製品詳細

Protocols LIN, SBC Number of channels (#) 1 Supply voltage (V) 5.5 to 28 Bus fault voltage (V) -58 to 58 Signaling rate (Max) (Mbps) 0.2 Rating Automotive Operating temperature range (C) -40 to 125 Low power mode Sleep Isolated No
Protocols LIN, SBC Number of channels (#) 1 Supply voltage (V) 5.5 to 28 Bus fault voltage (V) -58 to 58 Signaling rate (Max) (Mbps) 0.2 Rating Automotive Operating temperature range (C) -40 to 125 Low power mode Sleep Isolated No
VQFN (RGY) 20
  • AEC-Q100 (グレード 1):車載アプリケーション認定済み
  • LIN (Local Interconnect Network) 物理層仕様 (LIN 2.2A、ISO 17987–4:2016、SAE J2602:2021) に準拠
  • ウォッチドッグ・スーパーバイザが内蔵され、ピンまたはシリアル・ペリフェラル・インターフェイス (SPI) により構成可能
  • 12V アプリケーションをサポートする拡張機能
    • LIN バスのフォルト保護:±58V
    • 12V 電源で 125mA をサポートする 3.3V ( TLIN14313-Q1) または 5V ( TLIN14315-Q1) LDO 出力
    • 10 ビット PWM またはタイマで制御された開放負荷および短絡検出機能を備えたハイサイド・スイッチ
    • ハイサイド・スイッチとして構成可能な LIMP ピン
    • 各種の入力スレッショルドまたは方法に対応した構成可能 WAKE ピン
    • スリープ・モード:超低消費電流で、次のウェイクアップ・イベントに対応
      • LIN バス
      • WAKE 経由のローカル・ウェイクアップ
        • 周期的および静的センシング
  • 保護機能
    • ESD 保護
    • VSUP と VCC の低電圧保護
    • TXD ドミナント・タイムアウト (DTO) 保護
    • サーマル・シャットダウン保護機能
  • バッテリ電圧モニタ内蔵
  • 自動光学検査 (AOI) に適したリードレス QFN (20) パッケージで供給
  • AEC-Q100 (グレード 1):車載アプリケーション認定済み
  • LIN (Local Interconnect Network) 物理層仕様 (LIN 2.2A、ISO 17987–4:2016、SAE J2602:2021) に準拠
  • ウォッチドッグ・スーパーバイザが内蔵され、ピンまたはシリアル・ペリフェラル・インターフェイス (SPI) により構成可能
  • 12V アプリケーションをサポートする拡張機能
    • LIN バスのフォルト保護:±58V
    • 12V 電源で 125mA をサポートする 3.3V ( TLIN14313-Q1) または 5V ( TLIN14315-Q1) LDO 出力
    • 10 ビット PWM またはタイマで制御された開放負荷および短絡検出機能を備えたハイサイド・スイッチ
    • ハイサイド・スイッチとして構成可能な LIMP ピン
    • 各種の入力スレッショルドまたは方法に対応した構成可能 WAKE ピン
    • スリープ・モード:超低消費電流で、次のウェイクアップ・イベントに対応
      • LIN バス
      • WAKE 経由のローカル・ウェイクアップ
        • 周期的および静的センシング
  • 保護機能
    • ESD 保護
    • VSUP と VCC の低電圧保護
    • TXD ドミナント・タイムアウト (DTO) 保護
    • サーマル・シャットダウン保護機能
  • バッテリ電圧モニタ内蔵
  • 自動光学検査 (AOI) に適したリードレス QFN (20) パッケージで供給

TLIN1431x-Q1 は、ウォッチドッグ、ハイサイド・スイッチ、リンプ・ホーム機能、詳細な設定が可能な WAKE 入力ピンを統合した LIN (Local Interconnect Network) SBC (System Basis Chip) です。本デバイスは制御方法 (ピンまたは SPI (Serial Peripheral Interface)) を起動時に自動的に決定します。両方の制御方法において、ウォッチドッグはデフォルトでウィンドウ・ウォッチドッグに設定されています。しかし柔軟性を高めるため、SPI 制御を使っている場合、20 種類を超える時間ウィンドウを持つウィンドウまたはタイムアウト・ウォッチドッグとして本デバイスを設定できます。

本 LIN トランシーバは、エンドオブライン・プログラミング用に 200kbps の高速モードを備えています。オンボード LED 用には、診断機能付きハイサイド・スイッチが備わっています。高度に設定可能な WAKE ピンは、周期的センシング用にハイサイド・スイッチと組み合わせて使えるため、ECU のスリープ電流を低減できます。WKRQ/INH ピンは、デジタル・ウェイク出力 (WKRQ) または VSUP に基づく外部電源用禁止 (INH) イネーブル・ピンとして構成できます。

space

TLIN1431x-Q1 は、ウォッチドッグ、ハイサイド・スイッチ、リンプ・ホーム機能、詳細な設定が可能な WAKE 入力ピンを統合した LIN (Local Interconnect Network) SBC (System Basis Chip) です。本デバイスは制御方法 (ピンまたは SPI (Serial Peripheral Interface)) を起動時に自動的に決定します。両方の制御方法において、ウォッチドッグはデフォルトでウィンドウ・ウォッチドッグに設定されています。しかし柔軟性を高めるため、SPI 制御を使っている場合、20 種類を超える時間ウィンドウを持つウィンドウまたはタイムアウト・ウォッチドッグとして本デバイスを設定できます。

本 LIN トランシーバは、エンドオブライン・プログラミング用に 200kbps の高速モードを備えています。オンボード LED 用には、診断機能付きハイサイド・スイッチが備わっています。高度に設定可能な WAKE ピンは、周期的センシング用にハイサイド・スイッチと組み合わせて使えるため、ECU のスリープ電流を低減できます。WKRQ/INH ピンは、デジタル・ウェイク出力 (WKRQ) または VSUP に基づく外部電源用禁止 (INH) イネーブル・ピンとして構成できます。

space

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
4 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート TLIN1431x-Q1 車載用 LIN SBC、ハイサイド・スイッチおよびウォッチドッグ内蔵 データシート PDF | HTML 英語版をダウンロード PDF | HTML 2022年 3月 4日
ユーザー・ガイド TLIN1431EVM User's Guide (Rev. A) PDF | HTML 2022年 6月 23日
アプリケーション・ノート TLIN1431-Q1 User Guide Application Report PDF | HTML 2022年 6月 7日
証明書 TLIN1431EVM EU RoHS Declaration of Conformity (DoC) 2022年 5月 9日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

TLIN1431EVM — TLIN1431-Q1 WAKE、HSS、ウォッチドッグ搭載 LIN の評価基板

この評価基板 (EVM) を使用すると、TLIN14315RGY と TLIN14313RGYを含め、TLIN1431-Q1 ファミリの各種デバイスを評価できます。すべての IC 信号に基板上でアクセスできるほか、基板上の機能を使用して TLIN1431-Q1 の機能にアクセスすることもできます。

シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RGY) 20 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ