TCAN4550-Q1

アクティブ

CAN-FD コントローラとトランシーバ内蔵、車載用システム・ベーシス・チップ(SBC)

製品詳細

Protocols CAN, CAN FD, SBC Number of channels (#) 1 Supply voltage (V) 5.5 to 30 Bus fault voltage (V) -58 to 58 Signaling rate (Max) (Mbps) 8 TI functional safety category Functional Safety Quality-Managed Rating Automotive Operating temperature range (C) -40 to 125 Low power mode Sleep Common mode voltage (V) -12 to 12 Isolated No
Protocols CAN, CAN FD, SBC Number of channels (#) 1 Supply voltage (V) 5.5 to 30 Bus fault voltage (V) -58 to 58 Signaling rate (Max) (Mbps) 8 TI functional safety category Functional Safety Quality-Managed Rating Automotive Operating temperature range (C) -40 to 125 Low power mode Sleep Common mode voltage (V) -12 to 12 Isolated No
VQFN (RGY) 20 16 mm² 4.5 x 3.5
  • 車載アプリケーション向けに AEC-Q100 認証済み
    • 温度グレード 1:-40℃~125℃、TA
  • 機能安全品質管理
  • CAN FD トランシーバとシリアル・ペリフェラル・インターフェイス (SPI) を内蔵した CAN FD コントローラ
  • ISO 11898-1:2015 と Bosch M_CAN リビジョン 3.2.1.1 の両方をサポートする CAN FD コントローラ
  • ISO 11898-2:2016 の要件に適合
  • 最高 18MHz の SPI クロック速度で、最高 8Mbps の CAN FD データ・レートをサポート
  • Classic CAN と後方互換
  • 通常、スタンバイ、スリープ、フェイルセーフの各動作モードを使用可能
  • マイクロプロセッサ用の 3.3V~5V の入出力ロジックのサポート
  • CAN バスでの広い動作範囲
    • ±58V のバス障害保護
    • ±12V 同相
  • 低ドロップアウトの電圧レギュレータを内蔵し、CAN トランシーバに 5V を、外部デバイスに最大 70mA を供給
  • 電源非接続時の最適化された挙動
    • バスおよびロジック端子は高インピーダンス (動作中のバス、アプリケーションに対して無負荷)
    • 電源オンおよびオフ時のグリッチ・フリー動作
  • 車載アプリケーション向けに AEC-Q100 認証済み
    • 温度グレード 1:-40℃~125℃、TA
  • 機能安全品質管理
  • CAN FD トランシーバとシリアル・ペリフェラル・インターフェイス (SPI) を内蔵した CAN FD コントローラ
  • ISO 11898-1:2015 と Bosch M_CAN リビジョン 3.2.1.1 の両方をサポートする CAN FD コントローラ
  • ISO 11898-2:2016 の要件に適合
  • 最高 18MHz の SPI クロック速度で、最高 8Mbps の CAN FD データ・レートをサポート
  • Classic CAN と後方互換
  • 通常、スタンバイ、スリープ、フェイルセーフの各動作モードを使用可能
  • マイクロプロセッサ用の 3.3V~5V の入出力ロジックのサポート
  • CAN バスでの広い動作範囲
    • ±58V のバス障害保護
    • ±12V 同相
  • 低ドロップアウトの電圧レギュレータを内蔵し、CAN トランシーバに 5V を、外部デバイスに最大 70mA を供給
  • 電源非接続時の最適化された挙動
    • バスおよびロジック端子は高インピーダンス (動作中のバス、アプリケーションに対して無負荷)
    • 電源オンおよびオフ時のグリッチ・フリー動作

TCAN4550-Q1 は、最高 8Mbps のデータ・レートをサポートする CAN FD トランシーバを内蔵した CAN FD コントローラです。この CAN FD コントローラは、ISO11898-1:2015 高速コントローラ・エリア・ネットワーク (CAN) データ・リンク層の仕様と、ISO11898–2:2016 高速 CAN 仕様の物理層の要件を満たしています。

TCAN4550-Q1 は、シリアル・ペリフェラル・インターフェイス (SPI) を経由して、CAN バスとシステム・プロセッサとの間のインターフェイスとして機能し、Classic CAN と CAN FD の両方をサポートします。これにより、ポートの拡張や CAN FD をサポートしていないプロセッサでの CAN のサポートが可能になります。 TCAN4550-Q1 は CAN FD トランシーバ機能 (バスへの差動送信機能とバスからの差動受信機能) を備えています。このデバイスは、ローカル・ウェイクアップ (LWU) によるウェイクアップと、ISO11898-2:2016 ウェイクアップ・パターン (WUP) を実装した CAN バスを使用するバス・ウェイクをサポートしています。

このデバイスには多くの保護機能が組み込まれているため、デバイスと CAN バスの堅牢性を確保できます。このような保護機能の例として、フェイルセーフ・ モード、内部ドミナント状態タイムアウト 、広いバス動作範囲 、タイムアウト・ウォッチドッグなどが挙げられます。

TCAN4550-Q1 は、最高 8Mbps のデータ・レートをサポートする CAN FD トランシーバを内蔵した CAN FD コントローラです。この CAN FD コントローラは、ISO11898-1:2015 高速コントローラ・エリア・ネットワーク (CAN) データ・リンク層の仕様と、ISO11898–2:2016 高速 CAN 仕様の物理層の要件を満たしています。

TCAN4550-Q1 は、シリアル・ペリフェラル・インターフェイス (SPI) を経由して、CAN バスとシステム・プロセッサとの間のインターフェイスとして機能し、Classic CAN と CAN FD の両方をサポートします。これにより、ポートの拡張や CAN FD をサポートしていないプロセッサでの CAN のサポートが可能になります。 TCAN4550-Q1 は CAN FD トランシーバ機能 (バスへの差動送信機能とバスからの差動受信機能) を備えています。このデバイスは、ローカル・ウェイクアップ (LWU) によるウェイクアップと、ISO11898-2:2016 ウェイクアップ・パターン (WUP) を実装した CAN バスを使用するバス・ウェイクをサポートしています。

このデバイスには多くの保護機能が組み込まれているため、デバイスと CAN バスの堅牢性を確保できます。このような保護機能の例として、フェイルセーフ・ モード、内部ドミナント状態タイムアウト 、広いバス動作範囲 、タイムアウト・ウォッチドッグなどが挙げられます。

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン互換製品。
TCAN4551-Q1 アクティブ 車載対応、トランシーバ内蔵、CAN FD (コントロール・エリア・ネットワーク、フレキシブル・データ・レート) コントローラ Without LDO

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
13 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TCAN4550-Q1 車載対応、コントローラおよびトランシーバ内蔵、CAN FD (コントローラ・エリア・ネットワーク、フレキシブル・データ・レート) システム・ベース・チップ、 データシート (Rev. D 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.D) PDF | HTML 2022年 7月 21日
機能安全情報 TCAN4550-Q1 Functional Safety-Manual (Rev. A) PDF | HTML 2022年 5月 9日
アプリケーション・ノート CAN Bus ESD Protection PDF | HTML 2022年 4月 27日
アプリケーション・ノート TCAN455x Clock Optimization and Design Guidelines PDF | HTML 2021年 7月 26日
証明書 Automotive PPAP Documentation 2021年 6月 18日
技術記事 How semiconductor technologies are changing automotive lighting roadmaps 2019年 10月 24日
技術記事 Adding CAN nodes in Bluetooth® Low Energy PEPS systems 2019年 6月 11日
技術記事 System basis chips 101 - A beginner's guide to CAN, CAN FD and LIN SBCs 2019年 6月 10日
ユーザー・ガイド TCAN4550 User Guide 2019年 5月 3日
アプリケーション・ノート TCAN4550-Q1 LDO Performance 2019年 5月 3日
アプリケーション・ノート TCAN4550 Watchdog Configuration Guide 2019年 5月 1日
ユーザー・ガイド Multipoint-Low Voltage Differential Signaling (MLVDS) EVM User's Guide 2019年 4月 1日
技術記事 CAN & LIN: take a look inside 2018年 3月 1日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

BOOSTXL-CANFD-LIN — BOOSTXL-CANFD-LIN

The SPI to CAN FD SBC + LIN BoosterPack™ plug-in module features the TCAN4550-Q1 CAN FD controller with integrated transceiver providing microcontrollers without an integrated CAN FD controller, or those needing additional channels, access to CAN FD applications through a SPI interface. (...)
TI.com で取り扱いなし
評価ボード

TCAN4550EVM — TCAN4550-Q1 トランシーバ内蔵 CAN-FD コントローラの評価モジュール

The EVM can be used to evaluate the TCAN4550 SPI to CAN FD Controller and Transceiver solution.  The CAN bus signals are easily accessed via a DB9 connector (or via header pins), and the digital interface (SPI lines plus GPIOs) is accessible via a single dual-row header.  Input clocks to (...)

TI.com で取り扱いなし
ドライバまたはライブラリ

TCAN4550 Demo Software (Rev. B)

SLLC469B.ZIP (1176 KB)
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

リファレンス・デザイン

TIDM-02009 — ASIL D 安全性コンセプト検証済み、高速トラクション、双方向 DC/DC 変換のリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、単一の TMS320F28388D リアルタイム C2000™ マイコンを使用して、HV/EV (ハイブリッド車と電気自動車) のトラクション・インバータおよび双方向 DC/DC コンバータを制御する方法を提示します。トラクション制御機能はソフトウェア・ベースのリゾルバ/デジタル・コンバータ (RDC) を使用し、最高 20,000RPM に達する高速でモーターを駆動します。DC/DC コンバータは、位相シフト・フルブリッジ (PSFB) トポロジーと同期整流 (SR) 方式を採用したピーク電流モード制御 (PCMC) (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-020004 — デュアル CAN FD 経由のオブジェクト・データ出力機能搭載、車載 RFCMOS 77GHz レーダー・モジュールのリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、76 ~ 81GHz レーダ・センサ・モジュール向けのソリューションです。オンボード電源は車載バッテリからの入力を、レーダ AFE プロセッサや CAN-FD トランシーバが必要とする複数の電圧レールに変換します。車載用のフロントまたはコーナーのレーダ・システムで使用できる小型フォーム・ファクタの PCB に、これらの機能すべてを搭載しています。
リファレンス・デザイン

TIDA-020032 — Car access Bluetooth® low energy + CAN satellite module reference design

この衛星モジュール・リファレンス・デザインは、Bluetooth® Low Energy のパッシブ・エントリ / パッシブ・スタート (PEPS) と PaaK (電話をキーとして使用) / デジタル・カー・アクセス・システム向けです。車内のネットワークや通信でより高い帯域幅を必要とするシステム向けに、TI の Bluetooth ワイヤレス・マイコン (MCU) を使用して CAN-FD (control area network flexible data rate) の通信機能を実装する方法を提示します。他の利点として、スリープ状態での消費電力の低減、TI の CAN (...)
リファレンス・デザイン

TIDEP-01014 — Hercules™ マイコンに搭載の CAN FD 通信機能を提示するリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、TCAN4550 CAN FD コントローラを使用して、Hercules™ TMS570 マイコン上で CAN(コントローラ・エリア・ネットワーク)と CAN FD(flexible data-rate communication)を動作させる方法を提示します。TMS570 と TCAN パーツの間のインターフェイスは、SPI(シリアル・ペリフェラル・インターフェイス)で確立します。このサンプルを使用して、CAN FD をネイティブ・サポートしていない任意の Hercules™ マイコンに CAN FD 通信を実装することができます。
パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RGY) 20 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ