-ADAPTER-EVM, which provides a fast, easy and inexpensive way to interface with small ICs. You can connect any supported Hall Sensor using the included Samtec terminal strips or wire them directly to existing (...)
ユーザー・ガイド: PDF | HTML
TI.com で取り扱いなし
計算ツール

HALL-PROXIMITY-DESIGN — 近接磁気センシング向けのツール

HALL-PROXIMITY-DESIGN は、磁石やホール効果センサ・システムの設計を迅速かつ繰り返し実行するのに役立つソフトウェア・ツールです。
計算ツール

Magnetic Sensing Proximity Tool (Rev. F)

SLYR071F.ZIP (2180 KB)
パッケージ ピン数 ダウンロード
SOT-23 (DBZ) 3 オプションの表示
TO-92 (LPG) 3 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ